« 閃の軌跡-動き始めた意志~湖畔の町レグラム編 | トップページ | 閃の軌跡-アンゼリカさん強すぎです>< »

閃の軌跡-動き始めた意志~ガレリア要塞編

英雄伝説 閃の軌跡。

実習2日目を終えたリィン達A班はレグラムを離れ、
帝国東部の国境ガレリア要塞へ。

丁度この日は西ゼムリア通商会議が行われる日で、
オズボーン宰相やオリヴァルト皇子も
政府専用の列車アイゼングラーフに乗ってクロスベルへと向かっていった。

Sks_124

たまたまケルディックで乗り換えの時にすれ違うが、
このオズボーン宰相にドヤッと睨まれ呆け気味のリィン君である。

元々平民出身だったが、11年前に宰相任命と同時に爵位を賜ったとか。
爵位を賜るってことは、オズボーン宰相は貴族になっているってことなのかね。
まぁ貴族そのものを認めてないから革新派なるものが出来上がったんだろうけど。

そのうちオズボーン宰相の詳しい背景も知りたいところだね。

 

Sks_125

ガレリア要塞。
帝国正規軍の一大拠点は東のカルバード地方の脅威に備えるかのような巨大な防壁とも言える。
要塞に搭載されたRF製の2門の列車砲は、
クロスベル自治州を射程に入れた巨大な導力砲、
発射されれば自治州50万人の命が吹き飛ぶほどの破壊力らしい。

ガレリア要塞も、何十年掛けて建設されたものか知れない規模だけども、
列車砲とかまたRF社はとんでもないもの造ってしまったね。
なんと罰当たりな兵器を作ってしまったものか。
グエン爺が懸念していた理由もよくわかる。

ナイトハルト教官を案内役に、
このガレリア要塞では実地見学と特別講義の予定らしい。

Sks_126

昼食は食堂内でとるが、軍食は味より保存の利くものが優先されるのが当たり前、
今まで実習地で贅沢なもんばかり食べてきたVII組メンバーの肥えた舌にはあわない様子でクレームの嵐、
おい、見ろよ。士官学院にもゆとり世代が()

 

Sks_127

演習場では、機甲師団同士の軍事演習が行われるとかで
いってみたら、エリオットの父クレイグ中将と対面。
赤毛の猛将と呼ばれる第四機甲師団の隊長。
猛将だけにいかつい顔・・と思いきや、息子のエリオット見るやいきなりデレるとか(w

演習では旧式戦車を対象に実弾を使用する場面とか、本格的な合同演習を見学。
RF社が開発した重戦車アハツェンの破壊力など、目の当りにしたお家元のアリサも複雑な気分であろう。

状況に応じた判断、戦術が必要になる戦場の前では、個の力ではどうしようもない、
士官学院で教わる知識や武術など、無意味だと痛感させられるリィン達である。

士官学院って軍人教育の場というよりも、明らかな学園モノしか見えないな(w
まぁ学園ゲー仕様だしそれ以上突っ込まんけど。

 

こうして実習最終日、一通りのスケジュールを終えたリィン達が
問題の列車砲を見学しにいく場面で、事件が起きる。

 

Sks_128

通信では、帝国解放戦線が通商会議を襲撃したという知らせを受ける。
更に要塞内でも誰も乗っていないアハツェンが突然起動し、
勝手に攻撃を始めてしまうという出来事が・・・。

前夜に司令部からの導力メールで追加演習のため、
アハツェンにCユニットを搭載するよう指示されたそうだが、
指揮官に確認したところ身に覚えがないとか・・・。

導力ネットとCユニットが何者かのハッキングを受けたようで、
グレイグ中将らがアハツェンの対応にあたる中、要塞に黒い飛行艇が接近。

帝国解放戦線だった。

戦車の暴走をおとりに内部に侵入、、
今連中が標的にしているのは宰相がいるクロスベル、
ということは狙いは2門の列車砲か。
Ⅶ組と教官たちは連中を阻止するため、2班に分かれて行動開始。

Sks_129_2

要塞内にはテロリスト達がばら撒いた、機械仕掛けの魔獣が徘徊。

サラ教官いわく、こうした魔獣は各地で暗躍する身喰らう蛇が製造した人形兵器だとか。

まるで人が操縦しているようなCユニットの暴走も人形兵器の技術を応用したものらしい。
そういえば結社の中に導力ネットをハッキングするコードを開発したとかいう博士がいましたね。
人形兵器はなったりとか解放戦線の背後でバックアップしてそうな感じだが、それはともかく。

リィン達の班ではサラ教官も共闘。
範囲技の電光石火マジ使えるなぁ、人形兵器どももたちまち感電、
さすが元遊撃士・紫電、教官なんてやめて、
ビールが盛んな国で遊撃士やったほうが性にあうんじゃ?

Sks_131

今回からバーストが使えるようになった。
リンクアタックが一定数溜まると、一斉攻撃ができるようになる。
そういえば、碧もバーストってのがあったけど
時間続く限り一斉攻撃続けるのとか、アレはやりすぎな感じがあったけど、
これぐらいが丁度いい感じだわ。
リィン「見たか!これが俺たちの力だ!」

列車砲が見える場所まで到着し、待ち受ける人形兵器片づけるが、
列車砲が発射してしまうシーン。

Sks_130

リィン「よせ・・・やめろーーーーー!!!」

ってゲーム開始時の要塞チュートリアルはここで終わってたんだけど。

クロスベルが被害を受けた様子が全くなし。
初弾は事故防止の空砲だったというオチ。

まぁここで列車砲が本当に発射してたら、
碧の軌跡の歴史が変わっちゃいますからね(w

次弾の装填には時間がかかるとかで、その間に急ぐリィン達。
とはいえ道中の宝箱はしっかりと回収しながら進んでましたが。

こうしてなんとか列車砲のある場所に到着。

待ち受けるテロリストは、バーストで一蹴!

そして最後に出てきたのは、帝国解放戦線S。

Sks_132

な、何・・?ギデオンが死んだ、だと・・・?
これまで、リィン達の前に立ちはだかっていた眼鏡のおっさんは
度重なる失態で通商会議を襲撃する役回りとなり、
鉄血に雇われた猟兵団に皆殺しにされたとか・・・。
赤い星座の連中にやられたのか・・・獲物の笛がなくなって使い捨てにされたのね、なんつーかませ犬;;

列車砲が自動発射モードの切り替えているらしく、
後10分で発射するそうで、その前にS-スカーレットを片付ける事に。

とはいえ、戦闘での制限時間は全くないわけだが。

Sks_133

取り巻きのR・ゼフィランサスが直線のサイクロンレーザー使うから散らばるが、

リィンは人形兵器の横に回って、孤影斬、
ライアットビームや電光石火等でスカーレットをバックさせ弧影斬の範囲に入れて巻き込む形。
これで3体とも遅延しまくりで戦闘が優位になる。

状態異常が全般的に効きやすくて
中盤以降、スカーレットが凍結→悪夢→気絶→凍結とか、
こっちが10連続くらいリンクアタック発動で無双状態だったね(w

ダメ受けたの初っ端のサイクロンレーザーだけだったわ。

スカーレットを退け、列車砲の停止に成功。
同時期もう一方の班も解放戦線Vとの交戦の末列車砲の停止に成功する。

あっけなさすぎんよおたくら。

 

とりあえず連中を拘束しようとする最中で、もう一機の飛空挺が現れ、
後一歩で逃がしてしまうというお約束な展開。

Sks_135

列車砲は阻止されたが、全てはCの計画通りなのだそうで、
次なる鉄槌を楽しみにするがいいと言い残して去っていった。
・・・あの飛行艇、列車砲で撃墜すりゃいいのに、さすがに無理か(w

生き残ったテロリスト達を拘束しようとしたが、
神経毒で自殺を図り、解毒処置を行うが既に手遅れ、
結局連中の情報が聞けずじまいに終わる。

かくしてテロ行為はⅦ組によって阻止されたものの、
この事件も含め、エレボニア帝国における深刻な局面に突入している事を実感せざるを得なくなったーということで
5章が終了。

帝国解放戦線が動き出してきたねぇ、次回が正念場か?
まさかギデオンさんがこんなに早く死出の旅に出かけるとは思わなかったもので。
てっきり今作のラスボスになるだろうと勝手に想像してた。
何故なら過去の軌跡シリーズ見ても眼鏡のおっさんが暗躍することが多かったからね(w

まぁ眼鏡繋がりです。いい顔して寄ってくる眼鏡は悪いやつが多いんです。
あ、ギデオンは違ったか。

|

« 閃の軌跡-動き始めた意志~湖畔の町レグラム編 | トップページ | 閃の軌跡-アンゼリカさん強すぎです>< »

PS3『英雄伝説 閃の軌跡』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 閃の軌跡-動き始めた意志~湖畔の町レグラム編 | トップページ | 閃の軌跡-アンゼリカさん強すぎです>< »