« 空の軌跡シリーズ、総括。 | トップページ | セブンスドラゴン2020-II-SECT11登場~ティアマットさんがお強い。 »

全ての竜を狩りつくせ!セブンスドラゴン2020-IIレビュー。

7d2_1

今日発売のセブンスドラゴン2020-IIを開始ー。
とりあえず、最初のプロローグ2時間ほど終えての感想。

2ヶ月前にプレイした2020と比べて、
システム的にも変わっている部分というのがあまりないんで
斬新な部分はあまり期待しちゃいけないという点を踏まえて・・・。

7d2_2

前作から1年後のお話なので
話自体は繋がっているんだけど、タイトルメニューから、
これまでの大まかなあらすじを見る事ができる。
これで、前起こっていたことは復習できるので、
前作遊んでなくても本編の内容はついていけると思う。

細かく言えば、前作の顔グラのない関係者までそのまま登場するので、
会話の中で、人物像の関係など前作やってないとわかんない部分は多少はあると思う。

 

前作のシステムデータがあると、あるアイテムを受け取ることができるようだが、
それ以外にキャラ引継ぎとかいう要素はなく、実質キャラも最初から作り直しではじまる。

プレイヤーはマモノ討伐部隊のムラクモのメンバーを登録して、
最初は、マモノとの戦闘など軽いチュートリアルをこなして、
その後現れるドラゴンとの実戦、というプロローグの流れは変わらない。

7d2_3

7d2_3_2

キャラメイクのほうはグラフィックは前作をベースにしたキャラ、
各キャラグラ3つのカラーパターンが用意されている。

新規に男女2つずつグラフィックが追加されたが、
新グラのうち2つはSECRETで選べない。
影になってて見えないが、猫耳ついた形からして今作登場する「ルシェ」のグラかな。
進行中でもメンバー新規に登録できるので、本編進めていく過程で解禁されるのかも。

このゲームでは、ボイスの選択こそ最大のキャラメイクであるほど豊富な声優陣が使われているのも前作と変わらず。
まぁ台詞のほとんどが戦闘でしか使われないのも相変わらずなんだけども。

声優陣は前作で起用された人もほとんど登場してるが、
新職種にもあわせて若干追加された人もいるかな?

とりあえずブシドー少女は日笠さんの声が合う。今回もこれで行こう。

 

7d2_4

目玉なのは今作追加された職種「アイドル」。

武器はメガホン、どちらかというと支援系のイメージが強いんだけど、
同じ支援でも攻撃的支援系っていうのかな。

スキルは大きく分けて「オーダー」と「フォーメーション」の2つで
オーダーは攻撃やスキルなどの行動を促すスキル。

7d2_4_2

初期で使える「突撃グルーヴ」というスキルが、
そのターン、メンバー全員再行動攻撃をさせる技なんだが、
メンバーのコマンド行動とは別に発生するもので、
1ターンでコマンド攻撃+突撃グルーヴによる攻撃、の追加攻撃を起こすという便利な技。
突撃のほうは、通常攻撃に限られてしまうが、
それ以外の行動を促すスキルをこれから覚えていくのかもしれない。

フォーメーションは使用ターンのみ有効な状態変化を起こすスキルで、
初期技だとドライアイスという数ターン自身の回避率を上げる技をはじめ、
様々なスキルを習得していくわけだが、
アイドルの能力にはフィーバーゲージというものが存在していて、
ゲージが1~3の段階ごとで使えるスキルが変わるという仕組みをとっているらしい。
ロイヤーの深度みたいなものなんかな。
で、フィーバーが3の状態でスキルを使うとスーパースター状態になり、
スキルの効果が上がるとか何とか。

支援系であまり使わなそーなイメージがあったんだけど
思っていた以上に使えるスキルは覚えるなぁ。
是非アイドルを主力にしたい所だが、今作でも戦闘メンバーは3人のみの参加。
今後はどういった職種と組ませると相性いいか、とか考えてかなきゃなぁ。

うーん・・にしてもこのアイドルの戦闘勝利時の決めポーズが可愛いな。
竹達さんの「おつかれさまでした!」が激しくあうねぇ。
異論は認めない。

 

7d2_5

その他の変更点といえば・・・顔グラの目が瞬きするようになったことかな。
後は、前作の生存メンバーキリノやエメル、ナビゲーターのミイナやミロクなど、
何人か顔グラは前作と若干変わってる。
ボーっとしてた感じのミイナが若干可愛くなってたので、ミイナを今回のナビゲーターに。
こちらこそよろしくねぃ!

後は、エリア探索時とか、キャラMOBに近づくと、顔あわせる仕草とか、
システムとは関係ない細かい部分も変更されてた。

にしてもなんだろ・・こちらは新規メンバーになっても
住民たちは、前作活躍した13班のように、英雄視して会話してくるところにちょっと違和感があるけども。
 

前作では、都庁をホームで活動してたが、
今作では国会議事堂がホームになりそうな感じで、
また資材調達で各エリア改修してく形になるんだろうなぁ。
そういった流れは前作と変わらなさそう・・・かな。

 

今作初登場の新キャラも続々出てくる。

7d2_6

7d2_7

ムラクモ事務担当の秘書役シズカさんの加入、
あとは、プロローグの終盤、ドラゴンの襲撃で倒れるムラクモ13班のまえに現れた「ショーにい」とか、
何モンだろうねぇこいつは。

ただ、このプロローグ終盤では、いきなり真竜の一「フォーマルハウト」が出現して
再び東京都内がフロワロに覆われてしまう惨事に。

まさかの真竜出現に、こちらは対抗する術があるのかー!?といったところでプロローグが終了。
一章に入ったところ。

2021年、再びドラゴン狩りが幕を開ける。

|

« 空の軌跡シリーズ、総括。 | トップページ | セブンスドラゴン2020-II-SECT11登場~ティアマットさんがお強い。 »

PSP『セブンスドラゴン2020』」カテゴリの記事

コメント

オヒサっす~ぼくも今セブドラ2はじめたところです。
アイドル、オーダー系のスキルが使いかっていいですよね。
まだスキル1のしか覚えてないけど進めロックンロールとか。
Lv3以降だと頻繁にスキル使ってくれますね。
ぼくはベルセルクV使わせてオトリにして、トリスタのハイディング+プッシュトラップで反撃とか。
回避率優先な装備にしてドライアイスLv5まであげておけば終盤まで使えそうですね。
スーパースター、サイコーっす♪

投稿: エイジ | 2013年4月18日 (木) 20時21分

まぁ一応前作で活躍した13班と同じ人ですからね
ずいぶん弱体化しましたがw

投稿: | 2013年4月22日 (月) 07時04分

>エイジさん
すんません、大変コメ遅れました。お久しぶりです。
本作のアイドルは最初は戦力的に不安だったけど、
蓋を開けてみれば最後まで役に立ちましたね。

他のレビュー見てても思うんですが、
どんな構成にするかで、人それぞれで違う戦術が楽しめるという点が、
この作品の特徴で評価できると思います。

もし続編の可能性があるのなら・・また新職種とか出るのかもしれないけど
自分的にはあまり増やしてほしくないかも・・
どれも使える職種ばかりなので、迷うんすよねぇ・・人選が(w

投稿: NOB蔵 | 2013年4月24日 (水) 00時37分

この記事へのコメントは終了しました。

« 空の軌跡シリーズ、総括。 | トップページ | セブンスドラゴン2020-II-SECT11登場~ティアマットさんがお強い。 »