« 新生FF14-画像の著作権ビービー言う前に、オンボロ鯖をなんとかしろ糞運営^^ | トップページ | 新生FF14-2.2までやる事ないんで休止していいですか的な何か。 »

新生FF14-ペンペン固定5層奮闘記録・・・そして。

ファイナルファンタジーXIV。

Ff14s_392

5層に突入して以降、様々な問題が発生して練習もままならなかったペンペンチーム。

今回もいつものとおり1セットで解散となるはずが、
未クリア組が絶対クリアしてやる!とモチベMAX。

今週は、5層固定ねこちチームがお先にクリアしてたので、
のんびり練習に付き合う形となったゴルさん。

さぁ、今日こそクリア目指すぞお!

 

Ff14s_393_2

序盤はFBFSやダイブでミスったりしたものの、
開始数回で鬼門の大蛇倒してツイスターまでいった時は、
火力は問題ないから、後はツイスター越えればいけるだろう!と確信した矢先、

まぁいつものアレですよ、それがフラグとなって
FS中に拘束具落ちるなどのタイミングのズレてバタバタしたりとか、
鬼門の大蛇で小蛇集めきれずにLBミスったりとか、
ちょっとのミスで簡単に全滅する難度で、なっかなかツイスターまでいかないのなんの。

MTとSTと連携がかみ合ってない場面も幾度かあり、
STのラグどんが小蛇マラソンでもたついたりと、ちょっとぐだった場面とか。
とはいえ、双方ともクリア者なので、打ち合わせ調整でなんとかなってましたが。

Ff14s_394

ようやくツイスターまではいくものの、ドレッド処理が課題となり、
打ち合わせでは2.16で導入してたABCマーキング使って、
ツイスター時の配置決めしたりとか。
ツイスターフェーズが長引いてたのでLB1でタニアに叩き込むとか。

Ff14s_395

ただその日初めてツイスターを経験したメンバーにとって、
ツイスターかわしながらドレッド処理をする一連の作業に練習が必要で。
あーツイスター食らったメンバーが・・・ってこいつはクリア済みのまうじゃねーか、
なにやってんだおまえー!

ボンボン竜巻で吹き飛ばされていくメンバーを見て悔しい思いをしながらも、
自分もボーン!

Ff14s_396

2セット目だったかな。一回だけ、最終フェーズまでいって
タニアのHP@数ミリってところで全滅したのがあった。

生き残ってたのが俺とマリさんの詩人組で。
これで削りきったら、俺たちは一夜にしてヒーローになれるはずが、
残念でしたといわんばかりのプラメットドシーン!
そんなに甘くなかったわー。

Ff14s_397

2セット目終わってさすがにモチベ落ちてるだろうとおもったが、
この日のメンバーは俄然やる気でしたな。

ケアレスミスもあったけど、
やはり最終フェーズまでいった事で
これはいける!と俄然火がついたんでしょう。

ところがモチベと集中力は別もの。
3セット目に入ると、さすがに集中力が切れてるようなミスが目立ち始めます。
未クリアのメンバーの動きは確実によくなっていた反面で、
クリア組のうちらのケアレスミスも次々と。

そんな中ヒラのチサさんが「う○ちしたい」とか言い出して、
思わず、彼女の口癖である「くっさ」って言ってしまったんだけども、
ルードさんがこのふざけた空気で「抜けていいですか」と(w
気持ちはすごく分かるけど、勘弁してくださいと引き止めるのに必死でした!

Ff14s_398

そんなこんなで深夜0時から数セットこなし、
気づけば早朝の5時に・・・いい加減目がシパシパして
みんなも限界が近づいていた。
LS内のみゅみゅさん恒例の誤爆も笑って返せないほどに疲れていた。

ファイナルセットも、中々最終までいかないまま、残り15分ほど。
これで駄目なら解散という空気でラストチャンスに掛けていたわけですが・・・。

思いの他、こういった後のないときに限って、
メンバーは異常なほどの集中力を発揮するもんで。

ダイブも全員かわし、大蛇を倒して、ツイスターも全員指定位置についてかわしていく。

さすがに十数回ほど繰り返していると、
目で追うより先に手で勝手に操作しているような感覚。
まぁ自分は脳死プレイ状態にはいってたけども、
おそらく皆も練習積んでほとんど感覚で動いていたような気がする。
それが功を奏していたのか、ツイスターもたいした被害もなく
最終フェーズが近づくにつれ、目がどんどん冴えてきた。

Ff14s_399

終了まで@5分というアナウンス。
残り時間が@4分~3分とタイムリミットは迫っていた。

自分に赤いラインが飛んでヘルリキッドが襲う。
すぐに後退してかわしていく。

他のメンバーも同様に。
大きかったのはヒラさん二人が生存してた事かな。
リキッドいったけど、これもうまくかわしてた。

自分は残りのMPをバラで使いながら、
CT完了の二度目の秘薬を使って最後の追い込み。

Ff14s_400

一回のタニア戦で2度秘薬使ったのはこれがはじめてだったんですよね。
それだけもう全力で、これでもかっていうくらいに。

なんとしてもこのPTで勝ちたかった。


その執念が、ついについに実ります。

Ff14s_401

深夜0時からはじまり早朝5時までもつれ込んだ長期戦。
これで駄目なら解散と諦めかけていた土壇場で
見事タニアの撃破に成功!

メンバー全員映ってる画像撮りたかったけど、
手持ちのやつこれしかなかった・・・くぅぅ。

ともあれ、これはクリアできてほんとよかったです。
自分が初クリアした時とは、また違った感覚で嬉しかった。

なんというか、これはもうチームの執念の粘り勝ちといってもいい内容でしたな。
あとは最後まで根気よく付き合ってくれたルードさん力は大きかったとおもう。
本当に助かりました。ありがとう。

こうして改めて5層をクリアしてみて感じたのは、
やはり、このステージをクリアするのは、本当にやる気があるものだけなんですね。

ちょっとでもやる気のないようなのが一人でもいると絶対クリアできない。
野良PTで今までそんなのを嫌というほど見てきたので。

勝因は、未クリア組のクリアしたいという気持ちと、
クリア組の執念が、最後の最後で実を結んだのだとおもいます。

決してガチとはいえないまったりなチームなんだけども、本当にやればできるんだと思った。

 

ペンペンチームが結成されて4ヶ月ほど、
ルールでちょい揉めてメンバー同士で衝突したりとか、
攻略についていけなかったり時間の都合が取れなくて脱退を余儀なくしたメンバーもいました。

そして、昨年の暮れ、リーダーのペンペンが休止すると引退宣言した時は、
俺も脱退しようと考えていた。
それを引き止めたのがナイトのメッソーさんだったんですが、
そのメッソーさんもPS3の故障で休止、みんなバラバラになりかけて、
練習もままならなかったけど、残された皆でなんとか力をあわせてここまでこれたよ・・><

今回初クリアのスネオさん、アイムさん、マリさん、本当におめでとう!
 

 

翌日、ラグどんから今後の固定についての議題が上がる。

休止しているメッソー問題とゴルさんが別固定に行く問題により、
固定をどうしていくかという方針、
侵攻編を攻略する上では、チームを編成しなおしたほうがいいのではないかという意見も。
つまり「解散」である。

これまで数ヶ月付き合ってきたし、2.2まではこっちで5層まで付き合おうと思っていたが・・・
その議題が上がり、一日中考えた末にゴルさんが出した結論は・・・。

Ff14s_402

ペンペン固定の脱退である。

大まかな内容は画像のログにある通りで。

自分には別の固定でガチ攻略できる新しい環境が欲しかった。

そんな中出会ったのが、5層初クリアに協力してくれた新固定ねこちチームだったんですけども。
固定の誘い来たときは、好奇心が抑えられなかったんですわ・・もうどうしてもね。

 

まぁあれだ。あいっかわらずの癖なのか、
ここの記事見たくログまでダラダラ長文残してすげぇかったくるしいけど、
「もうペンペン5層クリアは達したので抜けさせてください」という解釈でOK(w

当然嫌気がさしているとか、あぁでもチサさんがくっさいからなぁ
さすがにバハ中で「う○ちしたい」は(ry

まぁそんなふざけた言葉連発なペンペンチームでしたが、
ギスギスが全くないまったりいいチームでした。

この4ヶ月間、ぺんぺんチームの皆と一緒に邂逅編を攻略できて楽しかったです。
みんな、ほんとにありがとう!

|

« 新生FF14-画像の著作権ビービー言う前に、オンボロ鯖をなんとかしろ糞運営^^ | トップページ | 新生FF14-2.2までやる事ないんで休止していいですか的な何か。 »

PS3『ファイナルファンタジーXIV 新生エオルゼア』」カテゴリの記事