« ドラクエ10-戦士クエストLv45~:強さの果て~真の敵は | トップページ | ドラクエ10-ノブゾウくん、ツボ錬金な日々。 »

ドラクエ10-なげきの妖剣士:さまよえる怪物~立ちはだかる守護者

ドラゴンクエスト10。

たまたまグレン城下町をうろついていた頃、
「今日配信の妖剣士クエストやりませんかー?」という募集があった。

はて、妖剣士・・?いつぞやのキークエで戦ったあいつのことかと
興味あったので参加してはみた、が。

誰からクエ受けるのかも知らなかった自分は、
そのクエの途中からのPTに参加してしまったわけで。
こりゃまた失礼しました~と離脱。

最初のほうはお使いクエだから一人でも出来るよ~みたいに言われたんで
とりあえず妖剣士クエとやらをやってみることにした。

やってみて気づいたが、この妖剣士クエストは
職業クエストのように複数話で構成されたもののようだ。

昨日配信されたクエも含めて紹介していく。

 

■なげきの妖剣士 第1話「さまよえる怪物」

Dq10_237

グレン城王の間にいるチグリ大臣に話すと、
獅子門の集落に怪物が現れたという噂を聞いたそうで
その真意を確かめてほしいと依頼される。

グレン領東北の獅子門にいき、
橋の近くに立っているボラザールと会話。

その後、城に戻って大臣に報告してクエストクリア。

この第1話は数分で終わるお使いクエ。

報酬はきつけそうx3。
ふーむ・・・いらね。 

 

■なげきの妖剣士 第2話「明かされる過去」

Dq10_238

目撃証言からレムルの聖杯が関わっているようで
聖杯はキークエの一件後に城に保管されていたが、
それを賢者エイドスによって持ち出されてしまう。

妖剣士と聖杯の真相を調べるために、
学者ダンデルに力を貸すことに。

1階の使用人部屋にいるダンデルに一度会話
→チグリ大臣→ダンデルでクエ発生。

 

ランドンフットの北西部にある忘れられた書庫内で
関係した書物がある。
中はいろうとするや、エイドスに呼び止められて、
そんなの調べるだけ無駄じゃ!みたいにいわれるが・・・
構わず中に入って、本棚を調べていくと「グレンの歴史47巻」があるので回収。

それをダンデルに渡してチグリ大臣に報告でクエクリア。

報酬はおうごんのかけらx2。
もう売るだけですがな。

その後、書物を調べたダンデルが大臣に報告しに来るが・・・。

 
 

■なげきの妖剣士 第3話「目覚める剣士」

書物を調べた結果、ダンデルから出た言葉は
オーレンが嘗てはグレンの剣聖として名を馳せた存在だったそうだが
グレン&ガートラント両国との関係を悪化させてしまい、
戦争へと発展させてしまった大悪党だった・・・と。

それをエイドスが何故庇っているのかわからんとして
大臣から妖剣士オーレンに真相を聞いてきてほしいと依頼される。

あんな骸骨野郎とまともに話ができると思えんのだが
ダンデルの話では、やつと会話するには「鎮魂のロウソク」とやらが必要らしい。
で、このロウソクとやらは
カルサドラ火山のキラートーチが落とすという。

おぉう・・カルサドラって、以前キークエでいったので場所は分かるが、
ドルワーム方面のルラスト解除したばかりだってのにタイミング悪い。
誰かにルラスト借りるのも面倒だったので、
徒歩で火山へと向かう。

Dq10_239

キラートーチは最初の通路のほうに湧いているが、
おまけ的に湧いているのがヒートギズモ。

トーチ相手にしたいのに、必ずこいつもついてくるという仲良しこよし。

ヒートギズモはなかなか攻撃力が高くてこまりもの。
以前キークエでいった際もPTの僧侶さんやられちゃってたからなぁ。
Lv40のPTで連中相手にするのは、そこそこ苦労するだろう。
怒りだすと厄介なので早めに仕留めたい。

自分はとりあえずツメ持ちの武盗&棍僧侶という
相変わらずのレベリング用サポPTで安定・・・かと思いきや、
さすがにギズモが2体出てきたときは、
ブレス連発でちと焦った(w

何とか勝てたその戦闘で、鎮魂のロウソクをゲット。

その後はベコン渓谷へいき、妖剣士オーレンとご対面。

Dq10_239_2

いよぅ、久しぶり。
部下のがいこつにおめかししてもらって相変わらずなやつだったが
レムルの聖杯は渡さん!!といきり立っている。

そこで鎮魂のロウソクを使うかどうかの選択肢が出るので、「はい」を選択するとイベント進行。

正気を取り戻して一時的に混乱するオーレン、
そこにエイドスがやってきて、おまえたちの知りたい事はいずれ話してやるから
ここはワシに任せろ、といわれその場を後にする。

その一件を大臣に報告してクエストクリア。
報酬としてプラチナ鉱石x3を入手。

武器鍛冶やってない自分には微妙な素材、
あんまり高く売れないし、ぎんのこうせきの方がよかったな。

 
 

■なげきの妖剣士 第4話「立ちはだかる守護者」

前回の約束どおり、城にエイドスがやってきて、
オーレンの過去について話し始めるイベント。

オーレンがグレンにいた頃、渓谷の調査にて部下が魔障に侵されたために
彼らを救うために聖杯を求めた事、
そしてそれを助言したのがエイドスだったという話を聞かされる。

聞く限りでは、オーレンが書物に書かれていた大悪党・・
というわけでもなかった様子。

その後は、オーレンが雲上湖に向かったという話を聞く。

そこでオーレンが何をするつもりなのか確かめてきてほしいと
大臣から依頼される。

Dq10_241

雲上湖へー・・と、その手前で何PTか発見するが、
サポのネームが真っ赤っか、全滅しているPTも・・・
ボス戦のようだが、Lv40後半の面子で全滅か・・いったい何が待ち構えているのやら。

同じくこちらも全員サポメンバー、気を引き締めて挑む。

雲上湖にはいるとオーレンを発見。
やつは聖杯にグロリアのしずくを入れて
嘗て失った部下たちを甦らせようとしていた。

そこへ入ってきたノブゾウくんをガートラントの追ってだと思い込み
剣を向ける。
だが、そこへオーレンを庇うかのように、あのボスが姿を現した。

Dq10_242_2

水竜ギルギッシュ。

以前戦ったギルギッシュの強化バージョン。

前方範囲のフリーズドロップ、前方広範囲のマヒャド。
範囲技・すっころび付加のアイスブレス。
前方の効果を打ち消す零の洗礼、
単体にマヌーサ掛けたり自分にスカラ掛けてまもりを強化したりと、
行動パターンは以前とそれほど変わらないが、
ヒャダルコ→マヒャドになってることや、
通常攻撃やアイスブレスなどが強化されている。
まもり200ほどで80ダメ前後のダメージ。

開幕は前線サポに任せて、こっちピオリム&ボミエで
行動間隔優勢にして戦闘に入る。

自分含めて前衛3人がツメ持ちで序盤はとにかくタイガーラッシュだった。
スカラなしでも攻撃力170~180のツメタイガーだと1Hit30ダメとそこそこ硬い。

おまけに水竜がスカラでまもりかためてからは
ダメージがあまり通らなくなり、
僧侶を攻撃しようとするギルギッシュに対して押し相撲な展開。

スカラ時はタイガーよりもウィングに切り替えてダメージ入れてたが、
2HITでも40ダメとか・・むー、ルカニがほしいところ。

水竜への被ダメがかなりあったため、
僧侶は常に回復を強いられていたが、そこへ水竜が怒りタゲを向ける。
そういやぁこのボスは序盤からよく怒りだすんだっけか。

Dq10_242_4

この辺はしっかり壁張って守りながらロストアタックで鎮めていたが
肝心の僧侶がなぜか前に出て攻撃しに来る始末・・・おぉい、あぶねぇって。
作戦いのちにしてあるのにこの僧侶、棍持ちだったので下手に前でて氷結らんげきとか、全然効かねーよそんなもん・
こりゃあ人選ミスかなぁと不安な立ち上がり。

やばかったのは1回目のアイスブレスで、前衛3人がすっ転び。
さらに水竜が怒りタゲ僧侶で襲っていくとき。

Dq10_242_3

ここ一発貰っただけで危ない場面だったが、
幸いにも僧侶が武器ガードで回避に成功。
棍の武器ガードなんてあんまり見られるもんじゃないが・・ここはほんとによく凌いだな。
2度目のアイスブレスも、前衛転んだ直後に僧侶に怒りタゲ向けられて焦ったが、
マヒャド詠唱でぎりぎりロストアタックが決まりなんとかダメージは抑えた。
怒りマヒャドとか・・あぶねぇなぁ。

その後は水竜囲みながらタイガーやウィング決めていくが
さすがに強化版だけあってHPは高かった記憶。
ほかの前衛サポ2人がMP切れても、全くネーム色変わらず。
前衛がMP切れだした中盤は、僧侶の壁しながら、
小ビンやせいすいでサポのMP回復、攻撃役を任せる形で戦っていると、
ようやく水竜のネーム色が変わりだす。

Dq10_242_5

水竜はここから壁張ってるノブゾウくんを攻撃しだすようになるが
僧侶の回復が間に合いそうにない場合は、こっちが回復アイテムを使うような形で。
前にノブゾウ、後ろにサポ前衛がついていたため、
前方攻撃がきた場合もどちらかが受けるだけで対処できる。
フリーズドロップとか、画像見てもわかるとおり、後ろまで届かないしな。
アイスブレスが唯一怖かったが、中盤以降はあまり使ってこなかったなぁ。

あとサポのひとりがドラゴンクローつけていたため、
水竜にもある程度ダメージ入れていたのも好材料だった。
レベリングPTは裏目かなぁと思われたが、逆にその火力が功を奏して、
水竜のスカラ防壁も見事に崩していく形となった。

序盤はバタバタして危なかったが、
中盤はなるべくしてなったような陣形で安定した戦い方。
唯一僧侶前でてはダメージ貰う以外はほぼ危なげない戦闘で、
ギルギッシュ戦に勝利する。

ちなみに盗むやってみたが30G、お宝ハンターのドロップも大きなうろこと
報酬はしょぼかった。

邪魔者を片づけたものの、結局オーレンには逃げられてしまった。
後からやってきたエイドスが、オーレンはガートラントに向かった事を告げ、
その理由などオーレンの昔話などを聞けるイベント。
まぁなんやらごちゃごちゃあった模様。

イベント後は城に戻り、大臣に報告。

今回の報酬は、「経験値の古文書・中」。
使うと経験値300~所得できるらしい。
これが職人経験値ならともかく、しょぼい報酬だなぁ。
でもこういったアイテムって使わずに取っておいてしまうという
貧乏性なノブゾウくんでした、というわけで妖剣士クエのお話は一旦ここまで。

Dq10_242_7

 

おまえたちを見捨てたりはせぬ!!
死して後も ともにあろうぞ!!!!

次回、なげきの妖剣士 第5話「語り継がれる真実」・・・!

お楽しみに!

|

« ドラクエ10-戦士クエストLv45~:強さの果て~真の敵は | トップページ | ドラクエ10-ノブゾウくん、ツボ錬金な日々。 »

Wii『ドラゴンクエストX』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。