« イース フェルガナの誓い-バレスタイン城 | トップページ | イース フェルガナの誓い-決戦の地、ジェノス島へ…。 »

イース フェルガナの誓い-バレスタイン城[地下区画~時計塔]

イース-フェルガナの誓い-。

バレスタイン城・後編。

今回攻略する時計塔は、イース3の中でも思い入れがあって、元々店頭PVで紹介されていた時計塔の映像を見て、3を買ったのがきっかけ。
当時のゲームで時計塔を細かく表現していたゲームなんて、このイース3くらいで凄い新しく映ったんだよね。
もしそれがなかったら、イースシリーズとは縁がなかったかもしれないね。

さて、物語も終盤、ついに黒幕が登場…!
まさか今作では奴だったとはねぇ、、これは読めなかった。
 
 

チェスターがマクガイアへの復讐のために、バレスタイン城の時計塔で彫像の力を解放した。
発生した瘴気により、城の兵士たちが魔物化してしまう。
一方、チェスターの暴挙を止めるために城へと向かったエレナ。
後を追ったアドルが城の礼拝堂に駆けつけると、そこにはエレナが兄から貰ったという銀のペンダントが残されていた…。

…旧作とはだいぶ違う内容になってきてるけど、どうなることやら…。

とりあえず、礼拝堂の隠し扉から、地下水路へと入るアドル。

 
 

■バレスタイン城・地下区画

Ysf_86Ys3_2199

地下には、幼体→成体と進化するザリガニ・エリドや、毒の胞子を撒き散らすトゥリーズが出没。
ザリガニは羽付きのラドリに進化したりと相手にするのも面倒なやつらだな…。
降下突きしながらゲージためてWBで一掃!
引っ付かれると、あっという間に削られてヤバイなぁここは、城内より酷い。
途中で回復壷見つけなかったらジリ貧だわ。

旧作の地下通路は…意外と面子変わってないな(w

階段の踊り場からトゥリーズに囲まれた赤い宝箱を発見した。
えぇ…アレとりにいかなきゃならんのか。

Ysf_86_3Ysf_86_4

エリアを跨いでてちょっと面倒だったけど、東へ続く3エリア目の壁の段差を上がって折り返した先か…。

囲んでるトゥリーズはWBでゴリ押しだ。
宝箱から"バトルセイバー"を回収した。
おお!これは今作オリジナルの武器だね。
これでバトルシリーズが揃ったんだ。
全て装備したことで、アドルの装備グラも金色に。
ヘドロに塗れた地下水路で、燐と輝く金の戦士!

斬れ味も抜群だ、
STR222でエリドは6連、羽付きの突進が厄介だったラドリが旋風1回で倒せるようになった。
やっぱステージで新武器手に入れた途端難度が変わるな。

地下区画を奥に進むと道祖神を発見。
ボス戦か。
一度町に戻って装備を強化しよう。
バトル1回の強化でラバール鉱300もつかうのか。
防具のほうは相変わらず+2までしかあがらないんだなぁ。
今回も武器だけにしよう。

旧作だとボス戦入る前に地下牢を見つけて、青い騎士が鍵を持ってるとか助言くれるんだけどな。
地下区画の広場へ向かうと、奥にて地下牢を発見する。
まさかあこに…、だがそこへ地下牢の番人が立ちはだかった。

  
 
 

▼ジルデューロス戦

突然地下の広場に投下されたのは、ケンタウロスのような形をした生物兵器だった。

Ysf_87

中央からは動かず、常にこちらの正面に向く形で、
範囲系の垂直爆撃や時限式の追撃ミサイル。
全方位に爆弾をばら撒く範囲攻撃
尻から発火した撒菱をばらまく。
360℃回転の砲撃や銃撃、正面ビームなど爆発系の範囲攻撃が多彩。

鋼鉄で覆われた頭や体にはダメージが通らず、唯一丸見えになっている尻の部分が弱点。

まず周囲を走って、追撃ミサイルや垂直爆撃、回転砲撃などをかわしながらボスの背後に回って攻撃。

攻撃方法は、火力では旋風斬りの方が効果的。
狙い目は回転砲撃と正面ビームか。
発射中は方角が固定するんで、□でためながら回避次第、背後回って大旋風斬りを狙う。

接近時は、大きく跳んでスタンプする衝撃波&撒菱もあるので、着地前に退避してジャンプで衝撃波を回避、余裕あるなら背後狙う形。
撒菱の位置によって退避の必要あり。

追撃ミサイルが発射されたらすぐ退避して、爆発まで周囲を走る。
直進だと若干こちらより速いので、ジャンプしながら軌道変えたりして自然爆発まで逃れつつ、
垂直爆撃や360℃回転もジャンプ回避。
縄跳びゲーだからここも何かと練習。

Ysf_87_2

体感で、垂直爆撃は真後ろの尻付近にあまり来ない傾向があり、
タイミングよく旋風斬りしながら上空へ飛び上がれば、空中で被弾するケースも少なく回避はしやすい。
背後への撒菱も旋風斬りでダメージ置いて退避していく形を心がける。

正面ビームは、一瞬で来る上に範囲広いからあまり外側に走りすぎると、回避し切れなかったりするのと、
360℃回転は接近しすぎてると、砲撃元の範囲に巻き込まれてしまう。

垂直爆撃も外側で走りすぎると被弾する傾向があるから
回るときは外側や内側にもなりすぎず、中距離というか、
ジャンプですぐ背後回れるような距離を維持したほうがいいのかなと。

後は…接近時だとスタンプわりと貰いやすいんだよね。
正確には飛んでくるボスに当たることが多くてね。
中央からちょっと移動してくるのがなぁ…。
こればかり運要素あるから、当たっても仕方ない気はする。

Ys3_2216

旧作では、奥の位置から進んできて、正面に斬りつける攻撃だけで、背後回ると、また奥の位置に戻って進んでくるを繰り返してただけ。
触れると大ダメージ受けるペナルティはあったけど、降下突きして背後に回って斬りつけ、これを繰り返すだけ。
まるでこんなボスいたっけ?って程に存在感のない雑魚ボスだった(w

今作は見た目もだいぶ変わってたし、ファルオンや犬よりも面倒なボスになってたな。

 
 
 

ボスを撃破すると、奥の地下牢が開いた。

そこには…。

Ysf_88

エレナを発見した。
おお、無事だったか、よかった!
むしろ勝手なことしてんのは兄貴のほうだけどな^^;
チェスターには会えたそうで、その時に兄の復讐という真意について聞かされたという。
エレナは、それでも兄の行為は島を滅ぼした領主と同じで間違いだとして、止めようとしたものの無理だったとか…。
もはや妹の声も届かんか…いや、最初から届いてなかったか。
このまま復讐を遂げたら、兄は元には戻れなくなるだろう。
兄を止めてほしいと懇願するエレナ。
勿論そのつもりだよ、任せなさい。

地下牢にはその他にも、以前まで正門前にいた衛兵のアンドレと、
採石場で消息が途絶えていたアイーダ婆さんの孫ボブの姿が…!

Ysf_88_2Ys3_2227

ボブをここで救出するのは旧作と同じだね。
採石場で領主の計画を聞いてしまったことで、交渉材料として捕まったとか、
見習い鉱員の美少年か…こんな若いイメージなかったなぁ。

旧作の地下牢では、ピエール神父とボブ、モブ兵士という顔ぶれだったけど、アンドレがその役回りか。
逃げ回ってたらチェスターに出くわして捕まったとか、冴えない顔してるし損な役回りだなお前(w
時計塔を調べたいならこれを持っていけと"時計塔の鍵"を受け取った。
なんでそんな貴重な鍵をこいつは持ってるんだ(w
まぁ旧作でも兵から青き腕輪を貰って時計塔に進める流れだったから、その辺は同じだね。

 

一通り会話した後は、チェスターを止めるために時計塔へGO!

…にしても、落ち着いたらバレスタイン城にいくと言っていたベルハルトが未だに来ていないな…。
何やってんだあのおっさん。

 
 
 

■時計塔

剛力自慢の兵士の慣れの果てエスタリオンが徘徊するステージ。
デトとかいうエネミーが吐き出す粘液が、妙に滑って身動き取れないから、石の靴が必要だな。
エネミー自体は意外と旧作と変わり映えがないな。

Ysf_89Ys3_2243

昇降するリフトに乗って、回転する歯車の上を移動、ここにも槍トラップ仕掛けられてて痛い!
旧作でも歯車の上移動してたけど、歯車の小さい出っ張りの部分とか、
昇降機の下のフックの部分とか、細かい足場に飛び乗ってたなぁとシミジミ。

起動してないリフトは、、近くに灯ってない燭台に火をつけるなりして起動という今作ならではのギミック。
手前だと下落ちやすいから、壁寄りに移動。
奥行きあるから遠近感掴みづらい、慣れない所見。

ボウガン撃ちのガーリウムが登場する通路の奥を降りると赤宝箱ルビーを入手。
これで火のアーツはお先に最大強化完了か。
風の方強化したいんだけどなぁ。

吊りリフトを天秤のように操作して移動するギミックとか、ちょっと考えさせられて面白い。

天秤抜けた隅の足場には、なんと星月の彫像を入手する。
どうやらチェスターは時計塔の各所に彫像を設置したようだ。

彫像を回収すると奥の扉が開き、以降のエリアでも彫像を回収していくことになる。
要所で消えている燭台を見つけたら火をつけてリフトを起動。

Ysf_89_2Ysf_89_4

隅に全快する回復壷があるから、地下水路よりは消耗しないけど、エスタリオンがいる通路とか攻撃で吹き飛ばされて下に落ちちゃうから要注意だなぁ。

あと、時計塔のステージは、登ること意識してるためか、
心なしか2段ジャンプの判定を厳しめにしているような印象がある…
ジャンプ失敗して落ちちゃう場面が度々あるんだよなぁ。
これがイラッときた。

1つ1つ彫像を回収しながら、最後の1つはエスタリオンとガーリウムのいる通路から左奥の穴を落ちた先か…。
輝いていた彫像が、次第その輝きを失っていく…。

Ysf_89_5

白光の彫像を回収する。
…輝きを失った彫像を見る限り、既に役目を終えてしまったような雰囲気。
間に合わなかったか…!?すぐにチェスターを止めにいかないと…!

彫像全回収後は、更に最上部を進んで空中回廊に入ると、奥に道祖神を発見。

こうしてようやく、時計塔最上部のフロアに辿り着くと、そこには二人の男が向かいあっていた。

 
 

チェスターとマクガイアだ。

マクガイアは、チェスターがジェノス島の人間だとは知らなかったようだ。
恐れをなした領主は、自分の非を認めるも、何かの手違いで皆殺しにするつもりはなかった…と。
責任逃れとか…これでは領主のせいで魔物と化した部下たちが浮かばれないな…。

復讐を遂げるために、剣を向けるチェスター。
悲鳴をあげるマクガイア。

Ysf_90

そのとき、チェスターは背後の気配に気づいた。
一丁前にグラフィックとか、かっこつけすぎ。

本当なら、ドギを刺した件とエレナの頼みがなければ、邪魔なんかせずにどうぞどうぞって感じなんですけどね。
しかし今回の兄貴は、おいたが過ぎてしまったようだ…。
最初は顔面ぶん殴るだけでいいと思ったけど、もう始末がつかないところまで来てしまったなぁ。
自分の復讐を妨害しようとするアドルに剣を向けるチェスター。
望むところだ。
 
 
 
 

▼チェスター戦

チェスターとはこれで2度目の対戦になるが、
前回と比べて本気モードなだけに、隙がだいぶ減っている。

Ysf_91

正面に×十字の斬撃波、正面に光弾2連、光弾を拡散、自分を中心に波動のような範囲攻撃。
接近中は、とにかく斬りまくってくる。
ダッシュ突き時の、エフェクトの槍もでかくなっている。

前回のナイフ→光弾に変わってるような感じ。
結構動き回る。
アーツはほとんど効かないな…火のアーツだけ最大強化したのか1ダメージはいるけど、
攻撃では使わなさそう。

距離とってると、遠隔撃ちまくってくるので、回避しながら様子見。

ダッシュ突きの後に隙ができるのは相変わらずだね。
光弾2連orx2⇒ダッシュ突き後に隙が生まれるので攻撃して、バリア張ったら退避。
ただ、近距離でダッシュ突き回避した場合とか、バックステップして斬撃波を放つことがある。

後は接近して波動仕掛けてくるのもちょっと面倒。
とにかく壁際まで距離とって回避。

 

HP半分以下になると、「これからだ!」と攻撃モーションが変化。

Ysf_91_2

瞬間移動しながら光弾を放ってくるようになり、ダッシュ突きの頻度が減る。
光弾2連来た場合が合図なのは変わらないけど、捕らえにくくなるので、
この辺でタックルガードも利用して回避しつつWB狙っていった方が早いね。

HardLv41だと被ダメが結構痛くて一度やられた。
今回はちょっと苦戦するかなぁと思って、エスタリオン狩りで、Lv44まであげたところ、
被ダメも大分減って、多少のど突きあいにも応じれる。

Ysf_91_3

チェスターもかなり追い詰めてきて、残りHP10まで削られて@ワンパンだったけど
必死に粘って、WBで大逆転、、、手に汗握る名勝負でした。

 
 

勝負はついたはずなのに、依然として剣を交えようとするチェスター。
そんな舞台から取り残されたマクガイアが屋上へと逃げ出した。
気づいて後を追うチェスター。

屋上では、追い詰められ、命乞いをする哀れなマクガイアの姿が…。
たかだかこの程度のやつに俺たちの人生が…怒りを抑えきれないチェスターは、この茶番の幕を下ろそうと復讐を実行に移す気だ。
ブタのような死…!?ってどんなんだろう…。

止めようとするアドルだが、間に合わなさそうだ。
この哀れな小悪党も年貢の納め時か…。

 
 
 

「止めて!兄さん!」

そこへやってきたのは、エレナだった。
エレナ…おまえ…どうやって時計塔を上がってきたの?
それはともかく…。

記憶を失い、彼女は覚えていないだろう、両親を目の前で殺され、故郷が焼き尽くされた光景、
その記憶を焼き付けたチェスターは、妹を前にしても変わらなかった。

ところが…。

Ysf_92_2

兄の復讐を聞いたとき、エレナもまた、その記憶を取り戻していたのだ。
私たちを庇って、皆を守るために戦った父さんの叫び声、そして死んでいった母さんの微笑みを…。

一族の無念を晴らすため、一人で手を汚そうとする兄に近寄るエレナ。
兄の気持ちをわかってあげられなかった自分を責めながらも、悲痛に訴える。

皆の無念を晴らすことなど、最初からできない。
もう島の人間など、どこにもいないのだから…。
彼らが望んでいるのは、フェルガナの地で、安らかに眠ることだけ。
両親が望んでいるのは、生き残った私たちの幸せ…。

エレナもまた兄の幸せを望む。
両親の代わりに自分を育ててくれた兄。
私の大好きな兄さん…。

Ysf_92_3

妹の涙の叫びに、初めて心が揺れるチェスター。
これまで復讐で燃えていた彼の表情には、躊躇いの色が浮かぶ。
フェルガナの地を穢してまで復讐を果たすなんて、一族が望んでいるはずがないものな…。
だからもうこんな事はやめるんだチェスター!
 
  
 

ところが、その直後、突然強い揺れがアドルたちを襲った。
いったい何事…!?

マクガイア本人も知らないようだが、だがここで奴からとんでもない事実を聞かされることになる。

マクガイアは彫像の力はおろか、ジェノス島の襲撃や時計塔建造の意味についても、
詳しいことは何も知らず、それらは「彼」の忠告に従っただけだと言うのだ。

彼…!?

 
 

そこへ、アドルたちの前に姿を現したのは…意外な人物だった。

おまえは…!?

 
 
 
 
 

その者は、チェスターの復讐に協力し、時計塔の秘密を明かした。
チェスターは教えてもらった手順で、時計塔の各所に彫像を設置し、像から抽出された神の力が、地下の霊脈を通じて、無事送られた。

大昔、フェルガナの地を支配した魔王ガルバラン、
奴はジェノスとの戦いで、完全に滅びたのではなく、彫像で力を奪われ、
ジェノス島の地下深くで長き眠りについていただけだったのだ。
だが、その者の謀略によって、彫像の力が送られたことで、時期に奴が目を覚ます。

星刻の教え、そんな存在しえないものをとうの昔に捨て、
復活を遂げようとするそれを"大いなる神"と崇めた、その男の名は…。

 
 

Ysf_93

まさか、それがお前の姓だったとはなぁ…。

怒り叫び、襲いかかるチェスターに対して結界を張るガーランド。
するとチェスターは、ある剣を取り出して結界を見事に打ち砕く。
彼が手にしたのは、一族に代々伝わるジェノスの剣だった。
ガーランドに一太刀浴びせようとするチェスターだが…完全に剣を使いこなせず、
ガーランドが喚びだした魔道士によって吹き飛ばされてしまう。
次に立ちはだかったアドルに対して、ガーランドは本気の力を見せ始める。

 

ここでガーランド戦がはじまる。
ガーランドは強力な結界を張って寄せ付けない。

結界を攻撃するも「効かんな」と言われて消える様子がなく、巨大な鎌を出現させ、外周に向けて大きく振ってくると、そこから赤い魔弾を放出。

Ysf_94

狭い外周で、魔弾来ると足場がなくなってくる…!
なんとか旋風で回避するも、今度は頭上から迫ってくる雷撃にあたり、なす術なく力尽きる…。
くっそぉ…こんなの無理。

 
 

アドルを一蹴したガーランドは、神を封じた罪深き末裔の使命として、チェスターを連れ去ろうとする。

ところが、それに待ったをかけたのはエレナだった。
彼女は、兄の代わりに自分を連れていくよう進言したのだ。
高笑いするガーランドは、デュラーンを喚び出すと、エレナを捕らえた。

デュラーンか…。
ジェノスの力を恐れていたやつだから、そっち側のやつだと思っていたが、
ガーランドの手先だったか。

 
 

Ysf_95

くっそ…なんでこんな状況で笑顔で「ありがとう」なんて言えるんだ。
勝手すぎるだろ…。

助けに来てくれたことに感謝するエレナは、最後に兄のことをアドルに託すと、デュラーンに連れ去られていく…。

「神の復活を楽しみに待っていてくれたまえ。」

最後に、ガーランドは勝ち誇ったようにしたり顔で告げると、その場を去っていったのである…。

 
 
 

その後、アドルは重傷のチェスターをレドモントへと運び、これまでの経緯を全てエドガーたちに話した。

本当の黒幕を聞いた彼らは大変驚いた様子…。
中でもピエールが一番驚いてるだろう…。

だが、それよりも深刻なのが、あの地震以降、見たこともない凶悪な魔物が次々と出現しているという。
このままではレドモントも全滅する危険が…。

くっそぉぉ、、万事休すかよ。

 
 
 

「諦めるのはまだ早い」

そこへ姿を見せたのは、なんとベルハルトだった。

Ysf_96

マクガイアから事情を聞いたという彼は、町の守りに協力してくれるという。
早速、町の防衛と避難準備を指示するベルハルト。
そして、アドルに対しては、ガルバランが地下に眠るというジェノス島に行くよう勧める。
エレナもそこに連れていかれたはずだ。
もはや、この件を託せるのはアドルしかいない。

無茶だと言うエドガーだが、、無論、こんな所で迷うわけがない。
エレナを救出し、奴らの陰謀を阻止するつもりだ。

 
 

その後は、意識を取り戻したチェスターと会話。

奴に唆され、罪もない人間を復讐に巻き込み、
ガルバランの復活に手を貸した自分の愚かさを悔いていた。

うむ、存分に悔いてください。
お前は本当にダメな兄貴だ、おまけに妹まで連れ去られてしまったからね。

チェスターは、もう自分には資格がないとして、
アドルに、"ブレイブソード"を託した。
一族が代々受け継いできたとされる、ジェノスの剣だ。

現状今の武器では結界すら破ることができなかったからな…。
これに賭けるしかない。

Ysf_97

そして、最後にエレナの事を頼まれました。
エレナから兄貴のことを頼まれ、兄貴からはエレナのことを頼まれるとか、なんて自分勝手な兄妹なんだろう。
だけど、またそこが放っておけないんだよな。
後のことは俺に任せろ。
必ずエレナを救出して、奴らの陰謀を阻止してみせる! 
 

という感じで今回はここまで。

ついに黒幕が登場したねぇ!
ガーランド見ないと思ったら、ニコラスをその役目に持ってきてたとは、盲点だったわ。
でもまぁ神父いるのに司教まで初登場させた時点で違和感はあったけどね。

デュラーンもやはり手先だったか、これは終盤で戦う流れだな。
そしてガルバラン!今作では役柄をガーランドに取られていまだ出番なしだけど、奴との決戦も間近に迫る。

気合入れないとね!

|

« イース フェルガナの誓い-バレスタイン城 | トップページ | イース フェルガナの誓い-決戦の地、ジェノス島へ…。 »

PSP『Ys-フェルガナの誓い-』」カテゴリの記事