« 新生FF14-最終回 ゴルさん、旅に出る。 | トップページ | 閃の軌跡-新学期、初めての実習。 »

閃の軌跡をはじめよう。

Sks_1

9月?に発売される閃の軌跡IIに向け、英雄伝説 閃の軌跡を開始。
今作はこれまでのシリーズでも、何かと因縁があったエレボニアが舞台。
私的に気になってるのは帝国の内情と帝都宰相ギリアス・オズボーンさんの動向とか。

まぁこのシリーズやってるとわかるけど、
作中での背後関係の伏線は小出しにして次回に回す傾向があるから、
この第一部で核心部までは当然期待してない、
とりま登場人物や帝都の内情など、さわりだけ触れてけばいいかなと。

  

Sks_2

帝都の近郊都市トリスタの名門トールズ士官学院へと入学したリィン・シュバルツァーが
今年新設されたばかりのVII組特科クラスで、仲間達とともに
学校や各地で起きる様々な出来事を体験していくという内容。

このエレボニアでは、家柄や身分など伝統を重んじる貴族派と
そうした古い制度に不満を持った平民が中心となる革新派が日々対立し、
その慣習は、舞台となる士官学院でも色濃く反映されていた。

クラス分けでは、貴族派と平民派のクラスが存在するが、
リィン達が所属するVII組だけは平民と貴族の寄せ集めで出来たクラス。

中には、革新派のレーグニッツ知事の息子であるマキアス・レーグニッツと、
貴族四大名門の一アルバレア家のご子息、ユーシス・アルバレアがこのVII組に所属し、
顔を合わすたびにいがみあっている。

自分たちがVII組に所属する事になった経緯を
担任のサラ教官に聞くも、はぐらかされ、
それどころか、魔物討伐など他のクラスにないような実習が開始され、
前途多難な学院生活がスタートした。

 

  

オーブメントなどの基本システムは従来と変わらずだけど、
クォーツの属性値がなくなり、属性合計値によるアーツ修得がなくなった。
クォーツに設定されたアーツしか使えないという点。
これにより、同時に使用できるアーツも従来より少なめで、
攻撃3精神3などの強化クォーツとアーツ修得の両立が厳しくなった分、
能力アップのレアクォーツ(R)の登場で、程よい強化ができる様になった点、
まぁ前作が破壊的だったからねぇ、これぐらいが丁度いいわ。

Sks_4

戦闘システムや参加人数も従来と変わらず、
控えに2人までおけるが、サポートアクションがなくなったのかな。
戦術リンクってのが今作からの導入で。

メンバー二人を線付け(リンク)し、相手の体勢を崩して追撃など
連携が取れるようになる戦術リンクシステム。
斬や射、剛などの武器に付与された攻撃属性などで、
相手の弱点を突いて体勢を崩すという概念が今作からのもので、
弱点やクリティカルを狙えば効果が出やすい。
また、リンクを発生させやすい崩し技も覚えるようになる。

もう一方が詠唱なんかでもリンクが発生するんで
どんどんリンクを狙って戦闘を円滑に進めようって感じですかね。
序盤はひたすら、追撃追撃ー!

序盤のチュートリアルでは、サラ教官とリィンでのリンクアタックで
敵を殲滅、勝利時に二人が会話する演出もみれるが、これ全員分用意されてんだろうな。
特定のメンバーだとハイタッチする演出もあった。

そのうち、仲の悪いマキアスとユーシスが連携しあう日も来るんだろうか。
 

Sks_5

シナリオは、リィンが学院生活を送りながらも、
VII組で行う実技試験や、学院内での依頼をこなす学院パートと、
帝国各地で特別実習を行うパートが各章ごとに用意されてる。

シナリオが進めば日数も経過していくが、
実習や実技など目的の日以外の平日は飛ばされての進行。
日曜は自由行動日だが、トリスタから出られるわけでもないから窮屈だね。
生徒は規則正しくってか。

Sks_6

学院では、仲間達との絆を深めるイベントを見たり、
物語が進行するにつれ、階層が増えていくという謎の旧校舎ダンジョンの探索とか。
学院パートじゃ旧校舎は唯一戦闘できる場所だから貴重だが、
MAPの使いまわし感がひどいかな。

でも日数経過で階層増えるダンジョンとか
やってるとペルソナ3思い出すんだが、
フィーも見ててどこかアイギスry
 

Sks_7

特別実習では目的地に出向し、課題を行いつつも、
直面する事件も調査していく。
これ、やってることがまんま遊撃士そのものじゃんとか。
本編でリィンもサラ教官にそれ突っ込む場面あるが、
序盤は何故そんな事させるのかわからんままに進行する。
サラ教官の思惑やいかに。

1章まで終わらせてみたが、
ここまでちょっと目についたのは、ロード長いねぇこれ。
インスコしても、ちょっと広いエリア移動するだけでも10~20秒かかるとか。
エリア移動は快適とは言いづらい。

おまけに戦闘開始まで間があるのが気になる。
開始まで5秒近くかかるとか、
まぁ開始まで20秒以上かかるグダゲーやったことあるけど、
お世辞にもテンポはよろしくないほう。
PS3じゃそんな惨状だけど、VITAでも同じなのかね。

あと、戦闘中に処理が遅れてカクつく場面が何度かある。
それは目は瞑れるけど、それ以前に、
3D化したキャラのモーションがぎこちない人形劇見てるようでねぇ。
PS2初期作品を見てるようだ(w

ロード問題については修正パッチ出回ってるけど、
1周目はそれなしでやってみよう。
どんな感じで製品版出したのか気になるところだしね。

まぁロード長いだけあって、グラフィックは綺麗、
軌跡シリーズならではの穏やかな雰囲気や、帝国らしい程よい殺伐感も出てるし、
肝心のBGMも、歴代の中でもいい方。
JDK BANDだっけ、相変わらずいい仕事してますな。
軌跡シリーズのサントラ一通り持ってるけど、これも買うことになりそうだ。

|

« 新生FF14-最終回 ゴルさん、旅に出る。 | トップページ | 閃の軌跡-新学期、初めての実習。 »

PS3『英雄伝説 閃の軌跡』」カテゴリの記事

コメント

こんばんわはじめまして。ナツキといいます!
以前閃の軌跡クリアしてたんですが、うろ覚えだったので、また始めようとしたのですが時間が取れず(--;こちらの記事でおさらいさせて頂いてます。
9月発売の2は楽しみですね!

投稿: ナツキ | 2014年6月 3日 (火) 23時43分

遅れましたがコメントありがとうございます。
主観・雑多な記事ですが参考にしていただければ幸いです。
今作はそれほど出来は悪くなかったと思うんで
2は・・・期待しすぎずほどほどに楽しみにしてます。

投稿: NOB蔵 | 2014年6月11日 (水) 00時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新生FF14-最終回 ゴルさん、旅に出る。 | トップページ | 閃の軌跡-新学期、初めての実習。 »