« Mass Effect Andromeda PS4北米版購入。 | トップページ | Mass Effect Andromeda-本編中盤~Ver1.05の修正で感じた点など。 »

Mass Effect Andromeda-序盤をプレイしてみての感想、スキルやAVPの雑感。

北米版マスエフェクト アンドロメダをのーんびりプレイ中。

Mea_10_2

特定のミッション進行不能バグや、イベント進行後フリーズ。
MAP移動間エラー、イベント中にキャラが分身する等、バグ盛りだくさん。
裸で分身とかもはやネタやぞ、異星人でも許されん!(w
もうどう表現していいかわからんこのシュールな状況をパシャリ。

後は処理の遅延も酷くて会話や入手判定も遅れるほど。
こんなに酷いのはこれまでのシリーズで経験なかったけど、この手の先行版のバグを改善したものが日本で出されていたんだろうなぁと改めて感じる。
つまり今の段階で日本で出さなくて正解ってことだ。
パッチで改善されることを願うのみですな。

 
 

Mea_11_2

とりあえず、主人公のサラ・ライダーさんをLv30くらいまであげてみた。
このシリーズも従来同様、ミッション達成で得られる大量のXPボーナスでレべリングしていく流れで、寄り道してサイドミッション多くこなしていたこともあって、あげた…というより勝手にあがっちゃった様な印象のが強いけど(w
30はまだカンストではなく、クラフトのグレード確認したら、最低Lv80まであがるっぽい?
まだまだ伸びしろ十分だなー。

 

Mea_11

まだ3,4つほどしか惑星探索してないから、本編の方はまだ序盤だと思う。
新たな種族アンガランと出会い、Jaal氏が仲間に加入、
で、アンガランを脅かす最初のボスらしきやつは倒した。一度キャッチで即死食らったのが妙に悔しかったけど;

今回は序盤プレイしていて主に感じたこと、特にスキルや装備についての雑感。。

 
 

・スキルの雑感

初期はBioticsのスローを選んだ影響かクラスはアデプトだったけど、最初はシールドが250しかなくて、シールド率が上がるヴァンガードに変更。
Combat&Biotics中間のFront Line Fighterとなる。
名前の通り前衛系で近接の恩恵あるけど、近接は狙える時以外は使ってないなー。
火力は低いけど、ノーマルサイズを一撃で凍らせるクライオガントレットがわりと好きで使用してる。

スキルはBiotics中心、なんといってもメインは…、

Mea_12_2

範囲内の敵を無重力状態にするシンギュラリティだなー。
旧作にもあったお馴染みスキル、これ使うとマスエフェクトやってるって感じがする(w
とにかくうるさい雑魚を黙らせるにはうってつけなスキルで、初期の半径は3m内だけど、ランク6で200%範囲を拡大させるとご覧の通り。
とにかく敵を次々と無力化、シールドダメージボーナスも付与できるから継続ダメージも効果高いし、かなり重用してるなー。
おまえら全員宙に浮いてそのままいなくなっちまいな!的な。

Mea_12_3

その他のスキルでは、当初はコンバット系のバリケードを使っていたけど、相手の銃撃を反射してダメージを与えるバックラッシュを獲得以降はお役御免。
バックラッシュは、レーザー多用する機械系に対して効果的に決まりやすいなぁという印象。
反射ダメージの威力も上げれば効果が倍増する。
まぁ基本はやばいと思った時の回避手段に使うぐらいの用途しかないけど。

他にも近接や遠隔系など、いろんなスキルあるけど、
アクティブスキル全般は浅く広く獲得するよりは、使えると思ったスキルだけを集中的に上げたほうがいい、というのは従来のシリーズと同じ。
条件などないので、SPさえあれば序盤ですぐに最高ランクまで上げられる。

おまけとしては、隊員になるピービー関連のミッション「Peebee:Secret Project」で
Voeldでのミッションを終わらせると解禁されるTech系スキルRemnantVIとか。

Mea_12_4

前作でいうコンバットドローンのようなスキルだけど、攻撃指示だしとかないと働かないね(w

パッシブの方は、Barrierのランク6の「Saving Barrier」、
体力が25%割った際に一度だけシールドが復元されるという、これは凄い助かるスキルだわ。
これのおかげで死亡率グンと減ったよ。

武器重量によるリチャージボーナス低下を防ぐためにもTech系Auxiliary Systemsの+40% weapon weight capacity獲得して重量の容量を増やしておくと便利。
後はTech系のチームサポートで、隊員強化しておくと、こっちも楽になる。

 
 

・店で購入できる武器は地雷
店で4桁価格で購入できるレアウェポンとかあるけど、正直買うだけクレジットの無駄。
惑星を探索してると、たまに見つかる大型のコンテナなどにレアウェポン等が入ってるケースがある。
なかには店売りしてるウルトラレアな代物まで入ってるケースもあり、購入後に同じ武器手に入っちゃったーなんてのはもう遅い。
グレードの件も考えて、武器は基本買わずに、リセマラでスカベンジングorクラフトの材料とか揃えて作っていった方がいい。
惑星ごとにテーブルパターン違うようだけど、基本はランダムなので、リセマラして強力武器ゲットしていった方がだいぶ節約できる。

 
 

・もしもの弾薬切れに備えて
ウチは元々ARが好きなので、N7 ValkyrieとSweeper Assultがメイン。

Mea_13

ヴァルキリーの初期は反動酷くて扱いづらい所はあったけど、ARパッシブとストックモジュールで精度高めておくとだいぶ使いやすくなった。
弾薬が100発ちょっとしかなくて、撃ち込んでると切れやすい。
各地に補充場所も用意されているから、そこまで困らないけども…。
万が一に備えて、クラフト時にVintage Heat Sinkをつける。
Max Ammoが1になり、弾薬が%表示に変わるが、0になっても後から自動的に補充される。
大体3秒ちょっとですぐ100%に戻るので、これをつければ弾薬切れには困らなくなる。
またclip size(装弾数)によって、%の減りも変わる。
当然多いほど減りも遅くなるので、ARパッシブとマガジンモジュールで増やしておくと尚良し。
Vintage Heat Sinkはテンペスト内でMilky data200Pと引き換えで1個だけ購入できる他、
敵が時折ドロップするときがある。

もう片方のSweeper Assalutは元々自動補充式の銃でヒートシンクが要らない。
普通に撃ったところで、ヴァルキリーよりも火力は低いので、
こっちはお遊びでSticky Grenadeをつけてみた。
弾薬が粘着性グレネードに変わり、着弾して数秒後に爆発してダメージを与える。
普通に爆発してるから威力が大きいように見えるけど、至って普通だと思う。
ただ、爆発時に周りを巻き込むなんてことはないようなので過度な期待はしない方がいいな。

 
 
・枯渇しがちなMilky wayの研究ポイント
クラフトやる上で壁となっているのは設計図購入に必要なリサーチポイント。
これ、実は材料揃えるよりも壁になってて驚いた。
わりと念入りにリサーチしながら惑星内を探索してたつもりだったけど
Milky wayの研究ポイントがほんっとたまりにくくてヤんなっちゃうね。
このポイントを消費するヴァルキリーや下記のN7をメインにしてた自分としては、中々しんどい序盤。

Mea_15_2

ここでは何かとお助けマンとなるのが、今作から導入された"Andromeda Viability Points(AVP)"。
特定のミッションをクリアすることで獲得できるAVPと引き換えに恩恵を受けられる支援システムだ。
「Lab Technicians」を獲得すると、ゲーム内45分間でMilky way dataが100ポイント入ってくる。
Accelerated Researchだと30分間に短縮してくれる。
クラフトやるにはこれが欠かせないと思うなぁ…。

後は、星系REMAVにあるH-047C内に、Milky wayのResearch Dataを大量に回収できるなー。
これは何かと助かった。
 
 
 

・序盤の防具~N7シリーズ製作

初期はシールドが250しかなくて、ちょっとの被弾で簡単にシールド破られがち…初週は難易度ノーマルでプレイ中だけど、
前作同様にヤケに死ねる時もあったので、最初はシールド率を上げることに徹していた。

序盤はシールド率上がるイニシアティブシリーズにシールドブースターつけてクラフトしたものを装備。
モジュール自体は分解すれば再利用できるので問題ないが、
防具が一つしかないと、脱いで分解できないので、予備の防具も所持しといた方がいい、これマメね(w

上記のようにBiotics系のスキルを使っていた理由から、そっちに恩恵があるN7シリーズの装備が理想だったけど、材料、OMNI-JELとPLATINUMはNexusの防具屋で売ってるパスファインダーシリーズ分解すれば容易に手に入るものの、IRIDIUMとCOPPERが足りなくて困ったちゃん。
少し本編を進めて、Jaal加入後にいけるようになるVOELDにて、洞穴内などに大量のIRIDIUMを発見した。
COPPERの方は、たまに見つかる程度で、たまりにくかったので、足りない分は店で補充して、N7一式を製作。

その後もLvに合わせたグレードの設計図購入して制作という流れは続くけど、
これもAVPにあるMarket Dominance(店に特別な賞品が出される)を獲得すると、
Nexusの防具屋で何とN7シリーズが売りに出される…!

このN7の装備品買い込んで分解すれば、素材に困らなくなる。
COPPERはN7以外でも何かと使うから、生で買うよりも分解が安上がり。

 
 

・設計図購入に関するバグ?(Ver1.04時点)
…それにしても気になったのが、この防具の設計図を購入してるときもバグが発生したことなんだよね。

Mea_14

通常は、防具も武器と同様にグレードが設定されていて、適正Lvじゃないと設計図の購入ができない仕様になってるはず…なんだけど、何故かCHESTだけその制限がない。
Lv29の時にN7 CHEST Vの設計図を購入したら
更に上位のADVANCED(Lv40~)の設計図が購入可能になって、Lvの制約ないままに最上位のN7 CHEST Xの設計図まで購入したけど、
何故か購入したことを示すマークの色が変わってなかった…。
他の頭、腕、脚にはLvの制限があって今は買えないんだけど、胴だけ制限ないって明らかにおかしいね。

結局、Xの設計図購入したので、そのまま製作して胴だけは最上位のN7 CHESTが完成した。
装備自体は普通に制限なく装備できるので、単に設計図の購入にLv制限の縛りがあるってだけなんだね。
しかしながら…本来はこんなんじゃねーだろう的な意味でモヤモヤするというか、何となくやっちまった感。

|

« Mass Effect Andromeda PS4北米版購入。 | トップページ | Mass Effect Andromeda-本編中盤~Ver1.05の修正で感じた点など。 »

PS4『Mass Effect Andromeda』」カテゴリの記事