« 新生FF14-バードシャツ、ゲット!~バハ固定LSに入る。 | トップページ | 新生FF14-鬼門アラガンロット!大迷宮バハムート二層攻略:詩人編 »

新生FF14-詩人x4でアムダプールに乗り込んでみた!

ファイナルファンタジーXIV。

メンバーの都合もあってバハ二層足踏み状態、結局今日で進行がリセット
固定PTでバハいくのもおっくうになってきた近頃。

昨日はメンバー集まらずにどうすっかなぁと考えてた矢先、
ふとPT勧誘が、フレのバドさんだった。

Ff14s_258

なんでも普通にワンダやアムダいくのもつまらないとかで、
詩人x4で乗り込んでみない?という企画を持ち出したのである。
そんな面白そうな企画、放っておくわけには行かないと即参加!

モードゥナで募集掛けてみると意外なほどに物好きな変態さん達が集まり
結局、詩人x4でアムダに乗り込んだわけですよ。

乗り込んだ当初は、ヒーラーもタンクもいないネタPTだから
クリアなんて、当然頭になかった。全然真剣でもなかったしね。

ただ、全員DLフル装備とレリック持ち(バドさん以外)だったこともあって、
自分らの火力ならゴリ押しでいいとこまでいけるんじゃないかという気もあった。

まぁいけるとこまでいこー!と気楽に始まったわけなんですが・・・。

Ff14s_259_2

最初のフォロワーなどの雑魚相手には、召喚される前にたった数秒で倒すわけです。

続くデュラハンはじめ、雑魚相手には複数で攻められて鬼ごっこ。
誰かがタゲとって、移動しながら確実にHP削り、死んだら即やり直し
駆けつけて加勢するというゾンビプレイで進行していきます。

主にタゲとり担当してくれてたバドさんが
スプリント使えば余裕できるんじゃね?と言って実践してみましたが、
こちらの移動速度に合わせてデュラハンの追いかける速度がアップしていたのは正直吹きました。
あんな足の速いデュラハンを見たのははじめてです。

Ff14s_259

Ff14s_260

ある程度進み、ボス前ではデモンズブロックを取ることは詩人としての責務であると言い出したバドさん。
んなもんゴミやろと思いましたが、普通でないことをしようという遊び心&
一見ネタ攻略に見えて、遠回りしてまでの完全攻略を目指していたバドさんには一切の死角がなかった・・ようにみえて
たまに発するギャグはご愛嬌、さすがやで。

そんなリーダーの小さな背中を追って、最初のボス、プリースト・サイコフレア戦がはじまります。

Ff14s_260_2

最初のプリーストは、瞬殺できればサイコフレア召喚されずに終わるんじゃね?というくらいに
猛火力でプリーストをあっという間に倒すんですけど、結局サイコフレア(通称イカ)が登場。

このイカは、広範囲のマインドメルトが厄介なので、
詩人4人で沈黙回しでなんとか防ぎます。とはいえ、ろくに順番も決めてなかったので
てんでバラバラでしたが・・。

このイカも猛火力であっという間にHPを削っていくんですが
一回目の召喚であっという間にデカゴーレム呼び出してきたのはおかしかった。
通常プレイだとHPの減り具合からチビゴーレムからですけど、
いきなりデカとかまずありえないことなんでね。

笑いで手震えながらコントローラー操作していた直後にイカの病気にかかり鈍足化、
でかゴーレムの範囲避けるだけでも一苦労、これなんの×ゲームかと思ったわ。

おまけにその後チビゴーレム召喚で範囲攻撃のデモリッシュ使われると危ない場面
だからそっちを先に攻撃していたけど、他メンバーが集中してイカを攻撃していた事もあって、
結局1分ちょっとでサイコフレアの撃破に成功しました。

まさか最初の難関をいともあっさりと、しかも全員生還してたんだったかな。

そしてこの辺りからじゃないかな。
「このチームならいけそう」だと感じたのは。

この火力なら、次のデモンズウォールは楽勝だろうと進んだ矢先に
ちょっとした鬼門エリア。

Ff14s_261

次のエリアでは石像からヴォドリガ・スリーパーという魔物に変身して複数襲い掛かってくる場面。
こいつは、影縫いが効かないので足止めできずに手を焼いた記憶。

この辺も鬼ごっこするので、道中のデュラハンなどは殲滅しながら進んでましたが、
誤まってスリーパー以外のにも絡まれちゃって相当カオスな鬼ごっことなりました。

ただ、ゾンビプレイを繰り返すうちに、皆慣れてきてたのは確かだった。
「なれってこわいねw」と言ってたバドさんが一番慣れちゃってたんじゃないか。

そんなことより、俺の腹筋が持つかどうかが心配でした。
なによりカオス過ぎる鬼ごっこの光景と、このデバフの表示数を見る度に毎回吹きそうになるからです。

Ff14s_261_2

Ff14s_261_3

こうして迎えたデモンズウォール戦。
ネタプレイなので「壁無視で」って一度いってみたかったんだよね。
でも詩人が言ってもピンと来ないな。やっぱりジャンプできるリューさんが言わないと。

ここはもうとにかく攻めていくしかない。
回復がないこのPTで、ハエが出てくるまでの長期戦だと絶対もたない。
その前に片付けます。

ランダム攻撃のマーダーホールも均一に貰いながら、
黒エリア回避、バフとにかくつけて攻めていたけど、
意外な事に、このデモンズウォールってイカよりタフだった記憶。
伊達に二番目のボスじゃないな!

この頃詩人LB(全体回復)の存在を忘れてて。
結局、全員がひん死、うち一名がやられてしまうほどの激闘でしたが
なんとかハエ呼ばれる前に壁の撃破に成功します。

Ff14s_261_4

Ff14s_262

遊び心のあるバドさんをキャプ。
ここまで来れたのは正直バドさんのおかげだったと思うし、
その独特のカリスマ(変態性)に惹かれたよ。俺がリーダーじゃ絶対ここまでこれないもんな・・。
突き落とせるヒール役を買って出てもよかったが、間違いなくリーダーはアナタ。
われに続け!と言われて、頷かないメンバーがいるはずもないでしょう。

Ff14s_262_2

次のエリアでは、サキュバスは余裕で、
道中の密集してたソウルコレクター相手にも危なげなく乗り切っていた記憶。
3体同時はきついかなぁと思われてたけど、
最初の頃とは明らかに動きが違ってたし、皆慣れてきてると感じた。
タゲ安定してないときのデュラハンの踊りっぷりと
デバフ数がとにかく可笑しかったけど。

最初はネタプレイで始まったのに、
この辺まで来て、皆の口数がどんどん減っていったのは
このメンバーなら攻略できるんじゃないかという確信に近いものがあったからじゃないか。
実際、俺がそうでした。

Ff14s_263

道中の雑魚をすべて殲滅して、いよいよ最奥のボス、
アナンタ・ボガと相まみえます。

これは、絶対無理ゲーだと思ってたんですよね。
それがまさかの死闘を演じることになろうとは・・・。

アナンタはとにかく攻撃を貰うと痛い、
一番厄介なのは病気もちのロトンブレス、
これは最初沈黙で止められないかとやってみたけど無理でした。

ならばせめてダメだけは分散させようという事で
タゲを交代して受け持つ事になります。

Ff14s_263_2

あらかじめ、タゲを持つ順番を決めておいて、
最初にタゲを持つ人が、アナンタを攻撃
キーンフラーリ(受け流し80%↑)とフェザーステップ(物理回避15%↑)を入れて、
アナンタの攻撃を極力かわしながら鬼ごっこ、
その他のメンバーはヘイトゲージ確認してタゲとらないように
バフ抑えながらダメージを入れていきます。
特にアナンタの場合は後範囲のテイルドライブを誘発出来れば、
タゲ持ちの人の負担を軽減できるので、なるべく背後からの攻撃に心がけます。

タゲ持ちの人がフラーリとフェザーが切れる(15~20秒後)のを期に
静者の撃(ヘイト上昇を抑える効果)を入れて、次のタゲ持つ人にバトンタッチ。
次の人は出来るだけバフ入れ攻撃してタゲ持つようにしないといけません。

Ff14s_263_3

挑発などが出来ないので、この辺のタイミングがすごく難しく、
この辺りで何度か全滅を喫した記憶。
またテイルドライブの広すぎる範囲を避けきれずに
誘発の際にダメージ受けたりとか。普段は隅での狭い誘発だったので、
あこまで広い範囲だったとは思いもしなかったですね・・。

タゲもちの順番は最初は俺が二番だったんですけど、
中々タゲ取れたり取れなかったりでバランスが悪かった一方で、
最後まで残ってたバドさんの誘導が明らかに上手かったので、
バドさんを二番にすえます。

すると・・・。

Ff14s_263_4

やっぱりアンタはすげぇわ。
このバドさんの誘導の効果により、アナンタが翻弄。
その間に着実にダメージを入れていきます。

カタストロフィ回避して、その後のガーゴイル片付けはタゲもちケツの自分が担当、
紐付けの玉も来て、誘導範囲が狭くなるという厳しい戦いだったはずのなに、
バドさんはそれをモノともしなかったぜ・・・。
彼の姿に誘導のプロフェッショナルを見た!

結局最初のタゲ受け持ってたアリスさんがやられてしまいましたが、
終盤は3人での死闘を演じました。
時間的には数十秒ほどだったと思うけど、
それ以上に長く感じられたのも久々だったかもしれない。

自分もダメ結構受けてて、後一発貰ったらやられる状況だったけど、
歯食いしばって最後までアナンタのケツに矢ぶち込んでやりましたよ。

結局最後の最後、アナンタのHP残り1ミリ切ったギリギリでやられてしまいましたけどね。

こうして数度の激闘を経て・・・アナンタ撃破キターーー!!!

当初はクリアなんて考えてもなかったんだけどね。
終盤はアリスさんの作戦とバドさんの誘導が特に光って、
まさかまさかのアナンタ撃破です、

いやー道中はカオスな光景の連続に腹筋崩壊しそうだったけど、
終盤は本当にやり応えがあったわ。

ほんの一時だったけど、このゲームでこんなに楽しめたのはじめてかも知れんね。

Ff14s_264

こんな偉業を成し遂げたんだからと記念撮影&キャンプファイヤー。

付き合ってくれたはじめさん、アリスさん、ありがとうございました。
フレ登録ありがとです。これからよろしくね!

最後にバドさん、こんなにネタPTで感動を呼び込んだ彼には、ただ感謝しかないんだけども。

アナタはすごいよ。
オレって普段はネトゲ野郎なんぞフォローしないんだけども、
ロドストでバドさんはフォローさせていただきました。

このゲームの楽しみ方をよく分かってると思う。

バドさんとバハ挑戦してみたら、不可能な事も乗り切れるんじゃないか、
そんな気がしましたよ。
実はアムダいく前にDPS4人でワンパレにも乗り込んでみて断念したけど、
これもいずれ乗り切れるんじゃないかって。

最近は固定バハの時間帯とかあってアレですけど、
暇なときあったら遠慮なく俺を誘ってください。

|

« 新生FF14-バードシャツ、ゲット!~バハ固定LSに入る。 | トップページ | 新生FF14-鬼門アラガンロット!大迷宮バハムート二層攻略:詩人編 »

PS3『ファイナルファンタジーXIV 新生エオルゼア』」カテゴリの記事