« イース8-クリア後、旧地下聖堂探索~トロフィー獲得メモ。 | トップページ | 東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚。 »

イース8-プラチナ獲得、総括。

イースVIII。

Ys8_482

2周目難易度インフェルノを終えてプラチナ獲得!
イベント全カットしたら10時間ちょっとでクリア、総合77時間での獲得だった。
プレイ開始からちょっとずつプレイして1ヶ月ちょっとかー。
まさか6月いっぱいまでプレイするとは、、、ボリューム多すぎたね。
そろそろ総括はいろう。

 
 

・孤島が舞台のオープンワールドな世界
孤島が舞台と聞くと、大抵は狭そうだと思いがちだけど、舞台となるセイレン島は想像以上の広さだった。
当初はVIのカナン諸島よりも広い程度かなぁとか想像してたけど、比較にならない広さだった。
ついにイースも完全オープンワールド化か、とちょっとワクワクしたもんだけど。

よくあるエリアマップを繋いだ構成で、移動間の読み込みが、大体1~3秒で終わるので、移動時のストレスは全く感じなかった。
元々vitaでも快適に動作するクオリティだから当たり前なんだろうけどね。
ダッシュ移動もスピーディーだから、探索もサックサク。
自分の歩調に合わせてプレイできる感覚が良かったわ。

探索していくうちに、その範囲は広がっていくが、チェックポイントの水晶石に、いつでもFTできちゃう。
ボス戦以外なら、戦闘中ピンチになってもいつでもFTできるってのは、さすがにフリーすぎるとさえ思ったほど。
さらに物語進めていくと、発見したロケーションポイントにもFT可能になり、秘境内で手に入る素材の回収も楽になる。
こうした水晶石や秘境も活用してたから、道中の移動も全く苦にならなかった。

 
森、洞窟、山、遺跡など従来のイースのようにいろんな場所を探索して、秘境を見つけたり、強力なエネミーと戦闘したり、また、時には釣りして大物釣ったりとか、探索面では大いに楽しませてもらった。
エリアの方では、一部使い回してる部分は見受けられたけどね、そこは目を瞑ろう。

今作で導入された「夜間探索」、昼間では体験できない難度でそこそこ楽しめたけど、探索できる場所が特定地域に限られてしまうのが残念だったなぁ。
パンガイア大平原とか、明らかにエネミーの配置数がおかしかったりとか、やっつけ感が酷かった気がする。
もうちょっと丁寧に調整してもらいたかったなここは。

 
 
・タイミングを意識したアクションゲー
アクションゲーにしては、快適にプレイしやすい部類だと思う。
当初はスキルコンボとか考えてたけど、そんな細かい操作は必要なく、回避のタイミングに合わせて発動するフラッシュムーブやフラッシュガードを駆使していく戦闘はわりと俺好み。
しかもフラッシュムーブの時間が短いところがイイね!
長すぎると、ゴリ押しゲーになっちゃうし、その辺はちゃんと調整されてて良かった。

スキルLvが3までというのも良かった。
使い込んでるとすぐにMaxにできるし、VIIのLv9はさすがに多すぎだと思ったからなぁ。

昔のシリーズは、どこかしら操作性やシステムに難があって、VIのシステムがベースになって今に至るけど、このVIIIのシステムは一つのイースシリーズの完成型だと思う。

 
 

・ボス戦
初周HARDでのプレイだったけど、全体的にヌルいと感じた。
一部、調整ミスを疑うほど雑魚いボスもいたが…正直初周はナイトメアで始めれば良かったと後悔。

クリア後は敵が大幅に強化されるインフィニティモードが追加されたので、
2周目はインフェルノのインフィニティモードでプレイしてみたけど、ボスが極端に高速化&インフィニティ補正でマゾくなってた(w
これ、ボスの動きだけじゃなく、撃ってくる弾とかも速くなってるからね。
タイミングよくFM狙うには至難…ここまで酷いと戦法関係なくゴリ押したくなるレベル、そして撃沈…ちーん、みたいな。
引継ぎでも死にゲーという、えっらい難易度跳ね上がっててびっくりしたよ。

従来のイース並みのボス戦を体感したいなら、インフィニティモードのインフェルノプレイしてみるといい。

実際それで第五部まで進めてみたけど、これ、絶対苦行だと感じたのは、ダーナ編で相手にする地下聖堂ボスだろう。
ダーナLv64でグラジオス(Lv88)に挑んだら、かったすぎてかたすぎて、おまけに速くなってて、一瞬のミスが命取り。
倒すのに、15分くらいかけたかなぁ…初っ端でこれだともう先が思いやられてしんどいのなんので。

ダーナ編は、初周のハードでもLv70以降の雑魚狩りが苦行になってくる。
エイミーの店で修験者の秘薬が売ってるけど、理力の欠片が300個も必要とか、こっちも集めるのが苦行。
インフィニティだとドロップ量が3倍になるから欠片大量に回収して、
秘薬や霊薬買い込んで強化していくパターンだろうけど、結構めんどいよーこれ。
ただ本気でクリア目指すならそれは必要不可欠なんだろうと思う。

そういうわけで俺はインフィニティ断念して、通常のインフェルノでプラチナ獲得した。

通常のインフェルノでも、クリューソスのビーム攻撃とかマゾくなってて何度か死んだほど。
ましてや最深部のあの方にも苦戦を強いられたんだけど。
これをインフィニティとか想像したくもねーよ(w

 
 

・迎撃戦&制圧戦
これも中々面白いシステムだと思ったんだよ、最初はね。
でも続けていくうちに微妙な部分を感じた。
迎撃戦の場合は、どんなに難易度が上がろうとも、基本は「防衛柵を脅かされないよう、敵の襲撃を防ぐ」のは一貫してるので、単調になりがちなんだよね。
海と山、2つのMAPのいずれかのみで、余裕があれば敵の発生ポイントで潰しては、また、戻って銅鑼鳴らして、敵の発生ポイントいくみたいな形が多かった。
さすがに古代種出てきたあたりから盛り上がってきたけど、その後は平行線だったなぁ。

制圧戦とか、場所とエネミーが変わるだけでやる事同じだから味気ない。
これは、おまけ的な感覚でやってたわ。

 
 
 

・漂流村全般
一番評価したいのは「交易」。
従来の金で購入するものではなく、アイテムとの物々交換や引き取り。
欲しい素材がある時は普通に活用した。

欲しい上位素材は下位素材と交換して手に入れたり、取りにいくのが面倒な下位素材とか上位素材を引き取って入手するというシステムがいい。
大抵素材が欲しいときはマラソンするけど、この交易のおかげで、あまりマラソンする頻度もなく、無駄な作業を省けたという点は大きい。
そうした用途のある素材を循環して活用していくシステムが良かったね。

反面、ちょっと拍子抜けだったのは、見張り台。
これ、もう少し別な活用法があっても良かった気がするんだよね。
例えば、双眼鏡で常時確認できるシステムにして、特定の状況で発生するイベントや迎撃戦とかさ。
パロのお株を奪うようでアレだけど、そんな見張りシステムがあっても面白かったかも。

花壇スペースも、薬草に使える花が育ててあるとの事だったから、例えば、調薬の材料に使う、花など育てたりとか出来る仕様が欲しかった気がする。
フルポの材料となるリムの花とか、何かと切れやすいんだよねぇ。
探索のバランスも考えて、一度で採取できるのは1,2程でいいからそういうのが欲しかったなぁ。

見張り台と花壇スペースは、ただのオブジェにしとくには勿体無かった。
後は…野菜ジュースはもうちょっとバラエティに富んでても良かったんじゃないですかミラルダさん。

 
 
・水増し感の酷い陳腐なシナリオ
栄枯盛衰なエタニアの時代を見ていくシナリオはそれなりの見応えはあった。
本編では、漂流者を集めていく~例の事件が起きる第二部がピークだったなぁ。

それ以外、特にアドル編の中盤以降は、最近のファルコム作品特有のゆるゆる感酷い陳腐なシナリオ。
こっちだって、それに合わせて記事書いたつもりなんだよ?途中から疲れてダレたけどね。

散々文献を調べた結果、オケアノスを巣まで誘い出すとか、作戦を練った結果、卵は夜になったら奪いにいくとか、そんなのガキでもわかるレベルだろ(w
オケアノス討伐戦はもうちょい工夫ほしかったねぇ。

2周目はイベントカットしてやってたけど、要所にイベント入りすぎなのがホントよくわかる。
こんなん、一つにまとめられるような部分いっぱいあっただろー。。
普通クリアで60時間、イベント全カットで10時間で終わる辺り、どう考えてもイベント入りすぎなのよくわかるでしょ(w
後、終盤のお嬢とリコッタが場違いすぎて完全に要らない子、声聞くだけでも苦痛なので、終盤はOFFにしてた^^;

VII辺りからその兆候はあったけど、あんな軌跡シリーズ並みの冗長酷いシナリオをイースシリーズに求めてないんだよね。
軌跡シリーズのようなストーリーRPGにしたいの?だとしたら幻滅。
それで最後の神様の夢オチで風呂敷包んじゃうとかさー妥協したでしょこれ?
今のファルコム作品にこれ以上のレベルが求められないなと改めて感じたわ。
シナリオ部は、シリーズでも最低クラスの評価しかやれないなぁ。

 

 

総評としてはゲーム部分は十分楽しめたと思う。
アクションゲーでは十分な良作の域、ゆるゆる感の酷い冗長シナリオに耐性あるなら問題なく遊べるでしょう。
という感じでシリーズ生誕30周年を記念したイースVIIIの総括はここまでにしよう。

ファルコム作品が、完全3D以降は、5等身キャラのモーションも幾分か進歩していて何より。
閃の軌跡とか当時はマネキンそのまま動かしただけのモーションでホント酷かったしなぁ。

その閃の軌跡3が9月に出るとか、
今更にしてこんなこというのもアレだけど、まさか3出してくるとか…2で完結するかと思ってたわ。
こっちは、風呂敷すら包むつもりもない冗長酷いシナリオだから、オチは全く期待もしてないけどね。
プレイするかどうか、他のソフトの動向見てから決めよう。

|

« イース8-クリア後、旧地下聖堂探索~トロフィー獲得メモ。 | トップページ | 東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚。 »

PS4『YsVIII-Lacrimosa of DANA-』」カテゴリの記事