« ダークソウル2-旅路の終焉、玉座で待つもの。 | トップページ | 新生FF14-2.2雑感後編~バハ侵攻編開始! »

新生FF14-パッチ2.2当日~新ID巡り・ミラージュプリズム等。

ファイナルファンタジーXIV。

Ff14s_407

昨日は2.2パッチ当日、
メンテ終了が18時頃~?となっていたけど、
昼ごろ既にインできると聞いて、15時ごろに入ったら既にインできたという。
そして先廃の方々は既にクエ消化してたよ、はっや!

まぁ当日ということで、2.2で追加されたクエ中心に回ってた、

今回は2.2で追加された新IDやミラプリなどの雑感。

 

■新ID・アムダ市街、ハラタリとか

最初にいってきた。
感想としてはどれもそんなに難しくはなかった。
シリウスの例があるからみんなそれなりにギミックには警戒してただろうけどね・・。

 

・腐敗遺跡 アムダプール市街

Ff14s_407_2

アムダ市街、胞子飛び交う腐敗遺跡だけに
それなりの可愛らしい見た目のモンスターばかり出てくる。
ライブレターでモーモン?とか突っ込まれてたグレムリンとか。
目の玉いくつもついてるヘクトアイズさんとか
蛾の成虫と幼虫とか。あら、おいしそう。

Ff14s_407_3

2つ目のボス・アリオクは雑魚のランチ・ラモーワのばら撒く妖鱗粉の
デバフ2(?)になったPCをアリオクがターゲットして追ってくるんで
攻撃受けないように逃げまくって、他のDPSら雑魚処理しながら、
アリオク攻撃、ランタゲの時間長くてタンクとかあんまし貢献しない。
戦ってるより、逃げてた時間のほうが長かったような。

ディアボロスは、ランタゲの近場に発生する重力球の範囲を回避して
悪夢のナイトメアはスタンで回避しながら、戦っていく流れだが、
途中ディアボロスの台詞後に来る全体範囲のルイナスオーメンが強力で
外周囲んでる模様が同じ扉を開けて、ヴォイドで移動しながら
ルイナスオーメンを回避するというギミック。

Ff14s_407_4

扉開けるタイミングが、1つ目あけた後、2つ目開けるとヴォイド発生で
近場のPCが吸い込まれていくんで、ルイナスオーメンの詠唱チャージが半分くらいになったら、
2つ目開ける感じで、余裕でオーメンは回避できるかと。

扉の模様が消えてるときあって、事前にマーキングつけて
開ける担当決めておくとやりやすい。

扉一回使うと消えて、全部なくなるとオーメン回避不可能で全滅という、
一応DPSチェックはあるようだが、攻略法分かってるならIL90で余裕。

 

・盟友支援 ブレイフロクスの野営地

Ff14s_408

Ff14s_408_2

何気にボンバーマンとかいわれてるが、
ボス戦やってると、納得してしまったわ。
なんなんこの範囲(w

とはいえ、大半のボスはゴリ押しでいける難度だが、
最後のVI号ゴブリタンクは、タゲ不可で外周回りながら
爆弾ばら撒いてくるんで、全員中央によって、爆弾を攻撃して隅まで追いやって、
中央に安置作れば問題ない。
範囲魔法とか有効。

 

・剣闘領域 ハラタリ修練所

初っ端受付みたいなところがあって吹いた。

Ff14s_409

1つ目のボス・ピュクラモン。

見た目が違えどモーションが、オーラムのコインカウンターそのまんま。
全体範囲の1000トンズスイングが強力、

奥にある魔法人形の起動装置で、
起動したマメットが外周歩きながら、水色の詠唱範囲作るんで
そこに入ってウォール掛けてもらって回避する。

1000トンズスイングチャージ開始と同時に装置起動してもギリギリ間に合ってたような。

Ff14s_409_2

カドプレパスはギミックちょっと分かりづらい。
ジュタチュラの構えきたら薄闇のオーブ回収で回避できたんだったかなぁ。
ジュタチュラ回避できなかった初見は直後の咆哮受けて床ペロのゴルさんでした。

最後のボスは四人衆は雑魚だったが、
最後のムムエポの鎖画面による拘束技は、端にある楔解除して
さっさとメンバー解放しないと広範囲の攻撃に巻き込まれて危ない。

まぁどの新IDもIL90だと楽だった。

2.1で実装された時のシリウスほどの難易度は感じなかったな・・。
ちょっと物足りないですかね。

とはいえ、一番早く終わりそうなブレイフロクスでも神話50戦記45なんで
しばらくここに通いづめることになりそう。

 

 

■ミラージュプリズム

今の装備の性能をそのままに、別の装備に見た目を変更できるという、
以前までは型紙システムと呼ばれていたもの。
今ではすっかり「ミラプリ」という呼称で浸透してる。

Ff14s_410

見た目を変更したいベースアイテムに、
見た目に使用する投影アイテム、触媒にはミラージュプリズムがそれぞれ必要。
アイテムレベルによる制約があって、高レベル→低レベル装備に見た目は変更できても低→高の見た目が不可だが、
触媒もG1~G5とアイテムレベルに応じたものを使わないと駄目。

Ff14s_410_2

同レベル帯のアラガンと神話はそれぞれ見た目変更できるようなので、
2.2用にイメチェン。これでゴルさんもアラグ帝国弓兵に一歩前進!
バイザーはいまだゲットならずだけど、
詩人のアラガン装備って下着のベースが緑だから、それにあった
バードジャボー→サージェントベレーに見た目をチェンジ!

Ff14s_410_3

前回のエレガント神話装備とは一転
おもいっきし、軍隊に所属してるような弓兵スタイルとなりやした。
この人・・・吟遊詩人・・・ですよ、ね。
ちなみに美容院で髪型が追加されたが・・ミコッテ男は微妙・・前髪で目が隠れるのはあまり好きじゃない。
おでこ出してるゴルさんがいいなーということで、もうしばらくこの髪型で行きそうだ・・。

触媒は、レブナンツのミラプリ専門の店で秘伝書買って読めば、
クラフターで作れるものだけど、クラフターやらん人からしたら、
触媒ってマケで買うしかないんですよね。

だから最初のうちは触媒のミラプリがマケで飛ぶように売れたんだそうです。
後まぁ夜頃になれば、ライバル増えて一気に暴落しましたが(w

あと、2.2で追加されたセーラー服がかなり人気で、ミラプリでもそれに投影する人も多いんだろうけど、
製作素材がドロップする宝の地図G4が高騰してましたな。
なにこのセーラーパワー恐るべし。

長くなったんで、その他の内容はまた後日にでも。

|

« ダークソウル2-旅路の終焉、玉座で待つもの。 | トップページ | 新生FF14-2.2雑感後編~バハ侵攻編開始! »

PS3『ファイナルファンタジーXIV 新生エオルゼア』」カテゴリの記事