« レイトン教授VS逆転裁判-DLC・スペシャルエピソード配信開始! | トップページ | とびだせどうぶつの森-ゆきだるママを作ってアイス家具シリーズをゲットしよう! »

ドラクエ10-人形たちのラグナロク:ニブルヘイム・サガ~神々の黄昏

ドラゴンクエスト10。

最近はアプデに向けてユーザーが少しずつ戻ってきている感はある。

ただ肝心のアプデが現在出回ってる情報はどれも噂で、
当初は12月初頭とか言われてたけど、それも噂。
チムメンの話では中旬に来るという話も噂。
だとしたら、下旬の25日にあわせてくるのか、というと
飽くまで「発表がくる」という噂!もう噂はお腹いっぱいですよ。
12月中に予定されるのかどうかも怪しいね。
この分だと来年にずれ込みそうな予感。

運営はメタルチケットだとか、大討伐イベントとか乱発キャンペーンばっか実施してないで、
さっさとアプデの準備しろって話なんですが。
前の記事で紹介したクリスマスイベとか、アプデの時間稼ぎ、誤魔化してるようにしか見えないものね。
こっちは金払ってやってんのに、相変わらずユーザー舐めまくってる運営側の姿勢は何とかしてもらいたい。

というわけで概要から愚痴りまくりで不満たらたらな今日ですが
クリスマスイベ兼ねて、月曜に配信されたアズランクエ最終話をチムメンと一緒にやったので
前回の続きから、4話と続けて紹介。

 

■第4話 ニブルヘイム・サガ

調停者オーディンにより、天命の戦乙女が連れ去られ、世界の均衡が崩れ始めた。
戦乙女を取り戻すため、ヴァルハラの戦士シグルド(人形)と仲間達は
三賢人を集め、戦乙女の救出に向かう。自分たちはその手助けをしている最中。

その後、賢人たちが戦乙女の場所を突き止めたが、
滅びの魔竜に連れて行かれ、地底世界ニブルヘイムの底にいるのだとか。

ニブルヘイム・・・見当もつかないような名前だが、
場所はモリナラ大森林の東部からいける、という。

Dq10_332Dq10_333

アズランからキリカ草原を北に抜けて、大森林の東部にあるモリナラ地下洞へとはいる。
道中、仲間達が瘴気で倒れていく中で、なんとか最奥の門に到達したが、
鍵がかかっていて入ることができない。

そこで自分たちはその鍵を探す事になる。

門の鍵はこの地下洞に生息しているグールやしりょうのきしが持っているようで。

Dq10_333_2

グールってまともに戦ったのはこれが初めてだったが、
HPがヤケに高い上に仲間を呼びやすい。おまけに呪いがひっじょーにウザったい。
Lv低いなるみんが早々にやられてしまう。まぁ旅芸Lv15ですし、無謀ですし。
サポも攻撃面では役立たず、火力一枚じゃ面倒。
おまけにパラディンがザオ覚えてるのだとレンジャーと勘違いしてた・・なんというド忘れ。
ザオ要員抜きだったのでチムメンのサポ借りて、仕切りなおし。
数戦してニブルヘイムの鍵をゲットして門を開ける。

最奥では、三賢人が滅びの魔竜を外へとおびき出している間に
気を失っていた天命の戦乙女の救出に成功する。
頭にイチゴ乗せた人形・・・どこかで見たような気がするが、まぁいい。
領主の館に戻ると、領主と揉めているフウラの姿が。
はて・・フウラに人形・・・大体オチが見えてきたような気がするが、まぁいい。

館に入り、戦乙女に目醒めの術をかける。
長い間、瘴気にあてられていた影響で、効果が出るのは時間がかかるのだとか。
とりあえず戦乙女の救出に成功してクエストクリア。

 

■第5話 神々の黄昏

Dq10_334

戦乙女がいまだに目覚めず、どうしたものかーというところで、三賢人が帰還。
彼女を目覚めさせるには、滅びの魔竜を倒さねばならないそうで、
魔竜は久遠の森という場所に封じ込めたのだとか。

久遠の森・・・という場所がよく分からなかった。
チムメンの話では、アズランの初期村の方角だという。
そんな場所いったことなかったので詳しいチムメンの後についていく。
キリカ草原からツスクル平原に入り、東の久遠の森へ。

Dq10_334_3

道中は長い道のりだった。
何の情報もなしだったが、チムメンとの会話でボスが例のやつだとか、
魔竜の正体とかそんな話をしながら、森へ到着。

久遠の森はオークキング、アカイライなど比較的強い魔物が多く、
先行していたなるみん(Lv22)が絡まれまくりでバッタンキュー。
しかもうち一人はサンタ装備のままボスに挑もうとしてるし、
こんな面子で大丈夫か(w

魔物と鬼ごっこしながらもなんとか最奥に到達。

そこで待ち受けていたのは・・・。

Dq10_335

プスゴンだった。
アズランのキーエンブレムの際にお目にかかって以来二度目。
あの時フウラからイチゴ頭の人形(戦乙女)奪っていったのもこいつでしたし、
魔竜はこいつ以外考えられなかった(w

ただ、あの時よりは強化されている。
なにより、名前が「怒りのプスゴン」。

初っ端いかずちでなるみんがやられて以降は、ほとんど3人での戦闘になる。

Dq10_335_2

攻撃力200のタイガーで1hit45ダメ前後、
バイシオン1回で70ダメ前後、
重ねがけで100ダメ前後、一回で計300ダメは入る。

ただ、攻撃や呪文に反応して頻繁に怒りだすので、
ロストアタックで適度に鎮める必要があった。

この手のボス戦は久々だったもんだから、
タイガーしつつロスアタの作業が反応だいぶ遅れててかなりナマってたなぁ・・・。
おまけにプスゴン素早さもあるのか、なぜかミスるのも度々だったし。

その分けいさんが前に出てロスアタ作業やってくれてたが、
陣形が乱れがちで、後衛のユイさんが狙われまくりな危ない場面も。
おまけに怒りのマジカル☆ポシェットの全体攻撃浴びて、回復に余裕なかったりとか、
序盤は結構ばたばたしてた、がまぁこんな事でやられるメンバーではない。

Dq10_335_4

徐々に体勢を立て直して、さぁ反撃かーってところで、プスゴンの痛恨の一撃。
こいつ、地味に痛恨もちなところが、これで一気に流れ持ってかれそうだったが、
うまい具合にばらけて、次のポシェット攻撃が単発で済んだのが幸い。

Dq10_335_5

ネームの色変わりだした中盤以降は頻繁にイチゴ爆弾やら魅惑の眼差しを使うプスゴン。
被ダメが変わっただけで攻撃パターンは前回とそれほど変わらず。
爆弾は距離置いていれば回避可能ー・・と攻撃に集中してて爆弾に気づかずに受けてしまうノブゾウくんである。
しかもこのイチゴ爆弾、爆弾2つ分の範囲に入ってると、
2つ分のダメージが入ってしまうとは・・・まぁ普通に考えたらそうなるのか・・・しくったわ。

終盤ノブゾウが魅了されてしまう場面もあったが、
仲間が即ツッコミ入れてくれたおかげで難を逃れた。
あぶねぇ、仲間に痛恨いれるとこだった。

このボス戦は怒り時のマジカル☆ポシェットの全体攻撃がなかなか厄介なので
ベホマラーやハッスルダンスなどの全体回復があったほうが便利。
後は魅了対策にツッコミが必要な部分か。

一人はほとんど戦力にならず、ほぼ3人でやってた。
終始バタバタした戦闘だったが、
なんとか怒りのプスゴンを退ける事に成功する。

その後は目醒めた戦乙女が姿を見せ、プスゴンとの戦いを終局させる。
ヴァルハラの館に戻り、クエストクリア。

まぁこれで人形たちがようやく全員揃ったわけですが、
最後のオチ。

 

Dq10_336

世界の均衡を保つというのは人形たちがポーズを決める立ち位置のことを指していたようで、

で、その均衡を崩すという調停者オーディンの正体とは・・・。

Dq10_336_2

そういうことだったわけね(w

戻ってきたフウラがコンプリートしてる人形を見て
ケンカ中の父親がご機嫌取りによこしたものだと勘違い。
結局、人形たちは次々とお払い箱いき、
世界の均衡は彼女によって崩れ去ってしまうのであった。

人形たちのラグナロク、ここにて終戦!

 

『このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.』

|

« レイトン教授VS逆転裁判-DLC・スペシャルエピソード配信開始! | トップページ | とびだせどうぶつの森-ゆきだるママを作ってアイス家具シリーズをゲットしよう! »

Wii『ドラゴンクエストX』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。