« DIABLOIII到着、ゲーム開始までの流れ。 | トップページ | DIABLO3-予想外に長かったACTI~ブッチャー戦 »

DIABLO3-初プレイの雑感&システム紹介。

ディアブロ3。

Dia3_11

最初は何の職種で行こうか悩んでいたが
とりあえずウィッチドクターに決める。

何がドクターなの?ってことだが、
この職業は、死者の魂や生物を甦らせて戦わせるネクロマンサー的な職業。
その他にも爆発物を生成して敵を木っ端微塵にしたり、
毒や呪術などの弱体系スキルにも優れた職業。
近接系の職業よりもこっちのほうが性に合ってるかな。
まぁなんせチキンなヤブ医者という設定ですし。

今回はザッとやってみた雑感やら、わかる範囲でシステム紹介。

 

■操作性

まず操作の方は、キーボードとマウス。

移動、敵攻撃などは基本マウスクリックでの操作。

360コンや他パッドは非対応。
Xpadderでキー割り当てようか考えたが
マウスクリックでの移動操作なんで
マウス操作をパッドで割り当てるくらいなら、実際マウス使ったほうが断然早い。
後はキーボードで、J→ジャーナル開く、M→マップ表示、I→アイテム表示、
などイニシャルとってるだけなので、最低限の操作はすぐに覚えられる。

Dia3_12

クリックゲーは最近のオンラインゲームではありきたりだけど、
薄暗くて不気味なダンジョン内で次々湧いてくる敵をドンドン片づけて、
ドロップしたアイテムを次々入手していくような感じはいかにもDIABLO。

 

■キャラクタービルド

キャラはレベル制、レベル上がるごとにスキルが解除されて使用可能に。

ウィッチドクターだと最初は毒矢、レベル上げていくと
悪霊の手を呼び出して相手の移動速度を減少させたり、
蜘蛛を放出して攻撃したり、
ファイヤーバットを召喚して火炎放射のようなスキルなど。
ネクロマンサー系といったように、召喚系スキルにも長けている。
レベル4になると早速、ゾンビ犬召喚できるようになった。
わんわんお3匹引き連れて、ダンジョン内探索、
ゾンビやスケルトンとの壮絶な戦闘が結構楽しい。

Dia3_13

Dia3_13_2

スキルは、攻撃系や補助系など6つの系統で分かれていて
それぞれ職種に応じた技を駆使していくが、
各技にはルーンという追加効果を付与できるものがあり、
このルーンもレベルを上げて習得、スキルに設定する事で技を強化できる。
各スキルに設定できるルーンは一つまで、
一つのスキルにつき5つの種類のルーンを習得できる。

ウィッチドクターはレベル6になると
Splinterという毒矢のルーンを習得する。
初ルーンを習得し、早速設定してみたら、
一気に3本の毒矢放って、敵倒すのが楽になった。

他にもレベル上げる事でどんどん違う効果のルーンを覚えていくだろう。

スキルについては種類豊富な上にこのルーンにより
さらにバリエーション持たせてるなぁという印象。

 

■インベントリ・アイテム管理

Dia3_15

インベントリは従来と変わっていない。
アイテムごとに枠が決まってて枠が開いてるだけアイテムが持てる。
ただ、ダンジョン探索してるとすぐにアイテムが一杯になる。
要らんアイテムはどんどん捨てていくことになるんだが、
ノーマル装備とか入手しても最初は2G~4Gしか売れないので
使えそうなマジック装備だけ入手して他は捨ててる。

ちなみに店で売ったアイテムは買い戻す事ができる。
しかも買い戻し品の欄はすべての行商人とリンクしているので
うっかり売ってしまったアイテムは、
どこでも買い戻す事が可能という便利な機能。
ただ買い戻し欄が全部で12しかないようで
埋まってる状態で、売り続けると古いやつから消えていくのかな。
このゲームはどんどんアイテム入手していくから
アイテムのチェックも細かくやっていく必要がある。

 

■職人とクラフト

Dia3_16

装備品などは敵から入手するだけでなく、
職人に依頼して作る事もできる。

クエストがある程度進行し、職人と出会うとクラフトが可能になる。
職人が作成可能なマジック装備を依頼できる。

Salvageでマジック装備を潰して得られるCrafting Materialを原料にして
新たなマジック装備を作る。

付加されるスキルについては「+? Random Magic Propaties」、
何らかのスキルがいくつか追加されるという意味。
+2だと2つ、+3だと3つ。

早速ダンジョン内で大量に入手したマジックアイテムを潰して
Materialを生成した後は、新たな装備品を作成。

防御33、Dex+1、Vit+9、モンスターキル+3の経験値というマジックパンツが完成。
この段階では敵から入手するよりも良さげな装備が作れるな。

最初は作れる装備品の種類は限られるが、
職人にもレベルと経験値があって、
ゴールドを払ったり、ダンジョン内などで入手する技術書(Page of Blacksmithing)を渡すと
経験値が上昇、レベルあげることで強力な装備品が作れるようになる。
またレベルアップするにつれ、見た目も変化していくらしい。

ゴールドが1回2000Gとコスト高いなー。
最初は技術書回収して職人の経験値あげていくか。。

 

■意味わからなくても進められるクエスト

会話の内容は全部英語なんで、用語の要所要所適当に把握して流している感じ。

Dia3_14

内容こそチンプンカンプンだが、クエストの進行については、
MAPでクエスト発生地点や、次のチェックポイントが表示されるので、
意味分からなくても、ある程度進められる。

最初は、討伐依頼や人助けなど、簡単なクエストからはじまり、
メインともいえるダンジョン探索など本編のクエストをこなしていく。

DiabloIIIは一つのステージをACTという構成にして
その中でいくつかクエストが用意されている。
全てクリアすれば次のACTに進める流れ。

クエストごとにボスが用意されているんで
まぁやり応えはある。

Dia3_17

基本は、ゾンビ犬や悪霊の手で敵を足止めしながら
後方から毒矢でチクチク仕留めていくという無難なパターンで探索を続け、
今回はCATHEDRAL下層のスケルトンキングを倒し
最下層のThe Strangerと会話、クエスト「REIGN OF THE BLACK KING」完了。
ACT1の前半のクエを終わらせる。

オンラインとはいえソロでもやってるけど、
スケルトンキング相手にゾンビ犬吹っ飛ばされてたし
そろそろソロだときつくなってくる頃合か?

協力プレイしようかなぁとPUBLIC GAMEの方繋いだら
ハングル文字のプレイヤーを発見した。
あー言語対応してるっていいなぁ。

|

« DIABLOIII到着、ゲーム開始までの流れ。 | トップページ | DIABLO3-予想外に長かったACTI~ブッチャー戦 »

PC『Diablo3』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。