« 新生FF14-レリック取得に向けて~古城アムダプール攻略 | トップページ | 新生FF14-レリック取得に向けて~真蛮神戦 »

新生FF14-レリック取得への準備:DL装備~ハイドラ戦など。

ファイナルファンタジーXIV 新生エオルゼア

レリック取得に向けて、後半に差し掛かる。

ここからは難易度ハードの真蛮神戦などが控えていて、
高レベル帯の装備を整えていかないと厳しい難易度。

その装備を整えるために、とにかく膨大な時間が必要になり、
取得を断念してやめていく人もいる。

まぁどの作業もパターンがあるので、
慣れてくると眠くなる程の単調な作業を延々を続けるわけですが・・
普通のライトユーザーには耐えられない廃仕様ではあるね。

今日15日は、それらの仕様を緩和するためのパッチが当たるとのことですが、
果たして、どの程度緩和されるのか、期待しないで待っておきますよ。

■準備するDL装備など

概要で装備が重要になってくるということ書いたが・・具体的には。

Ff14s_209

武器のほうでは、真蛮神戦において確率で手に入るイフリート武器やガルーダ武器、
またそれと同等以上の性能を誇る☆2製作武器。

防具のほうは、高レベル指定のCFクリア報酬の通貨「アラガントームストーン:哲学」と交換で
入手できるダークライト装備(以降DL装備)一式など。

イフ武器やガル武器のほうは手に入るまで何度も周回する必要があるし、
☆2武器も相応にスペックを要する職人さんと、
哲学と交換で入手する哲学素材がないと製作は不可能なため、
職人やってない人は大抵蛮神武器の周回に回る事が大半。

Ff14s_210

DL装備にしても、哲学と交換する必要がある。
装備一つの箇所で大体375~1000以上の哲学が必要にある。、
哲学が一番入手できるCFは「外郭攻略・カストルムメリディアヌム」の
哲学数100(14日時点)なため、DL装備一つと交換するためには、
最低外郭4周ほどしなければならない。

Ff14s_210_2

で、この外郭攻略にかかる時間だが、野良CFの場合は大抵40分(初見いる場合は50分)ほど
息のあったPTならば30分以内でのクリアも可能だが、
少なくとも哲学数が少ない装備との交換でも、
マッチング待機時間込みで大体3~5時間ほどはかかると思われる。

DL装備フル一式揃えるためには、外郭を30周程する必要があり、膨大に時間がかかるため、
大抵は外郭周回しながらDL装備を整えつつ、
蛮神武器入手への周回やレリッククエストを進めていく人が大半である。

自分も、外郭周回しながらDL装備を着々と集めていった反面、
運要素の蛮神武器周回はひっじょーに面倒だったため、
外郭12周して哲学素材のコークスx9を集め、
LSメンの☆2製作職人に渡して、アベンジャーHQを作ってもらった。

Ff14s_211

このアベンジャーHQは製作できる格闘武器の中では現時点で最高性能で、
マテリダ禁断埋め込めばガル武器以上の性能を誇る。

見た目がブロック状でゴツゴツしていて、
たまにタイタン武器と勘違いされるときもあるけど、
わりとお気に入り。

火力さえあれば条件はクリアするので、
蛮神周回はしないまま、この武器で通す事になりました。

 

■レリック取得に向けて~ハイドラ戦

前回アムダ攻略で入手した石板と引き換えに入手した写本をゲロルトに渡すと
「未完成のスファライ」を入手。
まだ完成には程遠く、何が足りてないのか、感覚を見て調べるため
これを装備して強敵と戦うことになる。

まずは南ザナラーンのザハラク戦陣にいる
アマルジャ族の連中を指定数倒してくる。

Ff14s_212

ここは以前、朽ち果てたスファライを入手した場所、
DL装備いくつかつけていれば、複数相手にしても無難に倒せる連中だが、
倒すべきザハラク系の敵は絶対数が少ないのもいて、
ポップまで待たなきゃいけないものも。

他にもレリッククエやってるモンクの人がいるかなぁとやってたが、
全く見なかったな・・モンクは絶対数が少ないのを感じさせる。

指定数倒してゲロルトに報告、
まだ感覚を掴みきれていないようで、今度は、
ハラタリ修練所のヌシ・多頭龍ハイドラを倒してこいという試練を課せられる。
 

 
▼ハイドラとの戦い

ドルムキマイラのとき同様、非CF8人PT推奨のインスタンスバトル。
8人全員が初見、皆未完成のレリック装備での戦いとなる。

Ff14s_213

ハイドラはブレス攻撃などの前方範囲技が多いので、
盾は壁側に立ち、ハイドラを壁に向かせる形で戦う。
DPSは背後か足元周辺で殴る形。

大ダメージ技トライアムヴァレイトは、盾一人でダメージを受けるには負担が大きく、
範囲内のメンバーに分散される形でダメージが入るので、
HPの高いタンク二名はダメ分散のために範囲内にはいり、ダメを分散させて凌ぐ。

ハイドラはしばらくすると、氷結(へヴィ)と火炎(継続)のダメージ床を配置してくるので、
タンクはその都度、ハイドラを誘き寄せて安全な場所で戦う。

ハイドラはしばらくしてワイバーンを召喚してくる。
毎回呼び出してきて、放置してると数が増える上に、
ハイドラへの攻撃バフもつけて厄介なので、
DPSはワイバーンが湧いたらすぐに対処にあたる。

この際DPSが注意すべきなのはハイドラが配置したへヴィ効果の氷結床、
ワイバーンはヘイト如何で動き回るので、気をとられていると誤って入ってしまうケースがある。、
へヴィになると対処に遅れて不利になるので、ワイバーンが出ても近くに氷結があるなら
遠回りしても対処に当たるような形で。
自分は初見と二回目が、この氷結へヴィを手を焼いてしまった・・・。

また、ハイドラの使う中心範囲攻撃のフィアーミストは
あたったメンバーは操作不能になるので、絶対にもらわないようにする。
事前にハイドラが中央に移動する動作とフィアーミスト詠唱の黄色いゲージが見えるので、
詠唱にはいったら、メンバーはハイドラの足元周辺に移動していれば回避が可能。

ちなみに自分はなんの予習もしてなかったので、
ワイバーン処理の間、中央に寄ったハイドラに気づかずフィアーミスト諸に浴びて操作不能に・・・。
コントローラーバグったのかと思ったが、これ、ミスト受けた影響だったのね・・。

中盤以降、DPSはワイバーンの処理しつつ、
ハイドラの動向はしっかり見ておいたほうがいいということで。

このボス戦は、経験者のLSメンの話ではメンバーによっては50回くらいは死ぬだろうと言われていた。

DPSの自分は、位置取りとワイバーンの対処に慣れるまで3回ほどは死んだが
4度目の挑戦でハイドラの撃破に成功した。

Ff14s_214

ゲロルトに使ってみた感覚などを報告、武器を調整していった結果、
いよいよ大詰めの段階となり、最後の仕上げとして必要となるのが、
イフリートの炎、ガルーダの風、タイタンの黄土、ラザハン焼入油。
蛮神系の素材は、それぞれ真蛮神戦に勝利すれば入手できる。
ラザハン焼入油は、哲学900での交換で入手できる。
油入手するために、外郭9周しないといけないのか・・
ただ、この頃に入るとDL防具は一式揃えていたので
あとはアクセに活力のマテリダはめ込み、HP水増しするなどの
蛮神戦に向けて着々と準備しつつ、外郭回って哲学ためてた形だった。

ちょっと長くなったので、
蛮神戦についてはまた次回。

 

|

« 新生FF14-レリック取得に向けて~古城アムダプール攻略 | トップページ | 新生FF14-レリック取得に向けて~真蛮神戦 »

PS3『ファイナルファンタジーXIV 新生エオルゼア』」カテゴリの記事