« 空の軌跡FC-王都繚乱・王都奪還編 | トップページ | 空の軌跡SC-乙女の決意~忍び寄る影 »

空の軌跡FC-王都繚乱・輝く環編

英雄伝説 空の軌跡FC。

今更だけど、FCっていうのはFirst Chapterの略。
空の軌跡の本編にあたる作品は、FCとSCの2つあって、
このFCは本編でいう序章の位置づけ。
舞台であるリベールの地方を一通り回って、事件を次々と解決していくが、
物語も事件の背後に潜む核心に触れる内容のものが全く明かされず、
登場人物や、町並みなどを軽く触れてほしいという内容で作ってあるかのような印象。

FCは世界観の説明などの前置き、事実上の本編はSCからだな。

というわけで、物語も終章のクライマックスへ。

 

前回、ロランスとの激闘を経て、アリシア女王を救出するエステル達。
一方、王都地下には、全てを支配する力を持つといわれる七つの至宝の一つ、
「輝く環(オーリオール)」が封印されているそうで、

リシャール大佐はそれを手に入れるため、深層へと向かっていった。
エステル達は大佐の野望を止めるために地下のエレベーターから深層へと向かう。

Eds_83

Eds_84

王都の地下は巨大な遺跡へと繋がっていた。

古代ゼムリア文明の頃、
王都の始祖が輝く環を封印するために建造した場所ではないかと
女王の話からも推測できたが、最近になって大佐がこの場所を発見し、
遺跡へと繋がる通路を作ってしまった様子。
エステル達は探索班と待機班に分かれて封印区画を進んでいく。

無数のフロアに深層へ向かうエレベーターへと繋がる迷路状のダンジョン。
道中は侵入者を排除するためのオーバーマペット(機械人形)などが徘徊している。

枝分かれした通路先には、大半が宝箱が置かれたフロア。
回復アイテムや各キャラの最強武器&防具などを回収できるが、
武具回収には機械人形との戦闘は避けられず。

Eds_85

Eds_85_2

多数の機械人形が出てくるので、アーツで一掃したいが、
AAキャンセラーでアーツキャンセルしては範囲系ミサイル攻撃で
ダメージ入れてくるフォトンジャッジに一苦労。
暗闇攻撃もレジストしちゃうからなぁ・・。
ひたすら雑魚を呼びながら怪音波などで状態異常を仕掛けてくるドゥームD型なども出てくるが
戦闘していくうちに全攻撃を一度無効化するアースウォール挟みながら
ひたすら詠唱しておけばわりと安定した戦闘運びができることに気づいた。

こうした終盤の戦闘では、何かとアースウォールにはお世話になる。

 

Eds_86

Eds_86_2

装備を回収しながら、深層に進んでいくと
カノーネ大尉が待ち受けている。
あれーこの人・・王都潜入時に撃退してお役御免かと思ったのに・・しぶとい女狐さんですなぁ。
おまけに取り巻きのガンドール付き。

大尉のほうは相変わらず毒弾乱射やシャドウスピアなどアーツ詠唱など芸がなく、
ガンドールのほうも度々制御機能の異常とかで、たいした攻撃は仕掛けてこなかった。
強力な自爆を引き起こすドゥームM型を呼び出してくるのがちと面倒だったが。

戦闘では凍傷の刃つけたティータの攻撃で
早々にカノーネ大尉を凍結状態にしたことで、簡単に勝負がついた。
カノーネ大尉、リベンジならずー残念でした!

 

その後も大佐を探して深層へと進んでいくが、
後半部では宝箱から度々ドゥームM型が姿をみせるようになる。

Eds_87

こいつは、エアロストームなどの範囲アーツを使ってくるので
アンチセプトで封印すると、接近してくるようになるんだが、倒す際の範囲自爆が厄介で。
接近してくるところをアーツで殲滅したりすると、自爆のオンパレードで
全部直撃すると計2000オーバーとかあったなぁ。
事前にアースウォールかけとかないと、
戦闘終了後に、メンバーがバタバタ倒れてたりとか。
こんな場所でアイテム消耗とかなるべく避けたい。

こうして各キャラの装備を回収しつつ、
深層の正規ルート探すのに1時間近く要したが、
なんとか最深層へと到着。

最奥にてようやくリシャール大佐を発見する。

Eds_88

リシャールの目的は、国力が劣るリベール地域を
他国も寄せ付けぬ、強大な軍事国家にする事。

10年前の百日戦役、帝国の侵略などを経験している大佐からしてみれば、
二度と侵略を受けないためにも、決定的な力が必要なのだという。
戦役後、リシャール大佐は情報部を設立し、力を求めてリベール中を調べまわったというが・・

エステルが、そんな力に頼るよりも、全員が力を合わせれば乗り越えられる!
と説得してみたが・・まぁどうも大佐の決意が変わらないようだ。

そんな大佐の目を覚ましてやる事に。

Eds_89

Eds_89_2

リシャール大佐、フォトンジャッジx2との戦闘。

取り巻きのフォトンジャッジが通常よりも強化されてHPが跳ね上がっている。
AAキャンセラーでアーツキャンセルしては範囲ミサイル攻撃をいう流れは相変わらず、、
こちらがアーツ詠唱する限り向こうはキャンセラーしか使ってこない。

アースウォールかけながら、フォトンジャッジに行動が回るまでに
誰かがアーツ詠唱しているような状況を作っておくと楽だった。

だが、リシャール大佐の光輪斬などの範囲技で、ウォールをかき消しては、
強力なSクラフト・残光破砕剣を使ってくるんで、
念には念を、ウォール要員はティータ、クローゼの二枚で。
駆動2つけたメンバー二枚にウォール要員やらせておけば、ほぼ無敵状態。

エステルとヨシュアが範囲アーツでフォトンジャッジを先に殲滅。

ジャッジさえ先に倒してしまえば、あとはウォールかけながら
大佐の攻撃凌いでアーツをぶち込む作業、
大佐には通常攻撃やクラフト技があまり効かないので単体アーツが無難。
ひたすらアーツでの攻撃なので、EPの消費には気を配るぐらいで。

リシャール大佐も、光鬼斬や光連斬など範囲系よりも単体攻撃が多かった。
ホワイトゲヘナなどの範囲アーツも使ってくるが、
ATバー見ながら、大佐の行動前後でウォールかけておけば、万全。

ロランス戦でもそうだったが、
アースウォールはSクラフトも凌げるという点が大きいな。
まさにウォール様々。

大佐を撃破し、一段落かぁ、と思いきや、
大佐が悪あがきにと起動したゴスペルにより、区画内の導力が全て停止してしまう。

導力の停止を受けて、輝く環の結界が解除され、
その直後、周囲に警報がなり、環の守護者の封印が解除されてしまう。

エステルたちの前に姿を現したのが、巨大な人形兵器・トロイメライ。
どうやらこいつが輝く環を護る守護者のようで、
エステル達を侵入者とみなし、攻撃を開始する。

Eds_90

Eds_90_2

トロイメライ戦。

左右にはボソープR(赤)、ボソープL(青)。

トロイメライのほうは、ミサイルや砲撃などの範囲攻撃でわりと行動が遅め。

ボソープRはアーツ無効、ボソープLは物理無効だったか。

いずれもアーツを詠唱してくるんで、
機会を見てクラフトでアーツキャンセル。

あとはウォールかけておけば、トロイメライの砲撃はシャットアウトできる。
攻撃役はエアロストームやゲヘナでトロイメライとボソープLにダメージを与えて、先にLを倒す。

次にRを仕留めたかったが、物理攻撃でもわりと硬くて面倒、
ある程度HP削ったらSクラフトで一気にしとめるのが無難か。

中盤以降はRとトロイメライ分担して攻撃。
トロイメライのほうも、直線範囲のレーザー攻撃などを仕掛けてくるが、
この辺もクラフトで技キャンセルしとけば問題なし。

ひん死まで追い込んだら、双方ともSクラフトぶち込んで勝負あり!

その後、トロイメライが、ボソープと合体して殲滅モードに入る。

Eds_91

Eds_91_2

トロイメライ二戦目。

この変形バージョンは攻撃パターンがだいぶ変わっている。
こちらがアーツ詠唱時はAAキャンセラー。
そうでない時はアポストールアルファを一体ずつ召喚してくる。

キャンセラーだけでも400前後の被ダメとそこそこ痛いんだけども・・。
この場合面倒だったのは、次々と呼び出されるアポストールアルファ。

ビーム攻撃やらシャドウスピアで攻撃してきたりとチマチマ面倒な上、
倒しても呼び出してくるんで、いちいち掃除しててもきりがない。
トロイメライの近場にいるようなアルファを範囲アーツでまとめてダメージ入れて殲滅、
ついでにトロイメライにもダメ入れていく形で。

こちらは離れ離れにならないように、一箇所に固まって
アースウォール&クロックアップかけては常時アーツ詠唱。

序盤はトロイメライの行動回る前にアーツ詠唱中の状況を作っておけば、
トロイメライがAAキャンセラーに専念してアルファを呼び出さなくなる。

HPを1/3くらい削るとトロイメライの右腕が破壊、
AAキャンセラーが使えなくなり、アーツ詠唱中にもアルファを呼び出しながら、
範囲射撃で攻撃してくるようになる。

中盤でも、一箇所に固まってただけにトロイの範囲射撃諸に浴びたり
直線範囲の強力レーザー攻撃など、範囲内にいると1000以上のダメージを受けるだけに
固まってると非常に危険な状態ではあるんだけども、、
この辺も攻められる前にウォール二枚でなんとか凌ぎながら、
範囲アーツでアルファとまとめてダメージを入れてた。

HPを半分以下まで削ると、トロイメライが強力全体攻撃ジェノサイドを仕掛けてくる。

終盤では、度々ジェノサイドを使ってくるようになるんだが、
ここもアースウォールかけておけば回避可能だし、
下手に離れ離れになるよりは、一箇所に固まってのウォール対策で無難に乗り切れるような感じではあったね。

残りHPが1/4までになるとレーザーも使用不可能になり、
デスレイジとか危なそうな技も使ってくるようになる。
その上、アポストールベータを呼び出してはトロイを回復したりとか、
無駄に抵抗してくれるんだが・・。

ジェノサイドもデスレイジも結局全部ウォールで防いだため、
一度ももらう事はなく、逆にその反動で能力が低下し、
アーツに対しての耐性もどんどん落ちていたので、
回復されるよりも前に単体アーツで一気に畳み掛けた。

リシャール戦からはじまったこの3連戦。
続けざまの戦闘で、それなりに消耗していくんだけど、
アースウォールのおかげで無難に乗り切れたような印象。
これがなかったらかなり苦戦してただろうなぁと思う。

Eds_92

こうしてなんとかトロイメライを撃破したかーと思いきや、
守護者だけにさすがにしぶとく・・

こちらも消耗してもう動けないピンチな場面を
リシャール大佐が助けに入るシーン。
この男も、こんな事態になってしまうことは想定していなかったようで。
自分が時間を稼いでいる間に逃げろ!と忠告するが。
その肝心の本人がトロイメライに捕まってしまい、万事休すかーという場面。

Eds_92_2

そこへ、助けにはいったのが、あのカシウス・ブライトだった。
ここへきておやっさんの登場かい。

トドメを刺せ!といわれて、まさかのトロイメライ3戦目がはじまるんだが、
やっこさんは制御エラーで攻撃を仕掛けてこない。

Eds_92_3

チマチマ攻撃してたが、全員CP満タンなのに気づいた。
ここで一気に仕掛けりゃよかったか。
最後はエステルの桜花無双撃でトドメを刺し、
今度こそトロイメライの撃破に成功する。
これで起き上がるのはもう勘弁してくださいよ。

その後は博士たちと合流、
王都周辺で騒ぎを起こしていた王国軍も、
解放されたモルガン将軍やシード少佐により鎮圧。
シード少佐の家族もリシャールによって人質となっていたが、
カシウスがすべて助けて解決したという。
むぅ、なんという手際のよさ・・さすが英雄と呼ばれるだけある。

一方カシウスが軍を離れてから、
いつ国が攻められるか不安で仕方がなかったというリシャールが、
これら一件の出来事を、軍を離れたカシウスの責任にする。

Eds_93

そんな英雄カシウスという幻想を見ているリシャールを殴り飛ばし、
何故自分の足で立とうとしなかった!と一喝するカシウス。
すべてはリシャールの、己の弱さから招いたことか。

このシーンでは、カシウスの「自分はそんな大層な男ではない。
戦争中に、大切な妻を守れず、現実から逃げてしまった男に過ぎない。」
という台詞が印象的だったな・・・。

かくして、リシャール大佐情報部のクーデターが幕を閉じた。
計画に荷担していた情報部の連中は次々と逮捕され、事件は解決を迎えたのである。

 

それから一週間後、王都では女王生誕祭がおこなわれる。

Eds_94

エステルとヨシュアは各地方の推薦状を受けて、晴れて正遊撃士となる。
カシウスからの直接の任命、これで親子ともども遊撃士か・・と思われたが、
この直後、カシウスが遊撃士協会を脱会し、軍に復帰するという話を聞く。

クーデター事件の収拾もそうだったが、軍内部では
情報部によって打撃を受けた軍の指揮系統を立て直す必要があるなど、
その手伝いをするのだとか。

カシウスの話では、まだ逃亡中の特務兵とか、あのカノーネ大尉が姿をくらまして
行方が分からないという。
あの女・・・近いうちにまた一波乱ありそうだな。

またジョゼット達、空賊団も混乱に紛れて逃走したという。
まぁ彼らについては、情報部に利用されていただけだし、悪いイメージはもうないんだが、
その後の話で彼らがどういった形で絡んでくるのかは気になるところ。

 

クーデターの方は解決はしたが、いろいろ謎が残る。

どうも腑に落ちないのは、何故リシャール大佐が、女王さえ知らなかった輝く環、
そしてその場所を突き止めたのかということ。
黒のオーブメント「ゴスペル」にしても、元々は大佐が手に入れたものだが、
入手経路が定かではなく、輝く環の場所を突き止めた背景も、
ただゴスペルを使えば輝く環が手に入るという不明瞭なもので、
そう思ったきっかけなど大佐はその辺の記憶が全くないため、
答えることができなかったという謎。

思えば黒のオーブメントを奪取したクルツも、その辺の記憶を失っていたし、
この事件の背景には、もっと得体の知れない存在が動いているような気がする。

とまぁ脳内でそんな事を考えながら、王都内にいる仲間達に軽く挨拶。

女王生誕祭にも関わらず、クローゼの方は学生として祭を楽しんでいた。
ティータの方はじいちゃんの博士と一緒にアイスクリーム食べてたねぇ。
ティータ可愛いよティータ。

シェラの方は百貨店でアネラス達とお買い物を楽しんでた。

居酒屋ではジンとアガットを発見。
この二人、終盤全く使わなかったので空気で・・
酒飲んでふてくされてましたが。
ジンのほうは元々は共和国の遊撃士なので
事件も解決した今となっては共和国の方に帰っちゃうのかなーと思ったが。
しばらくはここに滞在する予定なんだとか。
リベール内もまだなんか一波乱ありそうな気配ですしね。

城内の談話室ではオリビエと会話、その後ギルドの掲示板見ると、
オリビエを拘束して欲しいというミュラー大佐からの依頼が発生してた。
依頼は達成したが、これ、正遊撃士になっても取得BPは準遊撃士としてカウントされるのね・・。

 

こうして一通り、生誕祭を楽しんだ後、
百貨店裏の休憩所へ。

Eds_95

正遊撃士になったことで、お互いの抱負とか、そんな他愛もない話、
これからもコンビとして一緒にやっていけたらというヨシュア。
反面自分の気持ちは難なくスルーされたエステルはアイスクリーム買ってくる!とか
誤魔化してその場を離れていった。

これから正遊撃士になっても、この二人はコンビとして活躍するんだろうなぁ
・・と。

そう、思っていた。

 

Eds_96

ヨシュアの前に現れた、ある人物。

その男は、対象の認識と記憶を歪めて操作するという異能の能力者だった。
クルツやリシャール大佐の記憶を消去した黒幕。
まさか・・ここへきての登場とはな・・・。

ワイスマンはヨシュアの過去を知っているどころか、
今回の件のみならず、ヨシュアの記憶そのものを操作し、暗示をかけていた。

暗示を解かれ、すべてを思い出したヨシュアは、
ワイスマンの事を「結社」と呼び、連中の目的を聞こうとする。

今回の目的は輝く環の門を開くことだというワイスマン。
これで第一目的が達成された・・・と。

しかも今回の計画に、協力していた人物がいた。
ワイスマンの手により、暗示を掛けられ、諜報の役目を担っていた人物・・・。
それは、遊撃士協会の動向とカシウスについての情報を連中に知らせていた。

Eds_97

執行者No.XIII 漆黒の牙 ヨシュア・アストレイ

それが、彼の正体だったのである。

 
 

その夜、エステルはハーモニカの音を聴き、王城の屋外に出ると、
そこにはヨシュアの姿があった。

ヨシュアは約束として、これまでの自分の過去をエステルに打ち明ける。

嘗て、ある村に住んでいたひとりの男の子の話。
ある事件によって心が壊れた男の子は、ある魔法使いに引き取られ、新たな心を手に入れた。

Eds_98

だが、男の子は、やがて人殺しとなっていた。
来る日も来る日も、人を殺め続ける日々。

そして、魔法使いは、男の子にある暗殺依頼を出した。
それは、大陸でも4人しかいないという特別な称号を持った遊撃士。

だが、そんな男の子は遊撃士によって撃退されてしまう。
任務に失敗した男の子は、魔法使いの手下によって殺されそうになる。

ところが・・・。

Eds_98_2

男の子は遊撃士によって引き取られ、それから5年もの間、
仮初の男の子として生活するようになったという。

5年もの間、夢を見させてもらったというヨシュア。
だが、そんな彼は現実に戻る時が迫っているという。

自分がここにいては、夢を見させてくれた人たちを巻き込んでしまう。

自分が人間らしい心を持っていたときのハーモニカをエステルに渡す。

Eds_99

ヨシュアのいい部分も悪い部分、何かに苦しみながら必死に頑張ってきた
姿もすべて見てきたというエステルは、ヨシュアに対しての気持ちを告白する。

だが、ヨシュアの気持ちは変わる事はなかった。

 

Eds_99_2

ヨシュアは最後に自分の気持ちを告白すると、
エステルの前から姿を消したのであった・・・。

 

 

といった感じで・・英雄伝説 空の軌跡FCをクリアする。

プレイ時間51時間、道中サブクエこなしてたが
本編だけでも30時間くらいのボリュームかな。

ファーストチャプター・序章だけでもこの長さ。
そして最後にはとんだ波乱がありまして、
ラストの方がバッドエンドに近いような内容だったんだけども、
これがそのまま2作目のSCに続く形。
ワイスマンの顔を伏せたのは、うーん、念のため。
本編にも登場した人物とだけいっておこう。

最後のヨシュアがエステルに口づけするシーンとか、
空の軌跡OVAの冒頭シーンでもあったが、
アニメの方はSCからの内容のものなんだな・・。

またエンディング前に「結社」についてちょっと触れられるが
SCからは、いよいよ本格的な動きを見せる結社を相手に
エステルや仲間達が壮絶な戦いを繰り広げながらも、
行方不明になっているヨシュアを探す、という内容。

で、現在はSCをコツコツとプレイ中。

次回からSCについて書いていこうかなぁ。
しっかしまぁこの作品、かなりの長編だなぁ。

その上まで3rdまであるし・・全部紹介できるかな。

|

« 空の軌跡FC-王都繚乱・王都奪還編 | トップページ | 空の軌跡SC-乙女の決意~忍び寄る影 »

PSP『英雄伝説 空の軌跡』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。