« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

東京鬼祓師-第八話・ADVパート 後編

東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚。

本編も終盤に入ったってのに、初めて気づいたことがあるんだけど、自由行動時の“探索”は、特定の学科の成績が条件で手に入るものがあるらしいね。
数学ばっかりあげてたけど、美術室で粘土(数学7~)とか手に入るようになっててまさか、とは思ったんだけど…。

他にも、
石灰(グラウンド/現代社会1~)、重曹(化学実験室/数学2~)
カーテン(体育館/生物4~)、日本酒(進路指導室/現在社会4~)
ピンセット(保健室/保険4~)、合成樹脂(美術室/外国語4~)
「祭囃子・日へノ問掛の調」(図書室/現代社会2~)

学科の成績にそんな特典もあったとは盲点だった…もっと早く気づいてれば、つか現代社会0なんですけど(w
ちなみに呪具携帯やバディで学科の成績あげても意味がないようだ。
ズルはいかんということですか…。

 
 

続きを読む "東京鬼祓師-第八話・ADVパート 後編"

|

東京鬼祓師-第八話・ADVパート 前編

東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚。

Tmh_243

武藤いちる、鴉乃杜学園制服バージョンをパシャリ。
なんでこんな服装してんのかって?今回で物語が大きく動き出して、いろいろ起こるんです。
しっかし、、千馗くんの女装バージョンは見たかった。

 
 

続きを読む "東京鬼祓師-第八話・ADVパート 前編"

|

東京鬼祓師-第七話・探索パート

東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚。

雑魚も手強くなってきたなぁと感じる中盤。
近接武器って使うメリットあるの?っていうくらいに遠隔シューターゲーになってるんだけど。
ひっさびさに使ったけど、あまりに弱すぎて…攻撃力500超えの刀でもHP1/4も削れないって…おまけにAPコストも1回20~30とか無駄に高い。
コスパ悪いから範囲攻撃で削るより、遠隔で弱点狙い打って各個撃破してった方が効率いいんだよな…。
札強化で攻撃4桁超える武器も出てきたけど、そういうのほどAPコスト高いから魅力を感じない。

敵にも迎撃タイプいる事考えると、遠隔の方が気にせずに倒せるし。
属性の相性とか特殊効果利用すれば多少マシになるとはいえ、近接では弱点狙えないってのは痛いよなー。

続きを読む "東京鬼祓師-第七話・探索パート"

|

東京鬼祓師-第七話・ADVパート。

東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚。

Tmh_198

幾多の妨害もあって難儀していた花札の捜索もなんだかんだで半分以上は集まってきたな。
今回で30枚ほど集まったけど、強化もあわせて実際使ってるのは10枚程度しかないってのも寂しい話。
強力な光札が依然として1枚、しかも貰ったもの。
次なる光札カムカム!

 
 

続きを読む "東京鬼祓師-第七話・ADVパート。"

|

東京鬼祓師-第六話・探索パート

東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚。

第六話・探索パート。

Tmh_177

今回で千馗くんがLv30に到達。
このゲームはもうちょっと理不尽さがあってもいいと思うなー。

 
 
 

続きを読む "東京鬼祓師-第六話・探索パート"

|

東京鬼祓師-第六話・埋火の恋

先月プレイして中断していた東京鬼祓師を再開ー。

世界に厄災を齎す“呪言花札”。
何者かによって封印が解かれたその札を回収するため、
封札師として鴉乃杜学園に転入してきた七代 千馗の奮闘を描いたお話。

今回も新キャラ登場で熾烈な花札争奪戦が展開する後半部に突入!

 
 

続きを読む "東京鬼祓師-第六話・埋火の恋"

|

正統派RPGを突き通したドラクエ11、総括。

Dq11_102

勇者様に幸アレ!
仕事の関係上、駆け足で続けて10日間、ザックリした記事しか書いてないけど、ドラクエ11の総括に入ろう。

 

 

続きを読む "正統派RPGを突き通したドラクエ11、総括。"

|

ドラクエ11-プラチナ獲得、トロフィー攻略メモ。

Dq11_100

ドラクエ11。
そういえばナンバリングでトロフィー導入されたの初だったんだよなー。
鬼畜系あるのかと思ったら意外となかったね。
時限の多い魔物コンプ、全称号獲得とかあったら断念してたけど。
難易度的なものはなく、時間さえあれば取れるようなものばかり。

 

続きを読む "ドラクエ11-プラチナ獲得、トロフィー攻略メモ。"

|

ドラクエ11、クリア後の感想。

PS4版ドラクエ11。
クエストこなしながら本編進めてたけど、今作はこれまでよりもボリュームがあってやり応えを感じる。
大きく分けて三部構成になってるんだけど、序盤は楽ちん、ボスの難度を感じる終盤からが本番といった感じ。

今回は、スキルパネル関係の雑感が多め。

 
 

続きを読む "ドラクエ11、クリア後の感想。"

|

« 2017年7月 | トップページ