« イース8-昏き空の下で~ロディニア湖沼地帯探索。 | トップページ | イース8-大いなる進化の系譜~え、生きてたの?まさかの復帰…。 »

イース8-王家の谷探索~最奥に眠る真実。

イースVIII。

この作品のサブタイトルが-Lacrimosa of DANA-。
今回でついにLacrimosaの意味が判明する。
まさか、そんな真実が待っていたとは…。

そしてひっじょーに長かった怒涛の第五部もようやくにして完結!

 
 

巫女にも知らされていない大樹の秘密が、王家の谷に眠っている。
突如現れた謎の人物から、その言葉を聞いた過去のダーナは、エタニアで起こった真実を探るため、
そして、現実の世界のダーナもまた、鍵となる失われた記憶を取り戻すため、アドル達も協力する形で王家の谷の探索に入る。

谷の入り口に蜂の巣があるなぁ。
撤去すると、奥に宝箱、空き瓶を入手した。

お、空き瓶をままで入手するのって意外と初めてだった気する。
漂流してるってのに珍しいアイテムだ(w

Ys8_329

王家の谷の内部に入る。

墓所だけに霊的なエネミーがいるな。
相変わらずおっさんはビビりまくり、この人は一生幽霊を克服できそうにないな。
害虫やら亡霊、火を吐く石像がいるが…、亡霊や石像は倒しても、また復活しちゃうのか。
亡霊が飛ばしてくる火炎が鬱陶しいから、ここは敵無視で、疾風の羽根装備でさっさと移動したほうがいいね。

階段で下層を降りて向かい側は石像が数体いるフロア。
宝箱を発見、紅き指南書<凍>を入手する。
ダーナが「アイスエイジ」を習得した。
SP48、威力A++ スタンC ブレイクCと火力専か。
空中から円範囲に強力ダメージ与えるけど、発動までの隙がなぁ…。

下層を経由して、上層へと進む。

Ys8_329_3

上層の水晶石のところまで到着したが…近くの宝箱が、あーそんな位置にあるのか。
でも下に落ちても、水晶石にすぐ転位できるから楽だなぁ今作は。
「炎馬の守護石」を入手。
燃焼防止のアクセか、火炎の燃焼が面倒だから丁度いいかも。

大抵は水晶石から奥の広間はボス戦ってお決まりのパターンだったけど、、、
お…?ボスがいない?
最奥には宝箱があった。

Ys8_329_4

理法具“浄魂の鈴”を入手する。
これを装備すると不死系を確実に倒せるようになった。
おーこれを待ってたわー!
フェルガナで言う銀の鈴みたいなもんだね。

 
よーし、ボスもいないことだしサッサともどろう!
と思ったら…急にBGMが止んでるわ…あぁこれはもしかして;

 
 

▼ドクサ・グリエル戦

Ys8_330

墓所で徘徊する不死なる猛戦士。
序盤は、剣での振り下ろしや薙ぎ払い、
ある程度ダメージを与えると、体の核が赤くなり、正面に炎のブレス、バックジャンプからの火の玉着弾、
剣の払いから炎弾が飛んできたりと、攻撃全体が燃焼付加の攻撃に変わる。

HP半分以下になると、核の色が白状態になり炎系の攻撃が活発になる。
自分を中心に吸い寄せる風を引き起こすと、剣を突き刺して追尾する炎弾を発射してくる。

攻撃自体は単調だけど、最初はFM&FGのタイミングが少し狙いづらいかなという印象。
構えから振り上げから剣を振りだした直後に回避で発動しやすい。
攻撃受けると何かと燃焼する場面が多く、火消し薬の世話になりっぱなし。
ここはオムレツorキノコーンでバステ対策したほうが安全。

このボスはスタン値も蓄積しやすいので、ピヨリやすい。
万世装備のリコッタのスクリューファングなら3,4回ほどピヨらせられる機会がある。

Ys8_330_2

追尾炎弾は、被弾直前にタイミングよくFM狙わないと直撃しやすいな。
風を起こして吸い寄せてくるんで、疾風の羽根装備ですぐに距離をとって、炎弾に備える。
一発当たるとスリップして最低二発あたるくらいは覚悟したほうがいいんだけど、炎弾自体そんな速くないから、注視して被弾直前に回避すれば高確率でFM、
更に続けざまに来る炎弾もR1連打でFG発動させて、突き刺し中のボスに集中攻撃をかける。
これでかなり楽に倒せる。

ちなみにこのボスも不死系なので、先ほど入手した浄魂の鈴を装備しない限り倒せない。
装備してない状態だと一度倒れた後、HPわずかな状態で復活する。
初見装備し忘れた状態で、ダーナの氷煌演舞陣でフィニッシュかと思いきや、「手ごたえがない」とか…。
まさかの延長戦をさせられる羽目になるとは(w

 
 

ボス撃破後は下層に進んでいく。

石像のダンボウルと亡霊戦士のファブニールを倒せるようになった。
ダンボウルは竜紋岩や星晶甲落とすのか。
ファブニールは強酸辛苦液か。
賭博師つけてても、わりと低確率だ。

Ys8_331

下層から更に階段を下りていくと、先ほど戦ったグリエルさんのような雑魚が徘徊している。
ご兄弟の方ですかね?
フォースガルムというこの守護者もバックジャンプからの炎とか、追尾炎弾とか面倒な技持ってたけど、
何とか撃破すると、中央部にある4つの丸いランプの一つに青い火が灯った。
最下層には他にも守護者がいて、こいつら倒して、全てのランプに火を灯せばいいわけか。

フォースガルム4体とか回復なしだと中々骨が折れる…。
途中、水晶石に戻って回復しながらのマラソンで4体とも撃破完了!

ランプに火が灯ると、下層西側の開かずの扉が開いた。

下層西側のエリアは、吹き抜けになってるが、上から火炎弾投げてくるファブニールが鬱陶しすぎる。
左奥の階段上がって先に始末したほうがいいな。

Ys8_332

このエリアには、下層部へ続く開かずの扉と、左右の石像の向きを変えるギミック。
扉には像と似た模様の顔が正面向いてたから、その通りに向き変えたら開いた!
ふふん、やはり像の向きが鍵だったようですね、とかお嬢…おまえやっぱりフランツさんとこ戻れよ(w

扉を開けると、また像の向き変えるギミックあるから扉の模様参考にして開けて…と。
下層に行く度に、徐々に入り組んでいく形になるけど、3つ目の扉のエリアで上方に足場に宝箱『探索の心得<風>』を入手した。
おおお、これで冒険具5つ装備できるようになったのか。
何かと付け替え面倒でそろそろ欲しかったアイテムだ。

Ys8_333

3つ目の扉を開通して奥に進むと、一際大きな広間に出る。
下層のほうに進んでる分余計広間が入り組んできてるな…。
各所にある像を中央の石柱に記された像の向きと同じ方向にすると上のランプが灯っていく仕掛けか。
しっかし、同じギミックばかりで芸がないし、下層部が入り組んでてめんどくせーなー、要所にファブニールが火炎弾落としたり、狭い足場の所に石像配置してたりとか、うっざーここ。
あんまり下層に行かずに助走ジャンプで飛び乗れる足場とか活用したほうがいい気がする。

宝箱からはウォリアーリスト(def+22/str+20/必殺率+15%)、太陽のタリスマン(低HPでExtra入手量・大)を入手。

4つの像の向きを変えて、扉を開通…ああ、水晶石が見えてきた。

最奥のフロアは円陣の広間…なにやら不気味な場所だが…突然各方向のランプに火が灯ると、それが中央部から姿を見せる。

 
 

▼バシレウス戦

王家の谷の侵入者を滅する冥府の王

外周と中央の間が分断されたエリア。

Ys8_334

ボスが中央にいて、最初は外周に向けて、炎を加えたような骸の霊体(バレスドミナス)を召喚しながら、中央から炎弾を降らせたり青い毒弾を放射したりと妨害してくる。

定期的にくるボスの攻撃をしっかりとかわしてから、外周に召喚された骸を倒して炎を開放すると、外周のランプが灯り、全てのランプが灯ると、中央への道が開通。

中央の間に入ると、開通した道が閉ざされて退路が断たれた状態になり、必然的に中央の間での戦闘になる。

序盤、ボスは中央固定で毒弾や炎弾を撒き散らしながら
杖を叩きつけたり、2連で振り払う攻撃、背後だと尻尾叩きつけがある。
骸も呼び出してくる。

足を止めずに密着して回り込んでいると、本体は杖攻撃の頻度が増える。
この杖攻撃が当たると、結構痛いので、しっかりかわしてFM&FG発動しながら削っていく。
大味なモーションなので慣れれば、簡単に発動できる。

骸が出てきたらお掃除。フォースエッジやミストラルブロウなどの
範囲系のスキルでまとめてダメージを入れるのが効果的。

HP半分以下になるとボスが中央から端へと動き出すようになり、
エリア内の骸から魔力を吸収、吸収した骸の数分だけ、高速炎弾を発射してくる。
この高速炎弾は回避のタイミングがシビアで、連続できた場合、一発当たるとスリップして立て続けにもらい即死。

Ys8_334_3

高速炎弾回避するには、エリア内の骸を全て倒すと、攻撃を中断できる。
ボスが片手から青い怨念の炎を出したら、すぐに周囲確認して、出てきた骸は早めに潰していったほうがいい。
風で吸い寄せてくる状態でも骸が吸収しきって力尽きる前に殲滅できれば、攻撃は中断する。

HP半分以下になったら、特に出現した骸は率先してお掃除しながらボスの相手をすれば、高速炎弾は来ないし、
まぁ一体くらい残しておいても、風止んだら距離取れるので、一発くらいなら余裕で回避できる。
HARDだと、しっかり武器を最大強化してSTRは最低でも500以上乗せとけば、骸の掃除にもたつくことはないと思う。
後は杖に対しての回避スキルがあれば楽勝。

注意なのが、毒弾を並べて一斉に放出してくる攻撃だなぁ。
密着してればさほど来ないんだけど、後半の骸掃除中とかたまにくるからねぇ。
接近してると連続でもろに浴びて即死とかあったわ。

最後まで油断できないボス。

 
 

バシレウスを撃破すると、燃石を入手する。
ん?前に入手したばかりだった気がするけど、それだけもう終盤に入ってるってことなのか。

Ys8_335

奥へ進んでいくと、石柱や橋が倒れていたりと、一際荒れ果てた場所へと出た。
部屋の構造や使われている素材が他と比べて古い…異質な感じがする広間だ。
一体何をする場所だったんだここは…?
ダーナに訊くと、ここは知っている気がするとか…
過去の世界では封鎖されて入れなかったはずだけど、ここまで来たことがあるのかな。

ん、部屋の奥がまだ続いてるな…。

 
 

奥の部屋には古い壁画と、記録用のモノリスを発見した。
だが、よく見るとこの壁画…。

Ys8_336

この絵は…王族がここを封鎖していた理由ってまさかこの壁画?
ただ、これが何を意味しているのかわからない。

モノリスの方は、理力を込めても起動しない。
ダーナでは認証が通らないようだ。

えぇぇ、ダーナで認証できないんじゃどうしようもないなぁ。 
折角ここまで来たのに…。
非常に困った状況になったアドル達。

 
 

ところが、その時だった。
ヒュンメルが、ある気配を察知すると壁画の方に銃口を向けた。

…?誰かいるのか?

すると、そこから突然姿を現したのは…。

 

…!?

Ys8_336_2

過去の世界で、ダーナに王家の谷へ行くよう助言したローブの人物…。
え…何故この人が現在の世界に…!?
ローブの人物は、アドル達がここに来るのを待っていたという。
更にダーナがまだ記憶を取り戻していないことを悟ると、一部の権限のある者しか使えないはずのモノリスを認証させたのだ。
こいつは一体…。

 
 
 

“はじまりの大樹”。
エタニア建国の礎であり、象徴として信奉されてきた存在。
これまで大樹は、人々に理力を授け“進化”を促す存在だとされてきた。

 

だが、ローブの人物は言う。
大樹がもたらす進化とは、彼ら“種”を成長させることではなく…。
外的環境の変化に対応できる適応者を“選択”し、不適応者を“淘汰”する存在なのだだという。

壁画にもあるように、大樹は一定の周期で地上に天変地異を引き起こす。
それに適応して生き残ったものには加護を与え、生き残れなかったものを淘汰する。
過去のダーナの時代にあったような、あの流星の大災厄。
それをもたらしたのも、あの大樹だったのだ。

選択と淘汰による生命の選別、この地上を保っていくにはそれが必要であり…。

Ys8_336_4

ラクリモサ…?

エタニア滅亡もラクリモサの一つに過ぎず、回避できるものではなかった…と。

 

そんな事を急に言われても、到底信じられるような話ではなく。
むしろ、その大樹様が淘汰することをラクリモサなんて洒落た名前をつける貴方は何者ですかって話なんだけど…。

ローブの人物はそれに応えようとはせず、
今回姿を見せたのは、過去に自分たちを“拒否”したダーナがどう行動するのか見届けるためだったとか…。

拒否?ダーナは過去で何を拒否したんだろう。
それすらも明かさないローブの人物は、今日はその挨拶代わりとして、ダーナがどれだけ抗えるか楽しみにしていると言い残して、姿を消したのである。

 

まさか、大樹がエタニアを滅ぼすなんて…。
冗談だろうと思いたいけど、壁画にしても流星の件にしても逆にそっちの方がつじつまが合ってしまうというか。
あのローブは肝心な事言わないで立ち去ったから、逆に謎が深まってしまったじゃないか…。

状況を整理するため、一旦谷を出ると、そこに丁度パロがやってきた。
う…これはまさか…?

Ys8_337

オケアノス以降、古代種たちも落ち着いてきて迎撃戦ないなーと思ってたら、ここにきてか!
更に上空を飛んでいる古代種もいつにも増して殺気立っているような…。
とにかく急いで漂流村に戻ることにしたアドル達であった。

 
 

とまぁこんな感じで第五部『大樹の巫女』がよーやくにして終了!

現実世界でダーナ見つけてここまでだから、かなり長かったなー。
この章が本編で一番長かったんじゃないかなー、さすがにちょっとダレたんですけど。

第五部のタイトルが『大樹の巫女』なんだから、流れとしてはそろそろ核心つくお話が来るかと期待したけど、内容的には、巫女様と現実の世界を旅した上で本編の伏線増やしてみましたっていう内容で終わったじゃん(w
逆に謎が深まっちゃうっていうね…あのローブの人物、素性も明かさずに挨拶もクソもないんだが。
まぁ自分なりに目星はつけてるけど、正体がわからない限りずっと“ローブの人物”で押し通さなきゃいけないじゃん。
記事書くこっちの身にもなれや(w

しかし、ラクリモサか…。
イースVIIIのサブタイトルLacrimosa of DANA。
まんまだけど、『ダーナの涙の日』、『ダーナの淘汰』ってことだよねぇ。

全ての記憶を取り戻したとき、ダーナはどう決断することになるのか。
その辺に焦点当たっていくんだろうか。

アドルのセイレン島の旅も、もうしばらく続きそうだ。

 
 

|

« イース8-昏き空の下で~ロディニア湖沼地帯探索。 | トップページ | イース8-大いなる進化の系譜~え、生きてたの?まさかの復帰…。 »

PS4『YsVIII-Lacrimosa of DANA-』」カテゴリの記事