« ブログ4周年!来年の今頃は・・・。 | トップページ | 空の軌跡シリーズ、総括。 »

空の軌跡3rd-いつか、辿り着く場所

英雄伝説 空の軌跡 the 3rd。

本編を進める傍らで、太陽の扉から挑戦できる裏武術大会も大詰め。
本編最終話まで進めると、某所で入手できるアイテムから
ナイトメアモードの選択が可能に。

Eds_327

ここでは、フィリップ&モルガン&デュナン公爵という珍トリオや
キリカ&ヴァルターなど嘗ての泰斗流コンビ。
決勝ではカシウス&レーヴェという、剣聖&剣帝コンビが登場して大いに盛り上がった。

さすがに決勝のあの2人同時は一筋縄にはいかないだろうと思ってたけど、
ここでは大いにレンが役に立ったなぁ。
レンはアーツ専として使ってるんだけど
ペチねこスーツ+クインティリボン+熾煌の冠でSPD191と最速行動な上、
刻耀珠(駆動3)つけたら、即発動で
相手の行動より先にウォール掛けられるというチートっぷり。
そんなやつにクロックアップ改かけてやると、
レーヴェの1回の行動回る前に3,4回ほど行動を起こすようになるとか。

終盤のレンのチートっぷりはヤバイな。
まぁさすがに難易度がナイトメアにもなれば一筋縄にいかんのだろうけど。

というわけで本編のほうは・・。

ケビン達が飛ばされてきた異空間「影の国」の真相も明らかになり、
元凶の影の王と決着をつけるべく、ケビンはリースや仲間達とともに王の居城へと突入する。

本編もクライマックスへ。

 

■最終話 いつか、辿り着く場所

 

アルセイユで王の居城へ到着する一行。

ここでは入口に4つの門があり、
計4チームに分かれて1エリアずつ攻略していく。

最後の大門にはラスボスが待ち受けているだろうから
ケビン、リース、レン、リシャールの主力メンバーで。

ただ、他のメンバーはろくに育ててなかった。
適当な人選で他3つの門を攻略していく事に・・。

Eds_329

Eds_329_2

ここまでの主力メンバーだとLv130以上はあるが、
序盤のほうでしか使っていなかったユリアやミュラーなど、
シェラザードのように加入してから一度もつかった事がないキャラまで。
Lv100ちょっとしかなくて、最初のうちは通路上に徘徊する雑魚を倒すのにも一苦労。
雑魚が普通にカシウスさんの雷光撃を使ってくるとは・・。

即席メンバーでなれないうちは大変だったが、
装備やクオーツちょっと見直したりして、ATS1300ほどでマター改使えるキャラ一人入れておくとだいぶ変わるな。
すぐに殲滅できる難度、まぁこの辺は難易度ノーマルだからアーツ次第で何とかなる範囲。

雑魚倒しながら進んでいけばLvも主力メンバー追い越すくらいには上がる。

接近タイプ、遠距離(銃)タイプ、アーツ専x2がバランスいいと思うが、
銃専(ジョゼットとオリビエ)や接近タイプ(ユリアとミュラー)が
同じチーム内にいたりとか、今にして思えばかなりデタラメ構成だったな・・。

で、ここのダンジョンは、チームが最奥まで進むとボス戦が待っているが、
すぐに戦闘にはならず、別のチームに切り替わって他のダンジョンも攻略していく形。

右門、左門、正門のダンジョンとも、特に長いルートでもなく、
それぞれボス戦が待っているが全部持ち越したまま一通り攻略すると、
最後は大門。こっちも3つの門と同様ルート的にたいした長さでもなく、
主力のケビンでサクサク進み、あっという間に最奥へ到達。

奥では案の定、影の王が待ち受けていました、と。

この影の王はルフィナの格好をしていて、ケビンに罰を与えるために
生まれてきた存在ではあるが・・。

環を失ってしまった影の国は、新たな主を求め、一番心にトラウマを抱えたケビン
の深層心理を取り込んだ、という話を前に聞いた。

そのトラウマの象徴となっているのは、ケビンの体に刻まれた「聖痕」。
影の国が反応したのは聖痕の影響であり、
影の王の正体は、ルフィナなどではなく、「聖痕」そのもの。

その事のケビンも気づいていたようで、影の王もそこから真の姿を見せる。

ケビンとは別に邪悪なる自我を持っていた聖痕は、
オリジナル(ケビン)を喰らうことで真の完全体になろうと企んでいた。

聖痕は自らを意志(アニマ)と名乗り、ケビンたちの最後の戦いが始まる。

 

ここから、各門持ち越してたボス戦含めて4連戦が始まる。

Eds_330

最初の右門のボスはゴルディアス零式、パテル=マテルの黄色バージョン、
いきなり初回ダブルバスターキャノンで浴びせられて焦ったが、
その他は手掴みでつぶしてくるギガントプレスなど
攻撃パターンはパテルとそんなに変わらないものの、威力は強化されている印象。

ボスだけでも厄介そうだが面倒なのがお供の雑魚アンヘル。
アローアンヘルはアルテミスアローでちくちく攻撃してくるから、
先に殲滅しようとしていると
零式のプレスで10000オーバーでミュラーが倒れたりと、序盤はバタバタ。
HP10000以上保っておかないと即死ケースだな。

まぁ雑魚殲滅&ウォール掛けてしまえばこっちのもの。
密集しながらウォール掛けてたが零式はパンチ攻撃が多くてひき潰し少なめだった分まだ楽だった。
ラ・フォルテでSTRあげてクラフト攻勢で一気に畳みかけた。

開始5分で零式を撃破する。

 

二戦目は左門のT-IIゲシュペンスト&ブレードアンヘルx4。

Eds_331

見た目はドラギオンの強化バージョンといったところ。

ゲシュペンストはディレイキャノンによる範囲遅延攻撃がなかなか厄介。
アーツ詠唱中だとAAキャンセラーを仕掛けてくる事もある。

おまけにブレードアンヘルのほうは、天軍突撃命令で敵全体のSTRを強化してくる。
毎度STR強化されるのは面倒なので、Sクラフト攻勢でアンヘルの数を減らしながらゲシュペンストを相手にしていくんだが、

このアンヘルを早いうちに倒しきれないと、
天軍STR強化した状態で雷光撃の範囲攻撃を浴びる事になり、
更にゲシュペンストの必殺技で追い討ちを掛けられる事も。
序盤はこのコンボ浴びてあわや壊滅という状況まで追い詰められた。

はやめに雑魚倒しておかないと全滅もありえる。

ゲシュペンストもディレイキャノンや拡散レーザーなどの範囲攻撃が中心なので、
なるべく分散して戦えば被害は少ないが、
場面に応じてガードかけていかないと面倒な相手なので、
ガイアシールドがあるとベスト。

アンヘルは倒しても、ゲシュペンストがまた一体ずつ呼び出してくるんで、
増援は早めに叩いておくのがベター。

HP残り少なくなったらSクラフトを一気にぶち込む。
エステルの絶招・太極輪・・12000と強いな。
最後はクローゼのサンクタスノヴァでフィニッシュ!

 

三戦目は正門のR・タイクーン、ロッドアンヘルx4。

Eds_332_2

Eds_332_3

R・タイクーンは、SCで登場した古竜レグナートを赤くした強化バージョン。

ロッドアンヘルは接近してはヘヴンスラップ(混乱付加)で攻撃してくるんで
混乱対策してないと面倒。
その他、アーツでの攻撃を受けるとジェネシックバリアでアーツ無効のバリアを張ってくる。
これにより、アーツでの範囲攻撃が制限されてしまい、面倒極まりなく、
当然アンヘル優先片づけていくわけだが、

前二戦と違うのはタイクーンがアンヘルを呼び出す頻度が多いということ。

幸いだったのは、この正門チームには
クラフトでも火力のあったヨシュアとアガットがいたので、
彼らの範囲クラフトで攻めながら連中を片づけていく。

ヨシュアに混沌の理+極・魔眼での範囲攻撃で、遅延&混乱状態にさせるなど
ある程度の妨害はできる。

ただ、この戦闘ではタイクーンが終始アンヘルが呼び出してきてキリがない。
毎度の事バリア掛けられるのも厄介だが、
アンヘルはアーツ攻撃を貰わないとバリアを発動しない習性&混乱が効く、というのもあるので、
新しいのが出てきたらシルバーソーンでの混乱攻撃がわりと効果的な気がする。

タイクーンのほうが、アンヘルを疎らな位置に呼び出してくるのが面倒ではあるけど、
かといってそこで全体アーツかけるのは火に油を注ぐようなものかもしれない。

かくいう自分は、増援がウザかったために、テンペストフォールをぶちかまして
バリア発動され、クラフトでチマチマダメージ入れていくという
結局17分という長期戦を強いられる羽目になった・・・トホホ。
まぁ結果よければすべて良しよ。

 

こうして最後は大門、聖痕アニマとの戦いがはじまる。

アニマ=ムンディ戦。

Eds_333

開幕、アニマは、7つの柱を呼び出して自分に障壁を張ると、
各柱とともに詠唱を開始してゼプトクライシスという全体技を使ってくる。

普通にガードで防ぐ事は可能だけど、
詠唱中はサイレントクロスなどの妨害も効かない。
柱がある限りはアニマへの攻撃が一切受け付けないようで。

柱を攻撃してみたけど、なんやら各種アーツもガードされて変だと思っていたが、
ステータス見たら柱ごとに唯一弱点の属性があるようで、
各メンバー弱点のアーツ使って柱を先に片づけていく。

この間も、アニマや柱はセプトしか使ってこないので
ガードで対策しておけば問題なし。

柱を殲滅すると、アニマはパターンを変えて、グリモアを呼び出してくる。
このグリモアは放置しておくと、
メンバーをコピーして同じ姿に変身するという厄介な能力があるので、
こいつを呼び出されたら真っ先に殲滅。

まぁATS2000超えのレンさんのマター改で一掃できたので問題ない範囲だったが、
こいつのHPはわりと高めでATS1300ほどのマター改だと6000ほどのダメージで
一発では倒すには8000~9000程のダメージ与える必要はある。

このグリモアは一辺に二体呼びされることと
グリモアは死ぬ際にヤミトナルで接近してる相手にダメージを与える、
自爆攻撃みたいなものがあるので、接近時は注意しておく必要はある。

Eds_333_2

アニマもここから、技の発動準備に入ると、
邪法剣ゼク・ウォー(直線・遅延攻撃)や裂空斬 陰の衝、
魔蒼弓ナグ・ルブなどの強力全体攻撃を仕掛けてくるんで、
なるべく範囲外に回避したりガードで対策しての戦闘。
とはいっても、序盤のセプト対策できるかなぁと安易にはってしまったジェネシックバリアの影響で
ガードの掛け直しができず、アニマの技をたびたび貰ったりもしたが・・。
いずれもそんなに致命傷になるダメージでもなく。

アニマのほうは中盤忙しくチェンジアトリビュートで自分の耐性パターン変えてきたり、
HP半分以下になると、超理力蓄積!でDEF&ADFダウン、とかいろいろパターン変えてきて忙しいやつだったが、
蓄積後のDEFダウンを狙って集中攻撃。

Eds_333_3

Eds_333_4

アニマは蓄積後、何を仕掛けてくるのかと思えば、
聖痕砲メギデルスを発動、地球圏外まで飛んで強力なレーザー砲をかましてくる
地球崩壊レベルのエフェクト、
あれ貰っちゃうとさすがにヤバそう・・!ではあったが、ここも全員ガードで難なく凌いだ。

だが、さすがにあこまで強力なレーザー砲ぶちかまされた影響で
周囲の戦闘エリア内が崩壊して狭まっていた。

Eds_333_5

この状況だとグリモアの自爆とか、範囲攻撃とか全員浴びる事になり
危ない状況・・・ではあったが、
聖痕砲発動前にリシャールの桜花斬月などで一気にHPを削っていたため、
とうのアニマは既にひん死状態。
終盤ではグリモアの自爆と範囲攻撃でこちらのガードをこじ開けようとしていたが、
とき既に遅し。

 

Eds_333_6

最後は悪の聖痕と決別する形で、
ケビンの聖槍ウルが、アニマを貫き勝負あり!

所要時間23分。
聖痕アニマとの長き戦いに終止符を打った。

  

悪しき聖痕の色が次第に白く輝くと同時に、
ケビンたちは別の空間へと飛ばされる。

 

そこは、あの黒騎士と戦っていた狭間。
中央には、あのルフィナの姿があった。

Eds_334

ケビン達が聖痕を倒した事でようやく解放された様子だが、
彼女の中にはまだ聖痕が残っていた。

このまま放っておけば、また力を取り戻して暴走しかねない。
そこで、ルフィナがケビンに止めを刺して欲しいと頼んできた。

もう既に亡くなってしまった存在ではあったが、
それでも一時の再会に喜びもした。

Eds_334_2

苦渋の決断ではあったが、ルフィナの最後まで厳しく、そして優しい忠告に、
ケビンはボウガンを手に取る。
そんな二人に置いてかれるのはもう嫌だ!とリースもケビンのボウガンを手に取り、
自ら一緒に罪を背負う事を誓った。

誰もが幸せになれる世界を望んでいたルフィナは、
それに近づけるために足掻く毎日だった自分を語り、
最期に「私が夢みて、たどり着けなかった、そんな場所を目指して欲しい」と二人に告げた。
それは途方もない事ではあったが、ケビンとリースは姉との約束を誓う。

こうして最後は二人によって撃たれたボウガンの矢がルフィナに突き刺さると同時に、
ケビンは、悪しき聖痕との決別を果たしたのである。

 

その後は、仲間達と合流するケビンだが、
聖痕が消えたことで、主を失った影の国が不安定となり、
急いで脱出を図る仲間達。

幸いにも、ルフィナが遺してくれた脱出口を発見し、
仲間達はそこへ向かう。

 

ここでは皆一気に脱出すればいいのに、
何故か二人ずつお別れの言葉を残す送別会シーン。

皆口々に、相変わらずの台詞を残して去っていった。
まぁ結局のところ、エステル達SCメンバーはケビンの深層心理に取り込まれて迷惑をこうむった形ではあるが、、
一歩間違えれば環の近くにいたエステル達のうち誰かの深層心理に取り込み、、
方石によって取り込まれた仲間が精神崩壊の危険もあったかもしれない。
そう考えるとかろうじて精神を保っていたケビンが選ばれたのは、
幸いだったのではないかという意見をヨシュアか誰かの台詞で聞いたが、まぁいっか。

Eds_335

このお別れシーンでは、仲間達が笑って別れを告げる行為を理解できないというレンに、
エステルが「みんなで笑えば一人じゃないって実感できる!
また会えるかもしれないってドキドキワクワクもできる!」とか
公式にあったあの台詞が聞けるんだが、
エステルがここから、レンが大人になってお別れする日になったら一緒に笑おう!と、
ヨシュアと共に「家族」にならないかと提案してくる。
これにレンは、全力で逃げてやるー!それでも二人は大好きー!とかいって逃げていくんだが、
これが後のクロスベル(零の軌跡)での鬼ごっこに繋がるわけか(w

Eds_336

そんな3人の姿を見て、ケビンは、
姉さんが目指していた場所は本当にあるかもしれない、と語り、
リースが、一緒にその場所へいこう、と約束。
二人、手を繋いで影の国を脱出したのである。
 

といった感じで、空の軌跡 the 3rd本編をクリア!
プレイ時間54時間。
各話は多かったけど、ボリューム的に短めで、FCとどっこいかな?

クリア後はデータ引継ぎで2周目プレイ可能だが、
ここ一ヶ月近く空の軌跡ぶっ通してでやってきたんで
さすがに2周目やる気力もありませんなぁ。

つか気づけばもう4月中旬じゃないですか。

次回で空の軌跡総括して終わろうか。

|

« ブログ4周年!来年の今頃は・・・。 | トップページ | 空の軌跡シリーズ、総括。 »

PSP『英雄伝説 空の軌跡』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。