« ドラゴンズドグマ-序盤のサブクエ:過ぎた探究心~月下の追跡 | トップページ | ドラゴンズドグマ-呪い師の森関係のクエスト中心に。 »

ドラゴンズドグマ-謁見後のサブクエ:喉元の刃~逢瀬の代償

ドラゴンズドグマ ダークアリズン。

Ddd_32_2

Lv30~40辺りはアサシンに転職。
ストライダー専用スキルが使えなくなる代わりに、
ジョブランクを上げていくと、アサシン専用スキルを覚えていく。

短剣・弓のほかに、剣やメイス、シールドまで使いこなす多様ぶり。
短剣スキルの方は、敵の攻撃をいなして背後から首掻っ切る流し暗殺とか、
一定時間自身の行動を高速化させる風まとい、
姿を消して一定時間敵に気づかせない姿隠しなど。
毒針突きでブシュー!と相手を仕留める様がいいね。

弓スキルだと、スタミナ消費して遠方からスナイプ攻撃のしじま討ち、
動き回る相手には、スロー状態にする仕込み痺れ矢が便利。
代わりに爆ぜ討ち使えなくなったのが残念だけど、
主に不意打ち専用に特化してるかなぁという雑感。
各種幅広いスキルを駆使できるから、様々な味が出せて面白いなぁとはおもうんだけども。

それでも、どこか物足りないと感じてしまうのは、戦闘以外の部分かな。
このゲームは飽くまで戦闘がメーンであって、そっちは楽しめてるけど、
他の要素が皆無だからどうしてもワンパターンになりがちで。

今作のサブクエストでは、職業専用クエストみたいなものがないし、
隠密・暗殺クエなどあった某ゲーに比べると
本職としての芯を拝めず物足りないかなーという感想。

で、そんな事考えながら街道歩いてると、
逆にこちらが何者かに狙われている立場である事に気づく。

アサシンが逆に暗殺者に狙われるとか、アサシン失格ですぜ。

Ddd_33

Ddd_33_2

本編の方では、ついに領王エドマンとの謁見を果たすノブゾウ。
嘗て覚者としてドラゴンとも相まみえたというエドマンから、
直々に竜討伐の勅命が下り、以降は一人で城内での行き来が許可される。
同時期に中庭で王妃エリノアと初対面。
フェステにかぶせられたおかしな帽子を渡すと、彼女の好感度が一気に上昇。
このイベントは、後のエリノア関係のクエストのフラグのようで、
それは後述記載。

謁見後は、自分が覚者だという事実が街中に知れ渡るようになり、
ちょっと人気者気分なノブゾウさん。

その反面で都外周辺で出没する賊たちから「覚者」だと警戒されて襲ってくるときもあり、
余計なところでも人気者になってしまう。

Ddd_34

そんな中、ある危険な集団の目にも留まってしまった様子で・・。
領都へ戻ると、門兵から自分を探している怪しい連中がいるとの報告がはいる・・。
ぬあぁなんだこいつらは。
  

■喉元の刃

門兵からの報告後、様々な場所で暗殺者に襲われるようになる。
場所はMAPのマーカーには指定されないので、初見では具体的にどの辺に出没するのか
ひっじょーにわかりづらかったけど・・。
賊がいそうな場所周辺を洗いざらいに。

出現場所はバラバラだが、主に夜の時間帯。

最初は領都周辺、北西の橋渡ったY字路付近。

Ddd_35

橋渡った直後に、スケルトンの軍勢に混じって不意をついてくる暗殺者。
何やらゴニョゴニョ会話が聞こえてくるが、「我ら!ファントム四人衆!」とか
暗殺者のわりに自己紹介してくれるご丁寧ぶり。

魔術師系のほかに、接近タイプが何人か。
画像に映ってるハゲのおっさん達がそうなんだが、
向こうはターゲットを覚者に絞っていて、ポーンよりもこちらを優先して襲ってくる。
中にはアギト裂き使ってくる暗殺者がいて接近されると厄介。
視界が悪い中で包囲網を掻い潜るのはわりと大変だった。

 

Ddd_35_2

お次は石切り場北入口前。

ここでは暗殺者レイヴン、ホーク、コンドルの3人。
入口前で遠方からファイアボール放ってくる魔術師タイプと、
弓持ち、あとは短剣使いが一人。

短剣持ちのやつが障害物の石場を利用してかまいたちによるラッシュを仕掛けてくる。、
モーションはいってる状態だと巻き込まれて危険。

最初魔術師の方仕留めようと飛び込んだら、
石に隠れていた短剣持ちに襲い掛かられ、
かまいたちで甚振られてひん死状態・・・あっぶねー。

弓持ちも視界が悪い夜に石場に隠れられると厄介なので、
見つけたら率先して倒しに行ったほうが無難。
魔術師は最後でいいかもしれない。

HPは低めだからこっちのコンボに巻き込めればすぐに終わるんだけど、
普通の雑魚の賊よりも行動早いし手強い印象。
視界は悪いけど、落ち着いて周辺の状況が確認しないと不意打ち率高め。

Ddd_35_3

お次は月噛峠。あの徴募隊の護衛をしてた際に通った峠だが・・、
この辺も道中は賊が徘徊している場所、夜には暗殺者も紛れている。
領都方面から峠に入り、上り坂の途中、一本の大木が生えてる丘周辺に
ダークネスという魔術師が出現。

その周辺近づくと怪しげな声が聞こえてくるから大体分かる。
ダークネスは遠方からファイアボール放ったりして来るんだけど、
厄介なのは、その近辺に徘徊しているハーピー。
真っ先にダークネス倒そうと接近したら、いきなりハーピーに捕まって、
そのまま連れ去られてしまいそうになった。
後一歩間違えてたら崖の下に転落してしまいそうだったな・・あぶねぇ。
ハーピーが徘徊してたら、弓で先に殲滅してから近づいた方がいいな。

Ddd_35_4

お次は、宿営地から峠の関所向かうまでのマナミア街道、
途中倒れたS字状の道を通っていると、ルージュ&ノワールの女暗殺者が襲ってくる。
ここいらは、近場の盗賊の連中に狼もいて、紛れるように出没するので厄介。

かまいたちであっという間に距離を詰めてくると、百烈斬りなど素早い手数で攻撃してくる。
正面からやりあうと短剣によるラッシュが痛い上に、二人とも同じタイプなので固まってると厄介。
百烈斬り中は背後とっても回し蹴りで逆にダメージ入れられるんで厄介だな・・。
一人になっても油断ならん相手だった。

Ddd_35_6

こうして4箇所で刺客を全部を倒し、最後にカサディスの入口前に向かうとイベント発生。
これまで刺客を放ってきたボス・ゼロが登場して戦闘に。

こちらの背後をついては大剣を振り下ろして攻撃してくる。
突然奇襲受けて二発もらってしまう。

一瞬の出来事でこっちは避けるので精一杯だったが、
その隙にフレのポーンがゼロを一刀両断で勝負がついた。

こっちは全く手出さずして10秒もしないうちに終了とか、
反撃する余地全くなかった・・エイジさんとこのポーンは優秀すぎ(w

こうして一連の暗殺者襲撃は無事幕を閉じた。

しっかし、このクエは暗殺者の奇襲もらっては、
こっちが反撃に出る前にポーンが片づけてあっさり終わっちゃう場面が多くて、
なんというかあまりに消化不良だったわー。

 

■逢瀬の代償

前述の王妃エリノアに関するクエスト。
領王との謁見後に、城内のマーベルと会話するとクエスト発生。

夜間中庭でマーベルと会うと
エリノアが自分に会いたいとのことで、城内へと入るんだけども、
夜中での城内探索は兵士に見つかると罰として牢獄に入れられてしまうので
なるべく見つからんように早々と謁見の間から王妃の部屋へ。

で、この王妃の部屋では、エリノアが奥方にも関わらず
自分に想いを寄せている旨のイベントが見れるが・・
直後にエドマンがやってくると、
まるで何かにとり憑かれたかのようにエリノアを襲うシーンが・・。

領王に見つからぬよう隠れていたノブゾウは、
エリノアが首を絞められている場面で咄嗟に止めに入ったが・・。

Ddd_36_2

この状況にエリノアが、ノブゾウを侵入者扱いし、
兵に連行され、牢屋で拷問させられてしまう羽目に・・・ひどいや。

 

その後ぐったり倒れている中でエリノアが駆けつけると、
ああ演技しないと領王に殺されるかもしれなかったと打ち明け、
ここから脱出してほしいと告げる。

Ddd_36_3

この際、牢獄の鍵が二つ手渡される。
MAP左下の牢獄から抜け道を使って出られたりはするんだけども。
一応正面から堂々と城門を抜けるのもあり。

でも夜中で兵士に見つかったりするとまだ牢獄送りになってしまう可能性もあるんで、
抜け道を使ったほうが無難かもしれない。

にしても、エドマンの異変が気になりますな・・。
元々体調が優れないという話は聞いていたが、この領都内で不穏な影が忍び寄っていそうな、そんな気配。

|

« ドラゴンズドグマ-序盤のサブクエ:過ぎた探究心~月下の追跡 | トップページ | ドラゴンズドグマ-呪い師の森関係のクエスト中心に。 »

PS3『ドラゴンズドグマ』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。