« セブンスドラゴン2020-チャプターX、終盤戦へ。 | トップページ | セブンスドラゴン2020-幻影首都・タケハヤ戦~プチ総括 »

セブンスドラゴン2020-幻影首都攻略・前編

セブンスドラゴン2020。

本編をクリアし、今回は隠しダンジョンの「幻影首都」を攻略する。

7d0_56

7d0_56_2

ダンジョン入る手前でエメルから20Dzよこせといわれる。

これまで都庁全部改修した上で、ドラゴンも全部討伐していれば20Dzたまる。
結局全部倒さなきゃいけないのか・・。

まぁ今回は、総計200体までで、
クリア後は5体しかいなかったぶん、サクッと完了。

20Dz渡して、裏ダンジョンに突入ー。

7d0_56_3

エントランスでは、本編で逝ってしまったガトウたちの魂と会話できる。
その中には、アオイちゃんの姿も。
あーこのこんなシリアスな作品で唯一盛り上げ役だった彼女、
死んでしまったんだな・・無念だ。
まったくヒュプノスどもめ・・余計な計らいしなくていいんだよ。

アオイちゃんの最後のエールを受けた一行は、
幻影首都へと入っていく。
 

前作と同じようにダンジョン一階層進んでは
待ち受けるボスの強化版を倒していって最奥の裏ボスという流れ。

7d0_57_2

ダンジョンの構造は、使い回されたMAP、
道中フロワロ壁作ってるシンボル叩きながら進んでいく。
エンカウントのv系ドラゴンの方は弱い。
シンボルのドラゴンは、それなりに強化されている。
各所で乱入される場面も何度か。複数体同時は歯ごたえがある。

どんだけレベル上げても、対策しないと全滅ありえる場面も何度か。
四ツ谷エリアのデストロイドラグv。
ストップカットつけてないと、マッスルアイで全員行動封じられて、
ボコられて全滅ーなんてことがあった。さすがに泣きそう。

7d0_57_4

7d0_57_5

地下道エリアではシールドドラグv&リトルドラグvx2には手を焼いた記憶。
今作で3体同時ってのは意外にもこれがはじめてだったんだけど。
リトルがチビっ子のくせにLIFE高くてしぶとかった。
シールドの方は、相変わらず3ターン目パリングだったが、
盾破壊後に暴れられると厄介だったなぁ。
危なくなったらExで一気に仕留める形で。

台場エリアで徘徊していたブリザロスvは反則的な攻撃力で、
DEF200でも通常200ダメ、転がりで300ダメオーバー。
さらにもう一体乱入されると無理ゲー、普通に逃げました。
 

一度ダンジョン出ると、これらシンボルの方は復活してて、
チェックポイント入るまでは行き来が面倒。
ただ、経験値&SPが大量に入るので、何度も往復しているとレベリングが捗った。

 
■各エリアのボス攻略

強化ボスは本編のボスと攻撃パターンはほぼ変わらないので、
アクセサリーなどで状態異常の対策しとけば、あまり苦にならない。
強化ボスの直前のダンジョンで、対ボス用に状態異常カットのアクセサリーとか入手できる場合もあり、
裏ダンにしては、親切設計。

とはいえ、どいつも強化版だけに攻撃力が跳ね上がってて油断は禁物だった。

7d0_58

7d0_58_2

幻視轟雷
池袋のボス・ジゴワットの強化版、
全体掃射、エイミングショット、放電による麻痺は厄介なので
パラスカットは必須。
電磁チャージ2回後の超電磁砲、ガードしなかったらロイヤーが500近いダメージ受けてた。
2度目は何とかガードして、反撃というところで、全体掃射浴びて一気に二人死亡。
ロイヤーだけでなんとか乗り切るという展開だった。
一瞬の油断が命取りか。
 

7d0_58_3

7d0_58_4

幻視女帝
四ツ谷のボス・ロア=ル=ルアの強化版、
スウェイリアクト(回避)→盲目のささやき(暗闇)で回避カウンター狙いは健在、
リアクトが∞で永久持続という反則っぷり。
ブラインドカットは必須・・・だが。
カットつけてなかったメンバーが暗闇状態になり、術中にはまる。
カウンターは高確率でエクストラデッド、
バッドガードつけてたはずなのに、デッド二発で2人即死とかカウンターが凶悪、
万が一のためにデッドカットも必須だのぅ。
こいつは行動が早いのもネックだが、
薙爪による出血とか、フルムーンロアでのダウナー効果とか、
状態異常が多数、まぁ暗闇と即死さえ抑えとけばなんとかなる相手。
攻撃役はブラインドカットつけたロイヤーのカウンターとボディカウンターでのダメージのみで。
後は回復支援に回っていれば安定。
 
 

7d0_58_5

幻視銀竜
国分寺のボス・トリニトロの強化版。
フレイムベーンやヒートブレスでの火傷が厄介。
直前のダンジョンで入手するバーンズカットが必須。
チャージ後のヒートブレスも強力だが
テイルブレードも全体に150前後と痛い。
中盤以降は体内フレアでATKなど上昇で火力が増し
ターンが終わると常に誰かがひん死になるという場面が続いた。
回復1ターンでも怠ると危なかったなぁ。
ハッカーのファイアブレイク(炎ダメ半分軽減)とかあると、もう少し楽だったかも。
氷が弱点で、ゼロ℃ボディによるカウンターが効果的だった。
 

7d0_58_6

幻視夢喰
渋谷のボス・スリーピーホロウの強化版。
錯乱・睡眠・毒などの状態異常、
力溜め後の発狂飛行(錯乱付加)
錯乱と睡眠は回避したいので、コンフュカット&スリープカット辺りが必須。
力溜め後の発狂飛行がわりとダメージをもらうが、
対策していれば一番痛い攻撃はこれくらいで。
ガードかパリングで凌ぎ。
あとはダブルクローが、何かとロイヤーを対象にカウンターが決まりやすい。
こいつはカウンターに脆いな。
他のボスと比べてもLIFEは低めで、
もうちょい苦戦するかと思ったが、最速の7ターンで撃破。
 

7d0_58_7

幻視蟲竜
地下道のボス・スカヴァーの強化版。
相手にするのは頭のみ。
ダストブレス(毒)とヘッドストンプ(行動封じ)、
カウンター攻勢のロイヤーはベノム&ストップカットで対策、
ドラムヘッドの岩石落としに注意していれば怖い相手ではなかった。
気をつける場面は岩石とブレスが同時に来る場面かな。
 

7d0_58_8

幻視零蒼
台場のボス・ゼロ=ブルーの強化版。
フリーズブレスやブリザードによる凍傷と
スリープバイト(睡眠)、があるので、フロストカット&スリープカットで対策。

序盤は強力な攻撃もなくて、快調に攻めていたが
中盤以降は、冷気圧縮でDEF・MDF・炎耐性も強化してくる。
ヒートボディーのカウンターもかなり軽減されてしまい、
各攻撃のダメージも半分まで減らされる。
スピネイジブロウでDEF下げてみたが、気休めにしかならず。
おまけにブリザードによる毎ターンダメージ、
回復にも専念してたから危ない場面はなかったけど、
圧縮切れたらまた圧縮だったし、
カウンターオンリーでこいつのLIFE削るのは時間かかったなぁ。
 

7d0_58_10

幻視叫喚
本編最初のボス・ウォークライの強化版。

灼熱の剛火球(全体ダメ+火傷)と
タイフーンハウル(全体ダメ+麻痺)、
ギガブレイク(単体大ダメ+出血)、

他の強化ボスに比べても、攻撃力がグンと跳ね上がっている。
DEF200以下だとギガブレイクで300オーバーのダメージ。
並みの戦闘員なら即死。
2回行動なので、それに全体攻撃の剛火球、タイフーンが来られると危険。
メンバーのLIFE最低300~400ほどないと厳しい。
この辺はサムライの丹田法の訓でLIFE底上げして挑んでた。

7d0_58_11

ギガブレイクと剛火球を交互に使ってきて、
力溜め後のタイフーンハウルがやばいほどの威力、
溜め動作の時は次ターン全員ガードしないとやばいな。
大ダメージを受けやすい分、サムライの刃下のリアクトでの再行動で
なんとか立て直せてたが。

7d0_58_12

7d0_58_13

氷属性に弱いのは相変わらずなので
ロイヤーにゼロ℃ボディつけて迎撃スタンスという形で
ガンガン決めて8ターン目でLIFE赤の状態まで削ったが、
ここから各種リアクト切れなどで持ち直してる間に、どんどんダメージ入れられて
攻撃のほうがもたついてしまう。

こういった瀕死が続く場面で、出血とか治してないと、
後になって響いてくるよなぁ・・。

終盤に入ると、向こうも本気モードになり、
これまで交互だったギガブレイクと剛火球を同時につかってくる。
これでアネゴがやられてしまう。
ああ、ドゥにいさんのデッドマンズが切れてた・・これはしくったわ。

16ターン目でもう少しで倒せるという場面で、
蘇生よりも回復に専念して、ロイヤーにはカウンター継続させてたんだが、
ここで、タイフーンハウル。
運悪くニアンがスキル封じられた、これはオートリカヴァで立て直せてヒヤリとしたが。

7d0_58_14

その次の17ターンで、またギガブレイク+剛火球、
ギガブレイク後の反撃で、LIFEあとちょっと・・削ってたら倒せてたのになぁ。
これが致命的、続く剛火球でニアンがやられてしまう。

18ターン目でドゥにいさん一人で立て直そうとしたけど、
先手取られて全滅・・・うああ、こいつのLIFE100もなかっただろ、
後一発だったのに悔しい一戦だった。

リベンジ戦でも苦戦したが、その回は、
ニアンのリアクトが頻繁に発動し
ドリルクロウラーでLIFE吸収していくような形で、
回復役の負担減らしていけば、随分余裕が持てた。

終盤、ドゥにいさんがやられてしまうが、次ターン、
向こうは通常攻撃x2という運にも助けられ、立て直しに成功。
次ターン総攻撃を掛けて、13ターン目でリベンジに成功する。

リベンジ戦は普通に倒せてた感じだったな。
ドリルクロウラーのダメージ吸収はわりと大きかった気がする。
 

7d0_59

さてさてこれまで7体の強化ボスを倒して、残すは裏ボスのみ。
最後の最後では衝撃のあの人が待ち受けていたーということで、次回へ続く。

|

« セブンスドラゴン2020-チャプターX、終盤戦へ。 | トップページ | セブンスドラゴン2020-幻影首都・タケハヤ戦~プチ総括 »

PSP『セブンスドラゴン2020』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。