« 閃の軌跡-士官学院祭、そして―前編 | トップページ | 閃の軌跡、プラチナ獲得。 »

閃の軌跡-士官学院祭、そして―後編

英雄伝説 閃の軌跡。

Sks_179

タイトル画面では、最新セーブデータの進行の度に、
VII組メンが追加されていく列車内の様子が見れるが、
学院祭中のセーブデータを取ってると、
全員がステージ衣装に変わってたー。

さすがにこんな姿で列車に乗ってると浮きますなぁ。
向かい側の乗客は、どこの集団やこいつらとか思いますよ。

というわけで、前回、旧校舎内での試練を乗り越えたVII組が目の当たりにしたのは、
巨大な人型兵器だった。

Sks_180

元々この旧校舎は本校舎の設立以前、
数百年以上前の暗黒時代から存在したと学院長から聞かされていたが・・。
この兵器もその時期に造られたものか、少なくとも現代の導力技術によるものではないようだが、
一体何の目的で造られ、こんな場所に置かれていたのか、謎が残る。

 

■10/29 士官学院祭 2日目

Sks_181

とりあえず、旧校舎の異変は治まり、
翌日、何事もなく士官学院祭二日目を迎える。

二日目は、常任理事のお三方をはじめ、アルゼイド卿、グエン爺など
VII組メンの親や家族たち、更にオリヴァルト皇子やアルフィン皇女まで学院に顔を出していた。
独立宣言で動きがあったクロスベル側に対し、帝国軍が侵攻間近な様子らしいが、
そんな大事なときに、クレイグ中将まで遊びに来ていていいのかよ(w

さすがにリィンの両親が顔を出す事はなかったが、エリゼが遊びに来ていた。
皇女に弄られつつも、兄貴を心配する彼女のブラコンぷりは相変わらずだが、
アリサに指摘されたのに、頭を撫でるリィンの反則ぷりは・・。
強い兄妹愛で結ばれていますね!

 

VIIの出し物、ステージライブ本番を迎える。

Sks_182

本番前には、あの退学中だったアンゼリカも駆けつけてくる。
早速アリサやエマにハグするアンゼリカ嬢・・・心配してたけど相変わらずやの。
お見合い引き受ける代わりに外出許可もらったそうだが、
見合いとか普通にサボって家出する彼女が容易に想像できてしまうね。
というかドレス似合わねー。

 

ステージ本番、数々の声援を受けてステージに立ったリィン達は
大勢の観客の前で、これまで練習してきた歌を披露する。

Sks_184_3

開始前は緊張(特に委員長)してたけど、ノリノリじゃないですか。
無表情のままで踊るフィーがちょっと不自然(w
委員長メガネとってんだからマキアスもとれよ。

1,2曲目は、それぞれデュエット・ソロで歌なしのBGMだったが、
あまりの盛況ぶりにアンコールが続出。

3曲目はどこかで聞いた事ある歌だと思ったら、
空の軌跡SCの「I swear...」ですかね。
この他にもこのゲーム内では過去作のBGMが何曲か使われてたな。
改めて聴くといい曲だよ。

こうしてVII組のステージライブは無事終了。
皆さん実習の合間を縫ってよく頑張ってね、お疲れ様でした。

その後の後夜祭ではダンスの相手を一名決めるんだけど、
自由行動日で一定数絆イベント見たキャラが対象らしい。

ところが意外にも選べたのが、エマ、フィー、クロウだけだった。

えートワ会長とか絆イベント全部見たはずだけどねぇ、
あれか、学院祭で誘わなかったのが響いたんかな・・・残念。

Sks_185

仕方ないんで、今回はお相手のフィーを選び、ダンスを踊る。
踊った事がないというフィーをエスコートするリィン君。
やっぱ男子がリードしないとねぇ、っと頬を赤らめるフィーが珍しかった。

会話イベントでは、今のVII組も側にいると安心できるといい
家族のようだったという猟兵団と会えるといいなと・・・。
んーまぁ遠くない時期に会えるかもしれないですねぇ。

そんな楽しい夜を過ごす中、クレア大尉が嘗てここの卒業生だったとか、
意外な話を聞いたり・・・ところが、突然入ってきた通信から、やがて事態が急変。

皇子や常任理事たちが慌しく帰っていく中、
学院長から学院祭終了のお知らせとともに、
帝国東部のガレリア要塞が壊滅した・・・という、あまりに突然の出来事だった。

 

■10/30 帝国に迫る影

Sks_186

クロスベル方面から出現したという謎の兵器によりガレリア要塞が壊滅、
以降、正規軍がクロスベルに侵攻しては撃退される噂が流れ、
更にクロスベル独立によりIBCが帝国資産の凍結を行ったことで、
帝国政府が混乱状態、更にカルバードがクロスベルと結託し、帝国に侵攻してくるという噂まで流れ
学院内では教官たちが今後の対策に追われている中、生徒たちも混乱している様子。

帝都では、正午にオズボーン宰相が全国民に向けての声明を発表するそうで、
教室内でラジオの中継を流す事になったとか。

そんな時に、クロウとミリアムの姿がなく、彼らを探すリィンくん。
ミリアムのほうは旧校舎の最下層、あの人型兵器が安置された場所で発見。

Sks_187

情報局に所属のミリアムは、旧校舎の謎について何かあったら宰相に知らせるよう
頼まれていたという。
編入の目的の1つがそれだったとかで、うーぬ、
宰相がこの兵器について何かご存知かなぁという感じだったが・・。
あとは、もっと重要な任務があったけど必要なくなったとか・・一体何のことやらね。

ミリアムと合流後はクロウを探す。
寮に戻ると入れ違いになったとか、
クロウの部屋にはいるとあのお色気ポスターも剥がされ、片づけられていた。
元々3ヶ月という編入期間だったので、今月でVII組ともお別れ。寂しいのぅ。
そういや前に渡した50ミラの利子、まだ貰ってないわ。
このまま踏み倒さなきゃいいけど。

その後、パトリックからクロウが宰相の演説を聞くため
帝都に向かったという話を聞き、
正午、教室に戻ったリィン達がラジオで演説を聞くシーン。

ところが、実況のアナウンサーの声がミスティでびっくりするリィン。
だが、それ以上に驚いていたのが、エマだった。
どうにも声の主を知っている様子だが、それはともかく・・・。

Sks_188

オズボーン宰相の演説が始まる。

帝国側の見方からすれば帝国の属州であったはずのクロスベルが、
独立という暴挙に出たあげく親の資産を凍結、これにより帝国からの侵攻を正当化、
だが、ガレリア要塞消滅というクロスベルからの悪意に対して、
正義は執行されねばならないと全面戦争の構え。

そんな中ミリアムが、自分の一番重要だった任務の話を始める。
ミリアムの目的の一つはCの調査で、情報局が導き出した可能性の一つに、
Cが士官学院の関係者というものがあったという。

ところが、鉄鉱山でのテロ襲撃の末、Cの乗った飛行艇が撃墜、
事実Cが消息不明、死亡とされ、その線が消えたかと思われていた・・・。

 

帝都では、オズボーン宰相の熱弁が続く中、
遠方から導力ライフルで狙いを定めるのは、紛れもなくCだったのだ。

Sks_190

無情にもライフルは発射され、弾は見事にオズボーン宰相の胸を貫いた。
宰相は出血し、その場で倒れてしまう。
突然の出来事に帝都内で悲鳴が巻き起こる。

ラジオから宰相が狙撃されたと聞いて驚くⅦ組だが、
そこから実況していたミスティが、やがて本性を見せ始める。

Sks_191

Ⅶ組に向けてミスティが放つ秘術により、帝都内の様子が映し出される。
そこでは、上空から貴族連合軍の旗艦が出現し、大量の銀色の人型兵器・機甲兵を帝都内に投下、
兵器は防衛に駆けつけた戦車を軽々と破壊し、帝都内を制圧していく様子が映し出されていた。

Sks_192

青の鳥グリアノスを使い、幻想の唄の音色を届けるのは
身喰らう蛇の使徒・第二柱ヴィータ・クロチルダ。
クロスベルの鐘が鳴らされ、こちらも準備が完了したという深淵のクロチルダは、
オルフェウス最終計画が第二幕「幻焔計画」、その第一楽章の終了と共に、
次の段階へと着々と計画を進めていくのである。

一方学院内では、エマが、あの女は、
深淵の魔女という自分の身内が使う秘術である事をメンバーに告げた。
度々、導力なしの魔法とか使ってた所見ると、
エマ自身も魔女の一族の一人ということか。

機甲兵には、以前レグラムで見たカイエンの護衛達の様子が映っていたこと。
フィー曰く、あれは西風の旅団の身内だと判明。
まさかこんな時に出てくるとはねぇ。

Sks_193

そして学院内でも慌しくなる。
装甲車と人型兵器がトリスタに近づいていた。
おそらく帝都に続き、このトリスタも抑えるつもりなのだろう。

接近していたのは貴族派の領邦軍だった。
阻止にあたるのは学院の教官たち。

現役を退いたとはいえ、領邦軍の隊長を軽く退けるほどの力を見せるも、
今度は機甲兵が相手となり、苦戦を強いられる。

そこへ現れたのは・・・。

Sks_194

シャロン・クルーガー。

結社に所属していた執行者No.IX 死線のクルーガー

今は結社のほうは休業中だというシャロン、
RF社に仕えている今はアリサを守るためにサラ教官達と共闘する場面など・・。

サラ教官との2年前の因縁とか、その伏線から予感はしてたが、
とにかくこの台詞はゾクっときたね^;

その機甲兵団を仕切ってたのは帝国解放戦線のヴァルカンだった。

どこまでやれるかとくと拝見させてもらうぜ!
とか生身で敗北したからって調子よすぎやでおっさん。

その様子を眺めているだけのVII組だったが、
反対側からも機甲兵が二機接近していたそうで、阻止に当たる。

ここでは、スカーレットの乗る機甲兵二機と連戦。
一戦目は生身で機甲兵ドラッケンとやりあう。

Sks_195

ブレードコウグなど範囲技が強力そうだったが、
ほとんど物理技ばかりなのでシールド無効で。
HPも高い上に硬くて時間かかるけど、
とにかくガツガツしてればいずれ倒せる。

二戦目はスカーレットの乗る機甲兵シュピーゲルを相手にするが、
向こうはバリアを展開し、物理無効、スカーレットアクセルであっけなく全滅・・・。

機甲兵の隊長機クラスだとリアクティブアーマーという
防御結界を展開できるそうで、そのバリアがある限り生身での攻撃は不可能。

こちらもなす術なしだが、そこでリィンが仲間を救うために
内なる力を解放しようとする。

すると、何処からリィンの頭に「力を求めるか?」と問いかけられる。
汝を選べば契約は成立する、求めるのであれば、我が名を呼ぶがいい。

"焔"を刻まれし者、起動者<<ライザー>>。

リィンは異界の戦場で見たあの名を叫ぶ。

Sks_196

灰の騎神 VALIMAR<<ヴァリマール>>

旧校舎で眠っていた騎神ヴァリマールが起動し、
リィン達の前に駆けつける。

リィンはヴァリマールの操縦席へと移動、
なぜかその場にいる黒猫セリーヌから基本的な説明を受けながら
ヴァリマールでシュピーゲルに対抗する。

 

Sks_197

ここから騎神戦に入るが、戦闘仕様がこれまでと違い、
ヘッド、ボディ、アームの3箇所から弱点の部位を見つけ、叩くと、追撃発動。
ブレイブポイントが3つ溜まるとSクラフト発動できる仕様。

相手が通常時と構え時で弱点が変わる。

また弱点部位以外攻撃するとミスるという
最初は弱点見つけるまでミス続きで運ゲー仕様になってる。

HPの回復は神気で行うしかなくて、神気はEPを消費する。
1回で500、2回使うとEPが切れるのでその前に相手を仕留めねばならない。

弱点見つけるまでミス続き、激しく糞戦闘だわこれー。

シュピーゲルさんに攻撃される度に、
スカーレットさんのふふっ・・という嘲笑にイライラ。

でもまぁ弱点はわかってさえいれば神気使わずとも余裕なんですよね。
ちなみにシュピーゲルの弱点は

通常時→ボディ
構え(払い姿勢・フレイムスラッシュ)→ヘッド
かわいくないわねぇ・・以降は構え追加、
お仕置きの時間よ→構え(突き姿勢・ダークピアス)→アーム

そんな感じで余裕で攻略できる。

台詞と構えで使ってくる技決まってくるので、台詞覚えておけばいい感じかね。
もたつくと、反撃貰いまくりでイライラするなこの戦闘は・・・。

 

こうしてシュピーゲルを撃破すると、
いよいよ解放戦線の黒幕Cが登場。

Cの正体、それは士官学院に所属していたクロウ・アームブラストだった。

Sks_198

ちなみにゲーム中の本編だと宰相撃った際に既に明かされてる。
昨日の友は今日の敵ってか・・・。

士官学院に入った理由も帝国解放戦線のためであり、
宰相の首を狙うための足場にするつもりだったとか・・・。
本分はCであり、学院生のクロウは偽物だという。

だが、そんなクロウに自分達のすごした時間も、トワ会長達との関係も、
全部偽物だったのかというリィンの問いかけに、
「その通りだ」と冷たく返し、
後々残しておくと厄介な、灰の騎神と士官学院を破壊し、
Ⅶ組含む学院関係者を軟禁すると言い出す。

だが、この勝負にリィンが勝った場合は、
50ミラの利子を全部返してやると言い出し、おまえの後輩になっても良いとさえ言い出す。

そんなクロウを力づくで連れ戻すため
リィンとクロウの騎神戦がはじまる。

 

Sks_199

蒼の騎神戦。

シュピーゲルよりもHP高いため、後半は消耗戦になる。
弱点数回ミスって反撃を許すと苦戦は必至。

また、相手もこちらの体勢崩して追撃を掛けてくるので
HPに余裕もたせておく必要はある。

減り具合と状況に応じて神気の使いどころも重要。
長期戦になるので、クラフトの残月(防御カウンター)は有効活用してた。

HP削っていくと、技発動後、すぐ構えに入る場面が増え、立ち状態がなくなる。
連続で来るアークスラッシュとクリミナルエッジの構えが同じなので、
台詞で判断するといい感じ。
最初はこの構えの惑わしにかな~り手こずりやしたねぇ。

弱点ノーミスでいければ、神気なし残月一回でHP@3万ほど
無双覇斬2回ほど決めて蒼のHP5割切れる。

HP5割切ると「やるじゃねえか」のボイスカットで後半へ、
その後はガード体勢になる。

後半よく使うカオスセイバーが、こっちの体勢崩して追撃してくるんで、
残月で対処。回復は残月で耐えられる限り控えておいて、
残り2万ほど、或いは、向こうがカウンター体勢に入ったら神気。

カウンターはヘッドとボディ狙いカウンター確定で、
アームは弱点ではないがダメは入る。

残月は回避しやすいクリミナルエッジやカオスセイバーを避難に使う、
後半に2回ほど発動できる機会があればいいと思う。

Sks_199_4

4回ほど崩されて追撃許すとSクラフト・デッドリーエンド発動で
25000前後のダメージを受ける。これは流石に痛いのでなるべく避けたいところ。
後半のカオスセイバーは特に要注意だねぇ。

蒼の騎神の台詞と弱点

通常→アーム
はあああ・・(アークスラッシュ)→ボディ
へへ、凌げるかよ(クリミナルエッジ)→ヘッド
<後半>
さあて、どうすっかな?(カウンター)→アーム
覚悟しな!(カオスセイバー)→ボディ

台詞覚えないとここはきつい。

で、台詞覚えるまで3回ほどやり直した。

何度もやっていくうちにカオスセイバーだけは
得物を前に突き出す構えになるので、それで覚えやすかった。
間違えやすいのは、カウンターかなぁ。

これミスると流れ持ってかれやすい。

終盤、攻撃ミスってカウンター→クリミナル→カオスセイバーという立て続けに受け
神気2回目使いきってしまったところで、デッドリーエンドをもろに浴びてしまう。

Sks_199_5

これでHP残り2万、で蒼がまだHP5万という絶望的状況だったんだが、
そこからカウンターは見切った後。残月で、通常攻撃、クリミナル、カオスセイバーといずれも回避成功で
3連続追撃でBP3、そして無双覇斬で一気にHP5万削りきって大逆転勝利をおさめた・・・。

4回目でようやく勝てたわ・・・・はぁぁ長かった。

こうして激闘の末、クロウを退ける事に成功。

約束どおり学院に戻ってもらうように言うが、

クロウは奥の手を使わせてもらう、と光りだした騎神の一撃で、
ヴァリマールが倒されてしまう。

Sks_200

形勢を逆転され、窮地に陥るが、
そこへ、今まで傍観していただけのメンバーが武器を取る。

これから熾烈な戦いになるであろう貴族派と革新派の内戦において、、
もし、リィンとこの灰の騎神が第三勢力となれれば
必ずやその流れを変えてくれるはず、だから彼らを守るため
ここから逃がそうと決断したのだ。

だが、仲間想いのリィンはそんなの無理だと食い下がるが、
現状において蒼の騎神に対抗できる術がない。

ヴァリマールの提案とセリーヌの一声で、離脱を決行してしまう。

Sks_200_2

最後は、打ち上げの際選んだメンバーからのコメントが入る。
今回は選んだフィーが、わたしはわたしの護りたいもののために戦うと・・・。
たぶん他のキャラも似たようなこというのかな。
トワ会長やサラだとどうなってんだろう。

リィンが「やめてくれえええ!!!」と叫ぶ中、
ヴァリマールは無情にもその場から離脱、何処かへと姿を消していくのであった・・・。

 

といった感じで英雄伝説 閃の軌跡 1周目クリア。

クリアに72時間もかかってた。なっがいよ。
3章以降は毎章10時間ほどかかるペースじゃないですかね。

終盤の演出とかロボットアニメそのもので、つまらなくはなかったけど、
あの騎神戦がなー・・・運ゲーでストレスマッハでつまらんかったですよ。

この流れだと次回作は機神戦が増えるんだろうけど、
こんな運ゲー要素な戦闘は正直勘弁してもらいたいね、
ラストだけに難易度上げたんだろけど。
攻撃ができないというバグよりも無駄にストレスが溜まるから。

Aok_998

でー次回作からは、帝国の内乱編に突入するんだろうけど、
一応結末のほうは、碧の軌跡のラストで帝国内乱が
オズボーン宰相の勝利で終わるとあるんで、革新派の勝利は確定しとるんですよね。

だから2では宰相というよりも、リィン達の活躍で四大名門が衰退し、背後にいた結社の面々とやりあうも、
幻焔計画第二楽章が完了してしまい、着々とオルフェウス計画が進んでいってしまうじゃないかと。

Aok_999

内乱後に、クロスベルは2年に渡り帝国に占領されるが、、
IBCは帝国の他に各国の資産も凍結してたから、他国が侵攻してくるでしょう。
特にカルバードは他国(レミフェリアあたり?)と結託する可能性もあるし、
凍結で、経済が混乱していく様子や、露になっていく民族問題とか、カルバード編として別の軌跡シリーズはじめそうな予感・・・。
そうやってオルフェウス前に、カルバード編とか、レミフェリア編とかやって風呂敷広げていくんですね。
先に帝国編紹介した理由も、流れとしてわかりやすいしね。

でもこのシリーズ、10年近くもやってて支持層にも着々と飽きられてそうだから、
そろそろ終わってもいいような気はするね(w

|

« 閃の軌跡-士官学院祭、そして―前編 | トップページ | 閃の軌跡、プラチナ獲得。 »

PS3『英雄伝説 閃の軌跡』」カテゴリの記事

コメント

12日に碧エボが控えているので、閃記事で復習させてもらってますm(_ _)m
僕は収集などやりながらだったんですけど、1周目90時間もかかったのに人物ノート埋められなかったというオチw;
今更こんな長いゲームしたくないと思ってた時期に、記事書いてくれてたのでほんと助かりましたw

投稿: tomz | 2014年6月10日 (火) 17時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 閃の軌跡-士官学院祭、そして―前編 | トップページ | 閃の軌跡、プラチナ獲得。 »