« セブンスドラゴン2020-生存者探し~自衛隊は、捨てゴマよ! | トップページ | とびだせどうぶつの森-カーニバルイベント、羽根を集めてカーニバル家具をゲットしよう! »

セブンスドラゴン2020-各職業の雑感~終わらない月夜

セブンスドラゴン2020。

今回は各職業の雑感と、前回の続きチャプター3。
  
バトルスキルは本編進行での本部改修にあわせて順々に解禁されるので、
まだ全部のスキル覚えてない序盤で、各職業の雑感というのもアレですが・・。

■各職業の雑感

今レギュラーでそれぞれ5つの職業でやってるが、
今のところ使えてる職業は、サムライ、デストロイヤー、サイキックの3つかな。

7d0_16

サムライは、居合いの構えとか、
構えごとに切り替えて技を駆使していくスタイルは前作と変わってない。
ただ、序盤のチャプター3までは、使える剣技は限られる。
敵複数体いるときはランダム攻撃の旋風巻きは、
一体のみだと集中的にダメージ入れて火力はそこそこ。
Exp&SP大量に入るフロワロシード狩りにうってつけ。
空中の敵はトンボ斬りが有効、結構ダメージはいる。
ボス戦などの長期戦向けにターンごとに攻撃&防御アップの呼気覚えておくと便利。
 

7d0_16_2

デストロイヤーは、攻撃で敵にデストロイ深度(D深度)とやらを付着しないと使えない技が大半。
深度ごとに使える技が決まってて、
敵の攻撃力を下げるダブルフックなど、敵がD深度2のときでないと使うことができない。
ダブルフックが使えるようになるのは、1、2ターン目攻撃してD深度2にして3ターン目から。
しかももたついてると、深度の効果が消えてしまうので、サッサと技使ってかなきゃならんという・・。
いちいち技使うのに、こんな制約要らねぇわぁ・・なんでこんな仕様にした。
深度技がこうしたかなり面倒な技なんだけども、
かわりに便利なのはカウンター技。

こちらがダメージ受けると反撃する迎撃スタンスとか。
狙われ率上昇の効果もあって、挑発&カウンターな技だが、
これ、他職の技との相性もよくて、サイキックのヒートボディ(火属性反撃)や、
トリックスターのブッシュトラップ(味方ダメでクリティカル反撃)と併用すると神技に大変身。
慣れないうちは、深度技よりもカウンター技が便利だねぇ。
 

7d0_16_3

回復要員のサイキックは必要不可欠。
サイキックは属性術と回復術両方習得できる前作でいうメイジ+ヒーラーな位置づけだが、
慣れない序盤はとにかく回復要員。

属性術はフリーズやエレキなどLv1で必要最小限なものでいいとして
回復術、キュア、リカヴァ、リザレクションは絶対必要。
キュアLv4で全体回復可能になり、リカヴァLv5で対象全体化できる。
キュアLv6までにしておくと、序盤のドラゴンや帝竜戦の凶悪な全体攻撃にも耐えられる。

回復のほうが落ち着いたら属性術のほうあげていくんだけども、
最近ではデストロイヤーのカウンター用に
サイキックのヒートボディを最大まで習得中。
 

トリックスターは、短剣技と銃技の2種類と、
前作のローグ的な位置づけ。

短剣技はタランテラ(麻痺付加)、スコルピオ(毒付加)と
状態異常技、使うと高確率で状態異常にできるんだけども、
最初は敵足止めのためにタランテラLv6まで覚えたのに、
実際ドラゴンとか麻痺させても、麻痺る場面が圧倒的に少なくて、
足止めにもなりゃしない・・・。
この手の状態異常のスキルって付与率あげるのであって、
効果の度合いまで上げてくれるものではないと気づいた。
銃技は面白みがなかったので短剣上げてたけど、これは失敗だった。

銃技のダンシングバレットとか、Lvあげると強力な全体攻撃で、
雑魚殲滅も捗る。銃技あげといたほうがよかったなぁ。
デストロイヤーのカウンター用にハイディング&ブッシュトラップ覚えさせたほうがよかったなぁ。
現在は育成失敗で控えが多くなったが、
トリックスター、デストロイヤー、サイキックというカウンターメンバーもありか。
 

7d0_16_5

最後は、ハッカー。
これは、相手ハッキングして呪いかけたり同士討ちさせたりできるんだけども、
ほとんどの技がハッキング前提というのがなぁ・・。
デストロイヤーの深度技みたいな制約があって、いまいち使い勝手がよくない。
能力アップなどの支援できるが、気休めにしかならなくて
序盤はほっとんど使ってなかったね。
中盤以降、習得できるスキルによっては使い方変わってくるのかな。

まぁ全体的に使ってみて、使いやすい順序的には
サムライ>サイキック>トリックスター>デストロイヤー>ハッカー・・かな。

解禁されるバトルスキル次第では順序がゴロッと変わるかもしれないね。

てなわけで前回の続き、今日はチャプター3。

 

■Chapter3 終わらない月夜

ずっと夜が続いたままという不可思議な四ツ谷で新たな帝竜が確認された。
キリノ曰く、この夜の現象も帝竜の現実干渉によるものらしく、
13班(プレイヤー)が現地を調査、帝竜討伐の任務にあたる。
バックアップはキリノ&アオイちゃんが担当。

7d0_10_2

ガトウの死もあって殺伐とした状況ではあったが、
それでも明るく振舞うアオイちゃんが和むなぁ。
こんな状況でチョコバーじゃねえよ(w

おやつにチョコバーを手渡された13班は内部に突入。
ここではレーダーを遮断する力が働いていて、
最初はMAPなしの状態で進む。
各所に探査機を設置して、MAPを明確にしていく。

探査機を設置していく過程で、人影や人魂が見えたという報告が・・・。
まぁ四ツ谷だけに「怪談」ですから、そういったこともあるのかもー?

7d0_10_3

と思ったらゾンビが登場・・・。
対人の次はゾンビですかい。くわばらくわばら。
探査機設置したら一旦戻って再攻略。
残り3つの探査機を設置していく。

7d0_10_4

その道中ではフロワロの壁作って通せんぼしている
デストロイドラグとの戦闘など。

マッスルアイによる行動封じと、強力なジャンプキックが痛い。
LF100あっても即死する場面あり、この火力は反則だなぁ。
レベリング、LFに余裕なかったらLFボーナス上げたりとか
ちょっと修行しないと安定して倒せなかったね。
この辺ではたまにExpとSPを大量に入手できるフロワロシードDXが出没して、
サムライの旋風巻きが速攻で倒せて何かと稼げましたが。

7d0_10_6

2つ目の探査機設置後に、ゾンビが大量に襲撃してくるという事態。
この不可思議な現象に慣れていないナビが焦って判断ミスする場面も。
そんな中で、アイテルがガトウの精神体を出して手助けするシーン等など。
この辺は前作やってないと、アイテル何者だよって感じでしょうが(w

このダンジョンも民間人がいて、見かけたら救助していくが、
中には意味不明な言葉発している人間(ゾンビ)とかもいて紛らわしいったらありゃしない。

毒沼エリアを通って、探査機すべて設置したら、
あとは、ナビの指示に従って、墓標の迷宮を通り抜け,
最奥にて死者を操っていた元凶の帝竜戦を迎える。

7d0_10_8

ロア=ア=ルア戦。
開幕、スウェイリアクトで回避時に再行動できる状態にすると
盲目のささやきで、こちらを暗闇状態して攻撃命中率を下げてくる。
攻撃かわして再行動しようという算段。

リカヴァで暗闇を解除するが、その間回復がおろそかになり、
紅の薙爪による全体攻撃+出血など追い詰められる。

7d0_10_9

5ターン目で先手取られて発動のフルムーンロアで壊滅状態に・・・うわぁこいつはやばい。

サイキックよりも先手取られる分、回復にも気配らないと死ねる。
場合によっては生存メンバーも回復に回ったりで立て直し。

その他の攻撃では即死効果のエクストラデッドという技も使ってきたが、
デッドカットつけてたサイキックが難を逃れる・・あぶねぇ。

こちらはロイヤーがバタバタしてた分、
サムライのトンボ斬りや、ヒートボディによるカウンターでダメージを入れてたが・・。

6ターン目、ロアはリアクトが切れた頃にまたスウェイリアクト。
次ターン、盲目のささやき、サイキックだけが盲目状態になる。
まぁサイキックは回復要員だから関係ないと思ってたんだけど、
実はそうでもなかった。

7d0_10_10

7d0_10_11

続く薙爪でヒートボディ状態のニアンを攻撃した後
炎の防壁が発動したが、なんと、これがミス・・・!?
まさか・・・ボディカウンターの命中率までサイキックの状態に影響されてるとは思わなかった・・。

そのターン、ロアに再行動を許し、エクストラデッドでロイヤーが即死、
薙爪などの猛攻の中、なんとか2人で蘇生&回復立て直し。
その矢先盲目のささやきで、ロイヤーが暗闇状態に。
薙爪に対するカウンターで、またもミスって再行動許してしまうという面倒な展開が続いた。
そのターンでまたもエクストラデッド使われたが、なんとか凌いだ。
再行動時のほんとーにうぜーなぁ。

11ターン目から、またスウェイリアクト→盲目のささやきで
またもリアクトの術中にハマりかけようとしていたが、
この間も、トンボ斬りとヒートボディによるダメージの蓄積で、
ロアもひん死状態。

7d0_10_12

12ターン目、トンボ斬りでなんとか勝負を決めた。
はぁぁ、なんとか倒せたー。

このボスは、攻撃パターンこそあるけど、
わかってても対処がなかなか難しくて面倒な相手だった。
せめて暗闇対策にガードつけておけば、もうちょっと楽な戦闘できたかも。

帝竜も討伐も完了し、キリノたちに報告。
都庁に戻り生体サンプルをナツメに渡して任務完了!

そんな感じで、チャプター3が終了。

 

まだ序盤だけども、ここまでやってみた感じ
内容的にはチャプターごとに
決められたダンジョン探索して帝竜討伐しての一本道ゲーだなぁと。
良い意味では、方向性が分かりやすく、悪い意味では、どこか物足りない。

装備品やバトルスキルなども
本編進行にあわせた都庁改修で順々に解禁されていく仕様で、
中盤までは何かと制限がついてしまう部分、
都庁改修に依存されたシステムに、窮屈感がある。

あと、ドラゴン戦なども最初はキツイと感じたが、
レベリングしていけば倒せない相手ではない。
レベルさえ上げれば倒せる・・。

都庁改修もレベリングも、方向性がわかりやすくて、
どちらかというとRPG初心者向けな内容なのかも。

経験者から言わせてもらうと、やっぱり物足りなさを感じてしまう、そんな序盤だった。
さてさて、物語も中盤のチャプター4に突入。

翌日、都庁の住民たちが次々と失踪するという事件が発生。
指揮官のナツメも忽然と姿をくらました。
はたして皆はどこへ行ってしまったのだろうかー。
ということで次回へ続く。

 

7d0_17

あ・・そういえば、彼女を救出したんだった。
DIVAルーム解放しなきゃね。

|

« セブンスドラゴン2020-生存者探し~自衛隊は、捨てゴマよ! | トップページ | とびだせどうぶつの森-カーニバルイベント、羽根を集めてカーニバル家具をゲットしよう! »

PSP『セブンスドラゴン2020』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。