« イース8-運命の日~ダーナ捜索。 | トップページ | イース8-王家の谷探索~最奥に眠る真実。 »

イース8-昏き空の下で~ロディニア湖沼地帯探索。

イースVIII。

Ys8_311

今回の探索で地図の総合探索率が80%を突破!
障害物どかしていくと、新たなエリアに続いてたりとか、ここも結構入り組んでるなぁ。
狭いように見えた島の北部は、意外と広かった。

 
 

本編の方は…アドルが夢で見た、大昔のエタニアに降り注いだ流星による大災厄、
そして同時期にダーナの前に現れた謎の人物は、巫女にも知らされていない大樹の秘密が、王家の谷にあることを告げて消え去った。

ダーナの意識からそれを視たアドル達だったが、現実のダーナもまた、失われた自分の記憶を追って王家の谷へと向かってしまう。
捜索の末ダーナを発見したアドル達は、彼女を説得し、再び仲間として迎え入れる。

王家の谷は王都から西の位置にあるが、道程は険しい。

途中、ロディニア湖沼地帯を通ってきたけど、奥の水晶石から先は行き止まり…。
道を拓くために、過去のダーナに協力を求めることになるが…。

 
 

Ys8_312

過去の世界では、エタニアの大地が流星の衝撃を受けて以降、地殻変動の誘発により地震が活発化し、それによる火山の噴火や津波が続いていた。
エタニアの上空では、そうした災害による噴煙が空を覆い、何日も日が射さず、気温も下がり、雪が降るという異常気象に見舞われる。
エタニアでは、この状況に不安を募らせる民たちが、次々と王都から去っていくケースも珍しくなく…。
災害なんてのは、起こった後が大変って言うけど、まさかそんな酷い状況になってるとはね…。

一方で、流星の大災厄中に現れた謎の人物の言葉が忘れられないダーナ。

王家の墓所である<王家の谷>は巫女といえど容易に立ち入りはできない禁忌の地となっている。
あの人物はその地に「巫女にも知らされていない大樹の真実が眠っている」と言っていた。

それにあの王家の墓所にその真実が眠っているのだとすれば、王族のサライはそれを知っていた可能性がある。
大災厄以降姿を見せないサライ…一体どういうことだろう。

それを確かめるためにも王家の谷にいく必要があるな。
オルガも同行を求めてくるが、祭司長まで姿を消したらみんなびっくりするからという理由で丁重にお断り。
結局ダーナ編はソロプレイかー。

 
 

■昏き空の下で

王都内の様子が気になるけど、今は王家の谷に急ぐという理由で中には入れない。
そのわりには地下聖堂には転位してもいいという不思議。

王都前では、市民からドラン衛士長が行方不明だという話を聞く。
避難民を庇って死んだという説も…。
ラステル達も見ないけど、果たして無事なのだろうか…。

 

Ys8_313

ロディニア街道へと入る。
街道には王都から離れようとする民達の姿も。
故郷のある人は既に王都から去ったそうで、王都出身の民たちも穀倉地帯を求めて離れようとしているようだ、、これは深刻だなぁ。
栄華を極めたはずのエタニアがこんなに早くも終焉を迎えるとは…。
でも一つ気になるのは、今年は凶作だという理由で王宮側が食糧を備蓄してたはずだけど、あれも駄目になったのかな?
ヒモロギで王宮は守ったはずだけど…どうなんだろ。

Ys8_313_2

この異常気象の寒さで、植物が枯れてきているそうで、このままでは作物も駄目になるし、草食の竜種も弱ってしまう…。
蟻よ、おまえは草食か肉食か?雑食です、よし倒そう。

街道を進んでいくと、王都から離れる理法具職人のレイキーを発見。
娘のユカが行方不明とのことで捜す[はぐれた避難民]。
次エリアの東側でユカを発見、報酬は「宝箱の鍵」だった。
そういえば、現実の世界では西街区の民家に鍵のかかった宝箱あったなぁ…。

Ys8_313_4

西側の方進むと水生の竜種を倒すイベント。
電撃ブレスや雷を落として、麻痺らせてくる。
雷で一度麻痺ってしまった…。
射属性が弱点なのでルミナスで攻撃。
そこそこ体力あって面倒なやつだったが、討伐に成功。

[竜種討伐②]完了で徳が上昇ー…と、お!地下聖堂の扉が開いたようだ。
後でいってみよう。

少し進むと理力の淀みを発見。
精霊オリヴィスを開放するが、話を聞けば流星での地脈の乱れ以降仲間たちが次々と姿を消しているそうだ。
自分だけがこの地に呼び寄せられたそうだけど、理由がわからないとか。
精霊が姿を消しているってのは気になるな…。
オリヴィスの力を宿したことで、グラティカのスタイルが強化された。
蟲岩の碌印を入手。
スタン蓄積増加&竜氣中HP自動回復の恩恵か。
HP回復は気休め程度だなー、期待しない方がいいか。

 
 

・地下聖堂探索~氷結の間

Ys8_314

燈火の間の入り口に常闇の精霊クシュナという精霊がいたんだけど…こんなやつ開放したっけなーと不思議に思いながらも地下の探索に入る。

前回でスタイル・ルミナスを入手したことで、聖堂の未踏エリアにもいけるようになった。
封石の間、西エリアを繋ぐ例のブロック広場、東側が落とし穴だったけど、不可視なものを見通せるルミナスだと穴の上層に不可視の空中床が出現、これで東側のエリアにも進めるようになった。

Ys8_315

ブロックで通路を阻まれたフロア。
ブロックを壊すたびに奥の扉に光が点灯、4つブロックを壊すと扉が閉まってしまう仕掛け。

上の光ブロックに乗って移動できる場所は、そこも利用する形だね。
左側のブロック一段壊す→中央左側の2段目のブロックを壊す→中央右側の2段目のブロックを壊すと奥の茶ブロックから光ブロックに飛び乗って移動できる。
奥にはスピーツァ・イレという半透明な敵がいるが、ルミナスで片づける、
このフロアに、宝箱『武心の簪』を入手。
str+50/def-50/必殺率+10%と、defのペナルティこそあるが、火力専のアクセだなー。

Ys8_316

瞳力の間でも、ルミナスだと上層の方にも不可視の空中床が出現。
この上層攻略こそが、まさに瞳力というステージなんだけど。
途中、突風を発生させるゴーレムがいるからグラティカに切り替えて対応するんだけど、
空中床の上でスタイル変えちゃうと、床も消えて落ちちゃうというちょっと面倒な場所。
ちゃんと地に足つく場所でチェンジしないと…倒そうとすぐスタイル変えちゃいたくなるわ。
中央の円形の広場にもスピーツァ・イレがいる、こいつダメージ与えると下に移動しちゃうから鬱陶しいなぁ。

ここの宝箱のほとんどが回復薬とか欠片だけど、
右奥の通路を通って、最奥に不可視の宝箱がある。
『森羅の護符』を入手、全バステ耐性か。
これのためにアクセ枠占有するのはねぇ、、微妙。

Ys8_317

瞳力の間から更に奥へ進んでいくと、氷結の間へと入る。
ブロックで阻んでいるフロアを空中床で繋いだエリア。
そーか…ここ空中床からブロック壊そうとグラティカに変えちゃうと下に落ちちゃうんだ。
ブロック以外から入れる場所があるから、通る順番が決まっているっぽいね。

 

Ys8_317_2Ys8_317_3

奥の冷気が漂ってる中央フロアは、上の制御用の石碑が届かなくていけないな。
東の方は、燈火の間にあった灯火台x空中床のフロアか…。
火の鳥と台の火はイクルシアンじゃないと消せないので、空中床を移動するルミナスと交互に切り替えて対応。
左右どちらかの火の台を消して、交互に火の鳥計4体倒したら、さっさと向かい側の台も消しにいく…と。
東側の石碑に理力を込めると、中央の氷結フロア、石碑への足場ができる。
東側の石碑から下に続くように空中床が続いてるな…宝箱『理石の冠』を入手する。
いつでも立ち止まって回復可能になるアクセか。

西側の方は、さっきの封石の間にあったブロック壊すと扉が閉まっていくギミック。
ここも4つ壊すと扉が完全に閉まる。

Ys8_318

右から2番目のブロック1つ壊して、白ブロックの上に乗ったら、ルミナスに切り替えて助走ジャンプで奥までいけるなー。
奥の制御装置に理力を込めると、中央の制御装置に続く足場ができる。
右側2番目のブロックを足場に、右側の通路の奥にブロックで塞がれたフロアを発見、命の霊薬を回収。
左側の通路の奥には、ブロック壊しで閉まっちゃう扉が左奥にある。
奥のレバーで中央の通路を開通後、空中床で左から二番目のブロック一つ壊せばルミナスジャンプで奥までいけるな。
奥には理力の淀み。

Ys8_318_2

常闇の精霊クシュナを開放する。
あれ…?クシュナ…?
こいつも地脈の変動とかで引き寄せられたそうだ。
クシュナから無間の闇玉を入手する。
HP+200/必殺・回避+15%アップとはいいねぇ!
武神の簪も装備したら必殺率+25%もアップか。

おかしいな。
開放する前に既にクシュナを燈火の入り口で見てるんだけどね。
キャプチャしてるから間違いない(w
台詞は変わらないけど、近くのエイミーがクシュナ意識した台詞に変わってるな。
バグかな…まぁいいや、奥に進もう。

 
 

強風装置から最奥に進むとボスが待ち受ける。

 
 
 

▼クリューソス戦

Ys8_319

俊敏に移動しながら、光弾を4箇所ばら撒いてビームで一点集中攻撃、放射状にミサイル発射、光弾を一つ発射して、しばらく球状に継続爆発する攻撃、近接では爪攻撃、構えからの振り払い、振りあげなどがある。
また咆哮で引き離してくる。

射属性が弱点なので、こちらはルミナスで。

動きの素早いもの同士のスピード勝負。
結構動き回るので、こいつはターゲット推奨だなぁ。

これまでのボス同様、止まらずに常に背後意識しての回りこみで、狙いを絞らせなければ遠隔系はそんなに怖くない。
で、爪攻撃でFM&FG狙って削っていく形。

Ys8_319_2

HP半分以下になると、姿を消してワープ移動をはじめる。
両手からエネルギーをためて、こちら目掛けて直線状に発射してくる攻撃が追加。
行動の間隔も狭くなり、ミサイル→球爆発→ビーム攻撃とか一気に使ってくる。
また、光弾ビームも上段辺りから発射してくるようになり、後半は回避ゲーの様相。
消えるので、後半はいかに早く補足して攻撃するかだねぇ。

何かと動き回るやつなんだけど、ある程度動くと息切れしてか、
しばらく立ち止まるやつなので、この辺も攻撃のチャンス。

後半の両手ビーム発射は当たると即死、距離離れてると危ないので、接近するように心がける。
回り込みできない端からも撃ってくるからその辺がちょっと面倒かな。

まぁこれまでのボスに比べればそこそこ歯ごたえはある方だけど、
補足できればゴリ押せるやつなのでこいつもそんなに強くはないかな。
 
 
 

ボスを撃破すると『万言の奉袢』を入手。
フラッシュガードでHP回復か、これは中々いいんじゃないかな。

 
 

奥の記録用のモノリスからは、光王アルキアのお后となるバージャ王妃に関する情報が記されていた。

辺境国出身のバージャの可憐な舞を見たアルキアが雷鳴を打たれたかのごとく衝撃を覚え、二人は急接近。
新王都の落成と同じ日に婚姻の儀が執り行われた。
王都近郊には、バージャの名を冠した<バハの塔>が建設される。
彼女は理力や医療の研究を推奨する等、国民を思う献身的な人だったが、体が丈夫ではなく病を患うことも度々あったという。
光王は、彼女の静養のためにと王都から西部の湖沼に離宮を造営することにした。
だが、それがやがて災いの元になるとは光王ですら知る由もなかった…と。

西部の湖沼地方ってのは、王家の谷がある場所か…。
それが災いの元ってどういうことだろう。
肝心の記録が載ってないとかもどかしいなぁ。

“真実は物語よりも奇なり。”

イオが現れる。
あーこの謎少女は無事だったのか…。
イオの無事に安堵するダーナだったが…。
王都がこうなることは薄々わかっていたんじゃないの?と指摘するイオは、これから巫女様がどうするのかと訊いてくる。

それにダーナは、困った人がいれば最後まで助けたいと、その変わらぬ気持ちを伝えると、
イオは、少し寂しげな表情を浮かべながらも…。

Ys8_320_2

貴女がそう…?ってどういうことだ…。
そして、今日はお別れを言いにきたと唐突に…。

彼女が、これまでずっと探していた“モノ”がようやく見つかったというのだ。
なんだ急に?突然すぎる…。

イオは、最後にもう一回だけ会う約束をしてほしいとダーナに頼んできた。
ダーナは、それに了承すると…彼女は嬉しそうに。

Ys8_320_3

 ダーナも彼女に聞きたい事があったようだが、その時まで待ってる…と。
こうして二人は別れたのである。

…去り際に姿を消していきやがったなぁ。
タダモノじゃないとは思っていたが…。
まぁ今はいい、ダーナはダーナの務めを果たさないとな。

地下聖堂探索で寄り道してしまったけど、そろそろメインを進めよう。

 
 

ロディニア街道から王家の谷に向かう途中、門番の衛士に阻まれる。
貴様、何者だ!とか初見で見といて、ダ、ダ、ダーナ様とかいう驚きようが不自然すぎるだろ(w

ただ衛士たちも、例え巫女様といえどここは通せないそうだ。

そんな彼らにダーナは、眠りの術をかける。
しばらくおネンネしててね♪

この先が王家の谷…アドル達が通れるようにヒモロギの苗木を植えるダーナ。
ところが、そこへ数人の衛士が駆けつけると、巫女様を取り囲む。
ここは一旦退くしかないなぁといったところで、意識はそこで途切れた…。

 
 
 

現実の世界では、ダーナの植えた苗木が大木となって王家の谷への道を切り拓いていた。

ダーナが復帰し、王家の谷を目指すことになったが…。
一度、彼女の武器を強化するために漂流村に戻ろう。

セレストリア(+209)⇒カドゥケウス(+236)

後は交易の宝石交換で「万言の奉袢」が交換可能になっていた。
これも貰っておこう。
地図の総合探索率が80%突破してたのでエアランに報告。
「鬼神の霊香」を入手した。
これで最大SPが+10!

過去の世界で理法具職人のレイキーから宝箱の鍵を入手したことで、西街区にあるレイキーの住居跡地の鍵付き宝箱を開けられるようになった。
中から理法具『息吹の法衣』を入手する。
装備中は、ダンジョン内でも立ち止まっての回復が可能になった。
これは大きいねぇ。

Ys8_323

ダーナが合流したことで漂流者が再び21人になった。
前回通ってきた見晴らし峠の折り返し途中、蔦から上がれる場所に障害物の崖(必要人数21人)を発見。
支援要請で縄梯子をかけてもらい、峠の上層エリアへと入る。

奥の峠を2段ジャンプであがっていくと…お!

 

ひっさびさの漂流者を発見した!
凶獣が徘徊しているこのエリアでのんびりお茶で寛いでいるという気品漂う青年だった。
何もんだよこいつは…。
だが、ラクシャはその男に心当たりがあるようで、開口一番その名前を口にした。

Ys8_324

ロズウェル家に仕える執事フランツ。
以前ラクシャが屋敷から逃げ出して一人旅をしているという話は聞いたが、フランツは彼女の後を追ってロンバルディア号へと乗り込んでいたようだ。
襲撃で、ラクシャを庇って海へと落ちたという。
カナヅチのお嬢様が無事で私が溺れる道理はないとか、地味に毒を吐くやつだね(w
だが、これまでの旅を通じて自分がいかに身勝手だったのか、反省しているラクシャは、彼には頭が上がらない様子だ。
お嬢様の我侭に付き合わされてなければいいのですが…って、いやー全く…このお嬢、細かいことグチグチ言うし、綺麗事しか言わないから辟易してたんですよー!
引き取ってほしいくらいですねぇ。
射属性はボーイいるから、お嬢はもういなくていいよマジで(w
嫌味なほどに何でもこなしてしまうという執事だそうだが、この北部を探索してたところを見ると、相当腕も立つみたい?
こうして頼もしい戦力、フランツが漂流村に合流。

 
 

Ys8_325

いよいよ湖沼地帯の北部エリアへと進んでいく。
この先にはエアランの討伐依頼にあったヴァルクイラと戦闘に。
幽霊船で相手にしたギルクイラの強化版といったところか。
ダーナの復帰戦に丁度いい。
各所にいるので一体ずつ片づけていく。
中央の2体相手にしてると、奥のハイドロスケイラまで寄ってきて鬱陶しかったけど、下り道の段差利用するとハメ倒せるなーこれは楽チン。

Ys8_325_2Ys8_325_3

奥の沼地の下からエネミーが襲ってくるので、ボーイのアサルトレインでお掃除してると、奥に潜んでたハイドロスケイラが接近してくる。
移動範囲が限られてて、陸まで移動すると戻っちゃうなぁ。
やつがいる沼地下の宝箱を取りたかったので、仕方なく、沼地の中で戦う事になったけど、移動が鈍くなるから回避がむずいー。
ダーナがやられてしまった。
で、苦労して宝箱開けたら棘のリストバンド…要らねー!
なんかこのゲームって無駄に糞アクセの宝箱多い気がするのは気のせいなのかな。

 

この北部は、南部よりも広いエリアが沼地になっていて、採取ポイントも沼地の中にあることが多い。
しかもエネミーのほとんどが沼地の中…ミニMAPで赤マークがウヨウヨしてるから、中には潜りたくもないんだけど、
この辺はわりと安置が少ないなぁ。
沼地の北西部のところもハイドロ2体いて危険な場所。

Ys8_325_4

ポツンと沼地から出ている狭い岩場が唯一の安置…いや、安置でもないな。
この近辺にも魚影ポイントがある。
ここではリュンガ(B)、ガイアウェルズ(A)などが釣れた。
この岩場の近くに巨大な傘から吊るされている蔦が見えるけど、グリップグローブ+始祖鳥の2段ジャンプで飛び移れるな。
蔦をあがって傘の上に行くと…

Ys8_325_5

おおお、なんと、湖になってる!
沼地の中にオアシスだ!
もう泥だらけだから、裸で飛び込みたい気分だよ!…あ、女性陣は無理か^^
ロケーション・スカイガーデンを発見する。
未だ二日酔いのオースティンも、ここに飛び込んで頭冷やすといい(w

しかもここにはヌシがいたー!
復帰記念にここはダーナに釣ってもらおう。
それなりに長丁場となったが…、結果はー…?

Ys8_325_6

ボルダートさんでしたぁぁ、ガックシだけど記録は更新。
竜紋岩x3ゲットできたのは大きい。
後は漂流物で、キャベツ、ナスビ、パプリカとか、ここ野菜釣れるんかよ(w

その他、北西部の沼の宝箱から星晶甲を回収。
蜂の巣のあった丘には、戦士の刻印IVとか、どんだけ続くんだよこのシリーズ。

 
 

Ys8_326

北部の東側には、障害物の土砂を発見。
必要人数が22人、先ほどフランツ加入で漂流者が22人ピッタシ!
村に戻ったばかりで早速で悪いけど出動してもらうよ!

土砂をどかすと…奥は水没墓地となっていた。
中は暗いな…夜光石が必要だ。

Ys8_326_2

水没したエリアには、ブニメンボというクダボミーの強化版がいたり、魚のエネミーが襲ってくるんだけど、この魚、倒しても復活するなぁ。
幽霊船の海賊みたいだ。

東側の階段を上がっていくと、ロケーション・静寂の間を発見。
ダーナが絶景だね!って言ってたけど全然絶景じゃねー(w
宝箱から蒼き調合書<隠>を入手。
これをリヒトに渡すと、隠者の妙薬(Exp+10000)が調薬できるようになる。

東側から中央のレバーで入り口からのルートを開通後は北側の出口へ向かうと…お?
どうやらここはボラド大僧院の地下に繋がっていたようで、格子の奥にあった3つの宝箱の間に出た。
大樹の宝枝x2、竜紋岩x2、命の霊薬か。
なかなかの収穫でした。

 
 

湖沼地帯に戻り、北を進んでいくと、お…ようやく谷が見えてきた。

Ys8_327

王家の谷に到着する。
歴代のエタニア王たちが眠る墓所か…。

寄り道しすぎてすっかり日が暮れてきたので、今日はここで野営することになったが、墓所の前で野営とか(w

この日は墓場に一人で向かおうとしてたダーナが危なっかしいとか、そんな話をしてたが、
ここではダーナがまだ家族と暮らしていた頃に起こったある事件について話してくれた。

幼少時から予知の力が強かったダーナは、人の苦しみや悲しみなど、知らなければよかった未来を多く見てきたことで、塞ぎがちになっていた時期があったとか。

Ys8_328

そこで母親がダーナに渡したのが、理力を抑制して予知の力を封印する指環だった。
それを身につけて以降は他の子供たちと同じく穏やかな日常を送っていたそうだが、ある日ダーナと父が留守にしている間、納屋で火事が起き、中にいた母親が命を落としてしまう。

もし、指環をつけていなかったら、予知で母親の危機を察知できていたかもしれない。

ダーナは、自分を守るために力を抑制していたことを後悔し、それ以来「手の届く苦しみと悲しみはすべて救おう、決して見て見ぬふりはしない」と誓ったそうだ。
そして、寺院から使者が来たその日、ダーナは大樹の巫女となって、大勢の人を助け、今度こそ“お母さん”を助けたいと誓ったという。

ダーナの家族構成はちょっと気になってたけど、まさかそんな背景があったとはねぇ。
しかし、こいつは面倒くさい性格だなぁ。
何でもかんでも背負い込むタイプというか、事情が事情だけになお更。
俺的には距離を置きたくなるけど、過去の世界でダーナの世話してるオルガの気苦労がなんとなくわかる気がする(w

 
 

その夜は、ダーナの過去話を聞いて、就寝となった。
長くなってきたので、王家の谷探索は次回から!

 
 

|

« イース8-運命の日~ダーナ捜索。 | トップページ | イース8-王家の谷探索~最奥に眠る真実。 »

PS4『YsVIII-Lacrimosa of DANA-』」カテゴリの記事