« イース8-制圧せよ!密林地帯~ジャンダルムを越えて。 | トップページ | イース8-パンガイア大平原~北部の遺跡探索。 »

イース8-天崖山道~ティティス原始林

イースVIII。

サハドの故郷では、貝殻に願い事を書いて木に飾るという祈願の風習があるそうだ。
七夕みたいだな。
出世、商売繁盛、名医、超有名になるなど自分の立場の夢、
家族の無事や幸せ、世界平和、ボンキュッボン!など色々。

Ys8_170

事実、アドルはこのセイレン島を脱出し、それらの出来事を冒険日誌として後世に残すことになる。
果たしてこの島で如何なる真実が彼を待ち受けているのか。

本編も第四部に突入!

  
 

アドルの夢を手がかりに、この島の地層に眠っていた伝説の金属ヒイロカネを発見した一行は、
刀匠カトリーンの協力により、数日を経て、ヒイロカネによって強化された武器が完成。
その武器を手に、再び漂流村に襲ってきた赤い古代種の迎撃に成功したアドル達は、
リコッタの父親タナトスを追って、古代種の潜むジャンダルムの山頂を目指し、山頂のヌシの討伐に成功する。

こうしてようやくジャンダルム頂上に辿り着いたアドルたち、そこで彼らが見たのは、無数の古代種が飛び交う、まさに太古の世界だった…。

Ys8_171

北部側から海を見渡しても、やはり陸地は見えないな…。
一方で北部を見てみると、人が作ったような遺物が各所に見られる…ここには街があったんだろうか。
海水が滝のように流れ落ちてる場所とか、ドーム状に盛り上がった森のような場所があるんだが…、アレは大樹…?

その大樹を見たとき、アドルはふとある光景を思い出した。
以前アドルが見た夢、、、ダーナが庭園に忍び込んだ際に見た、あの大樹…。
…あの夢で存在していたエタニア王国ってのはまさか…。

このまま先進んでも非常に険しい道のりだが、迎撃戦に対応しやすいルートにするために、北稜を尾根伝いに進むといいとか、お嬢こまけぇ、テンポ悪いから説明ほどほどでいいよ。
こうして早速北部への探索開始だ。

と…その時、アドル達を呼び止める、「待て!」
何だよこれからって時に…。

Ys8_172

あれ、ヒュンメルボーイじゃん、ご無沙汰だなー。
お前もここに来てたのなら一緒に来ればよかったのに。
彼もここから同行したいという。
お前の目的ってやつもこの先にあるようだね。
こんな性格だけど、初顔のリコッタとタッチをかわすなど、打ち解けそうだな。
武器のほうは、カトリーンに銃弾をヒイロカネ強化してもらったとか…用意がよすぎ(w
動向把握済みなところが運び屋らしいっつーかなんつーか。
事情もろくに説明しないからラクシャ嬢がおこだったけど、またよろしくな。

こうして再びヒュンメルが加入した一行は、セイレン島の北部に出発ー!

 
 
 

…の前にだ。
前回の探索で、消費した薬の補充や発生した依頼の消化などで一度漂流村に帰還。

依頼の方は、『ししょーへの献上(リコッタ)』
『新入りはいずこ(レーヤ)』『栄養満点の肉料理(ミラルダ)』

己の未熟さを感じているリコッタは、世話になってるししょーに稽古つけてもらうために、完熟マンゴーを送りたいそうだ。
遠鳴り浜の障害物どかした先の丘の頂上でししょーとやらを発見。

Ys8_173

マスターコングというこの師匠さんに完熟マンゴーを渡すと、リコッタが1対1で戦うとか。
これは猛進x輝石装備で挑んだ。
コングの上空からのダイヴと突進アッパーにさえ気をつけておけば何とか。
戦闘中に猛進スイング覚えたけど、これは範囲系で火力はイマイチ。
ししょーに勝利すると、スキル「スパイラルダイヴ」を習得した。
SP45とコストは高いが 威力A+ スタンA++か。
アドル達もいずれ稽古つけてもらえるらしい、意外にもヒュンメルボーイはやる気だな(w

Ys8_174

レーヤの方は、新しく捕まえたピッカードが逃げ出したとか、シリーズ恒例のピッカード捜索キター!
村の中にいるけど、MAPに位置表示されてるから今回は簡単だな。
休息所に逃げ込んでちょっと探しちゃったけど、ん?…なんだかピッカードくさいぞ?
ピッカード一匹増えたことで農場の生産力が上がったようだ。これは心強い。
丁度浜辺に流れ着いてた宝箱からキャベツの種を回収したから、レーヤに植えといてもらおう。
これでロールキャベツ(HP自動回復)も簡単に作れるな!

ミラルダさんは、古代種から取れる始原肉が3つほしいとか、これはついででいいな。

  

総合探索率40%超えてたので、エアランに地図を見せる。
船長が遺した遺品だと言う鬼神の霊香を入手!
これでSPゲージが上昇するー船長、ありがたく使わせていただきます!
後は…オースティンにロケーションポイントが50%に達したことを報告。
<白鷹の水晶眼>を入手した。
冒険具で、地図に書き記す範囲が広がると言う逸品。
地図報告で埋めなきゃいけないから、重用しそうだな。
次は100%埋めろとか、これは到底先になりそう。

 
 

■第四部 失われし世界

頂上から尾根伝いを進んでいくアドル達。

Ys8_175

天崖山道へと入る。
この辺は妙な生き物がいるな。
ラクシャ曰く、古代種の一種だそうだが…食ってみる?
野生児ガールがししょー直伝のスパイラルダイヴでトゲトゲ芋虫と回転対決!ずがーん!
この技、通常のジャンプ→ダイヴとローリングからの突進技の2種類あるんだな。
いずれも単発だけど600~700ダメージとか火力高いなぁ。

洞穴内で光る磯巾着みたいなエネミーが採集ポイントに見えてしまう俺の目は重傷!
ガルバンとかいう大型の甲羅獣がいたが、あーばよ♪の剛爆三段でピヨらせるなど、リコッタ頭割れそうなくらい絶好調!
調子に乗りすぎて倒した敵にワイルドスクランブル発動させちゃったけど(w
これにて閉幕!ってすでに閉幕中じゃないですかー。

洞窟内の地下湖で魚影ポイントを発見。
ここのポイント、かなり魚いるなぁ!

Ys8_175_2

ミラージュ率が高いけど、新種のアルケドン(B)、ディプロミス(B)を発見。
お、こいつら始原肉持ってるじゃん、幸先よく2つゲット。
そして、これも初顔のグワランゼル!ヒュンメル、こいつ速達で漂流村に送っといて。
今夜は蟹鍋パーティーだあああ!

岬のほうに宝箱レッドグラブを回収。
こっちは燃焼付加か…。
よっぽど長期戦じゃない限り使わないよなーバステ系って。

途中洞窟内でロケーション虹色の鉱脈を発見。
滝裏の鉱脈みたく、ここも石の採集にうってつけだな…となにやら近場に見覚えのある古代種が…。

以前、大峡谷流域で霧の中から襲ってきた黒の古代種ギガン・タイラン。
あの時はとても手に負える相手じゃなかったけど、成長した今となっては…。

といっても、二撃で死ぬんだよね(w

Ys8_175_3

ただ、この鉱脈周辺はちょっとした段差地帯になってて、一度段の下にまで追いかけさせて落としてから、鉱脈に戻るところの段差を活用すると、向こうはジャンプするものの、追ってこれず、一方的に攻撃できる…というパターンでなんとかいける、時間かかるけど(w
今度はきっちりワイルドスクランブルで閉幕!
ラクシャLvアップな上にレアな雷霆爪と竜鱗まで回収できちゃったよ、ウハウハ!
かなり消耗した甲斐があった…ぐふ。

 
 

こうして山道を抜けたアドル達は、テンペル参道へと入った。

参道に入った一行がまず目にしたのは…。

Ys8_176

うっわー何これ…デカすぎだろこの大樹…!?
しかも大樹の下には建物も見えるな…。
かなり古びていて人の気配すらないが…。
でもよく見ると…それは、大樹を祀る施設のようにも見える…まさか。

 
 

その夜は、近場の参道で野営することにしたアドル達。
あの大樹と建物は、アドルの夢に出てきたそれと酷似していた。
この島に来てから見るようになった不思議な夢について皆に説明するアドル。
前回の、偶然にしてはありえないヒイロカネの一件もあった。
もうアドルの夢はこの島と関係があるというか…
ここまで来ると、このセイレン島が嘗てのエタニア王国だった可能性が高いな。

詳しく調べたいところだが…。
そこへ向かうには、古代種の潜む平野部を突破する必要があるようだ。

それにリコッタの父上も捜さないといけないしな。

どっちにしろ明日から本格的に北部探索だ。
気合入れないと!

 
 
…………。

 

アドル「zzzzzz……///」

 
 

ダーナが巡礼で寺院を留守にしている間、王宮の使者が訪ねてきた事を侍女から聞く。
火急の用事だったそうだが、祭司長が対応したとの事で、話を聞くことになる。
サライは故郷へ帰ったようだけど、オルガは祭司長になったのか…。

オルガ曰く、現女王のイレーネが高齢により退位することになったようだ。
エタニア王国の女王と大樹の巫女、国の政教を代表する存在であるこの二者は、
互いの均衡を保つことで、エタニアの繁栄も保たれてきた。

巫女となったダーナは、次期女王とも友好的な関係を築かねばならず、今回の使者からは、国民へのお披露目に先立って、新女王となる王太女との謁見パーティーに出席するよう言伝があったようだ。
ダーナ達は王都アイギアスへと出立する。

Ys8_177

謁見までまだ時間があったダーナは、王都内を探索することになる。
国民達がどう思ってるのか知ることも巫女の大切な役目~ってのは建前で、本当は巫女の仕事から解放されたいだけなんでしょ?
オルガの話では自室にお忍び用の隠し扉作ったりとか、巫女となってもそのお転婆っぷりは抜け切れてないようだ(w

王都では武術大会が行われていたそうだね…出場してたドラン衛士長かっけーとか。
王太女は優秀だと言う噂がある反面、式典をほとんど欠席したりと、国民の前では滅多に姿を見せなかったようだ。

Ys8_177_2

それにしても驚いたのはこの王都の人々の身長だよ。
寺院のときは、ダーナが他の女性より背が低いだけなのかと思ってたけど、よく見たら、ダーナの肩が彼らの腰の位置…下手したらダーナの2倍ほどの身長の人もいるんじゃ。
優に2m以上はある…大人の男性はこれが標準なの!?

外に出ようとしたら、その場にいないはずのオルガが注意してきた。
一部の人間は、遠くにいる人物に念じて話しかけると言う“念話”ができるらしい。
念じれば相手が何してるのかもわかっちゃうのかな、迂闊に何もできねー(w

Ys8_177_6Ys8_177_1

巫女様の弟分のラステル、いつもお忍びでの遊び相手となってる双子のミーア&シーア、その他、ダリオス執政官らと会話、ダリオス曰く、王太女は幼少時、王宮の外である市井で勉学に励んでいたいう特殊な事情があったようだが…、このような巡り合わせがあるとは…とか感慨深げ…どゆことー。

侍女シェンナの話では、オルガが祭司長になって既に3年経過しているという発言が…、
え…前回から既に3年以上経過してるんだこれ?
ダーナの胸と背がちっちゃいままだから気付かねーよそんなもん(w
顔馴染みのお店のおばちゃんに背の伸びる薬だとか気遣われる始末…。
ダーナも是非お願いしますとか頼んでんじゃねーよ^^;

お忍びで王都によく遊びに来てるのか顔馴染みもいるけど、3年経過してるにしてはダーナってあまり知名度がないな。
まぁ巫女として王都に顔を出す機会ってなかったのかもしれんけど。
小さいお嬢ちゃん扱いだ。

Ys8_177_5

東の広場ではバザールやってるけど、買い物は出来ないな…。
この世界はどんなもの売ってるのか知りたかったのに。
MAP見たら採集ポイント1つあるみたいだけど、今は無理っぽいな。

 

王都の中央には、理力を増幅して王都下に供給するという水晶柱を備える塔堂<ストゥーパ>が建っている。
ここを通ってエタニア王宮へ。
待っていたドラン衛士長に招かれ、王宮へと入るダーナ。

 

オルガと合流後は、イレーネ女王陛下が挨拶したいとの事で、謁見の間へと入るが…。

 

女王陛下より先にやってきたのは、なんと王太女。
しかもその正体は…なんと…!!

 

Ys8_177_7

サライ!??

3年前まで巫女の候補生として同じ釜の飯を食べてきた彼女が…
故郷に帰ると言っていたのに…まさかそこが王宮で王太女!?
なんと世界の狭い…!
だが、よくよく考えると、小耳に挟んだ王太女の噂も何となくつじつまが合うな…。
何故サライちゃんがここに?とかダーナ気付くのおせーよ(w

こうして、ダーナは王宮で新たな女王となる王太女サライと意外すぎる再会を果たすのであった。

 
 
 

アドル「………。」

と言う夢を見たアドル。

夢で目が覚めて、奥の大樹とあの寺院が気になって仕方がないようだ。

構造物が非常にそっくりで、しかもあの特徴的な大樹が存在してるから、その可能性は高いんだけど、にわかに信じられない。
というか何故アドルだけがそんな夢を見るのかも…。

…サハドが寝ぼけてるけど、そろそろ出発しよう。

道伝いに進んでいくと街が見えるが、、、本当にアドルが見た夢の街なのか…。

 
 

ティティス原始林へと入る。

Ys8_178

毒駅を散布したり、突進してくる大型原始蟲フラレオアントンや、
大きく飛びついて麻痺攻撃仕掛けてくる菌ジャード。
麻痺毒の胞子吐いたり、ジャード吐き出してくるカズカズラ、バステが鬱陶しいの勢ぞろい。
いちいち耐性装備してらんないから毒消し薬や麻痺取り薬を使う頻度がそこそこ。

滑空してくる原始蟲は木を壁にしてリーチの長い攻撃で当てていくのがいいな。
お嬢、ボーイ、頼んだわ。

フラレオアントンは蒼穹羽、カズカズラはリムの花や苦汁を落とすのか。

池の上の段差の宝箱に、蒼き調合書<快>を入手。
フルポーションを調薬してくれるのか、ここの雑魚の攻撃、結構痛いから助かるな。
池の魚影ポイントはディプロミスか…さっき釣ったな。

 
 

Ys8_178_2

奥へ進んでいく途中、茂みから奇妙な生き物が次々と出てきた。
これは…古代種の幼体…?
その愛らしい見た目にお嬢のかわいい病キタコレ…。
ピッカードには「家畜ですね(キリッ」だったのに、こっちはかわいいのかよ…考古学者の娘のかわいいってちょっとズレてんのかもしれない。
連れ歩きたくなっちゃうとか…ボーイ、サラッと同意してんなよ、おまえら警戒緩みすぎ。
見とれてる間に、リコッタがアレを追ってどっかいっちゃったじゃないか…。
リコッタが一時離脱。

北と東の分岐を東に進んでいくと、ロケーション・ユニカラミテスを発見。
クイーントマトが採れるなー種がほしい。
このロケーションポイントから右手の方に、ここからじゃ飛び移れない隔離された広場とポツン置いてある宝箱を一つ発見したが、
今の段階だと取りにいけないのかな。

奥へ進むと、さっきの生物が奥の洞穴から出てくるが、心なしかこっちを誘っているようにも見えるな…怪しい。

洞穴に入ると、どうやらここは大型古代種の住処のようだが…。

奥に入ると、巣の上で倒れたまま動かないリコッタを発見。
どうやら眠っているだけのようだ。
何やってんだよこの野生児ガールは…
今の姿をししょーが見たら怒涛のダイヴが飛んでくるよ?

 
するとそこへ、さっきの生物達が現れる。

一見可愛らしい風貌だが、、、ふざけた知能もってやがるねぇ。
小型の古代種が目を赤くさせ、さらに親の古代種も姿を見せ、襲い掛かってくる。

Ys8_178_5

ボス戦に入るのかと思ったが、小型の奴はあっさり殲滅完了。
親もオーラブレード数発でピヨって、かるーく一蹴!

その後も小型の奴がどんどん集まってきて囲まれてしまうアドル達。

ところが、直後に、今度は種類の異なる古代種が数体現れると
小型の古代種たちを駆逐していく。
ラクシャ曰く、あれがこの住処の本当のヌシっぽい。
そのドサクサに紛れて巣から脱出するアドル達。

 
 

なんとか全員無事だったが、弱肉強食の世界を目の当たりにして茫然とした一行…。
ここはもう人間の世界ではなく、彼ら古代種たちの世界か…。
まるで敵地、アウェイだねー。

Ys8_178_6

リコッタが迷惑をかけたことを申し訳なさそうに謝罪。
この件はししょーに報告するんでよろしく^^
というかサハド…リコッタは、元々ここにいたそうだから、漂流者じゃないんだが(w
細心の注意を払いましょうとか、お嬢、それは自分に言って聞かせる言葉じゃねーのかよ!

まぁ古代種にもあんな知能を持ったやつらがいるってことは教訓になったね!

探索を再開する。
水晶石周辺でも、崖の下辺り見ると、池が見えるんだけど…お、魚影ポイントを発見。
アルケドンを釣り上げ、またまた始原肉をゲット!
結局ミラルダさんの肉料理に使う始原肉は、古代種ではなくすべて魚からゲットしたということで(w

Ys8_179

さらに先程の古代種の住処にも足を運んだが、ヌシの古代種達がいなくなっていた。
巣の卵は回収できないな、素材に使おうと思ったのに。
近場の池で釣りができる。
水面の光で波紋が見えづらかったけど…、
ここではキングサーマン(A)を初ゲット!
お、金剛殻を持ってた。
泥沼にさえいたんだから、この辺にもヌシとかいてもいいと思うんだけど…今回は見つからず。

 

原始林の奥地では、先程罠にはめてきた古代種の幼体&成体の同種が出現。
襲ってきた原始蟲とまとめて相手をする羽目に。
幼体がプラ・セルシスで、成体がセルゲイシオスって言うのか。
こいつら始原肉落とすなぁ。
レアな竜鱗落としてくれないかな。

途中、漂流村に獣出現との報告。

そのままティティス原始林の奥地へと向かうが、、ダンジョンにしては珍しくボス戦がなく…。
今度は、パンガイア大平原へと入った。
原始林のほうは地図100%まで埋めたのに、宝箱一つ回収できてないな…。

とりま、迎撃戦に向かうか。

出陣前に設備を強化しよう。
防衛柵Lv6、デコイLv3…後はスタン銅鑼にブレイク効果を付加させる。
古代種含めた凶暴な敵が襲撃してくるようになったから、気合入れないとな。

 
 

▼蠢く旧世界の住人たち(推奨Lv37)

エリアは海、wave4。

wave1、原始林で遭遇したばかりのジャードやカズカズラが襲撃してくる。
迎撃戦用に弱体化されてたので問題はなかったけど。
初っ端から奇襲とかもうザラだな…。
アドル一人で成敗したかったけど、地味にヤドカリ出てくるのが鬱陶しいな。

Ys8_180

wave2、天崖山道で遭遇した甲羅獣ガルバンが出現。
これはリコッタちゃんの剛爆三段の出番ですなぁ。

wave3、サラマンダインが要所で襲撃してくるな。
終盤でカズカズラとコンビで出てきたけど難なく退ける。

wave4、ガルバンの奇襲からはじまり、計6体お掃除という重労働、
最後2体襲撃してきたが、動きが遅い分まだ対処しやすい。
リコッタのあばよ♪連発で勝負あり!

アドルとリコッタ交代で各個撃破という無難なステージ。
ヤドカリとか急いで倒したいから、おっさんより小回り利くリコッタのが使い勝手がいいね。

今回も初見はKHR0%でスコア81000評価A…Sの壁は厚いなぁ。
ドギ班はアリスンさんがドギ&パロ抜いて1位か、10万スコア叩き出してたけど評価Aだった。

こっちの北部への進行に併せて向こうの連中も拠点発見で侵攻してきた感じだな。
赤い古代種倒して落ち着いたと思ったのに、迎撃戦もますます熾烈を極めそうだ。

|

« イース8-制圧せよ!密林地帯~ジャンダルムを越えて。 | トップページ | イース8-パンガイア大平原~北部の遺跡探索。 »

PS4『YsVIII-Lacrimosa of DANA-』」カテゴリの記事