« 空の軌跡SC-四輪の塔 | トップページ | 空の軌跡SC-混迷の大地・後編 »

空の軌跡SC-混迷の大地・前編

英雄伝説 空の軌跡SC。

前章の翡翠の塔攻略後、回収したデータクリスタルを解析していた博士から
古代の結晶回路を使う方法を教えてもらい、
そのためのオーブメントのスロットLvが3まで強化可能になった。

Eds_197

何かとアーツを使う中盤ではEPの消費がネック、省EPつけてない限り
消費EP100近いアーツだと2,3発で空になっちまう現状だったが、
このスロットの強化でEPがさらに上昇し、上位アーツも使いやすくなった。
EP500~600まで増えるのは大きいな。
これから強敵戦に向けてバンバン使っていこー!・・・と思ったんだけど、

そうも言ってられない事態が発生したわけで。

Eds_211

突如、リベール上空に姿を現した、謎の浮遊島。

浮遊島はリベール全域に強力な波動を発生させると
リベール各地の導力を次々と停止させていった。

導力で動いている定期船や、軍の飛行艦をはじめ、
これまで人々の生活に欠かせなかった導力が停止した事で、
リベール各地では大混乱が起きる。

各地方都市の導力通信なども全て停止し、
連絡手段もなくなるという事態に。

 

■8章 混迷の大地

ゴスペルは、周囲の導力を吸収するという導力停止現象を引き起こすが、
その導力が今までどこに送られていたのか定かではなかった。

だが、突如リベール上空に現れた浮遊都市・輝く環が姿をみせた事で。
ゴスペルは、吸収した導力を異次元の輝く環に送り続けていたことがわかり、
今回輝く環の出現で、その影響範囲が一気に広がってしまったことにより、、
リベール全域の導力停止に繋がってしまった、というラッセル博士。

この停止現象で、エステル達の使っていたオーブメントの機能も停止し
アーツが使用できなくなる。
ぬぅ・・せっかくLv3のスロット解放してこれからって時に、
結社の連中は面倒なことしてくれたな・・。
アーツが使えなくなると戦闘にも支障が出るんだが・・・。

そんな中、ラッセル博士が、事前にカシウスがこうした状況に備えて頼まれたという
「零力場発生器」という装置をエステル達に渡した。

この装置は、ゴスペルが放つ導力停止の波長を相殺する
力場を作るもののようで、この装置を使えば、導力停止現象を一時的に回避できるという。
 

各地の導力が全て停止して、リベールでは混乱が続く中、
遊撃士協会も導力通信が使えない影響で、他支部との連絡もとれずに困っていた。

混乱の最中、一番重要になってくるのは「情報」。
住民の依頼にせよ、結社の動向にせよ、周囲への連絡手段が取れないと対処できない。

そこで通信手段だけでも回復させようと、
エステル達は博士から貰った零力場発生器を通信機に設置して復旧していく任務を行う。
王都へ戻ることになったクローゼ、ケビンが離脱、残ったメンバーで
他都市への通信手段も回復させるため、各地方を回る。

Eds_212

この零力場発生器というのは、アクセサリーとして装備ができて、
これが装備中はオーブメントの機能も戻り、アーツが使用可能に。

おーあぶねー、この停止現象のときは全くアーツ使えないのかと思ってた・・・。

最初は手持ち4つで戦闘メンバー全員に装備させられるが、
支部を回って発生器を取り付けていけば、なくなっていくので、
アーツが使えない戦闘要員が出てしまうのは避けられない。

また、通信回復用のメンバーとして同行するティータは
武器が導力砲のため、発生器を外してしまうと
アーツに加え、通常攻撃&クラフトも使えなくなってしまう。
Sクラフトのカノンインパルスだけは使えるようだが・・。
発生器外してるときはアイテム要員だな。

こうした環境では、アーツよりも接近戦の得意なアガットやジンいれておくと頼りになる。
回復のほうはアイテムメインになってしまうのは仕方ないが、
こういう時こそ自給自足の料理が効果を発揮する時だ。
うーん、卒倒ミートボールがおいしい!3000ダメージ。

 

地方を回っていると、飛行中だった定期船や飛行艦も、導力停止の影響で、
平原で立ち往生してたりとか、各地で影響を受けている様子が。

Eds_213

また、突如上空に出現した、得体の知れないあの浮遊島はなんだ!?と不安視する声も。
まぁ事情も分からんままあんなもの見せつけられたら混乱しますな。

ボース市では、先日、古代竜の襲撃があったばかりだってのに・・災難続きだな。

 

Eds_214

ルーアン市では、導力機関で操作されていた跳ね橋が、
運悪く上がったままの状態で停止してしまい、北街と南街の通行が困難に。
緊急用のボートで川を渡るわけだがボート前では住民たちの行列が・・・。
当然自分たちも通行する際はボートを利用するために並ばないといけない。
ボートじいさん大忙しだろ・・過労で倒れなきゃいいが。
先日、市長に当選したばかりのノーマン市長もこの惨状には困り果てていたが、
幸いにも、レイヴンの連中が率先して住民誘導などの活動を行っていたりとか。
困ったときは助け合いが必要ですよ。

 

Eds_215

Eds_216

ツァイス市へ向かう道中はカルデア隧道を通っていくが、
導力灯の明かりが消えているため、あたりは真っ暗、
暗視ゴーグル使わないと進めない場面とか。
ゴーグルも意外な場所で役に立つな・・。

ツァイス市に到着したが、中央工房が真っ暗。
ここはエレベーターやエスカレーターなど導力機関の影響を受けすぎていた街だけに
停止当初は大混乱で怒った住民たちが中央工房に殺到したとか。
とうの中央工房も、実験機材が使えないとなればただの瓦礫の山で・・。
マードック工房長も頭を痛めている様子。

その後は王都の様子を見て、グリューネ門からロレント市へ。

Eds_219

こっちは田舎だから導力停止による影響は比較的少なめ。
ただ、こんな状況にも拘らず、礼拝堂では結婚式が行われたりとか。
以前、結婚指輪がカラスにとられた件で捜索依頼出してたあのカップルか(w
ブーケ投げではエステルも参加したが、結局取れずー残念。

こうして、ボース、ルーアン、ツァイス、ロレントの4箇所での通信をすべて復旧すると、
王都からの連絡で女王陛下が話したい事があるとのことで、
エステル達はグランセルへと向かうことになったが・・・

その途中、王都上空へと侵攻する赤い飛行艦の姿が・・・。
王都では刻一刻と、魔の手が忍び寄っていた。

といった感じで、後編に続く。
 

■8章のサブクエスト

通信復旧のため各地を回っている一方で、
各地に出没した手配魔獣の討伐などを行っていた。

手配魔獣の方は、結社が配置した人形兵器や装甲獣だったり、
以前相まみえた魔獣の強化版だったりと。

Eds_218

2章のボスとして登場したアビスワームの強化版も出てきて、
やはりこれが一番苦労させられたねぇ。
攻撃すると、地震カウンターで全体ダメージと
一体ずつ倒してかないと全滅の危険ありで。
おまけに数が多いので掃討に時間がかかった。
こんな時のために事前に攻撃アイテム作っておくと便利なんだよなぁ。
 

その他、地方を回っているといろいろ事件も発生していて、
そっちのサブクエストもこなしていったりと。

 

 

・王立学園占拠事件

ルーアン地方にあるジェニス王立学園が、
結社の強化兵たちに占拠されてしまい、エステル達が生徒たちの救出に乗り出す。
事前にヨシュアが潜入して敵の位置や人質の場所などを確認。

Eds_217

その後は、クルツ達が応援に駆けつけ、
彼らと協力して学園に潜入、生徒たちを解放していく。

この解放作戦では、アネラスとクルツが必須メンバーとしての参加。
アーツ使えるようにするために、二人に発生器付け換えて戦闘させてた。
にしても、クルツとの共闘はこれがはじめてか。

占拠してる連中を片付けていくわけだが・・。

Eds_217_2

Eds_217_3

この占拠を指揮していたのがあのギルバートくんなわけで。
終盤ではギルバートとの戦闘。

お供のヴォーグル片づけて、ギルバートが一人になると、
なんやら土下座してくるギルバートくん。
その一部始終の会話が・・・。

ギルバート「ま、まま待ってくれ!すまなかった!!このとおりだ!!
頼む!仲直りをしようじゃないか!さぁ、握手をしよう!
ひっかかったな・・ おまえさえいなければ!チクショウ!僕はエリートなんだぞー!
コノ!コノォ!クソォ!ざまぁみろ!ばーか!」

とまぁ土下座で欺いて攻撃して来るんだが・・。
戦闘中でこんな会話してくるからね。完全にネタキャラじゃないですか。
アーツなしでも余裕だった。

こうしてギルバートを倒して一件落着ー!と思いきや最後にはカンパネルラが登場。
今回は見届け役に徹している彼は、エステル達と一戦交える事もなく
ギルバートと共に、その場から姿を消した。

今作では、カンパネルラと戦う場面はないのかな。 
ギルバートの方は、カンパネルラの弄られ役か(w

学園解放後、校舎1F人文科学教室のパープルから
「賭博師ジャック12巻」を入手する。 

 

・エルモ温泉の復旧

エルモ村では、導力駆動のポンプが停止した事で、
温泉が利用できない状態が続いていた。

マオおばさん訪ねてみたが、温泉に入れないのが悩みの種ーということで、
温泉を復旧する事に。

ここではティータを同行させてポンプ室向かうとイベントが進行、
ポンプの復旧のためには内燃機関とガソリンが必要になる・・とのことでそれを取りにいくことになる。
この2つ・・前作のFCでもラッセル博士のお使いで取りにいかされたものだが
今回は2つともツァイス市内にはなく、ガソリンのほうはルーアン市までいかねばならず、
内燃機関はレイストン要塞→トラッド平原で立ち往生してる飛行艦と
それなりに面倒なお使いクエをやらされる羽目になった。

ただこのクエストやっておかないと、
ヴォルフ砦で「賭博師ジャック13巻」が手に入らない。
本集めてるなら面倒ながらもこなしておいたほうがいいという。
 

・鉱夫の救出

ロレント支部での通信復旧後、
マルガ鉱山で閉じ込められた鉱夫たちを救出するクエスト。

Eds_220

鉱山内も導力で動いていた昇降機も停止して
その影響を受けていたが、発生器を取り付けて昇降機を起動、
地下へ向かい、地下で孤立している鉱夫たちを救出していく。

FCの時でもお邪魔した場所だが、
この鉱山では、崩落により魔獣の巣と繋がってしまい、
魔獣の群れから鉱夫たちを救出しながら、
最後は遊撃士のリッジを救出、ボス戦も用意されてたりと。

各地の支部で発生器を設置してたため、
残りの発生器が一つ。そのため、3人がアーツ使えないという状況下での戦闘、
とはいえ、取り巻きのほうはデススクリーム一発で倒せる範囲だったが・・。

Eds_220_3

親玉のヒュドラアーマーの方が深遠よりの激震で全体ダメージ、
あとは、岩石投げとか2000オーバーのダメージで強力。
ヒュドラアーマーは遅延攻撃はレジストするも
弱体系は効くのでクロックダウンでSPD下げ、
あとは、威嚇の姿勢にはいるが、これは金剛撃やドラグナーエッジでキャンセル可能で。
硬いやつなんで掛け声でSTRあげてガツガツ攻めた。
あとは、接近したメンバーにアースウォールかけておけば安定。

全体回復できるアーツ要員がいなかったため、
回復アイテムでのチマチマ作業。
ティアラルの薬大量持参してたからなんとか乗り切れたな。

こうして鉱夫とリッジを救出して任務完了。

ロレント市で結婚式が行われるのは、この鉱夫救出のあとで、
その後居酒屋にいるセーラから「賭博師ジャック11巻」を入手する。

 

その後ボース市に向かうと、ボースマーケットがセール中で、
本屋のミネ婆さんから「賭博師ジャック14巻」をゲットした。 

8章でサブクエは、賭博師ジャック入手のフラグといってもいいのかな。
これ、全巻集めておくと、終章ではいいことがあるらしい。 

といった感じで、8章も後編へ続く。

|

« 空の軌跡SC-四輪の塔 | トップページ | 空の軌跡SC-混迷の大地・後編 »

PSP『英雄伝説 空の軌跡』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。