« 真・女神転生IVーまったりナラク探索編序盤。 | トップページ | 真・女神転生IV-ナラク後半~ミノタウロス戦。 »

真・女神転生IV-フンちゃんLv15~キチジョージの森。

真・女神転生IV。

開始15時間ほどプレイしているが、
悪魔合体にうつつを抜かし、本編をあまり進めていない。
このままハマって飽きたら、クリアせずにやめちゃいそう(w
この手のゲームやってるとたまーにそういうことあるから。
気をつけなきゃ。

 

■アレス戦~ジャックフロスト誕生

休暇中の新たに発生したチャレンジクエストを消化。
クエスト『呪いのガントレット』。
ガントレットの呪いを解くために、潜んでいた妖魔アレスと戦闘に。
前回誕生したフォルトゥナ、カソに試しに作ってみたタム・リンという面子で挑む。
アレスは特に弱点がないため、ガチ勝負になるが、
タム・リンはあまり火力を出し切れずに、絶命剣でHP半分ほど持ってかれ、その都度メディアで回復して反撃、
中盤ではマカラカーンで魔法反射され、向こうの連続絶命剣でタム・リンとカソがやられ、
さらに次ターンフォルトゥナもやられて絶体絶命・・・、
マカラカーンが魔法反射だってド忘れしてたわ・・・。
流れ持ってかれて全滅かなーと最後まで粘ってみたら、フンちゃんの決死の攻撃でギリギリ倒せた…あぶねー。
クリア後にアレスの合体が解禁される。
必要材料がないのかリストに載ってないところ見ると、誕生はしばらく先になりそう。

その他チャグリン5体討伐などのサブクエ消化、
気づけばフンちゃんのLvも15になり、それに併せて主力だった面子も合体して、新たな仲魔となる。

エアロスxスプリガン→ジャックフロスト
リャナンシーxナーガ→トウビョウ
カソxフケイ→スパルナ

メガテン定番のジャックフロストがようやく誕生。
ジャックはブフーラ、トウビョウはザンマと
ようやく一段階上の属性魔法が使えるようになってきたか。

耐性以外でステ値が同等のトウビョウとスパルナはMPも77と前の主力より落ちたけども、
全書から吸魔持ちの材料買って、両者に吸魔継承させたんで、それでカバーできそうだ。

 
 

■キチジョージ村襲撃

本編のほうは、休暇後に進展。
フンちゃんの故郷であったキチジョージ村が突如、悪魔たちに襲撃されるという事件が起きた。

駆けつけたフンちゃん達は、ホープの指示でキチジョージの森に入り、逃げた生存者の捜索に入る。

森には、ピクシー、スプリガン、カマソッソなど、当初は合体でしかお見かけしなかった材料がウヨウヨ。
更に赤シンボルの精霊の群れなど相手にするが、連中は毒や睡眠が効きやすいので楽に倒せる。
悪魔たちと交渉を始めるが、油断していると連れのディブクさんのムドで即死する場面もあった。
中でも呪魔が弱点のスパルナが速攻で…下げたほうが無難だな。

奥では、住民を襲うストリゲスと交戦。
雷と銃に弱い、ジオ系&夢見針などで攻める。
吸収しかしてこなかったが、HPも高く、タフな相手だった。

生存者の話では、城下町で本を手に入れた若者たちが、サバトの最中に悪魔に変身したとか・・・。
サバトとは、黒きサムライが配布する純文学の朗読と感想を語らう会・・・らしい、前回でパン屋のおっさんが言っていたアレか。

調査範囲も広がり、森の小道を進んでいくとイサカルを発見する。

そこで、本音を打ち明けるイサカル。
元々、身分の違いで虐げられていたカジュアリティーズから抜け出して
ラグジュアリーズになるため、サムライを目指していた彼だったが、
自分が選ばれなかったという事実に途方にくれていた。
だが、黒きサムライの本を読んだ影響で、
目が覚めたといい、自分を虐げてきたラグジュアリーズに対して憎しみを膨張させてしまう。
イサカルもまた、悪魔と化していたのだった。

イサカルとの戦闘に入る。

 

・イサカル戦

特に弱点属性がなく、適当に攻める。
戦闘中は、イサカルに攻撃ターンが回ると「サムライになれて、心までラグジュアリーズに染まったのか?」
とフンちゃんの本心を訊いてくる場面があるが

自分はラグジュアリーズだ ⇒ イサカルが4回行動に。
自分はカジュアリティーズだ ⇒ イサカルの攻撃ターン回避。
構わず戦いを続ける ⇒ 通常通りの戦闘に。

イサカルは通常2回行動。
バウンスクローや会心波、
フォッグブレス(全体 攻撃・命中・回避ダウン)等を使う。
会心波はミスも多いのでターンは減らしやすいが、
クローは3回命中だとHP100でも即死する場面も。
ジャックフロストが速攻でやられてたな…。
自分はカジュアリティーズだ。を選択したほうが無難。

ある程度ダメージ与えると、イサカルが痛みで正気に戻り、とどめを刺してくれと頼んでくる。

とどめを刺す ⇒ ヨナタンが本気なのか!?と介入
とどめを刺さない ⇒ ワルターが本気なのか!?と介入

いずれにせと戦闘が続行する。
ダメ元で会話してみたが、「親友だったがそれも昔の話だ」と聞き入ってもらえなかった。
結局こういう展開になってしまうんですね;

立派なサムライになって、こんな世界を変えてくれ…と最期の言葉を受け取り、友の死を見届ける…という結末だった。
彼については案の定な結末になってしまったが、その意志は無駄にはしないさ。

初見は、「とどめを刺さない」を選択し、
なんで止めを刺さなかったんだとワルターに叱られる場面も。
んなこと言っても一応友達でしたし・・・。
ヨナタンが気遣う場面もあったが、この選択って後々のルート?とかあるなら影響してくるんだろうかね。

一方、友の死を悼む間もなく、ホープから黒きサムライの目撃情報が入り、捕縛命令が出された。
イサカルみたく、本を読んだものが悪魔になるということは、
道中相手にしている悪魔たちは全部・・・そんな最悪なことが、頭に過ぎりながらも、奥を捜索していると、
わりとあっけなく元凶のサムライを発見する。
見たことのない奇妙な甲冑の出で立ちで声から女だと判明する。

女曰く、この国が歪んで偏っているため、本を配って知識と知恵を与えていたとか。
地下にいらっしゃいと意味深な言葉を残して、多勢の悪魔を置き土産に姿を消す。
この悪魔たちに追跡を妨害され、魅了の術で意識を失ってしまうフンちゃん・・・。

夢の中で、フンちゃんは以前悪魔の結界で出会ったスティーブン、そして謎の少女と出会う。
少女は皆の為に甦らなくてはならないと意味深な言葉を発し、そこで夢が途切れる。

その後はイザボーによっては目を覚ましたフンちゃんだが、
結局悪魔の邪魔が入って、黒きサムライに逃げられてしまった。

だが、黒きサムライが悪魔召喚に心得があることや、
布教していた本を読むと悪魔になるという、新たな事実も判明。
最近ナラクの外で悪魔が出現している件も、全てそのサムライによる仕業か。

結局その後は解散となり、十分な休息をとるフンちゃん。

だが、夢の中ではまたも、
ワルター「今の世の中をぶっ壊して新しい世界を創ろう、地下へ・・・」
ヨナタン「明日の子供たちのために世界を残さねばならない、地下へいってはダメだ・・・」
と、双方、対極の意見を聞かされてしまうフンちゃん。
最初は地下なんてキーワードなかったけど、
本編進行していくごとに詳細な内容がわかるようになってくるのかな。
一体地下に何があるというのか。

 

翌日の緊急集会では、先の事件を受けて
修道長ウーゴから王の勅命として、失踪した黒きサムライの捕縛指令が出される。
ミカド国のサムライは本来、ナラクの地下に足を踏み入れる行為を教義に反することらしく、
これまで3層から下へは、先輩に阻まれて通れなかったが・・・。
今回、黒きサムライが地下世界に住むというケガレビトとの繋がりが嫌疑されており、
フンちゃん達は、ナラクの底にあるというケガレビトの里を調査することになる。
この辺から登場する新キャラの修道女ギャビーさんとか、タイミング的にも怪しさプンプンなんですがそれは。

その後は材料集めにキチジョージの森いこうとしたが、
外出禁止とか、え・・・いけねーのかよ。

まぁいったらいったでまた材料収集に明け暮れて本編放置しそうだから、いい加減本編進めろやという神のお導きと受け取っておこう。

|

« 真・女神転生IVーまったりナラク探索編序盤。 | トップページ | 真・女神転生IV-ナラク後半~ミノタウロス戦。 »

3DS『真・女神転生IV』」カテゴリの記事

コメント

初めまして
モルドールの記事を背景しまして、違う記事ですが少し伺いたい事がありましてコメントさせて頂きましたが、宜しいでしょうか?

投稿: モルドールの迷子さん | 2015年11月22日 (日) 19時13分

おっとすみません。
モルドールのコメント欄解放したのでそっちにお願いします。
わかる範囲でいいならお答えしますけど、1日経ってるし解決済みかな?

投稿: NOB蔵 | 2015年11月23日 (月) 11時27分

この記事へのコメントは終了しました。

« 真・女神転生IVーまったりナラク探索編序盤。 | トップページ | 真・女神転生IV-ナラク後半~ミノタウロス戦。 »