« セブンスドラゴン-序盤のドラゴン戦~カザン奪還編。 | トップページ | セブンスドラゴン-守りの要ナイト&後衛メイジ・プリンセス・ヒーラーの雑感。 »

セブンスドラゴン-攻撃の要、ファイター・ローグ・サムライについての雑感。

セブンスドラゴン。

ドラゴン退治には、各国との協力が必要不可欠だとして
現在は、世界協定申し入れのために各大陸を回ってる最中。

7th_207th_20_2

船も手に入れ、そんじょそこらに咲き乱れているフロワロの海上をひた走る。
もうMAP見てると、赤い点々(フロワロ)がホント嫌で、
縦横無尽に船動かしてフロワロ消す作業にいそしんでる。
今はドラゴンよりも、目の前にフロワロ殲滅が先!
これ消したところでどうこうなる話でもないんだけども。

7th_217th_21_2

現在は、西の大陸の砂漠地帯を横断中、目的地へと向かってはいるが、
本編の進行度はきわめて遅い。
概要にあるフロワロ掃除に躍起になってるというのもあるんだけど。
立ち寄った町で発生するクエストとか派生クエ、そっちをこなしてたり。
このゲーム、クエスト受注は3つまでしか受けられない上に、
メニューから、受注クエの内容を確認できないので、
確認したいときはギルドに戻らねばならんという不憫さがある。
一応クエのキャンセルはできるけども、それもギルド行かなきゃできないので
覚えてるうちに早めにパパッとやってしまおうと。

で、クエの成り行きで本編と関係ないダンジョンに入ってはドラゴンとは無関係のボス退治とか
とんだお使い系やらされることもあったりで。
カザンで発生した「兄からの手紙」とか。
どこにいるのかわからないお兄ちゃんに手紙渡してーという依頼だが、
たまたま入った砂漠のダンジョンで、兄が加入しているギルドのメンバーを発見し、
アリジゴク退治を手伝わされるハメに。
で、アリジゴク掃討して、やっと終わりかーと思いきや、親玉のボスが待ち受けてるとかどんだけ・・。
手紙渡すだけなのに、ボスアリと戦う事になるとは思わんじゃん(w
この手紙クエが今のところ、一番面倒くさかったかな。

そんな感じで本編がいっこーに進まねぇんですが、それも然り。
ちゃんとLvや装備をきっちり整えていかないと苦労するダンジョンが多いんです。
入口付近にいるNPCからダンジョンの適正レベルとか教えてもらえるところもあるけど、
Lv10くらい上のダンジョンは雑魚も手強くて無理ゲー。
だからクエストこなしつつ、素材集め&レベリングとか、
じっくりやり込んでいく、こってりゲームだなぁと、開始から20時間くらい経過しての感想、
シナリオこそ王道でシンプルだけども、こうしたやり込み路線は世界樹寄りな印象は受ける。

やり込み向けだから、難度はあるけども。
とりあえず各職業1キャラずつ作って育ててる最中。
今回は、各職業の雑感とこれは絶対覚えておいたほうが便利というスキルをいくつか。
 

■剣と斧、攻め重視のファイター

7th_227th_22_2

剣と斧が装備可能なファイターは、
剣技や斧技を習得でき、「スイッチ」という攻撃の構えで、
オフェンス&ディフェンス状態で移行しての攻撃の型を持つ。

剣技のほうは、中ダメージ安定のキーンエッジと、
敵の攻撃力ダウンさせるアタックキルが便利。
オフェンシブもあげてるなら敵を麻痺させるファングブレードも役に立つ。
ラッシュエッジは左右3体の攻撃限定で中途半端。
全体攻撃のグランドバスターはソードマスタリーLv8まであげないといけないのがネック。
斧や他スキルに割り振ってるとバスター習得まで行かない・・。

斧技のほうは、単体大ダメのパワークラッシュ、
状態異常率アップのバランスキル、防御力ダウンさせるディフェンドキルが使える。
斧技は全体攻撃技がない、ボス戦などの単体向き。

ソードLv5アクスLv5で習得可能なダブルアタック、
稀に2回攻撃になるが、飽くまで通常攻撃のみ有効、技に対しては発動しないので、
剣技や斧技に長けてる場合は、ドラゴン戦では技主体になる分、ダブルは空気になる。
発動したらもうけものという範囲で覚えさせるのがいい。、
無理してLv10まであげる必要性はないように思う。

オプションスキルのほうでは、攻撃力大UP+出血のベルセルク。
自分で治療できるエンドルフィン。
ドラゴンなどが落とすミートを食べると、宿に泊まるまで能力が増加したままという
ミートイーターが便利。

ベルセルクのほうは、出血直しちゃうと、攻撃力が戻るんだな。
灼熱の韻など攻撃UPとの重複が可能。併用すると凄まじい火力になる。
 

■奇襲攻撃が得意なローグ

ローグはダガー・弓専の職業。
ダガーでは状態異常技主体、マスクドペインというペイン異常を付加させて
トリプルキスや恍惚のキスで大ダメージを与えるという上級向けのスキルとか、
相手を罠に掛けて大ダメージのソードトラップは
トラックリアクト(トラップ成功でもう一回行動)との併用で効果を発揮する。

7th_237th_23_2

弓のほうでは、スリープショット(睡眠)やヘッドショット(即死)
デュアルショット(2回小ダメージ)などなど。
弓はダガーと違って使い続けると命中率がどんどん下がっていく仕様なので、
ボス戦では、シーカー(命中補正)が必須。

ローグは行動が早い分、スリープショットでの奇襲がそこそこ効果的。
あと、デュアルショットはローグの弓火力の生命線ともいえるので、習得は必須。

サムライ連れてるなら行往座臥(侍同行時に攻撃力アップ)は是非覚えておきたい。
自分はサムライとローグをレギュラーにしてるので行往座臥はLv10まで上げたが
デュアルショットとの併用で火力がナンバーワンとなってる状態。
いやーローグさん強いっす。

あとは、フットワークマスタリなんていうのもあるが、
短時間盲目のサンドキックはあまり使えなさげ。
リプレイスファースト(味方をターン最速で行動)は、
同じ技が使えた世界樹での経験上、
強敵戦などで用途がありそうなので、習得しておきたいところではある。
 

■斬馬・居合い・無手のサムライ

刀をメインとするサムライは、
ファイターと同じく、スイッチでの攻撃の構えを持ち、
構えによっては素手で攻撃するという無手の型も持つ。
スイッチ専用の技、属性技など多く、場面によって使い分けていく形。

7th_247th_24_2

攻撃タイプの斬馬スイッチでは、縦一文字と逆刃打ちくらいのLvはあげておきたい。
カタナマスタリーLv10になれば縦一文字の威力もかなり強力になる。
居合スイッチの技も火力は劣る分、獅子奮迅の攻め(ターン経過で攻撃UP)で補う形。
基本はこれで十分のような気がする。

サムライの技で是非覚えておきたいのは、居合スイッチの技「絶刃打ち」。
敵の技を封じるという他にはない貴重な技封じがある。

ただ確率は低め。Lv5以上でもなかなか効きにくい。
ドラゴン戦とか、10回中1回成功すればいいぐらいの確率で。
Lv10まであげても、効果が出ない時は出ない。
ただ、効いたときはかなり大きいので、あるに越した事はないスキル。

属性系の刀技については何もあげてない。使いわけるの面倒だし、
今は刀メインにして無手スイッチのほうも何も覚えてない。

無手の技は、火力は期待できなさそうだけども、即死系の技が多いんだね。
斬撃~突撃霊身とか、各攻撃属性を無効化するというのはボス戦との相性如何で難度が変わりそう。
刀いらずで素手にひた走るサムライ、その様はまるで首を跳ねる忍者の如く・・・
エルミナージュか!?という突っ込みはともかく、何気にロマンを感じますな。

現在はサムライをメンバーに入れる際は
上述のローグも一緒に入れるために、前衛がサムライのみというケースが多い。
ターンごとに守りアップする徹頭徹尾の守り(ターン経過で防御UP)が欲しいかも。

 

今回紹介したファイター、ローグ、サムライ。
どれも使える職業。

総合的に判断してローグ>サムライ>ファイター

ファイター系の技にはローグとの連携攻撃技もあるし、
前述で紹介した行往座臥とかもそうだけど、
前衛陣との協力で火力を発揮しやすいローグは何かと必要になってくるかなぁ。

他職業についての雑感はまた次回に回そう。
というわけで今回はこの辺で。

|

« セブンスドラゴン-序盤のドラゴン戦~カザン奪還編。 | トップページ | セブンスドラゴン-守りの要ナイト&後衛メイジ・プリンセス・ヒーラーの雑感。 »

NDS・その他のゲーム」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。