« ドラゴンズドグマ-栄華の綻び~臓器に魅入られた魂 | トップページ | ドラゴンズドグマ-救いの手~滅びの賛歌 »

ドラゴンズドグマ-信念と矜持~陰る領都

ドラゴンズドグマ ダークアリズン。

中盤以降は、サブクエの方が、本編に繋がる伏線みたいな形のイベントが多い。
そのため時期によって本編を進めると、
関係あるサブクエの方が消滅してしまうなんてこともある。

今回紹介する本編のクエストが
一部のサブクエストに関係したものがあるんで、まずはその辺の紹介から。
 

■備えあれば

領王との謁見後~後述の本編クエスト「信念と矜持」受注前までの期間。

Ddd_46

領都北西の橋を渡り海沿いに進んでいった先にある風断ち砦。
領王との謁見後、この砦にいってみた。
中には砦の責任者であるダリオ兵士長を発見。会話でクエストが発生する。

ダリオは砦の事情を伝えた上で、街道の治安悪化により物資の補給が滞っているとのことで、
領都に戻り、物資補給を頼んでほしいと依頼してくる。

領都にはジュリアン卿と兵士長エルメスト、どちらかにクエ進行の赤印がついているが、
ダリオはジュリアンに伝えてほしいとのことで、彼に伝えた方がいいだろう。
ジュリアンを探す。
夜だと城内にはいないが、朝だと城の2階の来賓の部屋や城外の監視所にいるときがある。
彼を見つけて物資の件を伝えると、量はどれくらいか、日数を聞いてくる。

Ddd_46_2

これは、伝言で1週間分となっていたのでただしく答える。ジュリアンに任せるとか適当すぎるので(w

回答後、ジュリアンから補給分+で幻の肉x5を貰う。
その後、砦に戻りダリオ兵士長に報告でクエストが完了。

クエスト完了後に、再度ダリオと会話し、プレゼントの項目から
幻の肉(1個でOK)を選択して渡すとお礼を言われる。

そして三度会話で、感謝されたダリオから「風断ち砦の鍵」を入手。

この鍵は砦内の武器庫の扉を開けるための鍵。

中には、ダマスクスヘルムとダマスクスプレートが入っていた。
おお、これは貴重そう・・とはいえ、レンジャーであるノブゾウには装備できない代物だったが・・。
だが、後でこれら装備品が普通に店売りしている事に気づいた・・。
レアでもなんでもなくてちょっとガックシ。

 

さてさて、本編クエストのほうは、グリフィン討伐や竜王の指輪奪取など
着々と勅命任務を成し遂げていく覚者ノブゾウ。

■信念と矜持

Ddd_53

次の任務は、反逆者の掃討。
徴募隊を指揮していたメルセデスが、この任務を遂行したいそうだが、
当の彼女、実は隣国の領主のご息女なのだそうで、
危険な任務をさせるのも躊躇うが、志願されては断る道理もないとして、
せめて彼女に協力する形で申し出る。

前々から、覚者という戦を左右するほどの力の前に、
徴募隊の意義を問うて来たメルセデスは、
勅命任務を遂行してきた覚者(ノブゾウ)の手柄に対して
焦りを覚えていたのか、この任務は私一人でやる!と融通が利かない。
活躍の場を譲ってくれてもいいだろ?といわれ、渋々はいを選択・・・まぁスネられても困っちゃいますし・・。

オルダスから具体的な任務は聞いていないが、
メルセデスとの会話で、何やら今回の件はジュリアン卿が関わっているらしく、
彼の持ち場である風断ち砦で不穏な動きがあるのだという。

メルセデスは兵士を集めてすぐに現場へと向かっていったが・・・。
彼女たちだけではどうも不安だと、こちらも風断ち砦へ。

すると・・・。

Ddd_53_2

砦内で目の当たりにしたのは、
砦部隊と反乱兵による衝突だった。

戦の中でメルセデスを探して砦内を捜索。
と、砦内で彼女を発見、後を追うと・・・。

砦の中央部ではジュリアン卿が待ち構えていた。

話を聞いていると、
このジュリアン卿が救済と通じていた人物であったことが判明する。
ではこいつが噂されていた無名騎士というやつか・・。

Ddd_54

元々他国出身の無名騎士ジュリアンは、
一度ドラゴンを退けているというエドマンが、またもドラゴンを退けたとなれば
この国の勢力が一気に高まってしまう事を警戒していた。

救済の目的については無関心ではあったが、
救済を利用して兵の反乱を煽ることでこの国の勢力を削ごうとしていたのである。

近隣諸国との約定(危機の際に近隣諸国が協力するというもの)があるとはいえ、
本気でこの国が約定する気があるのなら
メルセデスのような半端者(またその国)が寄越されるはずがないと発言。
侮辱されたメルセデスは己の誇りにかけて、ジュリアンとの一対一の決闘を申し出た。

双方の決闘が始まる。

Ddd_54_2

ジュリアンに、おまえは助太刀か?とか聞かれたが、
さすがにメルセデスのプライドもあるだろうから、この戦を見届ける事に。

ジュリアン曰く、古き約定に囚われ、
近隣諸国を疲弊させるこの国のやり方に難儀を示していたようで、
そんな事を続けていれば、いずれ他国にも訪れるであろうドラゴンの災厄を阻止する事ができないと考え、
いっそのことこの国を自壊させれば、近隣諸国の利になるといいだした。

この国の民の命など全く考えてない騎士道に背いたやり方に、
メルセデスは怒りを覚えつつも、決闘が続いていたが、
結局勝負はジュリアンの一方的な形となり・・最後はメルセデスの剣が弾かれてしまい、
勝負がついてしまう。

敗れたメルセデスは、死ぬ覚悟だったが、
利用する主義のジュリアンに情けをかけられ、
結局、鎮圧失敗という形で、已む無く退くこととなった。

メルセデスは、この国に遣わされたのが飽くまで
政治的な形式によるものだと、己のふがいなさも認めた上で、
本当に民を考えて有望な兵を送ってほしいと領主にその旨を伝えるため、
一度国に戻ることを決意、強くなって必ず戻ってくる!と約束してその場で別れた。

帰る際、倒れた砦の部隊に驕るな覚者ー!とかいわれてしまう。
まぁ戦に敗れて当然か・・・。
ダリオ兵士長とも会話。

結局この砦は救済の息がかかった反乱兵に抑えられてしまい、なんとも無念だが
ダリオ自身は、今回のドラゴンとの戦いでは覚者の力だけでは到底乗り切れないとして
ジュリアンの考え方には賛同している側だという。
ふむぅ・・まぁこんな人が出てきも不思議じゃない。
政治的な企てがあると一筋縄にはいかんもんだ。

戻って、オルダスに報告。
今後ジュリアンたちがどう出るのか警戒を強める一方で、
突然、従者が駆けつけると、オルダスに耳打ち。

それを聞いたオルダスが、峠の関所に負傷した兵がいるそうで、
覚者に伝えたいたいことがあるそうだから、すぐに向かって欲しいという。

  

■陰る領都

緊急性のある様子だったから、すぐに関所へと向かったが、
・・・なにやら緊急の通達かと思いきや、
駆けつけてきた兵からはすぐに領都に戻って欲しいとの知らせが・・。

領都を見ると、なにやら煙が登っている光景を見る。
うわーいやな予感が・・・というより、してやられたか。

すぐに飛石で領都へと戻ってみると・・・。

Ddd_55

職人区では、巨大な鶏が大暴れ。
うわーなんだこいつは・・・。

鳥系のボスはグリフィンだけで勘弁だと、このコカトリスさんを相手にしていたが、
コカトリスと聞くと、厄介なのが石化。
胸を膨らませて吐く黒いブレスなどには
石化効果があるようで、近場でやりあってると危険、極力距離を置いて弓討ち。
ただ、グリフィンと比べてこいつは気性が激しくて、長い距離を蛇行しながら突進してくる。
この突進は最初のうちは慣れなくて避けるのも一苦労。

更によく見ると職人区の菓園のほうで幾人か反乱兵を目撃、
どうやら連中がコカトリスを呼び寄せた様子で、こいつらも片づけていく。

コカトリスは蛇行しながら突進してくるが、
突進に対しては段差になってるような塀などで足止めできる・。
頭部と赤い胸が弱点のようで
狭い道に逃げ込んで近場の建物を影に、
引っかかったところを狙い撃ち。

こうしてライフを削っていったが、ゲージ2個ほど削ったところで
コカトリスは飛び去ってしまい、そのまま戦闘終了・・。

この件をオルダスに報告する。

どうやらオルダスに伝令をよこした兵士は、救済の密偵で、
覚者である自分を領都から遠ざけた隙に、コカトリスを呼び込んで襲撃していた。
この事件よりも前に、コカトリスの死体に群がる兵たちの姿を見たが、
連中が死体を城内に運んで、コカトリスを復活させ、
領都を混乱に陥れようとしていたわけか。

オルダスも控えの間にいたところを連中に昏倒させられた様子だが、
幸い気づくのが早かったこともあって、被害も最小限に食い止められた。

だがジュリアンとの一件以降、こうした救済の連中の動きも本格化してきたなぁ。

ドラゴンとの戦いの前に、救済と決着をつけねばなるまい。

|

« ドラゴンズドグマ-栄華の綻び~臓器に魅入られた魂 | トップページ | ドラゴンズドグマ-救いの手~滅びの賛歌 »

PS3『ドラゴンズドグマ』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。