« 新・世界樹の迷宮-トレハン&地図職人~世界樹の四つ葉探し。 | トップページ | 3D法廷バトル!逆転裁判5、序盤の感想。 »

美しい2DグラフィックARPG・ドラゴンズクラウン、レビュー感想。

今日発売のソフト二本買ってきた。
一つはドラゴンズクラウン、一つは逆転裁判5。

逆裁のほうは急いでやるようなもんでもないし、こっちはそのうちレビューするとして。

ドラゴンズクラウンからはじめてみよう。
店頭プロモで見た、集団でのドラゴン戦には目を見張るものがあったからね。
あれで食指が伸びないわけがない。

 

Dcn_1

ドラゴンズクラウン。

オーディンスフィア、朧村正などを手掛けてきた
ヴァニラウェア開発の新作。

ジャンルは横スクロールの2DアクションRPGと、
同じような作品を手掛けてきたヴァニラからすればもはや定番ともいえるジャンルだけど、
今回は真横スクロールというよりも、ベルトスクロールタイプね。
協力プレイがメインである以上、従来の真横じゃダメなわけで。

 

■このゲームの主な流れ

Dcn_2

プレイヤーは駆け出しの冒険者として
冒険者ギルドの依頼をこなしながら、伝説の秘宝「ドラゴンズクラウン」を求めて冒険を繰り広げていくというお話。

MAP画面から目的地を選択、
ステージ制で、エリアごとに現れる敵を殲滅したら
次へ進める形で、最奥のボスを倒せばクリア。

Dcn_3

ステージをクリアした時のスコアが経験値に変換されて獲得し、
一定量満たすとLvアップしていく。

一度クリアしたステージは何度でも挑戦可能で、
高スコア狙いやLvあげの修行、宝箱漁りができたりとフリーで楽しめる。

 

■操作性&カーソル移動

プレイヤーが操作するキャラクターを決めた後は、
冒険者ギルドへ入るための課題を受け
操作についての軽いチュートリアルをおこなっていく。

Dcn_5

ソーサレスのほうは、スティック+ボタン押しで魔法がメイン。
消費したMPはボタン長押しでのチャージで補充する仕様になっている。
後はスキル習得でいろんな操作が追加されていく感じか。

魔法メインで、とても肉弾戦には不向きなタイプだけど、
見えそうで見えないスライディングとか、お色気活かしたヒップアタックとかあるよ。
 

Dcn_4

このゲームは、ステージ上のオブジェを選択する際はカーソル移動での選択を強要する。
宝箱や門のオブジェなども、基本はスティックでカーソルを移動して
仲間の盗賊に開錠させるような仕様になってるけど・・、
PCでのマウス操作と違って感度がぎこちない。
オプションでカーソル移動速度とか選択できるけど、これは・・なんかなぁ。

アイコン操作を強要するPCゲームにXpadderなどでアイコン操作をコントローラーのスティックに割り当てて
無理やりプレイする、あの感覚と近い(w

まぁそういうシステムとってるから慣れていくしかないけどさ。
 

 
■消費アイテム・装備品など

消費アイテムは店先で購入して、装備して使っていく形。
回数制で使用に制限はあるが、ステージをクリアすると、
消費分は補充量が続く限り補充されている。
ちゃんと補充量設定されてるのか・・。

冒険中は、食べ物が出てくる事があり、
拾って食べると最大HPの上限を超える効果をもたらしてくれるものもある。
なんやら、ソーサレスには食べ物を周囲に出しちゃうスキルなんてものが存在するから
それを活用しない手はないな。

Dcn_7

宝箱は、ステージのエリアに大体一つは存在していて、
開けるとランクつきのアイテムを入手する。
高いものからS~Eランクとあって、高いものほど、
良質な装備品などを入手できるが、入手時は未鑑定で何の装備か分からない。
ステージをクリアするとそうした戦利品は金を消費して鑑定することで
どんな装備か判明する。

装備品には、装備可能なレベルが設定されていて、
最初のうちは鑑定しても、レベル超えた装備を入手なんてのもザラ。

まぁこのゲームは、ステージ何度も挑めるから、宝箱マラソンして、
使えなさそうな装備は売っぱらって金の足しにしていくのが
デフォなんだろうねきっと。

ちなみにソーサレスの場合、入手する杖には属性が設定されていて、
装備した杖により、魔法の属性が変わる仕様になっている。
ステージによって、相性あるだろうから使い分けていかないとな。

 

■スキル習得

Dcn_8

専用スキルと共通スキルの2種類ある。
レベルアップ時に獲得するスキルポイントを使用する事で、
いずれかのスキルを習得していく。
こちらも習得に必要なレベルがあって、
最初のうちは限られたスキルしか覚えられないが・・。
ソーサレスはスキル習得で飛行(レヴィテーション)覚えてから随分動きやすくなった。

Dcn_9

その一方、スキル習得で覚えるような魔法は
習得時に貰える書物を装備し、使用してのアイテム扱いとなり、回数制。
ただ、消費アイテム同様、ステージクリアすれば、ちゃんと補充されるので
配分に気を遣うくらいでなんら問題ない。
習得スキル増やしても、装備欄に限りがあるからなぁ。
無駄にスキル増やすより、一つのスキルレベル上げて回数増やしていったほうがいいのかもしれない。
でもどんな魔法が使えるのやらね。
 

 

 

■オフラインでも楽しめる集団戦

このゲームは、オフラインでも最大3人まで仲間を連れて冒険が可能。
オンラインでなければ、コントローラー繋いでマルチプレイとして楽しむか、
ソロでやる場合は、他はNPCとして仲間に加わり、冒険の手助けをしてくれる。

Dcn_10

冒険中には、亡くなった冒険者の遺骨を発見する事があり、
それを持ち帰って、寺院で蘇生することで、新たな仲間に加える事ができる。
弓使いのエルフや斧装備のアマゾン、ドワーフとか、どんな仲間が出てくるのかはランダムだが、
レベルなどの強さは、見つけたステージに影響するのか、
プレイヤーのレベルに影響してんのか、開始して数時間じゃよくわかんなかった。

Dcn_11

NPCの仲間は、基本勝手に行動するが、
道中、アイテムを拾ったり乗り物に乗ったりという行動を勝手に取るので、
R3スティックでカーソル動かして仲間に指示出してやめさせるとか。

出てきたダガー勝手に拾って投げ出すとか、
すぐにやめさせたいけど、やっぱりカーソル動かしづらいすな・・。

仲間の装備とか、基本は変更できないっぽい。
一緒に冒険しても、Lvがあがるのは基本プレイヤーのみで、
仲間は一切Lvが上がらない仕様になっている。

また、冒険中に仲間が死んだままクリアすると、
「行方不明」になる場合があるそうで、そうした時は死んだステージ捜索して
見つけた遺骨を拾って復活する・・という手段らしい。

まぁ旅先では遺骨を拾う機会が何度かあって、
仲間に困る、などという場面があまりない・・今のところは。
よっぽどお気に入りの仲間がやられる事がなければ
たいして気にもとめる必要はないと思う。

 

Dcn_12

序盤3時間ほどやってみた感じだと
グラフィックが綺麗な2DアクションRPGをやってる感覚しかないけど、
序盤ドワーフx2とウィザード仲間に加えて挑んだワイバーン戦が
何気に白熱した感じだな。まぁすぐ終わりましたけど。
これが強敵との戦いになると熱くなるかなぁ。
これは・・やっぱオンラインの方やらなきゃでしょ!
 

|

« 新・世界樹の迷宮-トレハン&地図職人~世界樹の四つ葉探し。 | トップページ | 3D法廷バトル!逆転裁判5、序盤の感想。 »

PS3『ドラゴンズクラウン』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。