« フォールアウト4-アカディア到着~DiMAの記憶シミュレーション攻略。 | トップページ | フォールアウト4-The Way Life Should Be:DiMAに裁きを受けさせる~カスミ生存ルート。 »

フォールアウト4-アカディアの命運は…The Way Life Should be

フォールアウト4 FAR HARBOR編。

ファー・ハーバーにはファー・ハーバーに住む島民(ハーバーマン)、アカディアの人造人間、チルドレン・オブ・アトムと3つの勢力があり、本編を進めていくと、選択肢によってはどちら側につき、一方の勢力を壊滅させる決断に迫られるケースがある。

できることなら両者生存で和平を望んでいる立場だが…今回は。

 
 

北の孤島ファー・ハーバーのアカディアにて、捜索対象だったMrナカノの娘カスミを発見するが、彼女からアカディアのリーダーであるDiMAに関する調査を頼まれる。
調査していくと、DiMAがファー・ハーバーとチルドレンオブアトムの紛争を止めようとしていることがわかったが、DiMAの初期記憶が、嘗て自分の家として使用し、知り合った教団アトムに明け渡した潜水艦基地のメモリーバンクに保管されていることが判明。
アトムの指導者テクタスが紛争のためにその情報を悪用しようとしており、Nobuzouは、両者の紛争防止とDiMAの更なる秘密を探るために、アトム基地ニュークリアスに潜入し、無事ターミナルからDiMAの記憶のダウンロードに成功した。

 
 

・バレンタインの失われた物語 特別編

まず回収したメモリーのうち"DiMAの記憶#4"を聴くと、
DiMAがまだインスティチュートにいた頃、ニックを連れて脱出しようとしていた時の音声が聴けた。
助けに来たDiMAは兄弟だと告げるも、ニックは信用せず、強引に連れ出そうとするDiMAと揉み合いとなってしまい、殴られたニックが気絶してしまう、という内容だった。

DiMAがニックと会った際、彼はニックと"兄弟"で、インスティチュートの脱出を手助けしたことを明かした。
ニックは事実を確かめるため、彼が本当に自分の家族かどうかを示す証拠を求めていたが…。
…このテープの内容聴く限り、彼は嘘を言っていなかったようだ。

Nobuzou「どうぞ、『ニック・バレンタインの失われた物語』の特別編だ。」

Fo4_491

ニックはテープの内容を聞き、驚愕する。
実験の影響で、ニックは意識が朦朧としていた様子で、そのままDiMAに襲い掛かって返り討ちにあった。
辛い決断だったろう、DiMAは最後に「さよなら、兄さん」と言い残して、ニックを置き去りにしたようだ。
正確にはこの殴り合いでニックが故障した影響で、棄てられてしまった…ということか?
てことはDiMAに故障させられなければ、実験が続いて、連邦に放り出されることもなかったのか。
今のように探偵家業やってて、ニックと出会う、なんてことがなかったかもしれんのか…。

「何で思い出せないんだ!」と悔しがるニックだが、DiMA同様プロトタイプである彼も記憶容量に限りがあるせいで、古い記憶が断片的になくなっているんじゃないかと思われる。
…ある意味、歳でボケてしまったのと同じかもしれんが。

Nobuzou「ニック、これは始まりに過ぎないぞ。もうすぐ鍵のことも忘れて、俺の事をサウスボストンから来た大叔父と間違えるだろう。」

ニック「ふふふ、相変わらず口がうまいな。」

かくして探していた証拠は見つかったものの、今後DiMAを兄弟として受け入れるかどうかという話になる。

要はニックがどうしたいかという事だな。
兄弟がいる人生を求めるのかい?
兄弟なんて本当は自分で選べるものじゃないが、人造人間なんてものがあるから話がややこしくなる、ほんとにな。
この時代に遺されたプロトタイプはニックと彼以外もういないだろうし。
ここで出会ったのも何かの運命のようなものを感じる。
兄弟として認めてやったらどうですかね?

[決めるのは自分だ][DiMAにチャンスを][DiMAは兄弟じゃない]
いずれの選択でもバレンタインから真実に辿り着けたお礼を言われる。
バレンタインを大喜びさせる。

こうしてニックの失われた1ページが新たに刻まれた一方で…。
…その他のDiMAの記憶を聴くと、とんでもない事実が明らかになってきた。
今回はそのうちの一つ、DiMAの記憶#1の調査に入ろう。

 
 

■DiMAの秘密 その1

・DiMAの秘密の医療施設を見つける
"DiMAの記憶#1"のホロテープには、アカディアの同胞が島民に襲われるなどファー・ハーバーとの関係が良好ではなかった時期に、DiMAがファー・ハーバーに対してメモリーでも話せない内容の計画を協力者と二人で行おうとしているようで、その計画の証拠を隠していると思われる医療施設の存在が明らかになる。

Fo4_494

メモリーから座標がダウンロードされる。
ニュークリアスから南の島にあるヴィム・ポップ工場へ。

 
工場前の橋周辺にはSMが陣取っていて、気づかれるとハウンドが放たれる。
この島にもSM棲みついてんのかよ…。
橋の奥から猛烈な勢いでハウンド氏がお出迎え、ハグハグ!
Lv60だとここのSMはマスター率が高い。

Fo4_494_2

掃除後は奥に進むと、工場を発見。
ロゴの看板が入ったヴィム法人本社へと乗り込んでみる。

 
 

■The Way Life Should be

本社に入ると、DiMAの秘密を見つけるクエストが発生。

SMやハウンドを一掃して本社内を探索。
ヴィムは、戦前に生まれたソーダポップで島の住民はヌカ・コーラの代わりに飲むことを誇りにしたという。
ハーバーの島民たちのお気に入りだそうだ。
普通のやつよりキツイらしいが、、それはともかく。

Fo4_494_3

本社内にはSMやハウンドが棲みついていたのでお掃除。
本社だけにデスクの上にも試飲用のヴィムがチラホラ置かれていた…お、金庫発見。
CEOの部屋など調べてみたが、これといった情報は見つからない。
二階、オフィスルームの扉から本社の屋根に出る。

Fo4_494_4

屋根に出てプレハブエリア、通信装置の奥に、工場の上層へと続く扉を見つける。
入口正面の部屋に、筋力が上昇するヴィム塗装のT-51アーマー一式を発見。
おぉぉ、赤色でヴィム社のロゴ入りか、肩に描かれている美女が良さげ、使わせてもらおう。
屋上へと戻り、タンクを囲んだ作業用通路を上がって、今度は隣のヴィム工場の屋上へと移る。
ここにある研究室の研究開発ターミナルでは"ヴィムのレシピ"を回収。
バディーに渡せばヴィムを醸造してもらえるようになる。

屋上から工場内へと入る。

Fo4_494_5

工場内に潜むSMを掃除、作業室から見える下層の醸造メインルームに降りる。
囲む作業用通路を降りた所にセキュリティドアとターミナル(Novice)。
ハッキングでドアを開くと奥にエレベーターを発見。

 

エレベーターで下の階におりると、目的地の医療施設へと到着する。
部屋の床の一部に何かを埋めたと思われる形跡を発見。
掘り起こしてみると…。

 

埋められていたのは棺だった。
中には白骨化したアヴェリーという女性の遺体があった…。
え…アヴェリーって…。
棺から"アヴェリーの頭蓋骨"、"アヴェリーのロケット"、
ホロテープ"後の祭り"を回収する。

Fo4_494_6

ホロテープを聞くと、どうやらこの棺の女性を殺害したのは、なんとDiMAであり、
その女性と入れ替わる人造人間の女と話をしているというものだった。

DiMAはその人造人間を協力者として、ファー・ハーバーに潜入させ、
アカディアとの架け橋になるため、住人に対して人造人間を理解してもらうよう仕向ける役目を与えていたというのだ。

…な…これは…とんでもない証拠を掘り起こしたな…。
DiMAさん真っ黒じゃないか…。
本物のキャプテン・アヴェリーを殺害した件についてDiMAに言及してみてもいいが…さて、どうするか。
ニックに助言を求めてみても、それらしい発言が帰ってこなかった、むむむ。

Fo4_494_7Fo4_494_8

その他、この医療施設には隔壁エリアを管理するKYE1.1という人工知能がいた。
会話では、隔壁エリアに入るために、[開けろ]成功or承認ユーザーのプロトタイプが必要となり、ニックを連れてくることで扉が開く。
隔壁エリアの中には、弾薬の入ったスチーマートランクやユニーク銃・ディッセンバーズ・チルドレンを回収できる。

 
 
という感じでヴィム工場の調査は終了した。
この調査で、DiMAがファー・ハーバーを操るためにアヴェリーを殺害したという重大な証拠を見つける。

この件を誰に報告するかで、その後の島の未来に大きな影響を及ぼすことになる。

 
 

・カスミに報告する(オプション)
DiMAの犯罪についてカスミに報告する。
DiMAが殺人を犯し、島全土を欺いている事を話した。
何かおかしいとは感じてたと話すカスミから、彼がなぜそんな事をしたのか?と訊かれる。

Fo4_495

DiMAの音声聞いてる限りだと、悪意を持ってやったという感じはない、むしろ必死だった印象がある。
島の平和のため、といえば聞こえがいいが…要は人造人間を理解してもらうための理想郷を作るためにやったように思える。
更にカスミから、そんな理想郷であるアカディアを助ける価値があるか?と訊かれる。

[分からない]or[家に帰るべきだ]⇒ボーナスアイテム獲得

[アカディアは守る価値がある]⇒バレンタインを喜ばせる&ボーナス獲得

[アカディアは灰になるだろう]⇒バレンタインを怒らせる&ボーナスなし

アカディアが紛争に巻き込まれる可能性もあるので、正直カスミには家に帰ってもらいたいんだが…。
自分が大切に思う人造人間がいるから、この件を解決しない限りここにいるそうだ。
カスミの意思は固く、紛争になっても彼らと共にある覚悟はあるようだ。
強情だなぁ…カスミを無理やりにでも両親の元に帰したかったけど、もうどうなっても知らないぜ。

さて、次はDiMAを追求するかorファー・ハーバーにこの件を知らせるか…?
どちらに報告するかでクエストに分岐が発生し、島の未来に影響を及ぼしていくことになる。

 
 
・アヴェリー殺害をアヴェリーに伝える

久々にファー・ハーバーに到着。
着いたときは夜で、ベッドに横になっていたアヴェリー。
気持ちよくご就寝なされていたが…極めて重要な話なので、彼女を叩き起こして話をする事に。

この島で殺人を起こした場合どうなるのか訊くと、証明された場合は"死刑"になるという。
死刑…ねぇ、これから話す真相に、彼女はどんな顔をするのだろうか。

Fo4_496

アヴェリーに、DiMAが本物のアヴェリーを殺した証拠となるアヴェリーのロケット、そしてアヴェリーの頭蓋骨を見せる。
さすがに彼女は動揺を隠しきれない様子だったが、それでも自分は過去の出来事も思い出せる、と人造人間でないことを強調した。
ホロテープを持っている事を告げても、ただのでっちあげ!と苦し紛れだったが、決定的な証拠を前に言い逃れはできない。

こうして、アヴェリーは自分が人造人間であることに受け入れねばならない事実に直面する。
現場に遺されていた"後の祭り"を聴くと、協力者のアヴェリーが人造人間であるという記憶も消える、というDiMAの発言もあり、
事実、彼女が自分が人造人間だということすら気づいていなかったのだ。
DiMAが何か細工でもしたのか、その辺まではわからなかったが。

[これ以上隠し事はいらない]
信じられない様子のアヴェリーはそれでも自分はキャプテン・アヴェリー、だと思う…と発言。
自分が人造人間で、誰かによってアヴェリーと信じ込ませられていたのなら、その理由が分からない…とも。
…?その目的すらも忘れちまったのか?
DiMAの事も、その目的さえも、全て消えるようにプログラムされていたのか?

大きな衝撃を受けた様子のアヴェリーだったが、
それでも、自分の秘密を棚に上げると、殺人犯で嘘つきでもあるDiMAは償いをすべきだと言い出す。

また、ハーバーでも過激派のアレン・リーにこの秘密を教えた場合、罪のない住人が苦しむだろうと懸念する。
DiMAにこの件の償いをさせ、更に自分の秘密となる証拠を公にしないよう約束してほしいと頼むアヴェリー。

ここに[金をゆする]という選択肢があった。
血が流れないようにするにゃあこれが必要ですよこれがね^^

Nobuzou「このような証拠は非常に重要で価値があるものだ。
仮定の話だけれど、これを秘密にしておくことに、いくらの価値がある?」

アヴェリー「クズ野郎が。物の道理が分からないのなら、1300キャップまでならあげられる。」

口止め料1300キャップか…んー、ファー・ハーバーの命運をかけるお話で1300キャップは安いんじゃないかなぁ。
もうちょっと交渉したかったんですけどねぇ。
ここではそんな選択肢はなかったので。
[約束はできない]を選択。
アヴェリーから軽率な行動はとらないよう警告されるが、口止め料の1300キャップを受け取った。

 
 

・アヴェリー殺害をアレンに伝える

アレンにアヴェリーが人造人間であることを伝えてみた。

Fo4_497

アレンは彼女が本土人であることは知っていたが、自分には威張っていたため島民の仲間というか感じが全然しなくなってから、そういう予感があったそうだ。
ここでアレンからその証拠を求められる。

頭蓋骨を見せると、それがアヴェリーのものか、医者のテディ・ライトに見せるよう言われる。

Fo4_497_2

テディに頭蓋骨を調べてもらうと
その歯形からアヴェリーのものだと判明し、テディが驚愕して「アヴェリーは何年も前に死んだはずだ。アカディアがインチキをしている」とも。
ん…死んだはず?この辺の翻訳間違ってね?
アヴェリーが人造人間だということをテディは知っていたんだろうか…?
民衆は掌を返すかのように神の信仰者からリンチ魔になる、と懸念するテディは、血の惨劇になるから、アレンには教えるなと警告される。
タスクに『アカディアの命運を決定する』が発生。

アレンと会話。

Fo4_497_3

アヴェリーが人造人間だったら何をするかという質問に対して
アレンは「それ」に何をするか当ててみろ…と、うわぁ…。

このアレンとの会話の選択次第でアカディアの命運が左右される。

 
 
■The Way Life Should be<アカディア襲撃>

アレンに頭蓋骨がアヴェリーのものだったことを報告する。

[アヴェリーじゃない(嘘)]
頭蓋骨が偽者だと告げると、アレンからアヴェリーを追求する選択肢がなくなり、進展がなくなる。

[彼に証拠を渡す]
真実を突きつけられたアレンがアヴェリーと島民たちを店前に呼び出し、アヴェリーが人造人間であること、更にDiMAがファー・ハーバーの島民たちを殺して入れ替えている事を公にする。

Fo4_497_4

アヴェリーが、彼を止めてほしいと懇願する。
DiMAの共謀者であるアヴェリーを処刑しようとするアレン。

[ここから出て行く]or[人造人間を殺す]⇒バレンタインを怒らせる
アレンが銃でアヴェリーを射殺、
更に雑貨屋のブルックスも射殺される。

[アヴェリーを殺すな]⇒バレンタインを大喜びさせる
止めさせようとするが、DiMAのために自分達を騙していたアヴェリーを許せない様子だ。
[彼女ではなくDiMAに報いを]or[彼女は知りもしないだろう]
成功してもアヴェリー射殺&アカディア襲撃ルートに入る。

Fo4_497_5

アレンがアヴェリーを射殺したことを機に、次の矛先がDiMAに向けられる。
ハーバーマン達は自分達をすり替えようとしていたDiMAとその仲間であるアカディアの人造人間を始末するために、ハーバーマンを蜂起させてアカディアへと向かっていった。

 
 

FTでアカディアに入ると既に施設前でアレン達が到着している。
何気に止めさせようとしてたテディ・ライトまで参加している…。
当の本人までリンチ魔になる気か…。
どっちみち医者が必要だろう、とか建前にしか聞こえないんですが。

Fo4_498

自分と一緒にアヴェリーと向き合い、ここに立っていられることを誇りに思う。
突入前のアレンからそう感謝される。
こんな過激な人とお友達になりたいとは思いませんが…。
アレンから、実現するために仲良くなる必要などなく、アカディアを終わらせる覚悟があるか訊かれる。

計画ではアカディアの全員を銃殺するつもりのようだ。

全員…ということは、カスミもか。

[アカディアを攻撃]⇒バレンタインを怒らせる
ニック「本気でやるつもりか?俺が人間だったら吐き気がしてるな。」

[彼らを殺すな]⇒バレンタインを喜ばせる
ニック「大衆の正義に正当性は皆無だ、関わるのはやめた方がいい。」

つまりもう手遅れって事か…。

 
 

Fo4_499

会話が終わると、アレンの攻撃指令でハーバーマン達がアカディアの住人を攻撃開始。
またアカディアの住人と完全に敵対する。

施設内に入ると、ハーバーマン達も襲撃開始。
アカディアの住人が迎え撃つ。

ただハーバーマンは一部のモブ以外は、不死判定で、倒されてもすぐに復活する。
一方のアカディアの住人はHP有限、こっちが放っておいてもハーバーマン達が勝手に殲滅していく。
アカディア側はフラグ投下などで反撃してくるが…一方的で勝負が見えている。

また施設内にパワーアーマーを放置してると、ハーバーマンが勝手に着用して使い出す。
ラストプランクの店主ミッチか。
何勝手に使ってんだよ!

自分は連中には加勢せず、気がかりであるカスミを捜していたが…。

Fo4_499_2

広間に戻ると、ハーバーマン達と交戦しているカスミを発見する。
接近しようとすると、DiMAが背後から銃撃、こちらに気づいたカスミも躊躇なく銃弾を撃ち込み、挟撃されてしまった。
こうなるともう話し合いの余地もないな…。

火炎瓶で炎上するカスミだが、それでも必死にこちらを攻撃してくる。
だがアカディア側が顧問のファラデーやチェイスが討たれて次第に劣勢となり、
背後のDiMAも討たれてしまう。
そして、抵抗も虚しくカスミは銃弾で力尽きた…。

Fo4_499_3

カスミが死亡すると、カスミの両親に娘の死亡を報告するクエスト「Close to Home」が発生。

広間を制圧したハーバーマン達が下の階にも下りていく。
抵抗していた人造人間達も、戦意を失くして逃げ惑うようになる。
そんな彼らをハーバーマンは容赦なく始末していった。

 
 
こうして、ハーバーマン達はアカディアの全ての住人を始末する。

アレンと会話。
「これが正義!」と言っていたが、まさに虐殺そのもの、まるで悪魔が乗り移ったように見えたぞ。
後悔していないのか訊いてみたが、後悔は脆弱だといい、島にいれば感じなくなるという。

Fo4_499_4Fo4_499_5

アレンから、今回手を貸してくれたお礼にと
2200キャップ&レバーアクションライフル系のユニーク銃ラッキーエディ(運が2増加)を受け取った。

またアカディアを壊滅させた事で、特殊Perk「Destroyer of Acadia」を獲得する。
体力が20%以下で30秒間与ダメージが4倍に増加するというとんでもPerkだった。

ルートによって今回は特殊Perkまで獲得できるのか…。
ダメ4倍が30秒間持続するとかチートすぎるだろ(w

クエスト「The Way Life Should be」は達成。

アトム関係のクエストは発生しなかったので、
アトムで発生したクエストを別途に続けていく感じになるのか。 

 
 

■Close To Home

重い足取りで、連邦に戻りナカノ邸に帰還。
非常に残念な事をお伝えしなければならない…。

ケンジ・ナカノに娘の死を伝えた。

Fo4_500

ケンジに、君を雇ったのは娘を連れ戻すためだったんだぞ!と罵声を浴びせられ、説明を求められる。
伏せてもよかったが、ここはアカディアが襲撃を受けた事を明かした。

島の事情を知らないケンジはカスミが人造人間に誘き出されて殺されたと思い込んでいるようだ。
正確に話したところでカスミはもう戻ってこない、結果的に死なせてしまって…弁明の余地もない。
娘が人造人間であるかないかと言う馬鹿げた理由で死んだのか、彼女は私達の娘だったと言ってくれ!と嘆くケンジ。

カスミが人造人間であったかどうか…彼女から状況的に辻褄が合う話は聞いていたが、実は確たる証拠がない。
アカディアが壊滅してしまった今となっては、それが闇の中へと消えた…。

それでも自分は「カスミは人間だった」とケンジに伝えた。

ケンジから「ありがとう」と一言。
妻と2人きりの時間が必要だとして、この話は終わった。

クエスト「Close to Home」達成。
トロフィーも獲得した。

 
 

その後はニックと会話。

今回のカスミの件は、ニックの探偵家業でも、一度もお目にかかったことがないと言っていた。
結構いろんな捜索依頼やってそうな彼でも珍しいケース?
本当に一度もなかったのかと訊いてみると…。

Fo4_500_2

ここでその皮肉か…(w
ただ、今回の事件で、娘が死に、ナカノ夫妻が受ける苦しみは想像できない、
もっとマシな終わり方がよかったと締めくくるニック。
ああ、そうだな…俺も、カスミを島の紛争に巻き込みたくなかったのに…最後は状況に流されてしまう形になってしまった。
つくづく己の力不足を痛感した今回の依頼だ。

最後は事務所に戻ってエリーに報告、この依頼は終了となった。

 
  

という感じで今回はハーバーマン側に着いて、アカディア襲撃ルートを辿ってみた。
アカディアがハーバーに協力してた立場だったのに、まさか一つの証拠から、アカディアを襲撃することになるとは思わなかったなぁ。

Fo4_498_2

話を訊かずに襲撃に向かおうとするアレン達を始末しようともしたけど、不死判定で彼らを止めることができず、逆にアカディア襲撃前に攻撃したらハーバーマンも敵対して、アカディア、ハーバーマン、双方から猛攻を受けるという展開になってしまった(w

 
 

さて、次回は別のルートを辿ってみよう。
出来れば和平ルートがいいんだけどな。

|

« フォールアウト4-アカディア到着~DiMAの記憶シミュレーション攻略。 | トップページ | フォールアウト4-The Way Life Should Be:DiMAに裁きを受けさせる~カスミ生存ルート。 »

PS4『Fallout4』」カテゴリの記事