« 東京鬼祓師-第参話・探索パート | トップページ | 東京鬼祓師-第四話・探索パート »

東京鬼祓師-第四話・陽炎の魔女

東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚。

本編、第四話に突入。
今回は、謎の転校生がやってきたり、お約束の覗きイベントあり、占いイベントあり、プロローグ以来のあの人たちが登場したりと、盛りだくさんのADVパート。

…にしてもOP前の前置きは要らない気がする。
口調から本編で登場する人物の正体がわかっちゃうんだよなぁ…伏線入れるならもっとマシな入れ方してほしい。
 
 

■第四話 陽炎の魔女

 

11月10日。
今日もいつも通りの羽鳥家の朝…かと思えば、朝子先生は既にお出かけ。
夜遅くに校長から連絡受けた、その都合らしい…珍しいこともあるもんだ。。
今日は雨かもしれんから傘を持っていけという白、清司郎も傘用意しちゃってるし、あんたら…(w
ここでの感情表現は、燃だと好感度高いが、“燃”“愛”以外だと、清司郎が持っていけと傘をくれる。
ビニル傘(攻撃力180 AP10)近接武器か。

アイツがいないほうが落ち着くだろうと言う清司郎、んーいつもの朝子先生と白の織り成す
ドタバタコメディが見れないってのは、それはそれで落ち着かないかもしれない。

境内で、白が鍵を見つける。
また朝子先生が落としたのかな。
「視聴覚室の鍵」を入手。
好きに使うてよいとか、それはオマエがいう事じゃねぇ…。
鈴や鍵さんとも挨拶。
鍵さんが傘をお持ちになりやした?とか考えることは同じらしい(w

白が、前回で旋火流の小娘が言っていた「西園寺」について鍵さんに尋ねた。
この国の首長を務めたこともある華族らしく、藤原氏北家閑院流である西園寺家は、北条家との関わりが深かったそうだ。
嘗ての札の守護者に連なる旋火流忍・火向氏に札の守護を命じた存在らしい。

その後、火向氏は、徳川に追われ、日向氏、仙花流と名を変えたとか。

Tmh_101

それを知るのは北条家にまつわるごく一部のものだけ。
遺言により西園寺が保管していたあらゆる書簡や資料は全て焼却され、花札の情報も潰えていたはず…。
にも関わらず、輪の祖父の家に隠してあった札を探し当て、容易に解けられないはずの封を解いて、花札を奪っていたその輩…。
タダモノではないなー。

 

怖じ気づきやした?とか訊かれたが、誰に言ってんのよー。
むしろ、ここまで雑魚しか相手にしてないから、ちょっとは歯ごたえあるやつカムカムー!
それより白がさっき輪のこと小娘って言ってたけど、輪って女の子なのか…。
いや、前の話でも最後まで性別わからなかったもので(w

  
 

通学路では、珍しく弥紀&巴と出会う。
今日は、弥紀の苦手な高飛びがある日。
頑張って好きになれば上手く出来るんじゃないかなぁという弥紀。
“悲”のが一番好感度上がるのか。
まぁ別になんでもかんでも好きになる必要もないんでは~とかそんな他愛もない話。
なんでもかんでも背負い込んでる長英とちょっとかぶって見えたよ。

一方で、前回絢人が言っていた「陰陽師」について知ってる?と訊かれる。
陰陽道を司り、仏さんや鬼道の力を借りて邪を滅する呪術(式神など)を使うという日本古来の呪術師。
安倍晴明くらいしか知らんけど、今では話が膨らみすぎて、どこまでが本当のことなのやら。

Tmh_102

陰陽師が、神仏の名や図形の描かれた札で災いを退けたり鬼神を呼び出すという<霊符呪術>、それが後の呪言花札だそうだが…。
その起源は更に古く、当時安倍晴明を見出したという陰陽師・賀茂忠行、その賀茂氏の祖は、修験道の開祖といわれる役小角(えんのおづぬ)、その者もまた呪術を使い、鬼神を使役したという。
賀茂氏を更に辿ると、賀茂建角身命(カモタケツヌノミノミコト)という神様に行き着くそうで、
その神が、神武東征の時に八咫烏に化身して、神武天皇を先導したとか…。

花札の起源をペラペラと喋りだす弥紀。
やべーこの娘、話に夢中になると止まらないタイプの娘だ。
カラス…と聞くと、、何か心当たりあるんですけどねぇ。
…とそんな長話してたら遅刻しちゃうー。

 

教室に入ると、生徒たちがざわついている。
何でもまたこのクラスに「転校生」が来るらしい。
前に千馗くんが転入してきたばかりだというのに、また転校生?
また封札師が送られてくるのかと思ったけど、それにしては、伊佐地やいちるからなんのメールも来ないしなぁ。
それ以外だと、怪しいことこの上ないかもーと思う元祖怪しいやつ・千馗くん。

朝子先生と転校生が入ってきて自己紹介。

 

Tmh_103

軽快なノリで喋る、スペイン人の女の子・アンジー。
ナイスバディに目の色変える男子生徒たちの質問も程ほどに、日本に来た理由については「理想のヒーロー探し」を言っていた。
今夢中になってるのは東京BMだとか。

両親の仕事の都合で、また引越しするそうだ。
ここに短期間しか滞在しない…ますます怪しいな。
で、こういうのに限って席が近いのもお約束。
早速話しかけられてしまい、同じ転校生とか偶然ね?とか、、この時期にねぇ…。
なーんとなく怪しいな。

 
  

3時限目、体育の時間。
男子は野球をやるそうだ。
紅白戦なら別なチームがいいよな?という燈治。
ここでは肯定か否定だと、その後のチーム戦での勝敗が変わるらしい。
とりあえず“燃”で闘志を燃やしておこう。

やってきた巴が流暢なスペイン語で、アンジーにご挨拶。
まさか普通にスペイン語喋れるとは…と思ったら挨拶言葉か。
あれくらいわかったでしょ?とか、イヤイヤとんでもない…。
ボスがいればどんな外人が来ても安心そう。

 
 

移動中、別の教室で着替えている女子たちを覗き見しているハイエナ達を目撃。
まったく、けしからん奴らだな…。
「成敗する」だと好感度が上がる。

ハイエナを追い払ったものの、ここから教室内で女子生徒の声が聞こえてきて、「覗く」「覗かない」の選択が…。
ボロい校舎だとは思っていたが、まさかこんなでかい穴が開いているとは(w

 

▼覗く
お約束の覗きイベントが発生。
これ、全部選択してみたんだけど…。
「右側から覗く」⇒女子の足が見える
「左側から覗く」⇒椅子や机が見えるのみ、燈治の足を踏んでしまう
「まっすぐ覗く」⇒椅子や机が見えるのみ、
まっすぐ覗くだと、千馗のポジションが気になる女子の会話が聞ける。
うっ…妙な罪悪感が…(w

結局どっちの選択でも、最後は巴にバレてしまう。
「七代くん、見損なったわ」怒られてしまった…。
ここは、言い訳せずに素直に謝っておこう…。

 
 

▼覗かない
教室以外で気になる女性は誰なのか燈治に訊かれる。
「朝子」、「久榮」、「それ以外」だと…。
「輪」、「白」、「この中にはいない」
輪選択したら、そりゃ犯罪だろと言われた。
この選択肢に出るって事は、もう女の子確定か。
一応彼女、高校一年生(w
その後は授業サボってカレー食いにいくかーという流れになりかけたところを、牧村が現れて、結局授業受けることになりました…と。
そのまま牧村と死闘続けるイベントがあっても面白かった。
 
 
 

体育の授業。

燈治と組んで、最初はキャッチボール。

千馗に対して女子の黄色い声援が飛んでいる。
さっき覗きしたことはバレてないようだね(w
あんまリキむなよー?という燈治だが…。

Tmh_106

ここでの選択肢「直球」「カーブ」「フォーク」「顔面」という選択肢。
ただのキャッチボールでフォークとか(w魔球見せちゃう?
どれ選択かで女子陣の追加コメが入る。
「直球」⇒弥紀、「カーブ」⇒巴 「フォーク」⇒アンジー
「顔面」を狙ってみたが、燈治に見抜かれていたようだ…やるな!

その後は紅白戦。
燈治とは別チームになり、対戦を行ったが、転校生効果とあってか、
千馗のチームに軍配が上がり、ご褒美の「おつまみイカ」をゲット。
先生…これって酒のつまみ用に持ってきたやつじゃないの(w

一方で、高飛びをした際に弥紀が足を捻ったそうだ。
なんでもないからーという彼女に“怒”。
説明してたアンジーは制服のままだが、そのままで高飛びやってたのか(w
酷く腫れているようで、捻挫のようだ。
すぐに保健室に連れて行くべきだったが…。

その時、アンジーが「おまじない」と称した不思議な力で弥紀の捻挫が治してしまったのだ。
なっ、これは…!

Tmh_107

今の力…彼女は何者なんだろう。
何か悪い魔法をかけたのかと思った?と尋ねてきた。
まあ何も悪意は感じなかったけど…、
そういえば弥紀も同じ回復の力が使えることを思い出した。
同じ系統の力なら、、アンジーはまさか?
適当にはぐらかされてしまったが…怪しいなぁ。
そういえば、巴のジャージを借りるという話だったけど、何で制服のままだったんだろ?

 
 

・昼休み

視聴覚室を探索できるようになった。
暗幕を入手。
司書室で文庫本、美術室で粘土を初get!

屋上で白と会話。
グラウンドで野球してた千馗くんの勇姿を見ていたそうで、チームが勝利しているとご褒美として「うまい棒」をget。
好物のピザ味を間違えて買ってしまったとか…そんなもの主様に渡すとはいい度胸だ…ゴゴゴゴ。
今度はピザ味の袋に爆弾わさび味でも入れてプレゼントしてやろう。

教室でアンジーと会話。
下の学年にもファンがいるとかいう千馗が気になっているようだ。
あんまり近いと、ヤケドしそうなんだよなぁこの娘。
怒ってみたら、なお更興味もたれてしまった…トホホ。

生徒会室で巴と会話。
アンジーについて調べていたそうだが、転入してすぐ転校を繰り返しているため、以前いた高校の書類が揃ってないとか。
まるで足がつくのを嫌がっているみたいだな…。
一番おかしいのは誰も変に思ってないことだという。
この資料を知っている生徒会のメンバーも不自然に思っていないらしい…どういうこっちゃ。
巴から、どうせアンタもああいうのがいいんでしょ?とか訊かれた。
“嫌”で「見直したわ」とか上機嫌の巴様。
これで覗きの件もチャラでお願いします^^
珍しく気が立っていた巴だが、貸したジャージをアンジーが着られなかったことが原因のようだ…そういうことか。。
まぁ彼女、ナイスバディですしね。胸がどうのとかはヤブヘビだろうからこの辺にしておこう(w

後は司書室の牧村と会話したり、武道場にいた燈治&長英と会話したりして好感度上げ。
武道場ってステータスが上昇するような鍛錬場所かと思ったが、そんな施設でもなんでもないな、、ガッカリ。

 
 

昼休みが終わり、休み時間の出来事。
アンジーが占いをやっているそうだ。
すごい当たると評判らしい。
千馗も強制的に参加させられることになる。
こういうの信じてないからどーでもいいんだけどなぁ。

座って?に対して否定的な感情だと、目を閉じて~アンの手を感じて~とかリラックスさせられてしまう。
何のプレイだよ(w

Tmh_109

心を空っぽにして、カードを引いて…と言われて感情表現が出るのか。
“困”を選択したら、月のカードを引いた。
悩みや迷いの中、見通しのつかない闇、道が見つけられず困っている。
それが千馗の過去を象徴するカードらしい。
あながち間違っちゃいないな。

次は現在のカードを引けと…。
これも“困”選択で節制のカード。
予定外のことが起こって戸惑っているらしい。
それが現在…これから起こりうる可能性があるわけか。

で、最後は未来のカードを引く。
しつこいなぁ…“怒”を選択してみると…。

ブランクカード…タロットにも白札があるのか。
ゲームを降りる人のカード…らしい。
ゲームって何のことだろ、占いを言ってるなら大歓迎だけど。
人生はスゴロク遊びのようなもの、とかふざけた事言ってるアンジー。
意味深な事いってははぐらかしたりとか、イチイチ癇に障るなぁこいつ…。
スペイン一のBRUJA(ブルーハ)とか自分で言ってたけど、BRUJAってのは女占い師という意味だそうだ。

更にカード遊びしていたことで蒐を呼び寄せてしまった…あう。
タロットは占いだけでなくゲームにも使われていたそうだ。
占いとゲーム、どっちが好き?と訊かれた。
とりあえずゲームと答えとくか…。
ゲームだとカード七十八枚すべて使って、手札を順々に出していく遊びがあるそうだ。
ただ、欧州だと縁起の理由か“塔”と“悪魔”のカードが省かれていたという。
四角の話は楽しーと満足げな蒐から「東京BMチップス」を受け取った。
これ好きだねぇ、相変わらずおまけのカードが剥がされてるけど(w
おまけで花札とかついてこないかな。

 
 

放課後、朝子先生に、進路指導室に来てほしいと頼まれる。
なんだろう…あっもしかして、覗きの件バレた?(w

喜、愛、友、燃、無⇒進路指導室へ。
嫌、怒、困、悲⇒巴も合流して、喫茶店に行くことになる。
これから行く場所の選択肢で「喫茶店」だと巴から「ガム」をget。

“無”でも返事はちゃんとする!と叱られて、進路指導室行きか…。
“喜”だと一番好感度上がる。
燈治「何やらかしたんだよ?」とかあのこと忘れてるとかおめでたい奴だなぁ。
でもお説教かと思ったら何か違うっぽいな…。
 
 
進路指導室にて。

唐突に、朝子先生から、一緒に住んでることは秘密にしてる?とか学校は楽しい?とか訊かれる。
…それが本当に訊きたい事じゃないんでしょう?

朝子先生は、千馗が時折制服を汚して夜遅くに帰ってくる事を気にしていたのだ。
自分が封札師で、任務のためにこっちにきていることを朝子先生は知らない。
清司郎には関わらせるなと忠告されてるし…。

危ないことしてる訳じゃないわよね?とか、悲しいなぁ先生、そんなに俺が信用できないわけ?…とごまかすしかないね(w
そんな千馗を察して、しばらく考え込んでた朝子先生。
よし、決めた!千馗の事を信じてくれるそうだ。

Tmh_110_2

何をしてようと私は千馗の味方だよ、同じ釜の飯を食う仲だもの。
…むしろ付き合わされて毎晩酔いつぶれて帰ってくる朝子先生のほうが心配だよ(w
てかこの先生のグラはじめて見た、かわいいね。

 

2F廊下で元凶の牧村と遭遇。
あんまり朝子先生を付き合わせないでくださいよ。
牧村から「司書室の鍵」を受け取る。
図書室関係だから、君には適任だろう…と。
これで司書室も普通に探索可能になった。

 
 

下駄箱で待っていた弥紀たちと合流。
例のアンジーが何者かを探るために、喫茶店に行く事になるが…。

靴箱を開けると…、ん?何かカードが入ってる。

Tmh_111

巴<ラブレターね!
燈治<決闘状だな!
両極端すぎ(w
差出人は書かれてないけど。この変なマークは何だろう…。

心当たりあるの?という質問に…。
「どちらもない」選択。
心当たりとしては…この手紙は四角!そして四角い屋上で待っているとの事だから、そっちの線のほうが有力なんですけど(w
 
 

屋上へ向かう途中、当の本人と遭遇(w

蒐に手紙を見せてみたが…。
「BRUJAの、良くないカード」という答えが…。
この変なマークは、SECRETO、秘密を隠すための魔術らしい。
ブルーハが「女占い師」という意味は聞いているが…本当の意味は“魔女”なのだという。

スペインは、ほんの百年前まで魔女狩りを続けていたそうだ。
魔女や放浪の民だけでなく、疑いをかけられた人間たちは大勢焼かれた…。
そしてたくさんのカードもなくなった。

誰かのものを無理やり奪うのはだめだという蒐から、このカードくれる?と要求してきた。
肯定表現で渡すと「文庫本」を入手。

こんなカードを渡してくるということは、屋上で待っているのは、やはり…。

 
 

アンジーだ。
ほうかごとか、ひらがなで書いてる辺り、なんとなく察してはいたけど…。

彼女は、誰かに先を越される前に伝えたいことがあるという。
ちょっと待って、心の準備をするから…とか、
鬱陶しいな。もったいぶってないで用件伝えろ。

アンジーは、千馗を一目見たときから、間違いないと思っていたようだ。
それが彼女の求めるヒーローなのかどうか知らないけど…。

逃げちゃヤだよ、と接近してくるアンジーに対して選択肢が出る。

「離れる」「離れない」

どっちか選択すると、ここで、千馗の力強い瞳を見て、私のヒーローだと告白するアンジー。

ここで選択肢が…。
「抱きしめる」「とどまる」「抱きしめる」の三択になっていた
ここの選択肢は、アンジーへの友の値が低いと、全部「抱きしめる」になってしまう。
友がある程度高いと「とどまる」、更に高いと「距離をとる」に変化する。

友を上げるには、単純に好感度をあげるのではなく、
アンジーへの要所の選択肢で「友」の選択をしていることが条件か。
他の感情表現のほうが好感度高い選択でも、極力「友」の方が良さげ。
ちなみにタロット占いの際は全て“燃”
蒐にカードを渡すかどうかの感情表現では2回とも“喜”or“愛”

屋上でアンジーとの会話では、
わかってたでしょ?⇒“友”
心の準備、するカラ…⇒“困”
「離れる」の選択で、「距離をとる」が出た!

Tmh_112

他の選択だと、結局アンジーの罠に捕まってしまい、花札を要求されてしまうが…。
「距離をとる」だと予想外の行動に、思ったよりも手強いネ?と感心される…そりゃどーも。

アンジーには護りたいものがあるのだという。
おばあちゃんに誓ったというBLUJAの誓いは絶対…。

花札を奪うため、実力行使に出るアンジー。

と、そこへ、高圧的な声が背後から聞こえてきた。

白だ。
更に、仲間たちも駆けつけてきた。
結果として、ラブレター兼決闘状でしたね(w

執行者から直接札を奪いに来るとはねぇ。

まぁOP前に同じ口調の女の子が鬼印の連中とつるんでるシーンを見たから、
その正体は一目瞭然だったけど…。

鬼印盗賊団、アンジー・D、血色の魔女(サングレ・ブルーハ)。
わざわざ転入してまで奪いにくるとはご苦労さんですね魔女さん(w

今回は任務失敗だったようだが、次の手は打ってあるというアンジー。
こちらにも情報通がいるとか…情報戦ならどっちが勝つかなー?と余裕を見せるアンジーは、札の力を使い、その場から去っていったのである。
あいつも鹿島ってやつと同じで札の力を使いこなしてるな…。

アンジーの言っていた情報通というのは、寇聖高校の絢人の事だろうか…?
本人に会って聞くしかないな。

 
 

ドッグタグに向かうと…そこには、なんと意外なお二方と遭遇する。

Tmh_113

武藤いちるだ。
千馗と同じく封札師となるも、教養足らずで関西の図書館で補講を受けていた彼女。
男子三日会わざれば…カツ丼ってなんだ(w
刮目して見よ、と突っ込みいれるのは、千馗&いちるを担当する図書館員の伊佐地だ。
久々の顔ぶれに喜ぶ千馗。

察しの良かった巴に、同じ封札師の人だと当てられ、
いちるが「あったりー!」とか、隠す気サラサラありませんね(w

伊佐地は簡単に自己紹介した後、
千馗と行動している仲間が“札憑き”である事も察した上で、過去にも<札憑き>と呼ばれた者たちが存在していた事を明かす。
その者たちなら花札についての情報が得られるかもしれないが、それぞれで話の食い違いがあるそうだ。

花札を集めなければ人類が滅亡するという者もいれば、全く逆で、集めてはならないという者もいるらしい。
集めちゃ駄目?…どういうことだろう。

花札封印の顛末については、何の情報も得られていないそうだが、
わかっていることは、白札に選ばれた執行者だけが、花札を封印する事はできる…と。

人類を<カミフダ>という脅威から守るため、封札師…そして執行者としての役割、千馗にはその力がある。
そんな重荷を新米に負わせてしまったのは判断ミスだと伊佐地は、この件が終わったら詫びに一発食らってやるとか、タコ殴りにしたい気分ですね^^
いちるも手伝うー!とか言ってるけど、彼女は追試があるようだ。
一緒に仕事できるのはもうちょい先かな。

と、そんな話をしている中、一人の男性が店内へと入ってきた。
ん、絢人か…?

 

Tmh_114

と思ったら違う…。
黒いコートを着た男性だったが、伊佐地は彼のことを知っているようだ。
筑紫と呼ばれたその男性も伊佐地のことを知っていたが、おお久しぶりー元気?という間柄ではないな…。
伊佐地を「赤坂の図書館員」と言っていたが…。
男性は、ふと千馗を見て、表情を変えた後、店を出て行ってしまう。
マスター曰く、最近はよく利用しているとの事だが…、それを聞いた伊佐地は、先ほどの男の説明もなしに、千馗に引き続き調査を任せ、いちるを連れて店を出て行ったのである。

なんだろう、慌しかったな…とんだサプライズゲストだったけど、店に来たのは絢人に会うためだ。
すると、事情を察しているマスターが、「お前たちにとって絢人は何だ?」と尋ねてきた。
え…なんだ急に。
友達とか愛なんて感覚はないけど…とりあえず、燃えてみる、みたいな?

するとマスターは、絢人が輪と花園にいる事を教えてくれた。
仕事で向かったようだが…戻ってくるには遅すぎるようだ。
いやーな予感がするなぁ…。

すぐに向かいたいけど、万全の準備をしてからいこう。

 
 

・放課後 自由行動

校長室に入れるようになってる。
蒐を発見、、なぜこんな場所に…あっ壁にかかってる額縁や賞状を見て把握(wここは四角の宝庫だな。
最近発売された新作ラッシュで全部買えない悩ましさ、そんな経験ある?とか…。
BMチップスの入ってるカードの事言ってんのか?
まぁ経験はなくはないが、どうせカードだけ入手して菓子は捨てるんだろ?
で、案の定東京BMチップスをくれた(w
更に「校長室の鍵」を入手。
ここ探索するとうまい棒手に入るけど、なんで校長室のうまい棒なんか…(w

鴉羽神社探索でしめ縄(調合素材)を入手。

東口方面、駅前広場を探索でカイロ(防+21 体+2)を入手。

南口方面、寇聖高校を探索できるようになっていた。
唐辛子を入手する。

喫茶店には朝子先生と富樫という珍しい顔ぶれ。
話を聞いてると、二人は幼なじみっぽいな。
昔から危なっかしい朝子を放っておけない様子の富樫。
幼少時の二人を何となく想像できる(w

Tmh_115_2

カレー屋ではカルパタルが「カレーガム」が欲しいと言い出した。
そんなものどこにあるんだ…当然市販されていないアイテム。
このカレーガムは、調合ガムxレトルトカレー(食堂)で作れる。
朝子先生の呼び出しに応じなかった場合、上記で巴からガム入手できるけど、それ以外でガムを入手できる術が意外にもないので、これも調合で作る必要がある。
輪ゴムx砂糖⇒ガム
輪ゴムは校内2-2探索、砂糖はカレー屋で買える。

カレーガムをカルパタルに渡すとインテリア「カレーポスター」をget!

 
 

その他クエストのほうは、
相変わらず、指定のアイテムをとってくる依頼であんこ玉&砂糖、後は玩具屋で売り出されたエアガンなど購入して達成させる。

Tmh_115

ダンジョン系の依頼は…。秋の洞で入り口から近いエリア、
狩猟の間(二対の石碑)、豊土の間(稲茂る水辺)、引水の間(引き水の地)、
この辺りで厳選して、依頼マラソンが最適だなー。

クエストは指定場所がかぶらないようになってるので、他の依頼はそれ以外のエリアで依頼を受けておけば、お目当ての依頼人は近いエリアでの依頼が出やすい。
北米ハッカーは近いのだと狩猟の間(二対の石碑)しか出てこないなぁ。

結局今回は長い時間かけて、全ての依頼人の信頼度20に到達させる。

恐山のイタコの信頼度を20に。
褒賞:暗幕x2、手鏡、花札「芒の屑・弐」、数珠

北米のハッカーの信頼度を20に。
褒賞:フランクフルトx3、ホットドッグx2、ヘルメット、コレクションBGM「Come onHERO!」

憑物筋の少年の信頼度を20に。
褒賞:文庫本x2、神楽面 ブレザー 花札「藤に赤短」

しがない愛猫家の信頼度を20に。
褒賞:魚貝類x3、画図百鬼夜行、巫女鈴、花札「菖蒲に赤短」

褐色の肌の王族の信頼度を20に。
褒賞:米x3、ウインナーコーヒー牛乳砂糖、磐子、経典、孔雀の扇

謎のカレー仙人の信頼度を20に。
褒賞:カレーパンx3、カレーラーメンx2、蛍草カレーx2、花の香料x1

インディアンの酋長の信頼度を20に。
褒賞:勾玉、花札「萩に赤短」、吹き矢、トーテムポール(インテリア)

帝都防衛軍の信頼度を20に。
褒賞:手袋、制帽、宝球鈴、花札「桜の屑・弐」

Tmh_116

自宅に戻ったら荷物がいっぱい届いてるー!(w
今日だけでこれらアイテムを一気にゲットした。
花札5枚もゲットとか!
後はいろいろ武器や防具も入手できたな。
次の探索が楽しみだ。

 
 

|

« 東京鬼祓師-第参話・探索パート | トップページ | 東京鬼祓師-第四話・探索パート »

PSP『東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚』」カテゴリの記事