« ドラゴンズクラウン-脅威の一撃など&各種族の雑感。 | トップページ | 新生FF14-近況報告。 »

ドラゴンズクラウン、プラチナ獲得!総括。

ドラゴンズクラウン。

Dcn_79

ソーサレスのLvが99に到達した。
Lv95以降はラウンドほぼ一巡しないと1レベル上がらないような感じで、
わりとしんどかったけど、フレの協力や野良と何度も周回でここまで来れました。
協力してくれた方々ありがとー!

Dcn_80

おかげさまで全トロフィー獲得でプラチナ達成です。
PS3ソフトでプラチナは久々。
前の獲得は2011年の二ノ国まで遡るのか・・なついな(w

 

ドラゴンズクラウン、発売日から開始して、80時間ほどやり込んでみた感想。

どーにも物足りなさを感じて首を傾げる部分があったり、
どこか懐かしくて昔思い出したりとか、いろいろと複雑な気分なんだよなぁ。
総括するにはまだ決め手に欠ける部分はあるけども・・・。

 

■単調な本編から感じた事 

まず、驚いたのは本編の内容が薄かったことだなー。
本編だけやっていれば初見では10時間以内でもクリアできる内容。
難易度別や種族ごとのクリアトロフィーが用意されているあたり、
周回前提で作られていることが分かるんだけど、問題は中身。


一通りステージ回ったら、今度は同じステージの別のルート回ってくださいという、お使い仕様。
1周目クリアすると、難易度あげた同じステージでタリスマン集め→ドラゴン退治を繰り返す。
その間同じようなステージ巡回してLvあげ、
拾った装備品新調するなどしてキャラを強化→ドラゴン退治というサイクルを繰り返す。
この単調すぎる流れはRPGとしての物足りなさを感じた。

ただ、やっていくうちに本編やコンテンツは、キャラ作りをする上での「土台」であって、
その成長させたキャラを使い、オンラインでの協力プレイや闘技場での対人戦を楽しむというのが
このゲームの最大の売りであることを理解していく。

 

■ガッツリやると飽きやすい

1ステージ10~15分ほどで終わる内容なので、
小休止入れやすいという点は評価できる一方で、
ガッツリやりこむタイプのゲームじゃない。
2Dであることや色彩的な理由で長時間やってると目が疲れる。
そして薄味な内容だけに飽きやすい。
そう感じたから、自分は途中他ゲー挟んだりで間を置いたりしたんだけども。
結果的にそんな遊び方が丁度よかった気がする。
ガッツリ派のコアユーザーとは相性よくないかもしれないね、このゲーム。

 
■操作性から感じた事

操作性については可もなく不可もなく、
システムの方は途中バージョンアップで改善されて遊びやすくなったし、
その辺は言うことはないが・・。

このゲームは、普通に遊ぶだけなら高度なプレイヤースキルを必要としない。
闘技場では他のプレイヤーと対戦して自分の実力を測る場が用意されている。
ところが、このゲーム的にさしてプレイヤースキルは重要なものでもないんですよね。
スキルあげたところで、それを発散する場というのが闘技場しかないんですよ。
ところが、スタンや気絶など足止め有効なオンの闘技場は
実質ハメ技の嵐だったし、そんなものにプレイヤースキルが必要なのかなーという疑問もあった。
だからあんまり重要なものでもないのかなと。

 
■装備の性能>プレイヤースキル

本編のほうはやっていくうちにどの操作やスキルが使えるのか体感でわかってくるし、
慣れてくるころにはLvも上がって頻繁に死ぬなんてこともなくなる。
まぁ一部強力なボスはいるけども、そうしたボスに対抗するのに重要なのは
スキルよりも装備の性能なんですよね。
キャラもLv70以上になってくると、レベルでのステ上昇は見込めなくなってくる中で、
装備の性能が鍵を握ってくる。
実際闘技場でも、調整されるとはいえスキルよりも装備の性能が重要になってくると思うし。
この辺の仕様はやっぱりアクションRPGだなーと。

インフェルノに入ると高性能な装備が大量に入ってくる。
だから何度もステージ巡回してお目当ての装備マラソンするか、
隠しダンジョン・混沌の迷宮で良い効果のついた装備を入手していくか。

本編が単調な分、高Lv帯は装備マラソンが必然になるし、そういった遊び方をするんだね。
何気にハクスラ要素のDiablo等に近いものがあるけど。

そして本編を一通り終えたら、
装備整えたキャラで混沌の迷宮のひたすら深層を目指していくという遊び方。
迷宮のほうは14階でギブアップした(w
迷宮は何気につぎはぎダンジョンで、出てくる敵もでたらめだし
長時間遊ぶにはあまり好きになれんかったけど、
あれはほんとにやり込みゲーマー用のコンテンツだね。

 
■協力プレイで感じた事

上では本編が単調で物足りないと感じたものの、
それでも楽しめた背景には、仲間とチャレンジできる相応な難易度と、
昔体験したような懐かしい感覚があったように思える。

オンラインでは、4人同時参加ともなると
画面内は敵味方入り乱れてゴチャゴチャになりがちだった。
これも最初は窮屈だった反面、どこか懐かしい面も。

思えば、90年代初頭アーケードゲーム全盛の時代。
エイリアン&プレデターや天地を喰らう2といったベルトスクロールアクション、あれもこれと似たような感じでゴチャゴチャしてて
それでも友達とわいわい楽しんだ時代があった。
しばらくそういったゲームをやってなかったから、最初は非常に見づらい!と抵抗はあったけども。
気づけば、画面に夢中になっていたのは
昔のそういった部分と通じるものがあったのかもしれない。

 
その他では、世界観とグラフィック。
昔のオーディンスフィアを髣髴とさせるような中世ダークファンタジーな世界観、
2Dのキャラクターによる身振り手振りの動作など、丁寧に作り込まれていた感はあるし、
BGMもサントラ買いたくなるほどに雰囲気は出していた。
今回はある程度のエロ要素もあったし、さすがヴァニラウェア!いい仕事してるなと。

 

 
ドラゴンズクラウン、評価の採点としたら100点中70点くらいかな。

本編が極めて薄味だった点は俺好みじゃなかったので、60点くらい。
このゲームの本質、協力プレイの醍醐味を堪能し、
昔の懐かしさを感じさせた補正として+10点くらいやった感じですね。

総合的には楽しめた良作だったと思います。

|

« ドラゴンズクラウン-脅威の一撃など&各種族の雑感。 | トップページ | 新生FF14-近況報告。 »

PS3『ドラゴンズクラウン』」カテゴリの記事

コメント

プラチナおめでとうございます(^^
近頃は私情で時間がとれず、一緒に遊べたのは短い期間でしたが、一緒にプレイできて楽しかったです。

RPGな要素も兼ねているだけにアクションゲームとしてはB級な匂いが、
昔のカプコンのアーケードゲームやっている感覚と似ていて懐かしいと感じる部分はありましたね。
天地を喰らう2懐かしいー! あれも4Pでしたっけ?ゴッチャ感は似てるけど世界観が(^^;

私的には感じたのは『ナイツオブザラウンド』『ダンジョン&ドラゴンズシリーズ』あたりでしょうか。
ダンドラなんかはファイター、エルフなど種族的にも被っていた記憶が、格闘中心のクレリックとかいた気がする(^^;

今はオンラインでユーザーと楽しむ時代ですけど、
昔ゲーセンでわいわいやっていた日々、ゲーセンも潰れていってる現状で
もうあんな日々は二度と訪れないのでしょうね(--;

というかいつもどおりに話が脱線しましたね(^^;
また一緒にプレイできる作品があれば誘ってください!


投稿: nora | 2013年8月18日 (日) 23時03分

プラチナおめっすー!
今作の骨仲間の使い捨て仕様はドラゴンズドグマのポーンに通じるものを感じましたね。
でも、高Lvの仲間は需要あるから、せめて装備品とか修理できるようにしてほしかったかもーと思う。
あとオンラインはコミュ機能が充実していなかったんで淡々でしたけど、
昔のアーケードのようなワイワイ感はありましたね。
ノラさん、何気になっついタイトル出してるし(^^;
お二人ともおつでした!また機会があればよろしくです(^^

投稿: くらたDK | 2013年8月19日 (月) 17時20分

>noraさん
D&Dは知ってるけど、アクションゲームは知らんかった(w
ガキの俺なら絶対興味持ってたと思うけど、うちの地方じゃ見かけなかった気もするなぁ。
>ゲーセン事情
あー地方だときついだろうなぁ・・。
都内だと、中野のブロードウェイあたり行くと、
格ゲーで盛り上がってるいい年した連中がいますけど、
逆に小学生とか全然見ないっすねぇ。。。
昔はスト2とか、小学生の俺らでも群がってやってたけど。
時代は変わったなぁと常々思います。


>DKさん、
オフ専考慮してのNPCパーティーが実装されてきてますよね。
ただ、規則性ができてしまうAIのパターンを見てるとどこか素っ気無くて
やはり協力プレイはまだまだオンラインに限るなぁと。
ドラクラに至っては、使い捨て仕様なので、飽くまでオフ専への救済策に過ぎないのかなと。

ただ、自分的にはそういった動きがMMOにも浸透しつつあるのが興味深い。
ドラクエ10のサポとか、新生FF14でもNPCパーティー組めるようだし、
ソロ専でも気兼ねなくMMOできる時代が来るといいですね。

 

一緒に楽しめそうな作品あったら紹介していきますんで、その時は是非^^

投稿: NOB蔵 | 2013年8月19日 (月) 21時56分

この記事へのコメントは終了しました。

« ドラゴンズクラウン-脅威の一撃など&各種族の雑感。 | トップページ | 新生FF14-近況報告。 »