« 新生FF14-シリウス大灯台攻略メモ。 | トップページ | 新生FF14-ハウジング、土地購入&FCの家が建った! »

新生FF14-極ガルーダ戦攻略メモ。

ファイナルファンタジーXIV。

Ff14s_295

2.1で追加された極蛮神戦。
これまでの蛮神イフリート、ガルーダ、タイタン戦を更にグレードアップして
極限まで難易度を高めたEXTREMEバージョン。

クエストで各蛮神を倒して、それぞれ素材を入手していくと、
現段階で最高クラスの武器(IL90)を一つ選んで手に入れる事ができるという。

Wiki等に既に掲載された性能表を見ている限りだと、
IL90のレリック+1(ゼニス)やアラガンとほぼ同性能なものばかり。

現状神話がカツカツで弓を光らせられないGold Rush君は
極蛮神クエで入手できる極弓を求めて、いざ極蛮神戦に挑むのであった。

今回は第一弾となる極ガルーダ戦攻略メモ。

挑んだPT構成はナ戦白学モ黒詩詩。

HP4000以上。装備平均レベルは大体75前後くらいか(ちなみに自分は79)。
武器はレリ、装備は神話かアラガン数個つけてる範囲で。

事前にLS仲間の学者さんからガルーダの攻撃パターンや立ち回りなどレクチャーしてもらうが、
この初見では、文面見ただけだとちょっとわかりづらかった。

とりま、どんな感じだったのかの紹介。

 

▼極ガルーダ戦 立ちあい

4つの積石が四方に置かれたエリア、とこれまでと変わらず。

Ff14s_296

開幕、MTが奥のガルーダに突っ込んでタゲを取り、
STや近接DPSは背後からガルーダを攻撃、
その他の遠隔DPSとヒーラーはエリア中央に固まって交戦にはいる。
ガルーダはHP90%ほどに入ると、外周にアイオブストームを作り出すため
外側にいると危険。

Ff14s_296_2

Ff14s_296_3

HP90%でガルーダは一旦ワープ、
これまでのガルーダと違うのは、ワープ直後に、その地点周辺に
羽を地面に突き刺してくる範囲技を6箇所ほど同時に仕掛けてくる。
発動時間が短いため、ガルーダがワープと同時に、近場にいるメンバーは速やかに
積石の南側のほうに移動。

羽範囲後、ガルーダは北側に移動してミストラルソングを放つので
石の南ちょっと外側寄りに立って回避する。
北側でも画像の場所なら無難に回避できる。

Ff14s_296_4

ソング回避後は、外周付近からシルキーブルーム(紫)と
ブリストリーブルーム(水)が出現、
積石付近に移動して、一定時間後に破裂、積石を壊そうとするので
その処理に当たる。

真っ先に片づけねばならないのはシルキーブルームのほう、
破裂すると、周囲のメンバーを睡眠状態だったかにするので真っ先に片づける。
他のブルームは範囲焼きで、
黒か召いるなら、詩人はレクイエムでサポート。
シルキーでもたつくようなら、詩人は乱れで集中攻撃。
詩人二人だったので、自分は乱れ、もう一方はレクイエムでここは乗り切ってた。

 

▼スパチラ出現

Ff14s_296_5

ガルーダHP75%?程で中央左右にスパルナとチラーダ、お馴染み分身コンビが登場。
出現と同時にストリームが解除されるので、
なるべく分身を中央陣に近づけないようにするため、
スパルナはMT、STは素早くチラーダのタゲを取り、
MTとは対称の南側に移動して固定。

チラーダの紐付け緑線はガルーダのHPを回復するので、DPSは集中的に攻撃、
この際、スパチラは中央陣に向かって円範囲のウィンドブレードを仕掛けてくるので、
中央陣はしっかり回避しながら相手をする。

Ff14s_296_6

チラーダを処理後、STはスパルナのタゲを取り、北東側の位置で固定。
詩人だと攻撃が積石で邪魔になるが、中央から離れて見える位置で攻撃、
最低限ブレード回避、倒したら中央に戻ってガルーダを攻撃。

  

ガルーダHP60%で中央にワープ→エリアルブラスト
ここで積石が全部破壊される。
その後に来るアイオブストームに備えて、あらかじめ全員も中央に寄っておく。
エリアルの威力はたいした事はないが、モンクはこの時にマントラ使っておくと
ヒーラーの回復もスムーズに。

ストーム後は、外周からブルームが出現し、
中央陣に向かってくるので、はやめに殲滅するわけだが・・・。

 

▼スパイニーブルーム

Ff14s_296_7

一体だけ、色が違う緑色のブルームがいる。
画像の右上に見えるスパイニー・ブルームはちょっとしたギミックがあって、
倒すのにタイミングが必要になってくる。

まずブルームがわいたらDPSは水色のプリストリーだけ殲滅、
STはスパイニーのタゲを取り、倒さないようにHPを削り、ひん死の状態まで削って
そのままにしておく。

DPSはそのままガルーダがワープするまで攻撃を続ける。
ここでの注意は範囲攻撃はなるべく避けること。
間違ってスパイニーにあたって倒してしまうと、後々厳しくなってきますので・・・。

スパイニーを倒すのは、ガルーダがHP50%を切ってワープした直後、

Ff14s_296_8

スパイニーを倒すと、ギガストームの範囲技が来るので、一旦距離をとり、
その倒した場所には気圧フィールドが展開される。

ガルーダはワープ後に羽範囲→ミストラルシュリークで
全員に4000前後の大ダメージを与えてくるため、
この気圧フィールドに入り、ミストラルシュリークを回避する必要がある。

ただし、この気圧フィールドの展開は、
ちょっとでもタイミングがずれると判定に差が出てシュリークを完全に防げないときもあり、
フィールド内でもやられてしまうメンバーが出る。

スパイニーを倒すのは、飽くまでワープした瞬間、
ワープした後でスパイニーを倒すのが遅れすぎると、
発生したバリアがまだ不完全な状態でシュリークを防ぎきれない。
また、ワープ前に倒しても駄目。
これだとワープ後の羽範囲後にフィールドが消えてシュリークを諸に浴びる形になる。

タイミングとしてはガルーダが消えて
1秒以内にスパイニーのHP0→爆発手前で羽範囲が飛んできて、
直後に気圧フィールド展開するような流れなら問題ないかと。

あらかじめ、スパイニーのHPを削る役を決めるなど、
役割決めてある程度練習して慣れないと、厳しい場面。

 

▼大旋風→スパチラ処理

Ff14s_297

フィールドでシュリークを防いだ後は、
ガルーダは再びワープするが、この際遠隔DPSとヒーラーは速やかにMAP7時の方向に移動しておくように。
移動にもたついていると、ワープ後の羽範囲を浴びてダメージをもらうケースが多いため、
特にPS3ユーザーは先陣切って移動しておくこと。

ガルーダは中央にワープすると、近場にスパチラを召喚、
更に南方からスパイニー・ブルームが出現。

MTはガルーダとスパルナのタゲをとったら11時の方向に移動して固定、
STはチラーダとスパイニーのタゲをとり、5時の方向に移動して固定、
近接DPSはSTが固定する5時のところでチラーダを攻撃、
遠隔DPSは7時の方向からチラーダを先に片づける。

Ff14s_297_2

チラーダにダメージを入れているあたりから
ガルーダが大旋風を起こし、エリア内に十字状に竜巻が出現。

この大旋風に備えて、メンバーは安全な5時7時11時に退避しておく必要がある。

で、遠隔DPSは大旋風中に7時方向からチラーダを攻撃するわけだが、
スパチラはこの状態でも円範囲のウィンドブレードでDPSを狙ってくるので、
回避する必要がある。

ところが、ご覧の狭い状態で、7時のメンバーがちょっとでもバラけてたりすると
狙ってくる円範囲もばらけて回避場所がなくなる危険な状態になるため、
DPS,ヒーラーとも一箇所に固まっておく必要がある。

Ff14s_297_3

自分らのときは、なるべく、中央竜巻寄りに固まって、
円範囲がきたら、外側に逃げるような形で回避してたが、
PS3ユーザーの自分はPCユーザーとあわせて動いてると
結局ラグでダメージ受けるケースが多かったので
円範囲きたらいち早く外側に逃げてた。
画像のやつとか、自分だけ外にいるが、
円範囲にいるPCユーザーはこの状態でもちゃんと避けてるからね。
それくらいラグの差があるってこと(w

Ff14s_297_4

チラーダを片付けたらSTは、MT側にいるスパルナのタゲをとり、
MTにスパイニーを渡して5時の方向にスパルナを持ってくる。
(スパイニーはMTのところじゃなくても、担当がHP削ってひん死の状態で維持出来るならそれでいいと思う)
DPSはスパルナの処理に当たるが、ここでリミットゲージがそれなりにたまってると思うんで、
近接DPSはスパルナにLB、一気に片づける。

その後、ガルーダが中央にワープするので、
ワープした瞬間を狙ってスパイニーを倒し、気圧フィールドを展開。
全員がフィールドの中に入り、ワープ後に来るエリアルブラストを回避する。

ここで、スパルナを倒しきれなかった場合は、エリアルの威力が増し、
気圧フィールド内でも大ダメージを受けてしまう。

 

と、こんな感じで、その後はアイオブストームが外周に張られ
↑の▼スパイニーブルーム→▼大旋風スパチラ処理の流れが繰り返される。

スパイニーは最後に残し、ガルーダワープ瞬間に倒して、
全員フィールドに入り、シュリーク回避、
大旋風後は上記のMTSTの橋渡しでスパチラ撃破しながらもガルーダのHPを徐々に削っていくという作業。

この辺はレリ持ちの火力でも、大旋風時はちょっとでももたつくとスパチラ撃破が精一杯で、
ガルーダのHPをまともに削れない場面も。

Ff14s_299

ガルーダのHPを削る機会は、アイオブストーム時のブルームを殲滅してワープするまでの間かな。
ここでどれだけ削れるかで倒す時間も変わってくるかと。

ここはSTさんの難易度が結構高いステージ。
ギミックの構造からスパチラのタゲ交代して受け持つような仕様がバハっぽくて
この辺はバハ経験してる人としてない人で差が出そうだなぁと。

比べて遠隔DPSは位置取り把握&範囲だけ気をつけながら
相手していればいいだけなので、わりと難度低い。

詩人はぁ・・・最初のシルキー殲滅などでレクイエム使う以外では、
スパイニー後は範囲が危ないため、レクイエム使う機会もないし、
ヒラさんのMP量見てバラ歌うくらいかな。
TPはぁ、気圧フィールドなどのインターバルも多いので枯渇する場面が少ない気も、
パイオンもあまりいらない気が。

乱れ撃ちは、ブルーム殲滅後のガルーダのために温存しておくといいと思う。

Ff14s_299_2

と、こんな感じで、初挑戦から途中メンバー入れ替えで10回ほど死んだかもしれないが、
なんとか極ガルーダの撃破に成功しました。

極弓に向けて、まずは第一関門突破だぜ。

かくして次なる試練は極タイタン。極めているタコタンですよぉ、うへぇ。
詩人になってからおもみがわりと苦手なんすよねぇ・・・どうなることやら。

|

« 新生FF14-シリウス大灯台攻略メモ。 | トップページ | 新生FF14-ハウジング、土地購入&FCの家が建った! »

PS3『ファイナルファンタジーXIV 新生エオルゼア』」カテゴリの記事