« とびだせどうぶつの森-節分の日、豆撒きで邪気村長払い。 | トップページ | セブンスドラゴン-未来へのきざはし »

セブンスドラゴン-サブイベ消化~シバの森攻略

セブンスドラゴン。

ニアラとの決戦を前に、各種最強装備を回収すべく、各国のサブイベントを消化。
サブイベのいくつかはヘイズ撃破後の終盤でないとクリアできないものがあって、
終盤で発生するものや、ろくに進行させてないものも含めて一辺にやってしまおうという流れ。

7th_58

装備品を回収していくのはいいとして、
このゲーム、中盤くらいまでは素材集めて装備品開発、
各国にないような強力な装備品作れたのが面白かったんだけど・・。
裏取引で強力な装備品買えるようになってから、
開発のほうが一気に空気になったなー・・・。
まだ???で開発中の武器とかあるのに金額面で性能が劣ってるのが分かっちゃうと
素材集めようとも思わなくなったし。

あと、上位装備以降はダンジョン内の宝箱やクエストの報酬で入手するものが多くて、
もう生産装備とかどうでもいいやとなってくる。

最強武器とかも、世界樹みたく生産で作るようにすればよかったのに、
せっかくの開発システムが中途半端で勿体無く感じた。

というわけでサブイベントを一通りやって、
印象に残ったイベントのいくつかの紹介と感想。
 

■サブイベント「剣聖」

ゼザで北海操舵取得後にいけるようになる武村ハイレイン。
そこに住んでいる剣聖ゼスとのイベント。

7th_59

英雄ドリス=アゴートとはライバル関係の間柄だったようで、
彼に選ばれた自分たちの力を試すべく、剣聖からの試練を受ける事に。

ハイレインから南のヒューロ氷洞へ向かい、最奥に眠る剣聖たちの思念に挑む。
最奥に向かうには、中央エリアの各所にある台座に指定された4つの玉を置く必要があり、
その玉がダンジョンのどこかにあるので、探す事になる。

氷洞は名前のとおり、一方向に滑ってしまう氷面エリアが各所にあり、
目的の場所に進みたければ、滑りまくって壁や岩にぶつかっては調整しながらの移動。
ただ障害物は岩だけではなくドラゴンも徘徊しているのは、このゲームのお約束。

7th_60_27th_60_3

ここは修行の場ということもあって、各所に修行中の剣士がいるのだが、
中には修行に耐えられず、発狂している剣士が襲い掛かってくる場面あり。
ゴオルアアアアア!!とか叫んで襲い掛かってきた剣士とか、
戦闘後に「喉が痛い」の一コメに笑った(w
この中で血走った剣士倒したら尾の玉を入手できた。

他の玉は、氷面フロアの宝箱に入ってたり。
制御効かない氷上を移動するので、道中のフロワロ踏んでの移動が必然で。
おまけにここは、己の欲と向き合う場でもあるのか、
宝箱のいくつかは毒の瘴気が仕掛けられてるものもあり、
戦闘以外でのダメージが頻繁で、回復を余儀なくする場面が多い。
たいして長くはなかったけど、このダンジョンは消耗が激しかったなぁ。

4つの玉回収したら中央フロア戻って台座に玉置くわけだけども、
これ、最初はどれがどれやらで。

7th_60_4

目、爪、尾、翼とあるので勘のいい人ならすぐ分かるのかもしれないが、
後で地図回収したときにこれこそが最大のヒントだったわけで、なるほど、こうなってたのか。
台座の位置的にもわかりやすいものだった。

最奥に到達すると、剣聖の思念・魔剣オウディルと戦闘。
縦一文字や突き崩し、なぎ払いといった近接攻撃が多くて、
主に前衛のノブゾウが受ける事が多かった分、
かけておいた雷の防壁がうまい具合に決まっていく。

7th_617th_61_2

早々にオウディルを追い込んで、6ターン目で倒せるかなぁと、
ノブゾウ回復せずに総攻撃に出たが、それを耐えたオウディルの縦一文字で
100ダメージ受けたノブゾウがやられてしまう。
ただ、この際も発動した雷の防壁がオウディルにトドメを刺す形となり、
勝負は相打ち・・・!?と思いきや、ノブゾウが歯を食いしばって生還するという場面があった。
まるで試練を乗り越えたかのような見せ場を作ったが、
サムライって、こんな形で生き残るようなスキル覚えてなかったはずだけども。
他にそんな効果もつけてなかったし、ちょっとした謎が残った。

こうして剣聖の試練を終えてゼスに報告。
本編進めてないと、ゼスが認めるだけの会話イベントだけで終了。

その後、本編でタケハヤを倒して、ドリスを同行させた状態で
ゼスと会話するとイベント。

ヘイズ戦前と後ではこのイベントに若干変化がある。

7th_627th_62_2

ヘイズ戦前だとドリスはまだ精神体の状態で、
ゼスのイベント後にドリスの若干の会話が追加されている。
ヘイズ戦後だと、ドリスは既に竜殺剣と一体化しているので、
竜殺剣によるコメントがあるのみ。
イベントの進行上、どちらか一方しか見る事ができないが、
どちらを見ても、話が分岐する事はない。

ヘイズ戦後は最終イベントに進む。
家前の弟子から、ゼスがヒューロ氷洞に向かったという話を聞き、
魔剣オウディルと戦闘した場所に向かうと、そこにはゼスの書き置きとともに一本の剣が。

7th_637th_63_2

最後のゼスとドリスの会話イベントにはちょっとグッとくるものがありましたが、
世代の交替と共に剣聖の座を継いだノブゾウは最強の刀「星眼」を入手する。
攻撃力+208と刀の中でも最強を誇る。
正宗装備してたノブゾウの攻撃力が220→290と跳ね上がった。

あと、このサブイベクリアすると、
ハイレインで主に売るものないとか言ってたじいさんから
刀の千鳥(攻+162 SPD+12)が購入可能に。
火力は星眼より劣るが、SPDが10もあがるのは大きいな。
スキルによっては使い分けていく形かな。
  

■サブイベント「ルシェの民」

千人砲イベント後、メルライト工房に立ち寄ると、
千人砲で命を落としたガイオンの弟子バーナードが立ち直れていない様子。
そんな中、バントロワがバーナードに
知り合いが使っていた鎧を直して欲しいというイベントが発生。
傷みが酷い鎧を直せないとして、新しい鎧を作ることに。
バーナードから強靭の皮x4とってきてほしいと頼まれるクエスト「鎧完成に向けて」。

7th_64_2

マレアレ神塔や美しきヘイメルで出現するマンモスが強靭の皮をドロップするが、
このマンモスがなかなかでなくて困りもの。

ヘイメルで10回中1,2回しかでずに、神塔はヘイメルほどではないものの
他モンスターよりも、遭遇率が低め。
最大で1体しか出てこない上に、確実に皮落とすわけではない。
これ、4枚集めるの苦労したなぁ。
マンモス捜索で皮4枚集めるのに、普通に1時間以上かかっていた記憶。

苦労して4枚集めてクエストをクリア。

7th_64_3

翌日、その皮で作った鎧を依頼人のジェッケに渡そうとするが、
鎧の修復を依頼したジェッケは納得しない様子で、そんな鎧はどうでもいいといわれてしまう。
な・・てめぇ、素材集めるの苦労したんだぜ?俺の1時間返せ。
自分の受け継いだ技術を馬鹿にするのは師匠を馬鹿にするのと同じだと退かないバーナードだが。
依頼人が納得できないものを作っても仕方ないのでは、バントロワの的確な突っ込み。

当のバーナードはしばらく放っておいてくれ、とここから
宿に泊まって日にちを経過させてはバーナードのイベントを見にいく。
この辺細かいイベントが多くて面倒だった記憶。

ジェッケとの言い合いでしばらく放っておいてくれ

(翌日)ガイオンとの回想シーン

ヘイズ撃破後、(翌日)にガイオンとの回想シーン2、

(翌日)ジェッケとのイベントが進行

ヘイズ撃破後で一辺にやろうとすると、3回も宿に泊まる必要がある。

7th_657th_65_2

ジェッケ達ルシェにとって大切なものが何かをバーナードが理解
結局バーナードは使っていた鎧を加工して新しい鎧を作るという答えを出し、ジェッケを納得させる。
ルシェとは、心、意志を受け継ぐ民であるため、墓を作る習慣がないのだという。
ルシェ王から何も受け継げなかった・・となんやらしんみりムードでいくつか質問されたりもするが、
「……」だと振り出しに戻るだけで分岐はなし。
最後はバントロワの一喝により、目が覚めたジェッケがルシェ王としてドラゴンと戦う決意表明。
千人砲で命を落とした同胞たちの意志を継ぎ、戦いの勝利を誓うのであった。

この時点でサブイベはクリア。
その後、ジェッケに話しかけると、最強の鎚「ユコンヴァサラ」を入手。
攻+170、ライフ+50、力+15とヒーラーが使うには明らかに前衛向きな装備。
とはいえライフ+50は大きいかな。
バーナードのところでは、ナイト最強の鎧キングフォートレス(防+60、全ダメ5%ダウン)が30000Gで1つだけ買える。
ナイト装備が乏しい終盤、ようやく新しい鎧新調できた。

7th_66

ちなみに、サブイベクリア後、ネバンプレス2F北東の部屋行くと
ジェッケとバントロワのちょっとしたイベントが見れる。
バントロワは冷静なキャラ成分だけにこの手の盛り上がりにかけるが、
彼女の一言だけで愕然としてたジェッケの反応が面白かった。
お二人ともお幸せに!
 

■サブイベント「ヒュプノス」

発生時期はヘイズ撃破後、
プレロマ地下牢のエメルと会話後、
マスカミ遺地のアイテルと会話、
エメルのことを伝えると、会いたいと言いだすが、
ここを離れる前に、ある魔物を討伐してほしいとお願いされる。

その魔物がシバの森という場所にいるらしく、
アイテルに入口を開けてもらって、シバの森に入る。

7th_67

中では物体Σとやらからこの森についての説明を受ける。
奥には魔物がいるようだが、物体Ωが行く手を遮っていて
通る事ができない。
物体Ωを消すために、シバの森、左右のフロアのどこかで、
結界を解除する必要がある。

説明を受けて、さぁ、いってみよーと乗り込んだはいいが、
この森・・・かなり凶悪なワープダンジョンだった。
難易度的には世界樹第六層レベル。

7th_67_2

ちゃんとメモとか取りながら移動してかないと、ハマって
2~3時間近くは彷徨うハメになる。

左右のエリアとも、長ったらしいワープダンジョンだが、
自分なりに最短ルートを攻略してみた。
 

・シバの森 左エリア

左エリアの注意点としたら、
ワープ直後の隣の光の玉が、必ずしも戻るためのものとは限らず
むしろ違う場所に出る事が多いという点。
それを踏まえて最短ルート記載。

7th_68l_17th_68l_3

左画像がA-1、右画像がA-2として・・。
A-1、入ったら右下の2箇所のうち右(青ポイント)から、左下のフロアに移動

A-1左下フロア
反時計回りに移動し、一番左下の光の玉に触れる。

A-2左下フロア
反時計回りに移動、内側のジグザグ通路を最奥まで進み、
ワープしてきたポイントのすぐ上にある光の玉に触れる。

A-2左上フロア
4つある光の玉、右下の光の玉

A-2右下フロア
移動せずに隣の光の玉に触れる

A-1右フロア
柵の内側のフロアに出る。
光の玉には触れず上のエリアへ進む。

7th_68l_47th_68l_5_2

A-3フロアに入る。
ここから各所が柵に囲まれ、四隅の光の玉を選択しての移動。
開始は右下エリアから、目的地ルートの光の玉だけ記載。
左上→右下→左上→右上→左上→右上→A-2右上フロアに通じる場所に出る。
3つの光の玉のうち、左右はモンスターが出てくる。
中央の玉はマナ水が無限採取(バグ?)できるので、
トラップでMANA減った場合は補充。

戻って光の玉に触れる→右下→右下→左上→A-2左上フロアに通じる場所に出る。

ここではA-2に移動せず、すぐ隣の光の玉に触れると、
A-3一番左上へとワープする。
そこに結界の制御を弱める光の玉がある。
 

・シバの森 右エリア

7th_68r_17th_68r_2

B-1(画像)に入ると、森の木で覆われ、各所のコーナーに光の玉がある。
そのいずれかを使って、中央フロアへと移動していく。

最初は外側の一番右下の光の玉から入り
下→上→左という順に光の玉に触れると中央のフロアにたどり着く。

7th_68r_3

これまたたくさん光の玉があるが正解は、左列の一番下の玉に入り、→下→左と進む。

B-2、柵で囲まれただだっ広いエリアへと出る。

7th_68r_47th_68r_5

最初に下に進み、柵の突き当りを右(画像左の向いてる方向)に進む。
道中の光の玉には触れずに、柵の通路の最奥、
右下の袋小路になってる場所まで進み、画像右の光の玉に触れると、
その先に結界の制御を解除する玉がある。

こっちは、左エリアと比べて見た目的に道順がわかりやすくて、比較的楽。
遠回りが一番の近道ってか。

こうして2箇所で結界を解除すると、道を阻んでいた物体Ωが消えて、
最奥でボスが待ち受ける。
ボスMAPの右側の光の玉は、ライフ、マナ、状態異常回復してくれるので、
念のため、そこで準備してから挑む。

宇宙生物ルゼラ戦。

7th_69

軟化による物理防御アップ、
パニックスクリーム(全体混乱)、魂喰(単体ライフ吸収)、
テンタクルウィップによるランダム10回斬攻撃がある。

魂喰はDEF120の後列のメンバーでも80近くライフを吸収する。
パニックスクリームはちと面倒だったが、今回1度のみで全員回避。

こいつは軟化での防御アップと10回攻撃の
テンタクルウィップが厄介そうなんだけども。

こういったランダム攻撃仕掛けてくる相手には、やはり
メイジのヴェイル系スキルが役に立つ。
魔法なら軟化されても関係ありませんしね。

7th_69_2

全員にショックヴェイル掛けておけば、
ランダム10回攻撃で、向こうの攻撃ミスがなければ大体10回の雷の防壁カウンター。
5ターン目でテンタクルウィップを使ってきたが、全員がヴェイル状態だったので
その都度防壁を食らって毎350前後のダメージ、どんどんライフが削れていく。
ウィップが止んだ頃には、どちらがひん死状態になってるかといえば、
雷の直撃食らいまくったルゼラ君のほうで・・
わざわざ宇宙から出張してきてくれてるのに、こればかりは同情しちゃったねぇ。
無闇にウチのメンバー手出しちゃうと感電しちゃいますよ?という典型なボス戦でした。
結局6ターンで早々に撃破。

それにしても、このシバの森、
ボス戦こそ3分もかからなかったが、道中が鬼畜だったなぁ。
特に左エリアが・・・これ、初見じゃワープ直後の隣の玉も正規ルートであることを知らずに、
とにかく移動しまくってハマった。

四隅のワープエリアとか、ここでも左下の光の玉が正規ルートだと分からずに
無駄に彷徨って、結局全部攻略するのに3時間くらい要したねぇ。
MAPの内容的にもほんとに世界樹の第六層に近い感じで、
まぁこっちは落とし穴がないだけでも十分楽でしたが。

道中のダンジョンで3時間以上彷徨い、ボス戦は3分もかからなかったんだから
いろんな意味で不思議なダンジョンだった。
そんな感じでよーやく長かったサブイベントが終了。

報酬手に入れるために、またマスカミいかなきゃならなかったが、
アイテルから強力な杖「カドゥケウス」を入手する。
ATK+80、MANA+50、INT+20、
なんといってもマナ+50は大きすぎる、終盤ではとくにメイジのマナも消耗しやすいし、
さすが難度のあるシバの森攻略した甲斐があったな。

他のサブイベント、
ライバルギルド(カザン)、眠れる獅子(アイゼン)、ミロスの女王(ミロス)
各国のサブイベントもクリアし、強力な装備をゲット。

ちょっと防具のほうが、あまり新調できずに不安は残るものの、
これで準備は整った。
あとは、ニアラとの決戦に挑むチームPandora。

物語も、今度こそクライマックスへ!

|

« とびだせどうぶつの森-節分の日、豆撒きで邪気村長払い。 | トップページ | セブンスドラゴン-未来へのきざはし »

NDS・その他のゲーム」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。