« ロードオブザフォールン感想-プラチナ獲得、総括。 | トップページ | ドラゴンエイジ:インクイジション-ヒンターランドを旅する~序盤で主に感じた点とか。 »

ドラゴンエイジ:インクイジションをはじめてみる。

PS4の累計実売台数が2000万台を突破、歴代PSの中では最速の売上数らしい。
国内では、まだソフトの市場がPS3寄りだから売行きも落ち着いたものだけど、後1年もすればメーカー続々参入で完全に移行しそうだな。

一方自分はPS4購入以降、360以来の洋ゲーブームが再燃しつつあるこの頃。

Dai_1

今回購入したのは昨年11月に発売された『ドラゴンエイジ:インクイジション』。
DAシリーズは、昔、海外版のオリジンズをプレイしたものの、放置したまま未クリアの状態。
今やるのも今更感強いので新作のほう買った次第。

26日に発売されるブラッドボーンの繋ぎで、
まったりやってこう。

 

・大まかなプレイの流れ

Dai_2

天の亀裂から出現した未知なる領域"フェイド"から、悪魔の軍勢が襲来し、世界が猛威にさらされる中、
古より世界に秩序を取り戻すことを目的とした"審問会"が再建される。
プレイヤーは、審問官を代表して、審問会を導き、
仲間を率いて各地に出現した裂け目を封じ、世界の真相に迫っていくアクションRPG。

最初の頃は、審問会は再建されたばかりで人手が足りていない上、
審問会に勅命を下すはずの教皇が、ある事件で殺害されて大揺れ、教会側の支持も得られない状態。
そこでプレイヤーは、各地で起こる様々な問題を解決して影響力を広めることで、
勢力を増やし、伝説の英雄達を招集していく。

Dai_2_2

審問会での作戦では、審問官たちに各地域での偵察を要請し、時間経過で偵察が完了すると、一部の地域では探索可能になる仕組みになっている。
本編を進行させるごとに偵察できる探索領域も広がり、新たなエリアにもいけるようになるし、新たな仲間を審問会に加えるイベントも発生する。
ただ、本編進行の作戦では"勢力ポイント"が必要になり、
プレイヤーは各地に出没するフェイドの裂け目を封じたり、
各地域で、物資調達や難民からの依頼など様々なクエストをこなして勢力ポイントを増やして本編進行の条件に満たさないと進行できない。
だから一様にクリア目指すといっても、ある程度の探索も要求される箱庭ゲー。


 

・キャラメイキング

Dai_3

人間、エルフ、ドワーフ、クナリ族(巨人)という4種類の種族から選び、
戦士、ローグ、魔道士のいずれかの職業を選択。
数種類ある顔のテンプレから、各部パーツの微調整が行える。

最初はじいさん風にしたかったが、
人間やエルフのテンプレ顔がどれも青年~中年風で、
背丈や顔の皺、エルフだと髭の設定すらできなくて断念、、、わかってねぇなぁ洋ゲーの癖に。
盗賊じいさんが至高だってのに何故気づかない。

ドワーフも自分的にイマイチだったので、
結局エルフの女魔道士の出来上がり。

 

・戦闘システム

Dai_4

アクションRPGではあるが、
仲間を操作する戦術要素が含まれているのがこのシリーズの特徴。

仲間は基本オート形式で、敵を見つけると勝手に戦いだすが、
状況に応じてプレイヤーが、どの敵を攻撃するかや防御や待機の指示を与えたり、
地点移動の指示も出せる。また仲間に切り替えて操作することもできる。

一応魔道士で開始してみたが、
範囲の補助魔法を仲間にかける際は、集まるように操作したりとか、
最初のうちはちょっと慣れない。
ボス戦では仲間放置しとくと
勝手にポーション使うほどライフ消耗しだして、突っ込んで死ぬこともザラなので、
難度のあるステージでは、味方のライフ次第でこまめに指示出すことも重要になってくる。

Dai_4_2

オリジンズプレイしてた頃は、この戦術要素は慣れなかったが、
指示出す際の「戦術カメラモード」は、一時停止&トップビューに切り替わる方式とってて幾分やり易い。

また、オンラインではマルチプレイも対応してるみたいだが、
オリジンズアカウント取得せねばならん手間とPS4のオンラインは基本有料なので、マルチをプレイするかは未定。
面白ければやってみるかも?

 

・グラフィック

PC版オリジンズとの比較感想になってしまうが・・・。

Dao_01Dao_02

まずこっちはPC版オリジンズの画像。
とりあえず2枚。

 

Dai_5

そしてこっちがインクイジションの画像。

見てはっきりとわかるのはモブの表情だね。
Originsの頃は、無表情&顔向けるだけの棒立ちモーションが多く、
皆同じような顔で繰り広げる人形劇だったんだけど・・・。
inquisitionでは顔に艶も出て表情が豊かになり、身振り手ぶりも多くなった。

Dao_04Dai_5_4

 

左origins、右inquisition。
もう丘の表現とか木のオブジェとか、あらゆる面で違うな全然(w
Originsのオブジェって建物や丘が全体的に角ばってる適当な作りだったけど
さすがに表現がより細かくなって、クオリティも上がってるね。

PC版のinquisitionならもう少し違いが鮮明にわかるかもしれない。
まぁ5年以上前のゲームと比較するのも野暮だけど、
CS機の画質がPC版に追いついてきたなぁという印象が強かった。
そういや、PC版オリジンズは、相手が小型のネズミでも
倒すと返り血浴びる仕様だったけどさすがにCS版だと規制されてるな。
まぁそんなのどうでもいいけど、全体的にクオリティ高くなってるのは好印象だな。

 

・とにかく広すぎ

Dai_6

探索可能エリアの一つ一つが広すぎる、いやマジで。
オリジンズの頃は、MAP間移動のステージ制くらいの広さしかなく、
オープンフィールドにしては乏しい内容だったが、
今作のはそれも含めて諸々の広さがある、どんだけ広いんだよ(w
どこから手つけていいかわからんほど、MAP頼りに進みがち。
クエ消化しながらだと1日だけでは到底全部回れない広さだな・・・。

少しレベルの高いフェイドの裂け目に挑んであっさり壊滅するスリルを味わいながらも、
育成に励んでいる最中。

このシリーズは、レベルの上がり具合が基本遅い。
エネミーを倒しても雀の涙程度のExpしか稼げず
むしろクエストクリアで得られるXPボーナスをどんどん獲得していったほうが、
効率的に稼げるという、基本クエスト回しを念頭に置いてるゲームなので、
アクションRPGといってもアクション好きでせっかちな人には向かないゲームかもしれない。
むしろまったりRPG好きな人向けなゲーム。
俺は無論後者なので、この手のシステムは嫌いじゃない。
まぁ繋ぎでやるにゃ丁度いいかな。

前作は人形劇に抵抗あって挫折したけども、
今作こそクリア目指して。

|

« ロードオブザフォールン感想-プラチナ獲得、総括。 | トップページ | ドラゴンエイジ:インクイジション-ヒンターランドを旅する~序盤で主に感じた点とか。 »

PS4『Dragon Age Inquisition』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロードオブザフォールン感想-プラチナ獲得、総括。 | トップページ | ドラゴンエイジ:インクイジション-ヒンターランドを旅する~序盤で主に感じた点とか。 »