« スカイリム-アーニエルの企て・・・そして彼は | トップページ | スカイリム-ウィンドヘルム「氷の上の血」について。 »

スカイリム-ペイル旅情・フロストフロウの惨劇~ユンゴル墓地探索

スカイリム。

マグナスの杖クリア後、
大学のトルフディルから、以前大学内で騒がせたマグナスの目による影響で
ある地点で空間の裂け目が発生しているとの事で、それを閉じる事になる。

クエスト「アフターショック」

Tesv_449

近くの目的ポイントに向かい、
空間の裂け目から出現する生霊タイプの異形魔法を片づけていく。

マグナスの杖持っていったほうがいいとか言われるが、
異形魔法を数体片づければ裂け目が閉じて任務完了という簡単な仕事。

トルフディルに報告してクエスト完了。

というわけで今回はウィンターホールドとその周辺・ペイル地方での出来事を紹介。

Tesv_450

Tesv_451

ウィンターホールドとドーンスターの中間、
イスグラモルの墓からやや南側のほうに、フロストフロウ灯台を発見する。

塔の前では何故か馬が倒れていた。
不自然に思いながらも塔の内部へとはいると、
そこには何者かに殺されたかのような惨殺死体を発見、
その原因を探る事になる。

最初はラマティの死体からハブドの日記を発見。

ハブドとラマティ夫婦は、このフロストフロウ灯台を購入して
子供たちと移り住んだようだが
地下室から昆虫のような生物が湧いてでて、ラマティを殺害してしまったようで
ハブドが子供たちを守るために昆虫退治にいったことが書かれてある。

はぁ・・昆虫のぅ。さっきから地下のほうからカタカタカタ音が聞こえてきて
なんなのかが想像がつくんじゃが・・。

お次は他の部屋も見て回る。
子供達が使っていたと思われる部屋ではスディの日記を発見。

内容はこの場所に移り住んだ事の愚痴からはじまり、
地下室で聞こえる引っ掻く音が気になり、マニの後をついていったことが書かれてある。
ちなみにこの日記から、彼ら一家は元々港町に住んでいて、
船乗りか何かの仕事をしていたと思われる。

ラマティの部屋ではラマティの日記を発見する。
内容は、貿易船で入手したお気に入りの鍋が見つからない!と苛立っていた様子と
地下を気にしている子供達を心配している内容のもの。

ふむ・・にしても気になるのはラマティの死体である。
昆虫にやられたにしては状況が裸であったし、
何よりある奴さんの武器が刺さっていた・・これはもしや。

 
部屋の左右の扉に鍵つきの扉。
スディの日記からは、複製した地下室の鍵が
母のお気に入りの小物入れの中に入れた・・
と書いてあったが、それが部屋中探しても見つからなかったので
鍵つき扉をこじ開けて地下へと下りていく。

当初一家は地下にスキーヴァーがいると思い込んでいたようで
階段にはそれ用のトラップが設置されていたが・・。
そんなトラップをあざ笑うかのように周囲には血痕が生々しく残っている。
慎重に下へと進んでいくと・・・。

 
Tesv_452_2

シャウラス。

死角からいきなり毒液を撒き散らしてお出迎え。
ドゥーマーの遺跡なんかでお目にかかるムカデ蟻だが、
こんな辺鄙な場所にまで出てくるとは珍しい。

はじめてシャウラスを相手にしたのか
連れのエリクは少々戸惑い気味。
そんなへっぴり腰で剣振ってるだけじゃあ虐殺者が聞いて呆れるぞい!

殲滅した後は周囲を探索。
おびただしい血痕は、そのまま奥の深い穴へと続いていた。

フロストフロウ地獄とよばれるダンジョンに入る。

Tesv_453

Tesv_453_3

シャウラスの巣窟かと思っていたが、
ここにはその他にファルメルまで住み着いていた。
連中のテントまでご丁寧に設置されている。
ラマティに突き刺さっていた武器はファルメルのものだったことから
おそらく連中がラマティを殺害したのかもしれない。

更にその近くには、ハブド夫婦の子供マニが
祭壇で刃物に突き刺された姿で発見される。
ぬぅ・・惨い・・ご冥福を。

奥へ進んでいくと、フロストバイトスパイダーまで出現。
更に遠くから弓矢で攻撃受けて、なんぞやと遠く見ると
巨大な繭でカバー取るようにして弓矢を撃ってるファルメルの姿が。
シャウラスの他にスパイダーまで飼っているとはな・・。

スパイダーも含めて、ちょっと広いエリアに出ると毒撒き散らされてドクドク状態。
気がつくとあっという間に体力が減らされていたりと。
賊のアジトなんかよりもよっぽどたちの悪い場所だった。

はやくこんな場所から出たいのぅ。
と・・気づけばエリクの足取りも重く・・ほら、どうした。早くこんか。

蜘蛛の巣地帯を抜けると
またシャウラスにファルメルの住居がある場所を通るが、
その途中に、子供スディの死体を発見する。

マニについていった後、ファルメル達に捕らえられてしまったようだ。
血のついたメモやら回収する。

メモの方見たら、これまた血がべっとりと生々しいものだったが・・。
後を追ってきた父親も同じくして捕まってしまったようで、
虫にかまれて毒を受けた状態で、ファルメル達に連れて行かれてしまったようだ。
この分だと、親父さんのほうも、もう生きてはいないだろう。

 
まぁとにかくこのファルメルが一家を惨殺した黒幕なんだろうということで
連中を殲滅すれば任務完了だと思っていたんだが、
真打ちが・・別にいた。

奥へ進んだ先の崖の下を降りる。
水たまりのような場所になっているところでシャウラスどもを片付け
最奥へ進むと・・・。

Tesv_454

うあああ、なんじゃこのでかいのは。

シャウラスリーパーを相手にする・・リーパーにしちゃこいつでかすぎだろ。
何食ったらこんなにでかくなるんだ。

細長い体系のワリには、小回りできるやつで正面からガブガブかみついてくる。
その他に小型のシャウラスもいるので、もたついているとあっという間に毒状態に。
毒状態でリーパーに噛みつかれると、あっという間に体力減らされて厄介だったが・・。
小型のほうは無視して時間減速でリーパーの背後回りこんで、早々に仕留める。
残ったシャウラスも片づけて・・なんとか殲滅。

ふぅ、苦戦したがなんとか倒せた。
て・・誰かいないと思ったらエリクがまだ崖の上に突っ立ったままだった。
肝心な時になにやっとるんだか・・・さては、おぬしシャウラスが苦手じゃな?

リーパーの死体から、
連中の餌にでもされてしまったのだろうハブドの死体を回収、
ハブド灯台の鍵も入手する。

死体を回収したのはいいが、こんなもの何に使うのやら・・。
灯台の鍵も入手したので、その後は灯台の屋上へ。

 

ラマティの日記には、ハブドは自分が死んだときは
骨を灯台の明かりに入れて欲しいと約束していたことが書かれてあった。

Tesv_455

永遠に海を見渡したいと願うハブドの死体を
灯台へと放り込むと、「船乗りの安息」が追加される。
有効な効果で、治癒の呪文の回復が10%増加。

結局、この灯台事件は生存者がおらず、無念な結末となってしまったが・・
彼ら船乗り一家の思いを胸に旅を続ける。

  

Tesv_457

大学のアルケイナエウムにてウラッグと会話。
特に使い道もなく、すっかりお荷物となってしまった星霜の書。
ウラッグに持ってきたことを話すと、冗談だろうとバカにされるが
実物を見せるや、目を丸くしていた。
もう要らんから大学側で保管してくれいということで、
代わりに報酬として2000ゴールドを入手する。

ついでに何か探してる本があるか聞いたところ、
シャリドールという強大な魔術師が残した多くの本が各地に散らばっているそうで
それを見つけてきてほしいという。

クエスト「シャリドールの洞察」

スカイリムの指定された洞窟内にあるシャリドールの本を回収してくるクエストだが
うーん、これ前にもやったような気がするんだがなぁ。

Tesv_458

Tesv_458_2

今回指定されたのはペイルではなくリフト地方。
フォーレルホストから少し東側にいったところのブロークン・ヘルム・ホロウという洞穴にある。
断崖絶壁からお邪魔しますよっと。
見張りを片づけて内部へはいる。
賊が住み着いている1フロアダンジョン。
入ったときには賊たちはまだ寝床についていたようで。
あ、起こしてしまいましたか。おはようございますおやすみなさい。
彼らを再びお寝んねさせ、奥の山賊長もスタブで片づけた後は、
宝箱からシャリドールの洞察を回収、ウラッグに渡すとクエスト完了。

他にもシャリドールの本いくつか散らばっているとのことなので、このクエはまた発生しそうだな。

  
 

Tesv_456

Tesv_456_2

ウィンターホールドの商売人ビルナから
取引で入手したが、使いようが分からず損をしてしまったという爪の話を聞く。
その爪は元々、ユンゴル墓地という場所にあったようだが
取引相手曰く、その爪を墓地に戻せば同じ重さのゴールドよりも価値のあるものだと
言われたという。
そんな得体の知れない場所になんていくもんですか!という彼女。
ならワシが調べにいってこようということで
ビルナからその爪を50ゴールドで買い取る事に。
コーラル・ドラゴンの爪を入手する。

ウィンターホールドから南東、ウィンドヘルムから北東の位置にユンゴル墓地がある。
この距離からだとイーストマーチからいったほうが近いな。

洞窟に入ると、何やら各所に散らばる棺から霊魂がお出迎え。
特にこちらに危害を加えるわけでもなく
奥へ進むたびにそれは次第に増えていくが、気にせず奥へ進んでいく。

Tesv_456_4

Tesv_456_5

最初のエリアには中央にレバー、左右には鷲、鯨、蛇の描かれた回す柱。
今回はヒントとなるプレートは存在せず、代わりに
レバーの近くには学者の死体がある。調べるとユンゴル墓地に関するメモを入手。

見てみると墓地を調べに来た学者のようだが、
回す柱についてのヒントが書いてある。

それぞれの場所で動物たちがあるべき姿・・。

鯨は海に、鷲は太陽の空に、蛇は雑草の中に・・ということだが

柱付近をよく見ると、水が滴り落ちていたり、
雑草が生えていたり、空洞から空の光を浴びていることがわかる。
動物のあるべき場所に柱を回して、中央のレバーを引けば鉄格子が開かれる。

この回す柱についてはこれまでも何度か紹介してきたが、この魚のレリーフ、
イルカじゃなくて鯨だったんだな。メモでは鯨になっていて少々驚いた。
確かに言われてみるとやせた鯨に見えなくもない。
この世界ではいるかも総称して鯨言ってたんかなぁとそんな事考えながら奥へと進んでいく。

爪あるところには紋章のついた仕掛け扉あり。

コーラル・ドラゴンの爪に記された動物の紋章を見ながら、柱をまわしていく。
なんやら気がついたら霊魂がワラワラと。
ある場所へと向かいたがっているようだが・・
仕掛け扉を開けて、奥へ進んでいくと玉座に寄りかかった骸骨を発見。

そこからユンゴルの影が姿を現し、戦闘。

Tesv_456_7

黒壇の剣に盾装備、正面からだとそこそこガードされたりと、
わりと堅守な亡霊。

とりあえず正面はエリクに任せて、こっちはサイドから攻撃していく。
前回のリーパー戦は、エリクは参加しなかったからな・・
今回はしっかり働いてもらうぞい。
本人は強気だったが、若干手こずっているようだったので加勢。

2人がかりで無難に影を退けて死体や宝箱からアイテム回収。
彷徨っていた魂も、影を倒すと、やがて姿を消していった。

玉座の奥に鉄格子があるが、レバーが見当たらず。

Tesv_456_8

どこだーと探していると、玉座に座ったユンゴルの兜をヒョイっと持ち上げると
鉄格子が開かれた。
これがレバー代わりになっていたのか。
冷気耐性30%のユンゴルの兜を入手。
二本の角がなかなか勇ましい。
敵もいないダンジョンだった分、報酬は良さげ。

防御力が63と、今つけてる兜よりも下がる感じだが
冷気耐性ある分、フロストドラゴン戦に使える感じだな。
今後は使い分けていくか。

ちなみにこのユンゴル墓地については、
ウィンターホールドの兜を入手するクエストを受けた状態で
コンパニオンを連れて内部に入ると画面が真っ暗になってしまうというバグがあるそうだ。
またクエ受けなくても発生したという人がいるらしい。

クエ受注している状態なら仲間を外して乗り込んだほうがいいみたいだな。

自分はバグもなくエリク連れて乗り込めたので、そこは一安心。

といった感じで今回はペイル旅情編。

|

« スカイリム-アーニエルの企て・・・そして彼は | トップページ | スカイリム-ウィンドヘルム「氷の上の血」について。 »

360『The Elder Scrolls V SKYRIM』」カテゴリの記事