« とびだせどうぶつの森-クリスマスシーズン到来~QRコードでデザインシャツを作る。 | トップページ | とびだせどうぶつの森-冬場の魚、クリオネ・イトウなど。 »

とびだせどうぶつの森-夢見の館~企画展示室を作る。

とびだせ どうぶつの森。

最近は家の増築・インテリアばかりに気をとられて
公共事業の方まで手が回らず。
商店街のほうはそこそこ活気付いてきたが、
最近あんまり金策してないので家のローンばかりで
事業の資金まで手が回らないのが現状で・・・。

キャンプ場とか公園作りたいけど、果物の木植えまくってしまって
立地的に相応しい場所が・・・
村のレイアウトとか本格的に考えていきたいんだけども。
うーん、何かいいアイデアないかなぁと悩んでいる村長が役場に戻ると、
しずえちゃんが居眠りしていた。はれま、珍しい。

Tdm_87

おーい、起きろーとしずえちゃんを起こすと、夢見てました!とかなんとも呑気な・・。
そんなしずえちゃんから「夢」に関係した事業の話が来ているということで話を聞いてみる。

 

■夢の世界から見知らぬ村へ

なんでも住人の安らぎを提供するというリラクゼーションサロン。
眠った人は夢を見る事ができるという夢見の館という場所で、
最初は落ち着いて休める場所ならいいかなぁと事業の資金を投入。
234000ベルとそれなりに高額だったが、家の増築の傍らでコツコツとお金を払い、
5日間で全費用の支払いを完了。

後日、たぬきハウジングの左側に夢見の館がオープンする。

Tdm_88Tdm_88_2

ここでは夢を見る事で、他のプレイヤーの村の様子を見にいく事ができるのだという。
また、自分の村のデータをアップロードすることで他プレイヤーが自分の村を様子を見る事ができるとか。

利用には500ベル必要とのことで、料金を支払ってノブゾウ村長、いざ夢の世界へー。

Tdm_89

見知らぬ人の村へお邪魔してみる。
こっちはガーデニングとかキャンプ場とかしっかりしてるなぁ。
ガーデニングによっては違う色の花とか咲かせられるみたいだし、
今度こっちでも花育ててみようかな。
商店街やR・パーカーズはどんな風になっているのか見てみたかったが
商店街への道は踏切が遮断されて見にいく事ができず、
パーカーズや役場もお休みではいる事ができない。
また事業中のハニワくんがいても、寄付はできませんーみたいにいわれる。
飽くまで村の様子を見る程度なのかな・・・と思ってたら、いきなり落とし穴に落っこちたり。
夢でも穴には落っこちるのか・・・。

ただ、ベッドの近くのハニワくんから夢用グッズとして虫網や釣竿など借りれる。
これで虫捕りや釣りはできるっぽいが今回は虫や魚の気配がなくてしょぼーん。

木にも果物とかなってないし、特産とか見てみたかったけど・・・
適当に木揺らしてるとリサイクル品やお金が落ちてきたり、と・・この流れはもしや・・・。

Tdm_89_2

うはぁ、蜂の巣が落ちてきた。
まさかこんなとこまで蜂の駆除する事になるとは(w
ただし、これら夢の中で入手したアイテム、リサイクル品やコインなどは
持ち帰る事はできない。
虫網下ろしても釣りしても虫や魚も持って帰れないし、
リサイクル品にしても、未入手のものでもカタログには登録されないようだ。
まぁ夢の中ですしね。たぶん蜂に刺されても問題ないんだろうけど、
刺されるのだけはゴメンだわ。

夢グッズには斧とかスコップもあるので、
スコップで花を掘り起こしたり、斧で木を伐採するなどの破壊活動もできてしまうのだが、
ここは飽くまで夢の世界なので、
破壊された形跡などその村では反映されることがなく、特に問題がないようだ。

夢の世界で住民と話した場合は、「夢の中でプレイヤーさんと話した~。」みたいな事を向こうに伝えるらしい。
こっちも村のデータアップしたら、住民たちが夢の中で○○さんと話した~みたいに言い出すのかな。

Tdm_90

このように夢見の館では、おまかせで見知らぬ村を見にいくことができる他、
あらかじめ村や人の名前、また地域などを検索して該当したプレイヤーの村を見れたり、
夢番地を指定してその番地の村を見にいく事もできる。
夢番地は夢の駅前の看板に書かれてあるので、
一度見にいった村は夢番地メモしておけば何回でも見にいくことができる。
また自分の夢番地についてはソパカに登録されるので
すれ違いの場合はモデルハウスの展示場にいるプレイヤーのソパカをお互い確認して見にいくこともできる。

村のレイアウトどんなものにしようか悩んでたが、
この夢見の館を介して他の村のレイアウトがどんな風になっているのか
参考程度に見にいってみるのもありだな。

 

■博物館を増築・企画展示室の公開

Tdm_91

これまで虫や魚を収集し、化石を掘っては博物館に展示しての繰り返しを続けて、
大体2週間が経過した頃、フータからある相談を持ちかけられる。
展示物が増えてきたが、お客の入りがサッパリらしいので、博物館の2階を増築して
企画展示室を作りたいというものだった。

工事費用は198000ベル。

これも夢見の費用にあわせてまとめて支払い完了。
翌日、博物館2階の企画展示フロアにいけるようになった。

Tdm_92Tdm_92_2

ここでは有料(10000バル)で企画展示室の貸し出しも行っているそうで、
自分の家同様に家具などを置いて展示することができる。

とりあえず展示室一つ借りてみたが、
現状ではリサイクル品などの余りものを展示しているだけ。
そのうち和室フロアとかフルーツ家具のフロアとか展示したいなぁ
最近は色々家具買ったりでロッカーが一杯になってきてるもんだから
こういう展示室はありがたかったりするんだが・・。
ただの物置き場と化してしまわないように注意しないと(w

この展示フロアでは、一応展示用のアイテムなども販売しているようで、
ミュージアム関係の壁紙とか、展示台をはじめ、
一定の条件を満たすと銀シリーズのアイテムも売りに出されるようになる。

魚を30種以上寄贈でぎんのつりざお、
虫を30種以上寄贈でぎんのあみ、
化石を15以上寄贈でぎんのスコップ、など、
他にも条件付で販売されるアイテムがたくさんある様子。

Tdm_93

虫30種寄贈でぎんのあみをゲット。

性能的には普通の網とそんなに変わらないみたいだけど、
網に持ち替える際に銀色にキラーンと光る感じ。
お、かっこいいじゃないですか。まぁコレクション用のアイテムだな。
そのうち金色に光るきんのあみとか出てくるのかな。

そんな感じで今日も、虫編み片手で虫捕りしながらも、
事業を着々と進めているノブゾウ村長であった。

|

« とびだせどうぶつの森-クリスマスシーズン到来~QRコードでデザインシャツを作る。 | トップページ | とびだせどうぶつの森-冬場の魚、クリオネ・イトウなど。 »

3DS『とびだせ どうぶつの森』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。