« セブンスドラゴン-攻撃の要、ファイター・ローグ・サムライについての雑感。 | トップページ | セブンスドラゴン-中盤戦、帝竜討伐の軌跡。 »

セブンスドラゴン-守りの要ナイト&後衛メイジ・プリンセス・ヒーラーの雑感。

セブンスドラゴン。

ドラゴン討伐のために、世界協定を結び、
現在は各大陸に出没している帝竜討伐に回っている最中。

7th_257th_25_2

前回と比べると、フロワロも掃除してだいぶ綺麗になってきた。

ドラゴンの勢力も日に日に減って、残すは429匹!!
・・・と、まだ半分も狩ってないですが。
ここまで討伐してると、メンバーもだいぶん育ってきて、
各職業の持ち味も出せるようになってきた、そんな中盤。
 

今回は前回紹介できなかった残りの職業についての雑感。
 

■味方の生存率を上げるナイト

7th_267th_26_2

職業の中では唯一「盾」を装備できる職業で、
それに関連した防御専門スキルが多数。

盾の防御術であるシールドマスタリーでは、前衛陣の守りを固めるフロントシルド、
後衛陣の守りを固めるバックシルド、
ファイアブレイクやフリーズブレイクなど各属性のダメージを軽減する防御技。
世界樹でも同職業で同じ技があったが、
経験上、強敵のボス戦では重要な役割を果たしていたので、最低Lv1くらいは覚えさせている。

盾以外の防御技術に分類されるガードマスタリーでは
味方全員の防御を上げるディフェンスシフトや、物理・魔法攻撃を弾くパリング。
ライフ50%以下の味方をかばうガーディアンなど覚えられる。

パリングのほうは前衛がナイトで狙われやすいときに効果的かもしれないが、
これはナイトがまだ自分を守るので精一杯な序盤で使えるくらいで。

Lvがあがり、味方とのHPに差が出てくると
自分よりも味方を守る術を身につけていく方が自然になってくる。

Lv低いうちは、とにかくディフェンスシフトやシルド系覚えさせておいて、
Lv40以降、ライフ150、防御100以上と伸びてきたら、ガーディアンを習得し、
味方を庇う技術、タフネスハートも覚えてライフ底上げ、
肉壁として十分活躍できるようになる。

ひん死の味方も庇い、生存率を上げてくれるという意味では
ナイトの存在は大きい。
庇ってくれる存在がいるから、回復もナイトに絞れるという面でも
ガーディアンの利点は大きなもの。

うちのメンバーでは当然守りの要として活躍中だが、
飽くまで守り重視なスキルばかりで、攻撃面では少々火力に乏しい。

攻撃分野の騎士道マスタリーで習得するセイブザクイーン。
プリンセスのプリンセスオーダー中に発動させると、通常の2倍のダメージ。
約2倍のダメージは入るが、消費マナ4と多め.
まだマナ20もなかった序盤に覚えたので、2,3回使ったらスッカラカンで、
これ、最初のうちに覚えるスキルじゃなかったな・・。
プリンセスの月明かりと併用すると、火力的には良さげ。

あとは、盾技で大ダメージを与えるというシルドパニッシュが気になって、
縁のないPOWボーナス上げて覚えさせてみたが。
消費マナ8と多いわりには、ダメージのほうはセイブザクイーンよりも劣る感じで。
さすがに8は多すぎ(w 月明かりでも借金するとかわりにあわないな。
スタン効果あるんだけど、敵よりも先に行動しないと意味がなく、
行動が遅いナイトだと、用途があるのは鈍足なドラゴン相手にするときぐらいで。

今のところ、ナイトは守り専門だけど、
挑発とかクレンチング(ライフ0で稀に生存)とか覚えさせたいスキルが山ほどある。
後、地味にキュア&キュアIIまで覚えられるから、回復役させてみようかと悩んでいるし、
スキルの割り振りは、職業の中ではナイトが一番悩むね。
 
 

■意外とトラップ派?なメイジ

7th_277th_27_2

火・水・雷の三属性と無属性マナ魔法、
ポータル移動やダンジョン脱出などの惑星術を使いこなす、魔法専門の職業。

序盤は装備できる防具が乏しいため、
後衛にいても集中的にダメージもらうとあっけなくやられてしまうので、
SP振りは攻撃魔法よりも、生き残るための術を身につけるほうが大切。
惑星術のプラネットマスタリーをあげてシールドクラフト(一定ダメージ無効化)を先に覚えたほうがいい。

攻撃魔法のほうは属性魔法だと敵によって相性が出てしまうので、
無属性マナ魔法あげておいたほうが無難。

INT80ほどで、マナマスタリーにマナバレット、共にLv5で
単体で200~300近いダメージを叩き出す。かなり強力。
消費マナ7と多いので、多用する場合は、ヒーリングマナとプリンセスの月明かりの唄併用する感じで。

マナマスタリーLv5まであげると
メイジズコンセント(次ターン魔法大ダメージ)も習得できる。
マナバレットで200ダメージ入る相手に対して、
コンセント後だと500以上のダメージと、通常の2.5倍ほどのダメージは入れられる。
バレットとのコンビが凄まじい・・メイジの火力に一役買ってくれる。

属性魔法系については、
通常の単体魔法と全体魔法、あとは、属性の鎧をまとわせて近接攻撃してきた敵にダメージを与えるという
ヴェイル系の魔法がある。

7th_27_3

この各種ヴェイル系がかなり役に立つなぁ。
試しにショックヴェイルを覚えさせてみたけど、
INT90、Lv3ほどで攻撃した相手に150ほどのダメージ、
Lv5まであげると、相性如何で300以上のダメージが入るというなんとも鬼畜なトラップ魔法。
普通の攻撃よりダメージはいるとかどんだけ(w

更に自分含めて4人にショックヴェイルかけた状態で、
全体近接技を使ってくるようなボス相手だと、
攻撃する度にダメージを与え、こちらが攻撃しないまま1000以上のダメージを与える事が可能。

うわーヴェイルトラップ恐るべし・・・。
最近では唯一出遅れたメイジを率先して育てていたが、
ショックヴェイル覚えさせてから一気に需要が高まり、
その後相手にした帝竜戦でも見事に貢献してくれた。

なにも火力を誇るのは前衛陣だけではないということを証明してくれたな。

職業、魔法使い兼トラップ屋でいいやという感じで、
今では主力の仲間入りに。
 

■支援・恐怖声術のプリンセス

7th_287th_28_2

支援系の歌で味方を強化したり、
恐怖系の歌で敵を惑わしたりと、声術を専門としたプリンセス。

鞭を装備できて、敵を服従させる「調教」を覚えられるが、
こっちは敵が恐怖状態前提のものなんで、用途はあまりないかなぁと。
やっぱりメインは声術になる。

プリンセスについては序盤のうちは、揃えられる装備が乏しく、
声術もスキルが低いうちは効果が発揮しにくいものが多いので、
最初のうちは我慢して使っていく必要はある。

火力が乏しく、支援系としても最初は半端な存在ではあるが、
最低限キュアは覚えて、ヒーラーの負担減らす係りで、
声術Lvがあがってくると、様々な支援要員として活躍できる。

支援声術のほうで、覚えておきたいのが「月明かりの詩」、「灼熱の韻」。
月明かりの詩は味方全員のMANAを毎ターン回復する。
マスタリーLv10まであげなきゃいけない上に、覚えても最初はマナ1~2回復と、
ちっぽけで我慢する必要はあるが、Lv5以上あげて、回復量が3~4くらいになってくると、
前衛陣が技を使ってもほぼマナは減らなくなり、長期戦でも存分に戦えるようになる。

あとは、灼熱の韻。味方全員の攻撃力アップしてくれるというもの。
これに限らず声術ってのは、全員に効果を付与してくれるのが最大の強み。

恐怖系の声術では昏倒の誘い。
敵全員に睡眠の効果を付与する術だが、これは絶対に覚えておいたほうがいいスキル。
Lv5くらいからこの術、ばけますな。

フィアーマスタリーLv10&昏倒Lv10でSPD上げた装備つけておけば、
強敵相手でも昏倒先手で奇襲掛けられるし。
Lv40以降の雑魚戦とか、1ターン目で眠らせられるかどうかでだいぶ難度は変わる。

あとは、乱心、報復とか、この辺りは敵の相性によって決まりやすいので、
あげるかどうかはお好みかなぁ。

まぁプリンセスは、声術ちゃんとあげていけば、Lv40以降からばける。
月明かりと昏倒だけでかなり需要がある。
これのおかげで、適正Lv40以降のダンジョンとか、長丁場でも戦えるようにはなったし、
いまやうちのメンバーでは欠かせない存在に。
・・・やばい、この流れは。。。メンバーが全員調教されちゃう日も近いか。
 
  

■回復・毒術のヒーラー

7th_29

ヒーラーは主に回復主体だが、序盤は回復よりも治療要員として
真っ先にリカヴァIとIIをLv5まであげるように専念して、
その後はリザレクションやキュアオール習得。

マナマスタリーのほうは、ヒーリングマナとヒーラーズコンセントくらいは最低限覚えて、
余裕があればライフサルベージョン覚えていく感じで。

ただライフサルベージョンってLvあげても飽くまで「稀に」生き残るんであって
確実ではなく、実際Lv6くらいまであげて使ってみても、あまり効果が感じられないところが・・。
確実に発動しないのが痛い。需要あるかどうかは微妙。
これに割り振るくらいなら、敵の先制率おさえる敵感知とか
エンカウント率下げるインビジビリティあげておいたほうがいいかもしれん。

回復・支援以外では敵に毒を付与するベノム系。
味方に毒の鎧をまとわせて、近接攻撃した敵に毒を付与するというベノムインフェクタが面白い。
近接の全体技使ってくる敵とか、
全員にインフェクタ付与してると、狙った全員4回分ベノムが発動し、高確率で毒状態にできる。
でもまぁ毒に耐性のある敵とか、決まらん事もしょっちゅうで。

それに毒ダメージは、マスタリーや特定のスキルに依存されていて、
世界樹の時とはダメ値の計算も違ってて、威力も低め。
毒術に致命性がなくて、おまけ的な要素になってる。
本格的にあげたいならマスタリーLv8、ベノムLv5でアンプリフ覚えて
ダメ値あげていくようにしないと期待通りの効果は発揮できないような気はする。

あとは、パーティーに月明かりのプリンセスがいた場合は、
ヒーリングマナとの併用でマナは一気に回復できるし、
キュアオール連発するとかよっぽどの事がない限りマナを枯渇する事はない。
余裕があったらクラフトマナで味方のマナ回復させたりとか、マナタンクとしても貢献してくれる。

序盤~中盤のまだLvの低いうちは、
プリンセスとの回復役担うと安定する。
 

といった感じで、昨日に続き全7つの職業を紹介してきたが、
どいつも使える職業ばかりで、結果としては全員主力メンバー、人選に悩んでいる今日。
メイジ使えないかなぁと育ててみたけど、ここまで化ける職業だと思わなかった。
これは嬉しい誤算だった。

今のところ、必須なのはプリンセス、
月明かりと昏倒は必要不可欠。
状態異常を治療アイテムだけで管理できるんなら、
無理してヒーラー出す必要ないかなぁと感じるようになった。
回復そんなに必要のなさげな場所は
ヒーラー→メイジに切り替えて突っ走ってる感じ。
ただ、Lvの高いダンジョン潜ると即死もそこそこあったりで、
ヒーラーいないと安定しないなー。

前衛陣のほうはサムライ&ローグ(攻撃型)か、
ナイト&ファイター(バランス型)を交互に使い分けてる。

サクサク狩れる感じの効率求めるんだったら、サムライ&ローグ、
安定性を求めるならナイトかなと。

今日はどっちにしようかなぁと最善のメンバー選びに悩んでいるこの頃。

|

« セブンスドラゴン-攻撃の要、ファイター・ローグ・サムライについての雑感。 | トップページ | セブンスドラゴン-中盤戦、帝竜討伐の軌跡。 »

NDS・その他のゲーム」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。