« スターオーシャン5を開始。 | トップページ | スターオーシャン5-2周目カオスモードクリア後の感想。 »

スターオーシャン5、1周目の感想。

スターオーシャン5。

1周目難易度Galaxy(ノーマル)をクリア。
クエスト90%程達成の初週は30~35時間ほどの内容だった。

うん…Disc1枚であること考えれば、ボリュームそんなものかな。
とりまプレイしての感想。

 
 

■火力重視なロール構成
結局無双タイプのゴリ押しゲーなので火力次第。
主にメインで操作しているフィデルくんのロールは防御無視な火力重視構成。
ファイターLv5で解放されるバーサーカーを設定以降、Lv5でATKも2倍、更にATKブーストや強化したアタックブレスレットなど、%あげてたら、ATK1000超えもいない中盤で、フィデルだけがATK2000超え。

遠隔は気功掌と空破斬メインで、近接は初期は双破斬を重用してたが、剣術書も回収して習得するショットガン・ボルト、ストレイヤー・ヴォイド、鏡面刹など使い分け。
鏡面中にボルト発動とか組み合わせて使用したり、2000超えなのでどの技使いこなしても強い、とにかくフィデルくんのゴリゴリ無双ゲー。
その分、防御力は-2倍で被ダメも痛いのでミキを回復要員に、後はフィオーレもヒーリング習得、ヒーラーなどつけてサブ回復要員みたいなことはやらせてる。

ミキは、エクスヒーリング&フェアリーライト習得して、詠唱時間短縮&自分思考レベル上昇のセージ(キャスターLv5&ヒーラーLv5)設定しておくと、セイバーあたり装備させておけば優秀な回復要員になる。
ヒヤリとさせられる場面はあるけど、後半入ってもフィデルが&ミキのコンビで倒れた事が一度もない。
さすが兄妹コンビというか…。

剣術は、呪印術と比べて数が非常に少ない。
終盤に入っても7つ程しか技ないんだよな…
箱も調べてるしクエ報酬などでもスキルブックは回収してるんだけどね。
ウェルチのPAクリアしていくと解放される"執筆"ではスキルブックもICできるようになるので、そっちに期待だな…。

他のキャラについては適当でロール成長解放要員みたいになってるな(w
最低、武具は新調してるくらいで、勝手に戦ってるエキストラみたいな、難易度Galaxyだと戦術要素皆無でも中盤までは難なく進められる。
終盤は即死技とか、被ダメ高いエネミー出て来るので、立ち回り意識しないと簡単に死ねますが。

 
 

■パーティスキルの雑感
まずトレジャー&エネミーサーチ機能は必須。
ミニMAPから位置を確認できるだけでもだいぶ変わる。
ただ全体MAPでは表示がない。
箱と採集ポイントくらいは表示してもらいたかったかなー。

クエの納品などスムーズに行いたかったので、採集スキルや各種エネミー図鑑(ドロップ率上昇)を早めにLvMaxまであげてみた。
エネミー図鑑はLvあげとくと比較的アイテムドロップしてくれるからいいけども、採集系はLvMaxにしても、一つしか手に入らなかったり、何も採集できないとかムラがあって微妙。
せめてLvMaxで2回掘れるとかあっても良かった気もする。
掘削で世話になるのはアイアン~ゴールドくらいまで、
プラチナ以降の上位の鉱石は、後半のエネミードロップの方が断然入手しやすくて、採集スキルは空気になりがちだったけども。

一番空気だったのは漁業スキル。
採集や掘削と比べて、ポイントが海辺や川付近と限定されていて少なめ。
LvMaxにしても獲れるものが生魚や天然水だとか…普通に店で買えるやんそれ。
納品で必要だったサンドフィッシュも結局敵がドロップしたもの納品したしなぁ。
天臨魚とかレア魚は確率めっちゃ低いのか見つからんなぁ。

IC全般は、結局本編進行で入手していく材料次第なところがあるのでコツコツスキルLv上げていくのが自然なのかなと。

 
 

■クエスト関連
本編の後半に入ると、航宙艦で各地へ転送可能になり、
エリア移動の手間もだいぶ省けるようになったのがデカい。
前半はホント辛抱してやるしかなかったからなぁ。
また艦内の転送ポイントの近くにセーブポイントあるので、
前回愚痴っていた掲示板とセーブの問題はほぼ解消された。
捜索が鬱陶しいラドル関連のクエも後半はスイスイ、いやー楽ちん。

反面、クエストで残っちゃうのが採取クラブ系の納品。
ICで作成できるものもあるんだろうけど、材料が中々集まりにくいので、結局本編進行次第な所がある。
終盤に入れば敵ドロップで簡単に入手できるものとか。

納品系は、一部収集しにくいものもあるけど、ウェルチのPAこなしていくと可能になるクリエイティブ合成で、比較的入手率低めな赤い木の実やゼフィランサスなど素材購入して確率で量産できたりするものも。

クエスト96%まで達成したけど、納品対象の黒焦げ肉と霜ふりミートを未だにお目にかかったことがない。
黒焦げ肉とか、いかにもミキのファイアボルトで仕留めれば手に入りそうな代物じゃないですか。
条件つきドロップの気がするけど、違うのかな。

 
 
■本編をプレイしていて感じたこと
前作の4はDisc3枚組(360版)で、MAP移動するのにDisc入れなおすとか手間あったけど。
今作はDisc1枚にすべて収めている。
この時点で大体察しがつく人が多いかもしれないけど、
当然容量の制限あるから、同じ地域のMAPを行き来させて本編構成させてるような内容になってるんですね。
舞台となるフェイクリード三国の地域間を行き来させて、要所のダンジョン攻略していくという感じで。
エリアが広いとはいえ壮大さもなくて世界が狭く感じる。

航宙艦での戦闘も、劇中は宇宙での戦闘シーンの描写が一切入らなくて、全て艦内から艦長が指示出して説明やスクリーンの映像確認でこっちは状況を見守るだけという、地味で欠伸が出る内容。
まぁここも容量的な問題があるのはわかるんだけどね。

進行のテンポはそんなに悪くなかったけど、イベント時に移動領域の制限かかるイベントの一部で、演出的な理由で間が空いてテンポ悪い時があるのが妙に気になった…。

 

リリアを送り届ける旅から始まり、フェイクリードの地上戦争、更には銀河戦争へとフィデル達が巻き込まれていくという本編の内容だけども、
演出的にグワッ!と来るものも感じなかったし、トントンと進んで盛り上がりに欠けたまま淡々と進んで、結局ラスボス倒して1周目完了。
終盤は駆け足だったなー。
フィデル達フェイクリード出身者たちは、無関係な銀河戦争時は空気になりがちだったけど、一つの目的のために進んで完全空気化する前に本編が終わったというか。

本編の内容よりも、物語の鍵となるリリアちゃんを見て楽しむゲームなんじゃねーとか。
リリア「リリア、がんばる!」「皆を信じる!」とか丸い目をして奮起するリリアちゃんを何度見ただろ。
キャラゲーの領域スレスレ。

ボス戦に関しては、2のあっちぃー!とか4の真アルマロスのような初見は鬼畜に感じるボスはいなくて、ボス戦でゲームオーバーになる場面はなかったけど。
特定の仲間を守りながら闘う特殊バトルがあって、仲間守りきれずに10秒経たずにゲームオーバーみたいな事があった。
この時は流石に仲間の装備やロールとか考えたけど、結局こっちが手動でブルーベリィ使うなどして対応してた。
回復要員のミキが一時抜ける特殊バトルが面倒だったと感じる程度だった。

 
 
という感じで…難易度的なものはGalaxyでは語れないな…。
1周目クリアすると、Universe&Chaosモードが解禁されたので、次はそっちでプレイしてみようか。

|

« スターオーシャン5を開始。 | トップページ | スターオーシャン5-2周目カオスモードクリア後の感想。 »

PS4・その他のゲーム」カテゴリの記事