« 紡がれし百年、受け継がれし百年の刻 | トップページ | 幻想水滸伝 紡がれし百年の時-朱キ斧を追って~リュセリ加入・氷結洞編 »

ミニMAPだけだとダンジョン迷いがち・・・

幻想水滸伝 紡がれし百年の時。

主人公の名前は、特に決められてないんだが、適当にルイという名前で。

百年目に現れる怪物に備え、テルペの里の周辺を奔走するルイやミュラたち。

途中、現れた不思議な少年ゼフォンにより
時代樹による過去を遡る方法を知った彼らは、100年前の英雄トルワドから
技を伝授する事で、怪物の撃退に成功するルイたち。
その後、別の怪物に里を襲われ壊滅させられるが、
怪物が何故か寄り付かない時代樹の苗を、
過去の時代、里の近くに植えることで難を逃れた。

時代樹では100年前にしか戻ることができず、
遡った者たちは時代樹周辺のみの移動しかできない。
そのため、その時代の英雄たちに手伝ってもらい、
別の場所に時代樹の苗を植えることで、
現代で成長した時代樹から100年前のその場所へ移動し、
英雄たちに苗を渡しては目的の場所に植えてもらったりと
100年前にその場所で起こった事象を体験しながら、物語を進めていくという流れ。

 

里の襲撃を免れたルイたちは、
怪物の件を報告するため、町長の娘イリアを連れてシュラートへ。

町長のアローンにこの件を報告するが、その件については内密にしてもらいたいと・・。
この地域ではアイオニア聖皇国が軍事力を揮っており、
怪物の件を聞けば、連中が町に介入して属領にしてしまう可能性もある・・と。

この地域ではアイオニアによる強制的な軍事介入で、度々大きな衝突があった。
ルイの母であるシグニイも、アイオニア軍によって殺されたようで、
連中に対しては反感を抱いていたルイたちだが・・、
その後、アイオニア軍のデューカスがやってきて
怪物の情報を聞きだすために、アイオニアの聖都へと連れて行かれる。

Genp_8

聖都タクシスに赴き、アイオニアの聖皇レネフェリウス13世から
怪物・テラスファルマについてや、アイオニア自体が、
テラスファルマと戦うために建国された、などの話を聞いて、
怪物を殲滅するためにアイオニアとは一時的に協力関係を結ぶ事になる。

その後、聖都内を見て回っていたルイ達だったが・・。

 

Genp_9

Genp_10

突如聖都内にテラスファルマが襲撃。
相手にしながら橋の方にいってみるとシュラートの町長アーロンの姿が・・。
自分たちを「朱キ斧」と名乗り、アイオニアを滅ぼすため
装置のようなものでテラスファルマを召喚して、侵攻してくる。

聖都の鉄壁な守りで侵攻を防いだアイオニア軍に
アーロンは、いずれ北や西からアイオニアに斧を打ち込んで斬り倒してみせる!と
その場から逃げ去っていった。

 
テラスファルマの出現が、アーロン達「朱キ斧」の仕業である事が判明し、
ルイ達は、朱キ斧の行方を追うことになる。

 
ここからは、朱キ斧を追いながらも、立ち寄る町や村などで
住民たちの悩みを解決するため、時代樹で過去に遡っては英雄たちの力を借りたり、
時には、英雄たちから技を伝授していったりと。

 

朱キ斧によって被害を受けたシュラートでは
怪我を治す薬草を探すため、薬草の自生地であるルシル平原に向かうも
既に荒野と化していて薬草一つ見つからず。

Genp_11

Genp_11_2

時代樹で過去に戻り、苗をその時代のルシル平原に埋めてもらうことで
現代の平原で成長した時代樹から過去に戻り、薬草を荒らす牙ウサギを片づけて
元の世界の自生地を守る。
ここではトルワドと共に怪物と戦った
ロルフと、フェザートライブのムーイーに手伝ってもらったが、
ロルフは魔術師でムーイー薬使い・・ということで
同じく魔術師のミュラと薬使いのイリアがそれぞれ彼らの技を伝授していく。
イリアが覚えた癒しの雨は全体回復かぁ。ミュラの精霊の戯れもそこそこ強力。
仲間が揃わないこの序盤は、しばらくはレギュラーから外せないかな。

 

北のオロスク村では、村を占拠している朱キ斧と
行方不明の住人達の内情を聞きながら、
オロスクの鉱山で合流した村長のボールドンと一緒に、
洞窟内の朱キ斧の連中やテラスファルマ退治。

Genp_12_2

Genp_12_3

岩山の洞窟はいると
朱キ斧の連中と戦闘に入るが
拳法家の乱れ打ちが一発40ダメージ5,6HITほどとなかなか強烈だった。

連中を片づけて、奥へと進み、囚われた住人達を解放して進んでいくが、
ミニMAP見ても、踏破した部分が残らない分、方向感覚狂うとちと迷いがちになってたな・・。

最奥に行くとアーロン達が待ち構えている。
初登場の敵キャラ、ザヴィドやゾシオムとご対面、

Genp_12_4

朱キ斧の行為に対して、ルイが、やってることは復讐そのものだ!と
嘗て母親シグニイをアイオニア軍に殺され復讐も頭に考えていた自分と重ね合わせながらも
熱く語るルイくん。
アーロンの行為を止めようとするが、ゾシオムが放つテラスデグラーゴと戦闘。
実質、これが初ボス戦。

Genp_12_5

スターバーストが全体200ちょっとのダメージ。
今のイリアでも癒しの雨だと150前後の回復と、回復のほうは追いつかない感じだったが、
こっちは、精霊の戯れや蛇閃脚でそれぞれ200~300近いダメージを与えて攻めていく。

このままバーストかまされてたら誰かがやられてただろうが、
大体2,3ターンほどでテラスデグラーゴを撃破。
無難に初ボス戦を終えた。

 

このまま朱キ斧を追おうかと思ったが、
砦の湖に戻って一休み。

今作でも一応「本拠地」は用意されていて
そこで、アイテムの生産や、鍛冶、食事・寝泊りができる。

Genp_13

ある程度活動した後に本拠地に戻ると、
既に夕方になっていて外出ができなくなるが、
夕食食べて寝ると翌日能力にボーナス値が加算され、戦闘を優位に運ぶ事ができる。
料理人を仲間にする事で料理のバリエーションが増えていく。
必要素材があれば食える。
また一緒に食事すると友好度があがるそうで、
食事中の会話なんかも友好度があがると変化したりするのかな。

 

また、伝授については戦闘要員のメンバーのみあらず、
特定の条件満たせば料理人や調剤師なども技を伝授させて
新たな料理やアイテムを作らせることができる。

Genp_14

Genp_14_2

オロスク村の一件を解決すると肉料理専門のビョルンが仲間になったが、
後は、本拠地の時代樹から過去にいくと、砦の隅にゲレルを発見。
野菜専門の料理人だそうで、ルルサがゲレルの料理を伝授、
以降は食事で森のサラダが追加される。

また、他にも特定のアイテム見つけるだけで技の伝授も可能のようだ。

どんどん仲間見つけて、どんどん技伝授させていくか。

|

« 紡がれし百年、受け継がれし百年の刻 | トップページ | 幻想水滸伝 紡がれし百年の時-朱キ斧を追って~リュセリ加入・氷結洞編 »

PSP『幻想水滸伝 紡がれし百年の時』」カテゴリの記事