« 閃の軌跡2-プラチナ獲得!閃シリーズ総括。 | トップページ | ケイオスリングス3-我慢プレイが続く中盤までの感想。 »

ケイオスリングス3、初回プレイの感想。

Cr3_1

VITAで発売されたケイオスリングス3を購入。
このシリーズ、今までスマホで展開されていたので縁がなかったけど、
今回購入したプリクエル・トリロジーとやらが、前作全て同梱されているとのことで。
興味があったので触れてみようかと。

大長編RPGと謳っているけど、3900円というお手頃価格、
スマホでも同時配信だから、1作のボリュームは短いだろうけど、
前作含めて4作ほどあるし、サクサクやれればいいかなこれは。
というわけでやってみよう。

 

「シナリオモード」と「バトルモード」の2種類が用意されてるけど、
今回はシナリオモードについての感想。

Cr3_2

プレイヤーは、嘗て父親が探し続け半ば命を落とした、
創生時代の完全なる楽園・パラディソスを求め、
エクスプローラー(冒険者)として、
青き星マーブルブルーで冒険を繰り広げるというお話。

この世界の人類は、宇宙空間を飛行する
巨大宇宙船内の居住区画で生活しているという設定で、
冒険の舞台となるマーブルブルーが、
嘗て人類が文明を築いていた地球のような星、

Cr3_3

宇宙で育った主人公や仲間達は海を見た事がないため、
廃墟が浮かぶ海を見て、「これが海?綺麗~。」とか
全然綺麗じゃねーと突っ込みたくなるけども、
それぞれの目的を持つ彼らが、知らない未知の惑星を探索、
そこで起こる様々な出来事を体験していく。

 

Cr3_4

まず操作感、VITA TVで普通にコントローラー操作してやってるんだけど
チュートリアルではタッチ操作を要求する場面が多くて、
インターフェースも携帯・スマホ向けなタッチ仕様、
コントローラーでいちいちメニュー呼び出すとか新鮮味がないな・・・
こればかりは携帯のほうがいいのかも。

そんな広いエリアを行き来するわけでもないけど、
エリア処理の関係か移動が少し鈍く感じる事と
設定オプションがBGMなどの音量調節や携帯での持ち方での操作変更しか出来なくて、
ボタン変更ができないのが、ちょっと難点かな。
スティックのカメラ視点上下がリバース状態になってるとやりにくいんですよねぇ・・。
明らかに携帯前提の操作方法なのでコントローラーは・・・慣れるしかないかな!



Cr3_5

冒険中のイベントや、本編進行毎にある食事イベントとか。
プレイヤーが話す場面で必ず選択肢が用意されている。
どっちを取っても本編の流れが変わらない些細なものだけど、
自分の発言で周りの反応を見て楽しむような要素ってのは一応あるのかな。
ただ、主人公の会話ほとんどで選択肢が用意されているから
人によってはくどいと思うかもしれない。

 

Cr3_6

戦闘では、主に「ジーン」という精霊の力が込められたカードが
メインでのコマンドバトル。

ジーンごとに属性があって、敵の属性の対となる弱点をつき、
左上の戦況ゲージを有利にしてコンボや必殺技を狙うなど、
戦闘を優位に進めていく感じで。
序盤やってみた感じだと弱点つけばすぐ終わるサクサク感。
反面通常ゴリ押しだと時間かかる。

ただ、スキル使いすぎるとMPがカツカツになる序盤。
MPの自然回復ってのが1分に1しか回復しないから、
貴重な回復アイテムに依存するしかないところがちょっと難点ではあるかな。
とにかく属性が強く影響してるバトルシステムだなという印象。

Cr3_7

レベルも基本はキャラではなくて、ジーンのレベルが上がる。
プレイヤーや仲間の能力も基本はジーンによって影響される。

物語進めていくと、ジーンの獲得種類数に応じてチームのレベルが上がるようになり、
各メンバーの能力の底上げができる。、
MPのアップはチームレベルによって影響されるので、
チームを強化するにはジーンを集めていくのが必然に。
とにかくジーンなくしてプレイヤーの強化はありえないというシステムになってますね。
 

Cr3_8

ダンジョン探索などで入手できる、
アイテムが結晶化した状態"ギフト"を一定数集めて、
ギフト同士を合成すると新たなジーンが完成したり、
ML(お金)消費でジーンの合成やパワーアップなんかもできるという、
いかにも他作品の影響受けてるシステムが要所に見られる一方で・・・。

クエ報酬などで手に入るコインと引き換えにランダムで強力装備やジーンがゲットできるSショップとか
リアルマネーと関係ないけど、こういったガチャゲーっぽいのあんまり好きじゃないなぁ。
スマホゲーではよくあるらしいけど、こういうの流行ってんすかねぇ・・。
他にも30コインでVIP会員になれば、経験値1.5倍とか様々なボーナスがつくらしいけど・・・。
こういうのも好きじゃないなぁ。
いっそSショップ使わない縛りでやってみようかな。

宝箱を集めてアイテムシートを埋めるとか、
カードコンプとか、やり込み要素的なものが見れるけど、
こういったものを露骨に見せるのもなんだか安っぽいんですよね。
いかにもやってください的なものが見え見えというか。

シリーズ共通なのか知らないけど、俺的にはちょっと微妙かなー。
カード形式=ガチャコンプ系の臭いがどうもねぇ、
VITAの無料ゲーのジューダスコードもそうだったが。
あれ1日でやめちゃったんだよね(w

ともあれ、初めて触れてみて所詮はスマホゲーなんだなぁという
微妙感を漂わせつつもプレイ中。
ちょっとは面白く・・・なるんかなぁこれ、という序盤の感想。

|

« 閃の軌跡2-プラチナ獲得!閃シリーズ総括。 | トップページ | ケイオスリングス3-我慢プレイが続く中盤までの感想。 »

PSV『ケイオスリングス』」カテゴリの記事