« セブンスドラゴン2020-熱砂のDプラント~目覚めた狂気 | トップページ | とびだせどうぶつの森-バレンタインデー、気になるあの子からプレゼント? »

セブンスドラゴン2020-暗闇と大洞の王~静かなる海

セブンスドラゴン2020。

7d0_31

チャプター6~7、物語も佳境。

東京タワーにいる人竜ミヅチの下へ辿りつくには、
タワー周辺の障壁を打ち消さねばならない。
ナツメが残していった竜に関するデータから、新たなヒントを得たキリノは、
障壁を打ち消すには、7つの帝竜の検体サンプルが必要になると考え、
13班に対して、残り2体の帝竜を討伐してサンプルを入手してきてほしいという要請がはいった。
一行はまず、地下道に居座る地下帝竜の討伐の任務にあたる。

前章までは一方的に被害受けたりで、シリアスな展開が続いてたが、
キリノも戻ってきて、今度はこちらから反撃ムードが高まってきた、そんな終盤。

 

  

■Chapter6 暗闇と大洞の王

以前、地下道内で襲撃してきた地下帝竜。
その後しばらく活動をやめていたが、ミヅチの出現で活動再開しようという状況。
台場へ向かう地下道に居座っている。

暗闇を好み、光を嫌う性質があるようで、
ファクトリーの開発班と協力、光を利用して帝竜の動きを封じ込め、
その間に叩くという作戦に。

7d0_32_27d0_33

最初はランプ用の電源ケーブルを確保するため、地下道の横洞内を探索、
ケーブルは全部で3箇所だが、横洞内は入り組んでいて、隅々まで探さないと見つけづらかった。
おまけにここもドラゴンが徘徊してたり通せんぼしてたり、
頭にでっかい鉄球つけたドラゴハンマオーさんがお出迎え。
なぎ払いや頭突きが結構痛かったが、ロイヤーのカウンターで難なく凌ぐ。
通せんぼしているシールドドラグは、サンダーボールの麻痺が面倒、
シルドパリングによるカウンターがあるけど、3ターン目に必ず発動なので
そのターン、こちらが攻撃しなければ問題ない・・といっても初見は無理に攻めにいって
何かとカウンターもらってしまいましたが・・。

ケーブルを確保したら、帝竜のいる場所へ進み、作戦開始。
ランプで動きを封じた後は帝竜ザ・スカヴァー戦がはじまる・・・が
巨体なため、尻尾、胴体、頭と3箇所で戦う。

7d0_347d0_34_2

尻尾は力溜め→突き刺しによる大ダメージ+LF吸収、
胴体はストマックローラー(全体攻撃)&落盤(全体攻撃)がちと厄介、
いずれもダメージは高い分、サムライの刃下のリアクトで再行動しやすい。
あとは、ロイヤーのチャージ&カウンターでリアクトがスムーズに決まる。
尻尾、胴体とも力溜めで攻撃力強化してくるので、
ロイヤーの釣瓶マッハ→ダブルフックで攻撃力ダウンさせておけばダメ軽減できるし楽。

最後はスカヴァー頭。

7d0_34_3

開幕ドラムヘッドで頭を壁にガンガン打ちつけてなんだろうと思ったら、
2ターン後に落盤ダメージ、その後、ダストブレス(全体ダメ+毒)などで
追い討ち掛けられたりで立て直し、
その突き出た頭を判子のように押し付けてくるヘッドストンプという攻撃で、
ロイヤーの行動封じられたりで、その間つけた深度が元に戻ったりと、
中盤までは何かと攻めあぐね。
それでもリアクトやボディカウンターで着実にダメージ入れていく。

ブレスや落盤といった全体攻撃はキュアで立て直せてたけど、
ストンプによる行動封じは厄介だったなぁ。
これで、サイキックの行動封じられてたら危なかったが、
幸いバッドガード装備で何とか防げた様子で。

結局、尾・胴体は3,4ターン、
頭は10ターンで撃破し、スカヴァーの討伐に成功する。

7d0_35

検体サンプルをキリノへ届ける途中、
謎の少女が都庁前で倒れるシーンなど。
これはどう見てもエメルのようだが、心なしか彼女、幼くなっている?
 

■Chapter7 静かなる海

地下帝竜を倒し、地下道の通行が可能にしたら、その先の台場へと向かう。
ここには東京湾を氷漬けにした氷竜が待ち受けている。

7d0_367d0_36_2

氷漬けと化したお台場を捜索、途中ナツメさんと久々のご対面。
もう彼女の正体ははっきりしているが、、
ここでは彼女の竜の力を求めた理由をちょっとだけ聞けたりする。
過去の要因から、世界を変えるには「力」が必要だと異常に力に執着する彼女。
病んじゃってるねぇ、顔も病的ですし。
こんな綺麗じゃないお姉さんは見たくなかった。

 

地下には巨大な氷の塊が邪魔で奥へ進めない。
各階層通せんぼしているドラゴンもいるため、
上の階にあがり、床なしフロアから飛び降りて下の階へ進む。
その道中で、通せんぼしているドラゴンを片づけて、通路の進行を可能にしたりと、
ここも攻略に少々時間がかかるダンジョン。

7d0_36_37d0_36_4

出てくるドラゴンのほとんどは氷属性、
通せんぼしているコルナロドンなんかは、全体2HITの氷塊落としとか、なかなか痛いんだが、
連中は炎に弱く、イフリートベーンやヒートボディが効きやすい。
西ストリートと東ストリートにて、地下の室温を操作しているフリーズドラゴンをそれぞれ倒すと、
氷塊が溶けて、先に進めるようになる。
フリーズドラゴン戦はフリーズブレスが何かと痛い。
凍傷も面倒だが、この辺りはファクトリーLv6から買えるフロストガードつけたり、
フリマで購入のフロストカットで対策。

途中、サムライの武器「星眼」を入手する。
おお!この武器は・・・前作のサムライ最強の刀、
今作もこれが最強かと調子づいてたら、それ以上の刀が登場してガックシ(w

7d0_37

そんなこんなで室温を戻して氷塊がとけたら最奥へ向かい、ゼロ=ブルー戦。

フリーズブレスはフリーズドラゴンとほぼ変わらないダメージだが
通常攻撃で普通に100以上のダメージと攻撃力が高く、
スリープバイト(睡眠付加)が対策してないと厄介。

冷気圧縮で炎耐性あげてくるんで、
ヒートボディによるカウンターも微量なものだが、
火傷もつくし、あったほうがマシ。

ライフ半分以下になると、ブリザードを使い、
移行毎ターン吹雪による攻撃を仕掛けてくる。

7d0_37_2

この毎ターン吹雪攻撃が面倒だったなぁ。
全体30ダメと、ダメ的にはあまりたいしたことないように見えるけど、
これが後々ジャブのように効いてくる。
中盤以降は吹雪+ブレス&攻撃とダメージ激しくて、サイキックは常に回復要員。
攻撃要員も治療に回して立て直す場面も何度かあった。

回復せずに無理にカウンターにいってしまった結果、
ロイヤーがやられてしまい、サムライもひん死というピンチな場面。
幸いサムライのリアクトでなんとか立て直す事ができたが、
気の抜けない場面は続いた。
11ターンで撃破したが、終盤のボスだけにそこそこ歯ごたえはあったな。
 
  

都庁に戻り、キリノに検体を渡す。
これで帝竜7体の検体サンプルが全て揃った。
キリノ曰く、それらサンプルを使って、障壁を打ち破る兵器「ドラゴンクロニクル」が完成するのだとか。

ドラゴンクロニクル、前作でも真竜討伐に大きく貢献する事となった
あの解析プログラムですが、あれの出所はタケハヤだったんだよなぁ。
ってことは、今回の作戦はやはり、タケハヤが・・・?

7d0_38_2

あぁぁ!?タケハヤ・・・その姿は・・・!!

といった感じで今回はここまで。

次回は最終章。いよいよミヅチとの最終決戦に突入。
13班、タケハヤ、キリノ達の命運やいかに。
そして、最後の最後でまさかのアレがご登場。

衝撃?のクライマックスはまた次回に・・クァハクァハ。

|

« セブンスドラゴン2020-熱砂のDプラント~目覚めた狂気 | トップページ | とびだせどうぶつの森-バレンタインデー、気になるあの子からプレゼント? »

PSP『セブンスドラゴン2020』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。