« イース フェルガナの誓い-バレスタイン城[地下区画~時計塔] | トップページ | イース フェルガナの誓い-ラスボス戦~エンディング。 »

イース フェルガナの誓い-決戦の地、ジェノス島へ…。

イース-フェルガナの誓い-。

本編も残すダンジョンは@1つのみ。
今回の探索で全ての武具を入手!

Ysf_98

防具の強化って1回で+1しかあがんないから、
「ラバール鉱勿体無い!次入手する防具までとっておこう」っていう流れが続いて、
結局、防具の強化は一度も行わずにここまで来ちゃったなー。

で、最強防具を入手したけど、鉱石は十分なのに、今度は金欠で強化できないときたもんだ…。
首飾り購入とブレイブ強化が響いてんだけどさ。
+1強化に15000Gはさすがに高すぎな気がする。

アドニス、もうちょっと安くできね?

アドニス<無理だな!

 

 

さて、前回バレスタイン城で、彫像を集めるマクガイアを背後で操っていた黒幕ガーランドがついに登場。
ガルバランの復活を目論むガーランドはエレナを連れ去ると、復活の儀を行うジェノス島へと向かっていった。

チェスターからエレナを託され、一族に伝わるジェノスの剣を受け取ったアドルは、決戦の地となるジェノス島へ向かうことになった。

 
 

出発の前に、準備も兼ねて町の住民たちにご挨拶。
町のBGMが緊迫感あるものに変わってるなー。
魔物が活発化したことで、大半の住民が礼拝堂に避難している。

Ysf_99

城の地下で救出したボブはアイーダ婆さんと一緒。
そのはぐれた後のエレナの行動が謎すぎるんだが(w
彼女がどうやって時計塔を上ってきたのか、前回からそれが気になってたんだけど。
スカートのままで歯車に飛び乗ったりしてたエレナを下から見てたエネミー共は役得(ry

「ガルバランって何?」と言うヒューゴ。
やはり大昔の伝承なんて知らないんだなぁ…。
それよりピッカード外に置きっぱだけど避難させなくていいの?(w
ヒューゴの父親ハロルドと会話。
ここまでスポットあててなかったけど、今回はボイス付きか。
武術に無縁で戦えない彼であったが、皆のために剣を取ると誓うハロルドから、ラバール鉱を100個受け取った。

ピエール神父と会話。
そういえば、シスターの姿を見ないな。
司教があんな事になって一番ショックを受けているのは彼女…か。
こんな時こそ、彼女の代わりにしっかりすべきだな、皆を頼むよ。

武具屋にいってみると、鍛冶屋のアドニスが古い文献を引っ張り出して悩んでいる様子。
この店では、純度を最大まで高めてラバールを精製するという技術が伝わっているそうで、その技術さえあれば最強の武具を作ってくれるそうだ。
問題点はラバール鉱が膨大に必要という点と、純度の高いラバールでゼロから武具を作るには、普通の槌では駄目なのだという。

何でもアドニスの爺さんが、ジェノス島の住民から教わったという技術。
となると、槌も島にある可能性が高いということか。

ついでにブレイブソード鍛えようと思ったら、
1回鉱石700個に15000G!?金足りねーよ…。
つか、鉱石も武具作ってもらうのにためないといけないから、しばらく様子見だな…。

  
 

宿屋では、バレスタイン城で見たメイドのフランと
マクガイアの奥方エリザベートと子供たちの姿があった。

Ysf_99_4

この町の人たちは温かいと感銘を受けるフランとは対照的に、こんな汚い小屋で寝るなんて我慢できないとダダをこねるアリーセ。
見た目からは想像できないけど、ネズミ出るんだここ(w
なんなら城に戻ってもいいんじゃよ?

肝心のマクガイアは二階の部屋で怯えきっていた。
遺跡では散々でかい面してたのがもはや昔のことのようだな。
こんな時こそ奥方さんがしっかりしないとな。

広場には、町の防衛に当たるベルハルトをはじめ、ガードナーや鉱員ら、
更にバレスタイン兵の生き残りであるアンドレの姿も。
フランに言われて手伝いに来たそうだ、尻に敷かれてんなぁおまえ(w

最後にベルハルトと会話。

ジェノスの剣を手にしたアドルの目を見て、決意を悟ったベルハルトは、
出発する彼を、静かに見送った。

よし、いってくる!町は任せたよー。

 
 
ガルバラン復活の兆しにより、影響を受けた魔物たちが、強化されている。
フィールドはいったら被ダメ上がっててびっくりだよ!

ダンジョン内の魔物はそのままだった。
まだ見落としないかなぁと調べてたけど、
廃坑6エリア目の、次エリアの階段から奥に途切れた橋があったのを見落としていた。
滞空ジャンプの先にドゥラデルに囲まれるように宝箱を発見。
中からエメラルドを回収する。
これで風・地と残り一つで最大強化完了だ。

Ysf_100Ys3_2355

他はほとんど調べつくしたから、そろそろジェノス島へ乗り込もう。
こうして見ると地図に大きな変化はないが、旧作はジェノス島なんて設定はなくて、ガルバランの島だった。
そのまんまの名前だけど、いかにもラスダンって感じでどんな場所か想像できそうだよな(w

えーっと、ベルハルトが、この島へ来たときの小船でいけるだろうと言っていたけど、
どこに止めたか忘れたなぁ、とバレスタイン城に向かう途中に、沖へと下る橋があった。

沖に向かうと、アドルに元気欲声をかける男が…。

 

Ysf_101

ドギだ!
チェスターに刺されて以降、ベルハルトの看病を受けていた彼だったが、
故郷が危険に晒されたこの状況を黙って見過ごせなかったようだ。

ドギにこれまでの経緯を説明。
一人で乗り込むつもりだったけど、水臭いぜ!と返された。
刺されてからそんな時間は経ってないはずだけど、本当に大丈夫なのか…?

魔王復活の兆しのせいか、波が荒い。
慣れてるドギを漕ぎ手に小舟で移動するアドル。

Ysf_102Ys3_2360

まるで終末を漂わせる色の空の下、シエナ湾を渡る。

旧作だとドギのイベントはなくて、アドル一人で乗り込んでたんだよな…。
荒波にもめげずに進み、いざ、決戦の地へ!という雰囲気。
今作は静かな出だし。

 
 
 

ジェノス島に到着する。
ここが、、エレナとチェスターが住んでいた島…。
エレナはここにいるのか…、その故郷に最悪の形で戻ってきた彼女だが…。

不気味なくらい静かで、嫌な気配がするな。

とにかく奥へ進もうとするアドル達…だが、さすがにまだ傷が癒えていないドギが苦しい表情で膝をつく。
ああ、やっぱりか…。
俺のことはいいからエレナを助けてほしいと託して、彼は気を失ってしまう。

今作は裏方に徹していたなぁ…ったく、無茶しやがって。
ここまで送ってくれてありがとよ、相棒。
後は俺に任せろ。

 
 

早速、奥の遺跡、広場へと入ると…。
これまたどこかで聞いたような声が聞こえてくる。

「やはり、ここへ来てしまいましたか…。」

 
 

Ysf_104

シスター・ネルだ、
エレナを妹のように接していた優しいお姉さん的存在のシスター。
町で見ないと思ったら…ははっ…まさか。

 

アンタがデュラーンだったとはな。
これまでの経緯を察すれば、もはや説得の通じる相手ではない。
島に入ろうとするアドルの前にに立ち塞がった。

 
 
 

▼デュラーン戦

バリアを張りながら掛け声出して遠隔剣3回。
駆けろ、貫け⇒直進
踊れ⇒縦追尾
舞え⇒回転
と攻撃パターンは前回と同じ。

Ysf_105

直進の発動が早くて、縦追尾が非常に遅く、ジャンプのタイミングが重要だが、剣の数も増え、回転時のモーション時も若干長めか。
前回と違うのはこっちも同じ、タックルのガード機能を利用すると確実に回避できる。

直進が早いので、常に直進を意識してジャンプするよう心がける。
エリアの南側を左右に移動しながら、ボスが光った頃合に2段ジャンプをかければ直進は回避できる。
違っていても追尾は発動が遅いから対処しやすく、回転でも、着地後にタックル→ジャンプで乗り切りやすい。

遠隔剣3回後に隙ができるので攻撃。

少しダメージを与えると、遠隔後に一旦消えて、分身とともに各方向に姿を見せ、双方遠隔魔法。
分身が正面に衝撃波、本体が放射状に火の玉を放ってくる。
しっかり見定めて攻撃。

Ysf_105_3

HP削る度に、分身の数が一つずつ増えて、それに伴い衝撃波が各方向から襲ってくるようになるが、基本分身は、出現前後にアドルがいた位置に目掛けて撃ってきて、そこが衝撃波の交差点になるような形になる。

体感だと、アドルが中央にいる状態、中央に交差点を作るようにしてから、本体の斜め後ろあたりにジャンプするよう心がけると、
位置的に向かい側からくる衝撃波もかわしやすい。

遠隔3回目のときに、既に中央による準備しといて、3回目かわしたと同時に、タックルで中央に寄る形。
で、本体の位置を確認したら、背後に回る形でジャンプしながら衝撃波と魔法を回避して攻撃。
これを繰り返す。

分身は最大で5体現れ、本体含めて6方向から攻撃してくるが、
上記の中央にアドルを寄せる形で問題なし。
本体の向かい側から来る衝撃波もかわせれば、ここは余裕。

 

HP半分以下まで削ると、遠隔剣の間隔が狭まり、回避の難度が上昇。
ここはタックルの出番が増えてくるね。
これも直進のタイミングにあわせて回避、
回転と同時にきたら、タックル連打で乗り切る。

Ysf_105_4

HP1500以下ほどになると、ボスが「やるな…」と呟き、ビットを射出。
ビットはフィールドを動き回りながら、レーザーポイントを当ててビーム攻撃してくるようになる。
終盤に入るとどんどん数が増えてくる。

ビットのレーザーポイントが鬱陶しくて、遠隔剣にあたってしまいがちになるが、外周走っていれば基本はビットのビームには当たらないのと
遠隔剣の間隔が元に戻っているので、落ち着いて対処すれば問題ない。
山場はビット+分身のときだろうね。
ジャンプしてもビーム食らって下に落ちたら衝撃波の的になり、立て続けにボーン!だから…。
ここさえ乗り切れば、後はいける。
キリを見てWBで。
慣れないうちは、何かと消耗するから、WBはほぼ回復で使う形が多かったけどね。

 
 
 
 

こうして最初の難敵を討ち倒したアドル。
仮面が崩れ落ち、ネルの顔が…。
彼女は、ガーランドとの関係や当時の出来事を刻々と語りだした…。

ガーランドに魂と命を救われて以来、彼を生きる拠り所にしてきたそうだ。

ところが、邪教の神殿跡だったイルバーンズ遺跡にいってから、ガーランドの様子がおかしくなっていったという。
それでもネルは彼を信じ続け、同じ魔の力まで手に入れた。

そして、ネルはガーランドに命令され、十二年前…。

Ysf_106

その罪を告白したのだ。

…アンタがやったのか。
なんとも同情を煽るような喋り方が余計胸糞だったが…。

真相を告げたネルの体が次第に消えていく…。
その罪は、アドルの、いや、彼女が皆殺しにした一族の剣によって裁かれたのだ。

ネルはアドルに感謝を述べ、消え去っていった…。
おまえが死んで消えて…一方的に解決した気になってんなよ…。
こんな奴が、町の人間騙して、子供たちや、
ましてやエレナやチェスターの面倒見てたと思うと…。

しばらく胸糞だったけど…気を取り直して奥に進むことに。

 
 

■暗黒神殿

嘗てのジェノス一族の集落は、なんとも禍々しい神殿と化していた。
いかにも魔王の寝所って感じの場所じゃないか。
復活の儀を行っているガーランドが奥に…。

エレナ、無事でいてくれ。

Ysf_107Ys3_2395

魔王の力の影響下か、エネミーもそこそこ強力。
小さいコウモリ…いや、よく見たら悪魔、ケラトロスっていうのか。
群れて接近してくるが、旋風斬りが効果的。
ビーム発射してくる骸骨頭のドゥーノスが鬱陶しいな。
接近してきたケラトロスとまとめて大旋風斬り!

旧作のガルバランの島は、
中は真っ暗で、鬼火の宝珠がなければ進行するのも至難、
一方通行の昇降床を使ったちょっとした迷路のようなダンジョンだった。
へヴィメタ風なBGMにディスコのようにスポット当てるような演出とか、時代を感じさせるラスダンだったわ(w

今作風にアレンジされたBGMを耳にしながらも、ローラートラップを抜けて上の段を進んでいく。

途中、トラップで囲まれた宝箱のフロア、南側に飛び降りれる場所の下に赤宝箱を発見。
エメラルドを回収した。
よし、これで風アーツの最大強化完了!
更にローラーに囲まれた宝箱はラバール鉱750個!
これは最強防具のタシにしよう。

以降も頻繁に見かけるローラートラップを回避しながら、
途切れた足場を過ぎ、ドゥーノスが各所に配置された一本道を通ってくと、他のダンジョンの隠しフロアにいた強敵エネミー、スカル・アルナダが登場。
うわぁ、なんか嫌な予感(w

Ysf_108

こいつ、倒しても体が崩れ落ちるだけで復活するんだな。
ジェノス島の戦士が何度倒しても起き上がってきたという魔物の話を思い出したけど、
それってこいつらのことか…!
てか魔物辞典に書いてあった…。
虐殺後、十二年経てもまださ迷い歩いているとはな…。

アルナダが密集している通路の先に赤宝箱を発見。
"銀の鈴"を入手する。

この鈴の音は、不死なるものの魂を解き放つ効力があるそうだ。

装備した状態で、アルナダを攻撃すると、今度は死体も残らず粉砕!
十二年の歳月を経て不死兵の魂を浄化していくアドル。

ったくネルの奴は、とんでもないもん遺していきやがったな…。

以降は、頻繁に見るアルナダを片付けながら、地下へと進んでいく。
紫の炎である死霊を引き連れて姿を消す不死のスカル・マギステが登場。
接近時は死霊で被弾するから、火のアーツで叩き込んで仕留める。

Ysf_109

丁度マギステとローラートラップがあるエリアに赤宝箱。
"紅蓮の槌"を回収した!

これがアドニスの言ってたやつだな。
とりあえず、先を進もう。

ドゥーノスを見なくなった代わりに、
植物系の最上位種、マハヴァリーズの登場。
樹液を撒き散らして周囲を爆発させる範囲攻撃持ちか…。

Ysf_109_2Ysf_109_3

これとマギステのいる踊り場とか最悪じゃんか。
ゲージたまり次第WBでゴリ押し!
それでも結構被弾するなぁここ。

ローラートラップの段差を抜けると、巨大な光弾を連発で吐いてくる異形の魔物レヴィネードが登場。
こいつが魔物辞典に乗る最後の雑魚か…。
杯のような円形の足場とローラートラップのエリア抜けたあたりで、下に赤宝箱を発見。
ローラーが非常に邪魔だけど、2段と滞空ジャンプ駆使、おー一発でいけた!
中にはトパーズが入っていた。
よし、これで地のアーツ最大強化完了!

その後も、マギステ&マハヴァリーズのエリア抜けたり、
レヴァード複数体出てくる場所など、不死兵しかいなかった旧作と違ってオリジナルのエネミーが多数、ほぼ一本道だけど、それなりに長いなー。
回復壷もあまり見ないから、消耗しがち。
WBがほとんど回復用途だった。

Ysf_110

その間も宝箱からラバール鉱を720個とか、960個とか獲得して、計5000個以上たまってた…。

先に進む道はぁ…と落とし穴の先にはレヴィネードの群れが…、
まともに相手したらめちゃくちゃ消耗するなぁ。
画面外から高速で光弾来ると避けづらいわ。
旋風ジャンプでレヴィネードの群れをスルーして奥へと進むと…。

 
 

突然仰々しいBGMに変わった。
これは、、黒幕登場時の…というかガルバランのBGMじゃないか…近いな!

長い長い回廊を降りて最深部前の道祖神に到着。
この奥にやつが…と、その前に一回準備に戻ろう。

 
 

◆最強の盾

Ysf_111

町に戻り、アドニスに紅蓮の槌を渡すと、最強の武具を作ってくれる。
感じるぜぇ…!と興奮するアドニス。
そのフィーリングで、鉱石拾ってきて武具作ってくんねえ?ってさすがに無理か。


さて、気になるラバール鉱の必要数は…1000個!
てっきり5000個くらい必要かと思ったけど、それなら容易い。

1000個渡して作ってくれたのが"ラバールシールド"だった。
これで最上位の盾を入手した…が、
後一つ、鎧はどこにあるんだろ。

まぁいい、手持ち金も神殿探索で30000G超えてたから、
ブレイブソードを最大まで強化しよう。

 
 

◆最強の鎧

その後、暗黒神殿を再び探索。
これ、最深部からだと戻って探索できないのがねぇ。

Ysf_112

一から探索してたけど、マギステが初登場するエリア、
ここにも杯状の足場があるけど、高すぎて通常じゃ届かない。
上層の通路の途切れた箇所から落ちて、エリア変わったらすぐ旋風ジャンプで足場に飛び乗る形だ。

この円形の足場を辿っていくと、奥に赤宝箱。
"ラバールアーマー"を回収した。
初見じゃ落ちなかったから気づかなかったな。

 
 

ともあれ、これで最上位の剣・鎧・盾と揃ったわけだ。
見た目も鋼鉄の銀色(プラチナ?)に変わったけど、バトルシリーズの金色のが強そうに見えるなー。

 

さて、これで準備はできた。
そろそろ決着をつけに行くとしますか。

 
 

神殿の最奥で待ち受けていたのは、司祭ニコラス・ガーランド。
星刻の教えに背き、邪悪な魔王ガルバランを復活させんとする悪しき存在だ。
アドルに敗れたシスターに対して、弔いの言葉でもかけてやるのかと思ったが…。

Ysf_113

…司祭がおかしくなっても、それでも信じて命を捧げてきた者に対してかける言葉がそれか…。

この男は、イルバーンズ遺跡で、邪教の崇拝する神の何かに触れたのだろう。
そこで、身も心も神に捧げたというガーランド。
星刻などという人が生み出した無力の存在ではなく、
真の力を振るう偉大な神こそが、世界を支配し、神の楽園と化す!と高らかに叫ぶガーランド。

強大な力を持ってるなら、何でも神とか言いそうなやつだな、酔狂なこって。
もはや、説得する気もないし、情状の余地なしだ。

決着をつけよう。

 
 

▼暗黒司教ガーランド戦

序盤は、ボスを中心に広場を回るような視点での戦闘。

Ysf_114

まず自身は結界を張り、中心から外へ弾くような風を起こしながら、
大量の光弾を一斉射ち、
垂直ランダムに8回叩き潰してくる範囲魔法、
頭上から放出される雷撃、
巨大な鎌を出現させ、上段or下段に左から右へ大きく振って魔弾を放出する攻撃などがある。

結界は火のアーツでは破壊できない。
接近攻撃か旋風斬りで破壊。
ブレイブソードなら一撃で破壊できる。

結界を解いたらボスにダメージを入れられるが、立ち位置的に降下突きによる多段ヒットは判定が届かない。
旋風斬りなどいれていくが、位置によって判定されないときもある。
体感だと真横辺りのが多段当てやすいな。
しばらくしてボスが結界を張って外に弾くので、すぐ接近して破壊&攻撃というフェーズ1。

で、攻撃するのに障害となるのは、やはりボスが使う遠隔にある。

このボス戦も何度かやられて、色々試してみたんだけど、一応攻略パターンらしきものは2つあって。

Ysf_114_2

一つ目が…ボスの背後に回るように左回り(反時計)に接近して、下段鎌を縄跳びしながら
横から旋風斬りを入れて、背後に回り込んでいくという接近戦。
こっちだと光弾と叩き潰しが来ない。
その代わり接近時の雷撃がバラけるために、当たりやすい。
被害抑えてフェーズ2に進めるときもあるけど運要素はある。

Ysf_114_3

で、もう一つが…ひたすら遠隔に徹する。
結界解除後は、距離とって火のアーツ打ち込みながら回りこみ。

距離は鎌の範囲から外れるくらいの距離。
これなら鎌の縄跳びはしなく済む代わりに魔弾を避けながら移動する。
更に、光弾、叩き潰し、雷撃も回避しながら移動という、近接と比べて至って回避ゲーになる。
魔弾の間に入って、ボスに接近しながら火のアーツを2,3連射、
ボスが正面向くと雷撃を放つので、正面向くのを合図に左回りで回避、
魔弾が消え次第、また鎌の範囲を出て、
叩き潰しや光弾も回避しながら火のアーツをうち、正面向いたら横移動、というパターン。

難易度は後者の方が高いんだけど、ボスが正面を向いたら雷撃というパターンと、距離がある場合の雷撃は、接近時と比べてほぼ一点集中型で来る事が多いので、避けやすいという点。
後は叩き潰しと光弾も余裕で回避できるようになれば、接近時よりも消耗度が低く抑えられるだろうと思う。

 

HPを半分以下まで削ると、フェーズ2に移行。

Ysf_115

体を飛行形態に変えて、折り返して3回突進してくる攻撃が追加。
これを左右どちらかに移動&ジャンプなどでタイミングよくかわす。
突進後に、地面からウェーブするように衝撃波も発生するんで余波に注意。
ちなみに飛行時は攻撃を受け付けない。
フィールド上に魔弾が残っている場合など注意して回避。

Ysf_115_2

こちらに近づいて背中に収めていた武器を振り下ろしてくる攻撃も追加。
接近時だと回り込んで回避可能、または接近するまでに地のアーツに切り替えて、タイミングよくタックルでガード。

フェーズ2では結界もしなくなり、飛行突進後はボスがアドルに接近するなどして中央からズレだすので、
距離的には、鎌はおろか赤弾の範囲外すらも出られる箇所が出てくる。

その遠方から火のアーツでダメージを与えるもよし、振り下ろしがあるからフェーズ1のように回り込んで旋風斬りでもよし。

ボスが外側に移動して、叩きつぶしとか始めたら、下手に接近するより遠方から火のアーツで削っていくのがいい。

 
 

Ysf_115_3

HP残り1/3程になると、ボスが中央に寄り、蟻地獄のように中心へと引き寄せて来るようになる。
この中心に入ってしまうと、ボス無双が始まり、ひたすらボスの攻撃に耐えなきゃいけないという事実上の死の宣告。
発動までに距離が近いと巻き込まれやすい。
無双中にWB発動すれば乗り切れるが…。

対策としては、ボスから離れてフィールドの一番外側まで退避しておいて、引き寄せ始まったら
外側に逃げるようにしてひたすら耐えて時間稼ぎ。
通常なら、近くまで来たときに引き寄せが止む。
この時、ジャンプは厳禁なのと、ブーストなどで足が速くなっていると、引き寄せ速度も上昇し、結果的に捕まってしまう。
だから、引き寄せ前はWBを控えるようにしなければならないという点。

中盤以降は消耗してて、WBはほぼ回復目的で使うことが多かった。
だから飛行移動時にWB発動したりとか。

Ysf_115_4

こうして残りHP1まで削ると、ボスがガラクタみたいに倒れた後、こちらに引き寄せて自爆してくるので、それを回避。
こういう隠し玉持ってるから、終盤は火のアーツでの遠隔で終始距離とってるほうが無難だと思うね。

フェーズ2以降は、蟻地獄が怖くてほとんど遠隔だったなぁ。
振り下ろしはタックルガードでかわしてた。
HardLv49、精霊の首飾り使わずに倒すのに、何度も練習したよここは…。
結構しんどかったわ。

旧作のガーランドは、バレスタイン城で一度倒すことになるんだけど、ガルバラン島で再登場、ガーランドがリベンジ戦という今作とは逆パターンだった。

Ys3_2422

ブーメランのような遠隔を飛ばしながら、頭上から雷撃撃ってくるという名残は残してたんだねぇ。

光弾撃ちながらワープ移動するけど、振り向く動作がなかったから、
出現時に降下突きでの多段ヒットをあてながら背後に回って攻撃、これで勝てた。

けれど、一度倒して、切れた薬草とか買いに一旦外に出てから戻ると、復活してるんだよね。
調達しに戻って再度戦う羽目になってしまうという苦い思い出(w

 
 

死闘の末、ついにガーランドを討ち倒したアドル。

だが、奴は、神の封印を解く鍵は用意されたことを告げる。
神の復活は誰にも止められない…。
勝ち誇ったように高笑いしながら、消え去っていった。
くそっ、最期まで後味の悪い奴だった…。

鍵が用意されたってどういうことだ…。
それにエレナの姿がない…まさか。

奴が消え去った広場の中央にはプレートがあった。
そこから下へと降りられるようだ。
この先にエレナが…そして封じられし魔王が…。

一旦道祖神に戻ってセーブしよう。

 
 

で、、また広場に戻ってみると、なんとガーランドが復活…!?

 

Ysf_116

…なーんていうさすがに旧作みたいなことはなかった(w
アドルは意を決して、地下深くへと進んでいくのであった。

 
 

といったところで今回はここまで。
スパートかけようと思ったら意外と長くなってしまったので、最終決戦は次回に持ち越し!

ガーランド戦、かなり苦戦したから、この分だと次も…。
闘魂注入!これまでより気合入れないとな。

|

« イース フェルガナの誓い-バレスタイン城[地下区画~時計塔] | トップページ | イース フェルガナの誓い-ラスボス戦~エンディング。 »

PSP『Ys-フェルガナの誓い-』」カテゴリの記事