« イース8-ジャンダルム探索開始!~ヒイロカネを探して。 | トップページ | イース8-天崖山道~ティティス原始林 »

イース8-制圧せよ!密林地帯~ジャンダルムを越えて。

イースVIII。

序盤では何かと不足しがちだった柔質繊維が、敵の素材から入手できるようになり、だいぶ余裕が出てきた。
アリスンの店で衣装を作成する。

Ys8_156

アドルとサハドのはただの色違いだけど、ラクシャ嬢は髪色まで変化するという気遣いよう。
クマのぬいぐるみとか渡すと喜ぶような、そんな年頃の女の子だったことを再認識するアドルたちであった。

前回、セイレン島の北部に向かうため、中央の巨大山脈ジャンダルムを登山中だったアドル達は、そこで暮らす少女リコッタと出会う。
父である探検家タナトスが一ヶ月ほど山の奥地から戻らない状況で心配するリコッタ。
協力したい所だが、ジャンダルムの奥地に生息する古代種は、通常武器で倒すことは困難だった。
一方で、リコッタの使う手投げ矢が古代種を討つ金属を使っていたことがわかり、
アドルの見る不思議な夢の中でも登場した同様の金属ヒイロカネが、この島の地層に眠っている可能性が明らかになる。
リコッタの記憶とラクシャの推測地域を元に探した結果、西麓高原で化石の洞窟を発見し、ヒイロカネの採掘に成功。

カトリーンに原石を渡し、古代種対策の武器が完成するまでの三日間。
アドル達は村で疲れた体を休めていた。

そんな折…。

Ys8_157

資材調達に出かけていた男衆が慌しい様子でかえってきた。
エアラン曰く、村で使う木材の調達場所だったシュラム密林地帯に、獣が異常に繁殖していたそうだ。

獣…?あの泥沼地帯って蛭とかサンショウウオとかいたよな?
蛭の大量発生ならわからなくもないけど…資材を集められないほど大量にいるそうだ。
このままでは村の防衛力強化に支障が出てしまうだろう。
壊されたバリケードとか元に戻せないってのは困るな確かに。

あの雑魚かった大樹とか河馬とか森の主らを倒したことで
生態系が変化したのかもしれんが…過ぎちゃったこと言ってもね。

ここはアドル達の出番かなーと思ったけども、
自分達だけでどうこうできる規模じゃないというエアランが村の者全員で攻めに行くと言い出したのだ。

は…?まさか…。

 
 
 

▼制圧せよ、密林地帯

迎撃戦ならぬ制圧戦がはじまった!

エリア密林1 ATTACK10。

Ys8_158

制圧戦では、各エリアに点在する獣の巣を破壊しながら、討伐対象のボスを退治するのが目的。
各所にかがり火を設置することで、周囲の敵が弱体化するなどの支援効果がある。
敵に破壊されることもあるため、いかにかがり火を守りつつ、巣を素早く破壊できるかがポイント。
獣の巣は、近場にかがり火を設置しないとダメージを与えられない仕様なのか…。
サークルはいって2秒ほどで設置できるから全く問題ないけど。
敵も弱体化するからかがり火への被害はボス出現まで全く問題なかった。

オムレツ&猛進の腕輪x輝石xブレイブIIでガチガチにstr350まであげたアドルの火力で獣の巣を一刀両断!

Ys8_158_2

ボスが出現した頃にはオムレツの効果切れたけど、普通に猛進で粉砕です。
ボスがビフテリザとか芸がないなー河馬と大木のリベンジ戦期待したのに。
結果attack4でボスの撃破に成功。
スコア59000で評価Aだった。

ドギ班は1位ディナ様、2位ミラルダさん、3位ドギと女衆の尻に敷かれる形でスコア83000も叩き出したが、評価は意外にもBだった
85000でBってどゆことー。

体感としちゃ、迎撃戦より開放感のあるこっちのが好きだな。

 
 
 
1,2日という距離的に密林の獣が村に襲撃しててもおかしくなかったけど、
まさかこっちから出向いて制圧するとは思ってなかった(w
ともあれ、これで資材の調達もしばらくは大丈夫だろう。

 

一方でヒイロカネの精製を終えたカトリーン、武器強化の準備が完了したようだ。
早速叩いてもらおう。

これで古代種に対抗できる武器がついに…。
村では槌の叩く音が昼夜問わず鳴り響いた。

期待と不安の入り混じる気持ちで待つアドル達。

 
 

そして…。

Ys8_159

ヒイロカネで強化された武器が完成!
おお、なかなかうまい具合に仕上がったじゃないの!
見た目もちょっと変わったか?
ラクシャのレイピアが衣装にあった色に変わってる。
元が巨大アンカーだったサハドの武器も、だいぶ鋭い形状に変わってきた…気のせい?

カトリーン曰く、ヒイロカネの純度には改良の余地があるそうだ。
素材がたまったら強化しよう。

よし、準備が整ったので早速リコッタの父上殿を捜すためにジャンダルムの奥地へGO!
…って時に、なんと迎撃戦の合図が…。

こんな時に…だが、報告によると、獣の軍勢の中に古代種が紛れているそうだ。
以前襲撃したあのアヴァロドラギルか…!
腕がなるなー!新武器の威力も確かめたいから、命知らずの獣達にはお試し台にでもなってもらおう。

迎撃の前にまず武器の強化だ!

ディフェンダー(+106 def+7)⇒リベラシオン(+149 def+8 max)
フランベルク(+102)⇒グランセイバー(+144 def+2)
ウォーハンマー(+114 def-9)⇒アクセルブレイカー(+160 def-7)
タチヤシの棍(+110)⇒銀狼棍(+144)

ここから素材はテクタイト鉱を使うことになるんだね。
火力的に横一線だったけど、ここへきてサハドの火力が一歩抜けた感じ。

リベラシオン最大強化、猛進xイルミナスxブレイブIIでアドルがstr420に到達!

武器の強化にテクタイト使ったんで、防衛柵の強化ができなかったけど
とりま、これでいってみますか。

 
 
 

▼獰猛なる古代種、再び!(Lv33)

エリアは山、wave5。

Ys8_160

wave1では、ザグルーン、猿、タイランフェザー、終盤でザスピオンと古代種のザッカバニオスが出現。
STR400以上ならタイランとサソリ余裕だったけど、古代種のザッカバニオス削るの時間かかるな。

wave2は奥でメラルディアス相手してるとレプレオンの奇襲。
メラルやザッカは鈍足でこっちくるまで時間かかるから、攻めに行ったほうがいいか迷うけど、いきなりローリングで接近してくるからなぁ…。
終盤でザスピオン&ザッカバニオス、古代種のローリングで囮壊されそうだったのでExtraで殲滅。

wave3では、3方向から蜂が接近、直後に猿の奇襲とか初っ端から忙しいが、ここを乗り切れば、
奥からノソノソ来る古代種のザッカ&メラルコンビを、ローリングされる前に片づければいいだけ。

wave4東から猿が出てくるが実は囮で、西からザッカがローリングで襲撃してきた。
そっちから片づけたら今度は東側からもザッカ、片づけたら今度はメラル&ザグルーン奇襲と、
何かと忙しい。
序盤のザッカx2をゴリ押せれば後は楽かも。
ザッカは早々に仕留めないとローリングで侵入して囮やバリケード壊しに来るからなぁ。
これでいくつか設備壊されてしまった。

Ys8_160_2

wave5では、アヴァロドラギルが出現。
オーラブレード一発で2700ダメージの高威力よ…。
とはいえボスだけになかなかしぶとい。
相手しているうちに、沸いた猿が跳ねながらエリア内はいってくるのが鬱陶しいな!
猿相手にしてるとボスも中はいってきて、結局中央で相手にすることになるが、
Extra発動でなんとか仕留めることに成功!

waveごとに敵が間隔遅く登場してきたりとか、これまでと比べて長丁場。
猛進の暗闇消すのに、オムレツ3個も使うとは思わなかった。

結局、今回もキープHPレートで足を引っ張り、スコア11万で評価A。
ドギ班の方は、またしてもディナ様が1位でスコア14万で評価S。
ディナ様の活躍ぶりは異常!
もうドギ班じゃなくてディナ班じゃねーのかそっち(w

報酬でテクタイト鉱入手はありがたいなぁ。
これで全員分の武器を最大強化できる。
 
 
 

ここまでひっじょー!にしぶとかったアヴァロドラギルも、今回のヒイロカネの武器による攻撃が効き、ついにダウン…。

Ys8_160_3

はぁはぁ…お嬢…ちょっと突いてみて。
また目をパチリとあけて起き上がるかもしれん…。

だが、やつはもう起き上がる事はなかったのである。
数度の死闘を経て、長かった戦いに決着をつけたアドル達。

はぁぁぁ、ついに倒せたのかこいつ…。
急遽こしらえたとは言え、ヒイロカネで強化した武器でも、古代種を討てることがわかったね。

 
 

漂流村にとってこれまで最大の脅威だった古代種。
それが討ち倒されたことで、漂流者たちの不安も吹き飛び、歓喜が沸き起こる。
ささやかな祝勝会が行われ、功労者のアドル達探索班はもみくちゃ。
ち。ちょっと…ミラルダさん胸当たってる…、で、ディナ様、首絞めないで…ちょっ!アリスンさああん!?
難敵だった古代種を討ち取れたことは本当に大きいな。
住人達にも勇気を与えられただろうと思う。

 
 

Ys8_161

翌日、出発の前にメンバーと会話。
調理場ではリコッタがお料理中、野生児かと思っていたが、父上仕込みの教えと、本で覚えたという腕前はミラルダも太鼓判。
隣のラクシャ嬢も釣りばかりやってる場合じゃないよ?
リコッタが作ったロールキャベツとレシピ帳・キャベツを入手。
これでロールキャベツ(HP自動回復)作れるのか。

依頼の方は…『神に祈りを(ニア)』『試作品の性能テスト(エアラン)』

試作品の方は、エアランが作った肩当て装備して古代種2体倒せという簡単なもの。

「神に祈りを」の方は、岬にいたシスター・ニアが神の近くで祈りを捧げたいとの理由で風見丘陵に行きたいと言い出した。

Ys8_162

アドルが一人でニアを護衛するイベントだ。
フェルガナにもあったなこれー。
シスター足が遅くて、歩調合せないと離れやすかったりするんだけど、途中からスカート破いて走るようになった(w
今回は神ばかりに縋ってないで、自分で行動を起こすべきだという意識改革だったね。
ヒールポーションを入手、好感度が上昇。

後は、交易のプレゼントアイテムをいくつか入手して、
メンバーにプレゼントしてやったらアドルとメンバーのstrが少し上昇した。
この調子で漂流者たちの好感度も上げてきたいところだな。

 
  
 
リコッタの父上タナトスを捜すため、再びジャンダルムへと入るアドル達。

Ys8_163

この山間のジャンダルムでは当然釣り場なんて目にしなかったけど、、ジャンダルムの小屋の近くに掘り池を発見。
リコッタに釣りさせたらミラージュ(C)が釣れた。
おー上手上手…ってこれ父上さんが養殖してたやつじゃ…。
リコッタ「ひかえおろー!」 ははーっ!

小屋からボスのいた洞穴の広場から先に進もうとすると、
リコッタが獣と違う気配を感知したとかで、調査してみると…。

Ys8_164

あれ、みっしぃ?
ティオすけが大好きな軌跡シリーズのマスコットキャラクターじゃないか。
今回はマスコットじゃなく生物?として登場してるが…。
実は中身はクイナだよー!驚いたーー??なんてことは…ないよなぁ。

アドルがセルセタの地方でもあったとか、VITA版のセルセタでも登場したのか。
ラクシャ曰く、出会ったものに幸運をもたらす神出鬼没な内気な生き物とか、、
いつからそんな伝承的な生き物になったんだよ(w

料理食いたいとかで、さっきリコッタの作ったロールキャベツ含めて全部食わせたら、
2つごとに報酬のアイテムをくれた。
クルの豊実に完熟ココヤシか…、消耗品以外のものがいいなぁ。
こいつも漂流村に居ついて迎撃戦とかに参戦したりするんかな…。
 
 

Ys8_165

中腹を抜けると、霧のかかる上層の山道へと入っていく。
空気が薄いようで、高所が苦手なサハドはグロッキー状態?
ザッカバニオス&ザスピオンのコンビがいたが、
猛進&オムレツで怖くないな!
近くの宝箱から七色の顔料を入手。
オースティン用のプレゼントアイテムかよ…。
あんな奴に贈り物とか誰得ですか。

Ys8_166

途中、尾根伝いの細い道に岩が転がってる難所。

サハドがビビって、ちびってしまいそうになったとか…漁師は本当に高所が苦手のようだな。
うるさいです、とか女性陣は意外と冷静…さすがです。

エアランから受け取った試作品装備したまま、山道の途中にいたザッカバニオスx2を倒して目標を達成。

Ys8_167

漂流村や来た道を一望できる高さまで来たが、ザスピオン鬱陶しくてそれどこじゃねーよ…。

 
 

そんな感じで敵をお掃除しながら、山頂へと進み水晶石を発見。
稜線に出た所で、リコッタがある気配を察知した。

 
 
上空を飛び回る翼竜型の古代種だ。
山に入る前に見たけど、ついに戦うときが来たか…。

 
 

▼ギアスバーン戦

エリアが山頂の細い尾根道での戦闘。

Ys8_168

上空から道の脇に着地しては、前足の爪で潰してからの翼でなぎ払い(失血付加)、嘴での連続突き、大きく息を吸い込んで継続性のある炎を撒き散らす(燃焼付加)。
上空に飛び回って滑空攻撃や、数方向に火を吐いて攻撃、着地時には踏み潰してきたりすることもある。

近接だと、道の脇から覗く頭を攻撃か振り下ろしてきた手の部分を攻撃するか、
上空にいるとまず届かないので、道の脇以外では場面が限られる。
真正面にいると嘴突きの頻度が多く、仲間も頭を積極的に狙うなど、その辺のダメージは見込めやすい。

単調な攻撃が多いので、FM&FGは狙いやすい。
薙ぎはらいとか、FM成功すれば、振っている翼を攻撃できるなど、
脇にいるときはとにかくFMやFG狙って削っていく。
滑空時もFM成功すれば、ちょっとの間だけ狙える。

ボスのHPが緑→黄→赤とゲージ変化していくけど
HP緑から黄色に入る前後あたりで、岩場に着地して遠隔炎吐き、これがフェーズ2の合図で。
以降は、髭に火が帯びた状態で、上空から炎を吐いたりしてくる。
狭い道に吐いてくる炎は持続性があって、動き回ってると残り火に当たりやすくて燃焼に陥りやすい。
この炎がこのボス戦で一番厄介だったなー。

Ys8_168_2

燃焼対策してなかったから、火消し薬で回復したりしてた。
炎直後に滑空とか踏み潰しくるけど、まだそっち貰ったほうがマシというか。
いや、踏み潰しもかなり痛いけどさ。
炎避け直後に滑空貰って落っこちそうなアドルくん…ひえぇぇ!…ってまぁ落ちない不思議なんだけど。

Ys8_168_3

また、中盤以降は大きく息を吸い込んで炎を吐いてくるが、
膨れ上がった腹を攻撃、計500ダメージほど入れると、プシューと風船が割れるように、ボスがダウンする。
フェーズ2以降は、なるべくSP温存しとく形で攻撃続けて
吸い込み時にSP全部吐き出してダウンさせるのが効果的だから、SP自動回復のラタトゥイユが便利だな。
ダメージ与えるだけ与えて、向こうが立ち直る直前にExtra発動がより効果的で。

爪攻撃は失血付加なので、エアランの依頼「試作品の性能テスト」クリアで作成可能になる
暴竜の肩当てで失血対策しとくと楽。

終盤とにかく飛び回って、3連続炎とか、鬱陶しい奴だったけど、全体的に大味で、これもさほどなボスだった。

 
 
 

古代種が悲鳴をあげて崩れ落ち、縄張りだった稜線から姿を消していったのである。
なんとか勝てた様子で、息を切らす仲間たち。
女性陣はともかく、参加もしてないのに息を切らすサハド、一体どこ走ってたの(w

これでヌシっぽい奴も消えて、頂上への道が出来たな。
いよいよこの先が北部か…。

ジャンダルムの頂上に入ったアドル達は、ついにセイレン島の北部の景色を目の当たりにする。

Ys8_169

なんと…島の上空を飛んでる古代種がたくさんいる…!
ここまで探索してきた南部にはあんな奴らはいなかったぞ…
あまりの数に鳥肌が立ってしまったが…。

薄い霧で、視界こそ悪かったが、
よく見ると岩場と見間違えるほどの高い突起状の建造物が見えるな…。
中央の骨みたいなアレは、遺跡か…?
ここから見たら、とても人が住んでいるようには見えないけど…。
その光景は、あまりに太古の世界そのものだね…。

リコッタの父上はこの先にいるのか…?
とても人が足を踏み入れていいような場所には見えないんだが…。

果たしてその先に待ち受けるのはー…といったところで第三部が終了いた。
今回はタイトル通りでわりと短かったね。

次回から第四部。
未踏の領域に踏み込んだアドル達に待ち受ける様々な試練。
そして、あの不思議な夢の正体とは…。
 
 

|

« イース8-ジャンダルム探索開始!~ヒイロカネを探して。 | トップページ | イース8-天崖山道~ティティス原始林 »

PS4『YsVIII-Lacrimosa of DANA-』」カテゴリの記事