« イース-フェルガナの誓い-を旧作と比較プレイ。 | トップページ | イース フェルガナの誓い-ティグレー採石場・廃坑 »

イース フェルガナの誓い-イルバーンズ遺跡

イース-フェルガナの誓い-

89年のワンダラーズから、15年以上を経て発売されたこのリメイク作は、3D化に大幅なシステムの変更、キャラデザの変更と固有キャラの大量追加、声優陣の総入れ替え、更に細かい設定を入れてストーリー性を持たせるなど、当時とは随分様変わりした作風に仕上がっていた。

その一方で、旧作からリアレンジされたBGMや、
ダンジョン内のちょっとした構造など、昔の名残も見られる部分は旧作ファンへのサービスといったところだろうか。

そして今作はボスが中々歯ごたえある難易度。
IIIが好きな自分としちゃ、中々好印象。

 
 

さて、前回ティグレー採石場で取り残されたエドガー町長を無事救出したアドルくん。
ところが、採石場で行方知れずだったエレナの兄チェスターと遭遇、
彼は現在、フェルガナ地方を牛耳るマクガイア領主に仕えていることが明かされる。
心配するエレナの事を何とも思っていない冷酷な兄は、これ以上邪魔をするなと警告してきた。

Ysf_12

レドモントに帰還後、エドガーからこの町とマクガイアについての背景を聞かされる。
へぇ、マクガイアって元ロムン出身だったのか。
昔からこの町に、不当な重税や労役をかけて民を苦しめているそうで、先日も採石場を閉鎖しろと要求してきたとか。
この町は、採石場から採れる資源で成り立っているのに、閉鎖なんてしたらたまったもんじゃないね。

しかもチェスターがそんな奴に仕えていて、エレナに自分のことは忘れるよう本人に伝えろとか。
そんな残酷な事を言えるはずもない!ところがそれを盗み聞きしていたエレナの登場。
戻ってきたエドガーの手伝いをしようと駆けつけたが故に…何ともタイミングの悪い。

Ysf_13

ただ、生死が定かでなかった兄が存命だったことに、これまでの不安も吹き飛んだという彼女は、きっと話し合えば大丈夫だという前向き姿勢。
手がかり掴んだだけで外に飛び出しちゃうような娘だから、次来たときはもういなくなってそう(w
ところが、そんな彼女とは別に、この時すでに町からいなくなっていた人物が一人…。

 

Ysf_14

ピエール神父だ。
教会へ行くと、これまた初登場のニコラス司教から、
ピエールが北東のイルバーンズ遺跡に向かったという話を聞く。
大昔の邪教の神殿跡で、最近は近くの火山も活発化、今は魔物が棲みつくという噂もある危険な場所だとか。
エドガーを救出した腕を見込まれたのか、ピエールの保護を頼まれる。

エドガー救出依頼のときも、依頼を受けるか断るかの選択肢があったけど、
断っても進展するわけじゃないし、何のための選択肢なんだろ。
正義感の強いアドルが断るわけがない。
了承すると、ニコラスから遺跡の鍵を受け取った。

 

遺跡に行く前に準備を済ませておこう。
エドガーを救出したことで、住人のフィオナからのお礼でアミュレットを入手した。

道具屋のシンシアから、入手した腕輪に宝石を嵌め込めるヒントを教えてもらう。
宝石で更に魔法を強化することができるようだね。

少女のアーニャが井戸を光っているものを見つけたそうで、
調べてみたら、ラバール鉱x3ゲット。
上層の家に住んでいるロクス爺さんが、息子のデューイを助けてくれたお礼にとラバール鉱x7をゲット!

商人のアントニオがラバール鉱x10を500Gで引き取ってくれるけど、正直500Gじゃ安すぎなくらいにラバール鉱の入手頻度が低いな。
エメルみたくガツガツ入手できればいいけど。

 
 

■イルバーンズ遺跡

Ysf_15Ys3_655_2

旧作だと急降下してくる鳥とか、上空から素早く飛んでくる火の玉や魔道士の遠隔とか、回避ゲーだった覚えがある。
SFC版だと鳥の数が尋常じゃなくて、その場に留まって真上突き繰り返してるだけでレベルアップが簡単だったなぁ。

さて今作はどうなってるのか、、、序盤は至ってヌルゲーですな。
魔道士が遠隔使う頻度も減ったし、火の玉は健在だけどゆったり移動、死ぬときに自爆で大ダメージ食らうところは注意か。

途中十字エリアの北側行くと、閉じ込められて敵に襲われるも、何とか殲滅、宝箱からラバール鉱を12個もゲット!
更に南側の魔道士が蔓延る地下ではスモールシールドをゲット、これは旧作と変わってないな(w

十字から更に東の通路へ進む。
ここにもラバール鉱の宝箱があるけど、その先は急な段差で行き止まり。

Ysf_16

道間違えたかと思ったけど、通路内の壁をよく見たら、火が灯ってない燭台があって、
火の魔法で点けてやると、床の一部が宙に浮いて、そこを足場に段差の道を進めるようになった。
こういった魔法を使ったギミックを取り入れてるんだね。

 

更に奥へ進んでいく。

Ysf_18

今作のイルバーンズ遺跡はかなり奥深くまで続いているなぁ。
途中から、敵が上位版に変わり、動きが若干機敏になってる。
上位の魔道士シザリアンが出現して3方向に魔法撃ってきたりとか、次第に回避ゲーな道中。

2つ目の十字路を南に進んだ先の宝箱からルビーを回収。
これが、魔法を強化する宝石か。
入手したら自動的に装着された。

奥へ進むと、イベントが発生。
チェスターとピエール神父の会話イベント。

Ysf_19_2Ys3_682

実は旧作のピエールはここが初登場で、ただここに来た理由をごまかしてた台詞のみ(しかもボイスそれだけ)だったけど、今作では、幼少時のエレナ達と縁がある設定だけに、エレナの下りとか追加されててスポット当たってるね。
旧作だとアドルが上の階から盗み聞きしてた所を、
気づかれて兵士に捕らえられてしまって次のイベントに進んでいくんだけど、今作では、このままチェスターと対決する流れになり、ボス戦に入る。
まさかここでチェスターと戦うとはねぇ。

 
 

・チェスター戦

チェスターは、接近時は通常3連、遠方から短剣投げ、構えからのダッシュ突き、無効化のバリア、
自分を中心に範囲魔法など使用してくる。
HardLv13だと魔法が1ダメージとほぼ効かないので近接しかない。

剣攻撃3連後に狙っても、バックステップで回避してすぐに仕掛けてくるので、
消耗避けるなら、ダッシュ突き後を狙うのがいい。

Ysf_20

距離とってると、短剣2回→接近して構え→ダッシュ突きというパターンが目立つ。
ダッシュ突きはシュインシュインと効果音が鳴ってるときに、2つ目のシュインのときにジャンプがかわしやすい。

ダッシュ突き後に攻撃、3,4発ほど入れたら退避、次に備える。
あまり深追いするとバリアを張り、更に範囲魔法で大ダメージを受ける。

基本は距離とったほうがいいが、たまにチェスターがボーっと突っ立ってるときがあり、そこも狙い目だったりする。

HP半分以下まで削って、チェスターが「少しはやるようだな」と発言後の後半、
短剣投げ後に、今度は瞬間移動しながら短剣を投げてくるようになり、方向的にジャンプしないと当たる場面も出てくる。
瞬間移動の短剣投げ→構えとくることもあるので、ダッシュ突きの回避タイミングをずらそうとする部分があって、ちょっと面倒くさくなってるが、
突き後に反撃という流れだけは変わらず、2回目のシュインでジャンプできれば問題なし。
時折突き後でもバックステップでかわすときこそあるが深追いは禁物。
また、ボーっと突っ立ってる場面は終盤でもある。
HP残り2桁だったので、そこを突いてゴリ押して勝負あり。

採石場のボスよりはまだパターンわかりやすかったね。

 
 

その後は、「お遊びはこれまでだ」とかまだ戦う姿勢を見せるチェスターだったが…、
そこへ掛け声とともに取り囲んだのはバレスタイン兵。
更にマクガイア領主の登場。

Ysf_21

ここでマクガイアが、遺跡に眠る彫像を狙っていることが明らかになり、邪魔者であるアドルに処刑命令を出す。
チェスターはアドルを連行すると、溶岩地帯に通じる断崖から彼を蹴り落とした。

旧作じゃマクガイアはここで登場しないけど、結局溶岩地帯に蹴り落とされる所は変わってないな(w
その後のピエール神父が嘆く会話イベントが追加されているが、、坊主風情ではどうしようもなく、そのまま捕らえられ、バレスタイン城の地下牢送りに…。
ピエールさん、それまでお元気で~;

 
 

Ysf_22_3Ys3_708

溶岩地帯に突き落とされたアドルは意識を取り戻し、近くを探索。
脇の溶岩から噴き荒れるマグマに注意しながら進む。
突進してくる鳥エネミーのツァールが激しく鬱陶しいけど、上から火の玉襲ってきたりと回避ゲーだった旧作よりはマシ。

旧作よりも階層構造になっていて、下の階層に落ちてしまう場所がちらほら。
下が溶岩になってて即死みたいな旧作みたいなのはなかったけど(w
祭壇のようになってる下層エリアに、豆粒みたいなエネミーがいて、次々と寄ってきてはHPどんどん削ってくるなぁ…これはウザイ。

横スクロールで単純だったルートもだいぶ様変わりしてるな。

Ysf_22_2

最初のセーブエリアを出て、西側のツァールのいるエリアへと入る。
ここの尖った柱のある崖の間を落ちると、遺跡の跡のような下層へと入る。

ここから迂回して左下を目指し、ギュームのいる足場を通っていくと、最奥に宝箱、"火竜の守り"を発見。
旧作だと火竜倒さないと入手できない道具だったけど、今作ではアクセサリ扱いになってる。
装着すると、溶岩の道をダメージ受けずに通れるようになるが、更に深い場所だとダメージ受けるなど限界があるか。

これで、さっき落ちたエリアから更に西の、溶岩で沈んだ場所から奥へ進めるようになった。
北側の通路の奥で、ブロードソードを回収する。
今作ではこっちが宝箱武器になってるのか。
これで鬱陶しかったツァールも難なく撃墜、斬れ味抜群!

南側から下層へ進み、途中の広場を抜けた最奥にて風霊の腕輪を入手する。
これで風のアーツが使えるようになったのか。

Ysf_23

…と、そこへ現れたのは、以前採石場で遭遇したデュラーンだった。
入手した腕輪を"ジェノスの力"と表現するデュラーンは、力を手にしたアドルを警戒して刺客を送り込んできた。

通路内から徐々に迫ってくる炎。

Ysf_23_2Ys3_749

ここはちゃんと再現してるんだな(w
ちょっと感動した!
広場へ戻るとボス戦がはじまる。

 

  
 

▼火竜ギルン戦

広場内にある5つの穴から出現、追尾しながら突進してくる。
頭突きが当たると穴に潜って別の場所から出てくる、これを繰り返す。
旧作は頭が弱点だった故に簡単にはめ殺せたけど、
今作では根っこのように伸びた尻尾が弱点に変わっている。

Ysf_24

最初の突進を回避すると、ギルンは折り返そうとしてアドルを中心に体を巻きつけるようにグルグル回りだす。
そこを、風のアーツによる回転斬りで多段ヒットを狙うという形。

胴体部は1発1ダメージだが、グルグル時は弱点の尻尾にも当たるので、合計でそれなりにダメージが入る。

グルグル解除後、ギルンは次第に高度を上昇させて火を吐いてくるので、正面は避けて、常にギルンの後方に移動して尻尾をジャンプ攻撃して追いかける形。
形勢が逆転しちゃうと意外と脆いなコイツは…。

ギルンは体の部位ごとにHPが設定されていて、0になると1つずつ消えていき、胴体がどんどん小さくなっていく。
更に移動速度も上昇、狙いづらくなるが、
尻尾の部分は相変わらず、同じ要領で問題ない。

残りHPわずかになると尻尾もなくなり、頭だけとなる。
そこらかしこに火を吹いて暴れだすが、後は火力で押し切るのみ。

風のアーツろくに使わずにボス戦入ったから、最初は操作的に慣れない部分はあったけど、
滞空状態での旋風斬り使いこなせれば余裕だと思う。

Ysf_24_3

□ボタン押しっぱでためておいて、ジャンプ中に□を離せば、空中で旋風斬り発動。
これをタイミングよく命中させて頭を粉砕!

初見では1ダメージしか入らなかった理由でレベル上げたけど、攻略法がわかればそんなに意味はなかった…。
ギルンが穴から出現&入る際に来る衝撃波さえ注意しておけば問題ない。

それにしてもギルンがグルグル回って最後は頭だけになるとか、なんかの童話思い出してしまったのはさておき(w
このボス戦は、旋風斬りうまく活用してくださいっていうステージだね。

 
 

こうして刺客のギルンを撃破後は、出口を探すことに。
来た時と違って、エネミー配置に変化があるなー。

Ysf_25

火を吐く鳥ケルツァールが追加されてたり、最初のセーブポイント近くのエリアに、あの豆粒エネミーが配置されてたりと、ジャンプで回避したいのに、妨害してくるケルツァールとかイヤーなコンビだなー。
けど、風のアーツ覚えた今となっては、旋風斬りで両者とも簡単に倒せるようになった。
この豆粒モズグスっていうのか…溶岩の環境に適さなくていいからどっかいってくれ!

そのモズグスがいたエリアから今度が東のエリアへ入る。
ここはジャンプでも届かなかった場所だが、風のアーツの使用で、
ジャンプの滞空時間も延び、いけなかったエリアにいけるようになる。

Ysf_25_2

□ボタンでためておいてジャンプ中に□を離す。
□をどこで離すかで滞空距離が少しだけ伸びるね。

奥のセーブポイントまで辿りつき、更に奥へ進む途中で祭壇を発見、ブロシアの秘薬を入手する。
おお、今作では輝きの水晶必要ないのか。
旧作だとMP回復という貴重なアイテムで重用したけど、今作では使用するとダッシュを習得できるようだ。
これは使わないわけはいかないなー、まぁダッシュ縛りとかやっても面白そうだけど、今後のボス戦考えるとね。

○押しながら移動してみたけど、移動が1.2倍くらい速くなったか。思ってたほどの速度じゃないな。
チェスター君みたいに瞬間移動できるほどのダッシュが欲しかった(w

旧作だとそろそろ出口なはずで、エレナが「無事だったのね、よかった~」と出迎えてくれるんだけどね。
エレナまだー?

ところが、奥で見つけたのは道祖神(セーブポイント)…まさか。
 
 
 
 

▼ギャルバ戦

Ysf_26

今作では出口に入る前にボス戦に入る。

ギャルバ<旧作じゃ出番遅すぎで不満だったんで、スタッフに配属先を変更してもらいました^^クエエエ!
フライングすんな、このデブ鳥がぁ!

渡り通路の上空を徘徊しながら火を吐いてくる。
火による衝撃で渡り通路の床がウェーブするようにポップ、そのポップに乗じてジャンプして、高所にいるギャルバにダメージを与えていく。
当然ここは旋風斬りの方がいいので、通路上にいるときは□押しっぱ状態で。

ギャルバの位置によっては攻撃が届かないときもある。
中央の奥にいる場合は届かないので、左右から火を吐いている時を狙う。

左右からの場合、ポップする床は手前か奥のどちらかで、ハズレだとポップしない。
これ、遠近感の関係上、どっちがポップするのかわからなくて見分けがつかなかったけど、
接近することで、ギャルバがどこを向いているのか大体わかる。
接近して手前の方を向いてたら手前の床、奥のほう向いてたら奥の床。
…それでもちょっとわかりづらくて、初見はかなりの長期戦だった。

Ysf_26_2

それ以外に、ギャルバは左右からスピンタックルをかけてくる攻撃がある。
急に翼をばたつかせて脇に移動し始めたら、こちらは通路外の端に待機しておくことで、ギャルバの往復の突進は回避できる。

HPが減ってくるとスピンタックルの頻度が増えてくる。
端にいてもギャルバ側にいる状態だと突進を貰ってしまうときはある。
ギャルバとは逆側に退避。

こんなとこかなぁ。
中央奥から火を吐いてくるウェーブは、乗り損ねると事故に繋がるのと、
火の回避ミスとか、タックル当たったりで、初見は撃沈した。
まぁコツさえわかればそんなに難しい相手ではない。

Ys3_761Ys3_1013

ちなこれは旧作のギルン(左)とギャルバ(右)。
ギルンは最奥の岩壁に乗った状態で、下から出現したところをはめ殺せた。
ギャルバは、接近して炎吐いては離れるを繰り返し、凸状になってる地面を利用して接近してきたところを登ってダメージ入れて炎吐くまでに退避というパターンゲー。
今にしてみればなんという芸のない(w
 

 
 

ギャルバを撃破すると、2つ目の彫像"落日の彫像"を入手した。
今作はこっちが落日なんだね。
マクガイアさん、お先です!ごっつぁんです^^

こうして、溶岩地帯を脱出して遺跡へと戻ってきたアドル。

だが、そこにはあのチェスターが待ち受けていた。
もっと意外な顔するのかと思ったが、、旧作とは随分台詞が違うんだなー。
こっちが彫像を手に入れるのは計算のうちで横取りしようって算段ですか旦那。
そんな易々と渡すわけねーだろ。

Ysf_27

と、そこへやってきたのは、チェスターの妹エレナ。
更にドギまで一緒なのか。
旧作だとドギがチェスターと会うのは、4つの彫像入手後だったはずだけど、ギャルバ同様随分なフライングで。

どうしてこんな酷いことをするのかというエレナの悲痛な問いにも、表情すら変えずに、お前の面倒を見るのも嫌気が差し、邪魔になったと言い出すチェスター。
怒るドギに、邪魔をするなを釘を刺したチェスターは、
アドルに彫像は預けておくと言い残し、その場を去っていくのであった。
チェスターの奴め、旧作だとエレナの身を案じるような優しい兄貴の一面もあったのになぁ。
今作のチェスターはまさに冷酷無慈悲にリメイクされてて、叩きのめしがいがあるわ(w

 

という感じで、イルバーンズ遺跡の攻略を完了。
この遺跡も旧作の名残を残しつつ、長めにリメイクされていて、やり応えはGood!でした。

 
 

|

« イース-フェルガナの誓い-を旧作と比較プレイ。 | トップページ | イース フェルガナの誓い-ティグレー採石場・廃坑 »

PSP『Ys-フェルガナの誓い-』」カテゴリの記事