« ドラゴンエイジ:インクイジション-屍術師アビの使用感~邪悪な目と邪悪な心 | トップページ | ドラゴンエイジ:インクイジション-ロマンスイベント~本編クリアまで。 »

ドラゴンエイジ:インクイジション-獅子の地を旅する~本編終盤。

ドラゴンエイジ インクイジション。

後半に入ると、いける地域がたくさん出てくるが、
どの地域を先に攻略するかで難易度が大きく変わるな。
主に装備面の話で。

Dai_42

レベルの適正にあった地域選んで攻略するのが自然だけど、
あえて厳しい地域に乗り込めば、しんどい場面が集中する分後々楽になるし、初見で特に感じたのは、どれだけ早く高レベルな設計図発見できるか。
高値とはいえ、そうした設計図を発見できれば、ただ行き当たりばったりで装備品拾っていくよりも、装備の目処も立てやすい。
レアな武具回収しても、結局は設計図から生産したカスタマ武具のが性能がいいし
限定されるとはいえ部位交換で効果も自在に変更できるのが生産品の強み、カスタマでいちいち拠点に戻るのが手間だけど。
犬店の頑丈シリーズの装備生産以降は仲間がほとんど死ななくなった。
襲ってくる巨人や巨大クマももう怖くない!
くまあああああああ

 

・獅子の地を旅する

Dai_43

雪が降り積もる雪原地帯。凍った泉の上で裂け目の悪魔たちと交戦する場面など。
傲慢の悪魔とかいうでかいやつが出てくるようになったな。
雷撃に抵抗あって、メインの雷杖での火力が激減、やはり杖切り替え機能ほしいなーこれ。
ところで泉の氷割れてボチャンで大ダメージぃ、なんてことないよな。

この地方はレッドリリウムの結晶を各地で目撃することが多く、
リリウムを摂取する赤いテンプル騎士団が案の定蔓延っている。

Dai_43_2Dai_43_3

採石場がいくつか見られるが、野営地付近の村では、
騎士団が労働と称して作業員たちを次々と連行し、強制的に働かせてるそうで、連中殲滅して、住民たちを救出するクエストや、
イムシャールという悪魔に占拠されたスレディン要塞での掃討作戦。
テンプル騎士団の他に普通に巨人とかいたなーここ。
最奥に居座っていたイムシャールからは取引持ちかけられるが、

富→宝石4種
清純な者たち→穢れのルーン+2
力→イムシャール撃破報酬の不滅の行進(レア盾)とエッセンス

というどれも微妙すぎるので、結局倒すことを選んだ。
体力減るごとに様々な悪魔に変化して障壁張ったりと長引く戦闘だったが、ここでもカタナさんのボマーぶりを如何なく発揮して撃破、スレディン要塞を解放、
一定数砦解放したことでトロフィー"解放者"獲得!

スレディン要塞の売店では、筆頭魔道師の杖の設計図が5500Gほどで販売されていたので即購入。

Dai_43_4_2

これでようやく杖の目処が立った。
結局メイン雷なのは変わらないが、こんな感じのが仕上がった。
悪魔のルーン+2つけたらその分DPSの方跳ね上がったな。
狡猾さってのはクリティカル率と対遠距離攻撃回避に影響するステなので、魔道師があげとくのに越したことはない。
ミスったのは、防御貫通かなー。
属性ダメージってのは生物系には防御無視でダメージ通るってのを
後になって気づいたので、必要なかったかもね。

名品素材は使わず、どこかで入手した"フェイドに触れた豪華なファスチアン・ベルベット"を使用、追加効果の隠された刃5回発動が強くてお気に入り。
隠密状態のような人影が左右に切り刻むエフェクトが爽快(w
これとほぼ同性能の杖をヴィヴィエンヌに持たせたので、火力が一気にアップしたのは間違いなし。

その後は要塞奥の壊れた橋を作戦で開通して、
奥地に見えるコロシアムのような建物二つの屋上で、それぞれドラゴン戦。

Dai_43_5

一体目のハイバーナル(Lv19)は格下の実力だったが、
もう一方のカルテンザーン(Lv21)が障壁&べビドラ呼びに凍結、
体力減ると上の柱に逃げて氷弾吐きまくりという厄介な相手ではあったが、魔道師組の火力アップと、犬店での頑丈防具で防御も底上げしてたので多少仲間放置してもギリギリ生存で撃破完了。
やはり杖の火力が大きすぎる、もうドラゴンは怖くない?

 

というわけで本編の方はというと・・・。

前回の政治的闘争が終わり、束の間の安息も許されないかのように、教会の使いが来ると、次代の教皇の選出選びで
ジャスティニアに信頼されていたカサンドラとレリアナの名が挙がり、
二人を連れて行こうとするちょっとしたゴタゴタはあったものの
両者の意見も聞いて残ることになり、その後の審問会は平常運転。
前回協力者となったモリガンを加えての作戦。

Dai_44

モリガン曰く、コリーフィウスは忘れられた森にある危険で古いものを求めており、それがこのエルヴィアンという不可思議なオブジェ。
これはクロスロードと呼ばれる空間に繋がっており、
各所に点在するエルヴィアンを行き来できるようにするという空間移動装置。
鍵がないと使用できないそうだが、モリガンはどこから入手したのかその鍵を持っていた。
エルフ帝国時代の古代エルフが遺跡間移動に使用していた遺物らしいが、コリーフィウスはエルヴィアンを通じてフェイドへと侵攻し、神の力を手に入れる危険が出てくる。
これは絶対に阻止するべき。

 

・高慢がもたらしたもの

Dai_45

兵士を呼び集めてアーバー荒野へと進軍開始!
案の定荒野にはコリーフィウスの軍勢を各所で目撃し、双方交戦に入る。
道中戦闘中の兵士を加勢しながら奥へ進むが、
地形が入り組んでてちょっと複雑な場所だな、視界も悪い。

更に途中、センチネルという謎のエルフたちが襲撃してくる。
ん?なんだこいつらは。

奥地ではコリーフィウスの軍と相対するエルフの集団を目撃。
会話を聞くとコリーフィウスは奥地にある"悲哀の泉"を求めているようだが・・・。
モリガンはエルヴィアンが狙いとは言っていたが、間違いだったようで。

Dai_46

謎が深まる中、奥のミサールの神殿へと入っていく。
以前、有徳の平原のデイルズキャンプ地近くに、大きな犬の像があったのが気になっていたが、それと同じものがこの神殿にも。
古代エルフが 反逆の神として奉っていたフェンハレルという"戦慄の狼"である。
エルフの物語では、神々自身を陥れてあの世に永久に封印させる存在らしい。
一方でエルフが奉る女神ミサールは、フェンハレルによって追放されているという神話があり、
ミサールの領域でこんな狼の像立てて置くのも変な話だが、
平原での部族たちは悪い精霊避けのために置いていたそうで、
時代が過ぎると解釈が異なっていくというアレかな。
モリガンが説明していたが、全部憶測の域超えない。

Dai_46_2

この神殿では、特殊な仕掛けがあり、奥の扉を開けるのに、床パネルを全て1回ずつ踏むギミックが用意されている。
最初は簡単だったが、そのうち二箇所で跨いでやるものや、無駄に長方形なやつとか。
開始位置は自分で選べるのと、外側に出なければルート途切れても
床点灯したままで進めるので、それを活用した。
レバー引いて奥進む場所はそれしないと無理だな多分(w

こうして奥へと進むと、先ほど見たエルフの集団が待ち受ける。

Dai_46_3

彼らは、この聖なる地への侵入者に立ち向かう任務を負っているという"センチネル"というエルフ集団であり、奥地にある悲哀の泉へ入る事を阻止していた。

センチネルのリーダー・アベラスに対して、
コリーフィウスの侵攻を阻止するため協力するものや、
連中を無視して悲哀の泉へ向かう2つの選択がある。
好感度の関係で、一応2つともやってみたが・・。

協力を選択すると、案内役についていく形で
道中侵入してくるテンプル騎士団排除しながら奥へ進む。
無視すれば、道中は、センチネル排除しながら進むが、
案内役が進むのとルートが異なり、隠しレバー引いて道を開通して進む。

Dai_47Dai_47_2

悲哀の泉では、コリーフィウスの下僕と化しているサムソンと交戦。
戦うごとに力を増大させて、体を巨大化してくる。
主に近接攻撃だが強振攻撃が多くて接近中の仲間がノックバックしてる場面が度々、これは遠隔系が断然いいな。狙われると飛び込んでくるが長いモーションで避けやすい。
アベラスと協力していると、センチネルも共闘するが
無視しているとセンチネルも敵対して攻撃してくる。
協力状態のほうが幾分手間は省ける。

Dai_48

サムソン撃破後、アベラスが登場、ここでは協力状態だと、共に戦おうという選択肢があるが、ここでの任務は終わったと言ってそのまま立ち去っていく。
無視してると、アベラスは悲哀の泉を破壊しようとして
モリガンに殺されてしまう展開だった。

結局アベラスを殺すルートで本編を進行。

奥地ではエルヴィアンを見つけたが、
モリガン曰く、鍵となるのが悲哀の泉だという。
先に泉を飲んだものが、鍵の所有者となり、
他の者には使えなくなってしまうとか。
つまり先に泉を飲めばコリーフィウスはエルヴィアンを使用できなくなる。

そしてモリガンは泉の知恵を手に入れるために、自分が泉を飲むと言い出した。
ここへ来て、泉を制御する訓練受けてるとか、数多くの古い伝承を研究した等、あらかじめ下準備してた発言や、当初は悲哀の泉の件を隠していた事といい、どうやら審問会に近づいたのは、このためのようですなぁ。

この泉の力を扱えるのに相応しいのは私しかいない!と強く主張するモリガンだったが、仲間の意見を求めたら、
ヴィヴィエンヌ→カタナ以外で泉の力を使うのは信用できない
カサンドラ→両者を選ぶなら、モリガンに飲ませ危険を冒させる
セラ→悲哀という言葉自体危ないので、誰も飲むべきじゃない。
3人とも意見分かれたよ・・・ふんぬぅ。

本来ならモリガンに飲ませるのが合理的なんだろうが・・・。

Dai_49

ここは、カタナさんがいってみました。
悲哀の泉を飲んでみたところ、意識が謎の空間に飛ばされる。
カタナに囁きかける何かに対して、コリーフィウスを止める手段を教えてほしいと訴える。

だがそれに応える前に意識が戻ると、直後にコリーフィウスが襲撃してくる。

一行はエルヴィアンに逃げ込んだ事で、
追ってくるコリーフィウスから逃れる事に成功、無事スカイホールドへと到着した。

その後、コリーフィウスとアーチデーモンが戦場から撤退、
アーバー荒野では審問会側の全面勝利で幕を閉じた。
一方、カタナの脳裏には、囁きが聞こえてくる。
彼は隠れたりしない・・・と。
この囁きの声が泉の力によるものだろう。
"祭壇に向かいなさい、ミサールが現れる"

ミサールは元々神であり、カタナの言った事は皆半信半疑で聞いていたが、
荒野の祭壇へ行けばミサールは現れるらしい。

とにかく今すべき事はそれしかないとカタナ達はその場へ向かうのであった。

こんな感じで物語も大詰めに差し掛かる。

Lvも23となり、装備的にもこのままいけそうな感じだな。
このまま突っ切っていこうか・・とその前にロマンスイベントやっておくか。

|

« ドラゴンエイジ:インクイジション-屍術師アビの使用感~邪悪な目と邪悪な心 | トップページ | ドラゴンエイジ:インクイジション-ロマンスイベント~本編クリアまで。 »

PS4『Dragon Age Inquisition』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドラゴンエイジ:インクイジション-屍術師アビの使用感~邪悪な目と邪悪な心 | トップページ | ドラゴンエイジ:インクイジション-ロマンスイベント~本編クリアまで。 »