« スカイリム-ホワイトラン編:緊急事態~死者の栄光 | トップページ | スカイリム-悲劇の少女と暗躍する影・モーサル編 »

スカイリム-英雄たちの墓場・ファルクリース編

スカイリム。

今回はスカイリム南方の町ファルクリースへといってみる。

Tesv_363

元々、この地は何世紀にも渡り、
数々の戦いが繰り広げられ、墓が掘られ、記念碑が作られ、
やがて周辺に町ができたのがファルクリースのはじまりだとされている。

「英雄たちの墓場」として知られるこの町には大きな墓地があり、
死んだ英雄たちはここに埋葬させるよう首長や執政が勧めるために
すっかり埋葬地と化しているファルクリースは
町としての名前が色褪せてしまっている。

見どころがあるのは大きな墓地だけであるためか、
宿屋や農園の名前も「デッドマンズ・ドリンク(死んだ男の飲み物)」
「コープスライト農園(死体の光)」といった洒落た名前のものが多い。

ここの首長を務めるのはシドゲイルという若い男。
叔父のデンジェールが最近まで首長だったそうだが
身体の衰えにより退き、代わりに就いたのだとか。

Tesv_364

若いだけに経験不足な感じがするが、
その辺聞いてみたら、なんとも優雅な生活を送っておられるようで・・。
しまいには首長の暮らしはこの上なく「簡単だ」だという始末。
墓場としてしか機能していない町の首長なんざ暇なもんだろ。
他の町で忙しくしている首長の爪の垢でも煎じて飲ませてやりたいくらいだな。

仕事ないか?と聞いてみたが、働き口欲しけりゃ貢ぎもん持ってこい、という首長。
ここらのではなく、リフテンの新鮮で本物のブラック・ブライアのハチミツ酒が欲しいとか。
まだ叔父とやらに首長やらせといたほうがよかったんじゃないのか・・ヤレヤレ。

それだけのためにリフテンまでいくのめんどかったが、
ブラックブライアのハチミツ酒ぐらいなら伝はある。
以前、盗賊ギルドの仕事で世話をしたマラスの経営している
ホニングブリューハチミツ酒醸造所へいき、適当にハチミツ酒をくすねてくる。

それを渡すと、首長は上機嫌。
言わなかったが、それはリフテンのじゃないからな。
おまえさんにゃ、マラスの安いハチミツ酒がお似合いじゃよ。

報酬としていくつか薬を入手した後、仕事について聞くと
この町の周辺には山賊グループがいるそうで、
以前は首長が連中と密かに取引をしていたのだという。

当初貰っていた分け前はよかったが、そろそろ潮時だから片づけて来い・・と。

かーっ・・山賊と取引してる時点でアレなのに
要らなくなったら切り捨てるとか、なんとも横暴な首長さんですな!
「任せろ」という選択肢しかなかったのが、歯がゆいんですが(w
まぁこれも仕事じゃて・・四の五の言わずにやろう。

ファルクリースから北西、
グレンモリル魔術結社より北にあるバイルガルチ鉱山に行き、
山賊とそのボスを相手にする。
鉱山内はそんなに広くはない。地味にオリハルコンの鉱脈がある。
掘り堀りしていると早々に山賊長がお出まし。

Tesv_365

まぁ現行のデータだと
強化した伝説的な黒壇装備+ジャガーノートスキル4防御力400超え、
最近では雷撃付呪の黒壇グレートソードも作ったり、
後は両手武器の威力あがるスキルなんかもつけたので、
ちょっとやそっとの賊を相手にしても、ものともしなくなったな。
この辺が前回の惨めな姿さらしてたNobuzouじいさんとは違う部分で(w

賊どもを片づけていくとボスが登場。
首長に利用されていたおまえさんらには気の毒じゃが・・観念してもらおう。
雷撃ビリビリで怯んだ賊長にスタブで早々に片づけて勝負あり。

ファルクリースに戻り、首長に報告。
ワリと簡単な任務だったが報酬は1250ゴールドと多めだった。
やっぱり山賊と繋がってるなんて公になったらタダごとじゃないもんなぁ?
口止め料も入っているに違いない、シメシメ。

他に用件があるか聞いてみたところ、新しい従士の枠が空いているという。
自分になら有効に活用できる特典があるそうだ。
ふむ、この首長は気に入らんが、
弱みを握った以上は立場利用してたんまりせしめるか。

従士になるには、当然町の人々も自分を知っていなければならん、ということで
その後は、町の人々を助けるために依頼をこなしていくことになる。

Tesv_366

ここでは3つの依頼をこなせば完了だったが、
せっかくなので町の見物がてら、いろんな人の話を聞き依頼をこなしていく。

以前紹介したデイドラクエ「月夜に照らされて」
「デイドラの親友」などをこなしていく。

普通の依頼程度なら、夜のデッドマンズドリンクに行けば
大抵依頼してくる住民たちが集まっている。

宿屋の店主ヴァルガから、
手配書を見せられ、セクンダの棚の巨人を討伐しにいったり、
住民が何人か行方知れずだそうで、
ヴァルドル達狩猟パーティーが熊を狩りにいったまま
戻ってこないそうで、探しにいったりと。

Tesv_367

Tesv_367_2

このヴァルドルたちを捜索する依頼、
サンダーストーン渓谷から少し南東にいったところの
モス・マザーの洞窟という場所へ向かう事になる。
洞窟前にはヴァルドルがいて、仲間達が洞窟にはいったまま戻ってこないそうで捜索。
結局仲間は遺体となって発見されるが、そこに逃げ込んだ熊やスプリガンを一掃して
ヴァルドルに報告すればクリア、というごく平凡な依頼だが・・。
ちと、厄介な事になってしまった。

実は、前回紹介した同胞団のメインクエを終わらせた後、
ファルカスの仕事の依頼から発生するクエスト「スカイリムを襲う苦難」でも
モス・マザー洞窟でのスプリガンを一掃してほしいという内容のものになっている。

Tesv_367_3

これ、自分はヴァルドルの依頼先にやっちゃったため、
その後発生したスカイリムを襲う苦難で、再び洞窟いっても
既にスプリガン殲滅してしまっている状態だったので、
到着時は目的ポイントだけはスプリガンについていたが、
既に死んでいる状態、召喚で死体復活させて倒しても意味がなく、
持ってる主根取り上げて、エリア移動したりで戻ってくると目的ポイントも消えていて
以降は進行不可能になってしまった。

時間経過させるとポップしなおすかなぁとか、いろいろ試してみたが
洞窟自体もクリア扱いになってしまっていて、ポップする気配もなく。

ここまで依頼やクエストで同じ洞窟を探索する、なんてことは何度かあったが
このモス・マザー洞窟に関して発生する依頼とクエストの競合については
特に注意したほうがいいだろう。

まぁ自分は同胞団クエについては、洞窟にスプリガン湧くかどうか
しばらく様子見の方向でいこうかと。

他では、主張の叔父であるデンジェールの依頼、
ストームクローク派の多いファルクリースだが、
デンジェール曰く、帝国のスパイが紛れ込んでいるらしい。
以前、犬に賞金掛ける依頼出した鍛冶屋のロッドがその一人だとかで
その家に忍び込んで証拠となる手紙盗み出したりと。
 

後は、死者の間の墓守であるルニルが、大事な日記を洞窟に置いてきてしまったそうで
探しにいったりと。

バルディールの石塚・・とよばれた場所だったが
岩が青白い光を放っている場所に到着。
気になるなぁと調べてみても何も変化なし。

近くの黒い台座にアグリアスの日記とバルディールの墓地の鍵を入手する。

目的ポイント(ルニルの日記)がその近くになっていたが、
何も無かったのでそのまま上へと進んでいく。

Tesv_368

Tesv_368_2

墓場だけに彷徨う亡霊が襲ってきたり、
玉座で死体が座ったままか・・と思われたが実はドラウグルで襲い掛かってきたりと。

まぁ亡霊も一撃で倒せる範囲で、
出てくるドラウグルもウォーカー級と弱い連中ばかりだったが。

玉座にドラウグルが座っていた場所の右奥に鉄格子があるが
レバーは玉座の裏側に発見。

奥へ進んでいくと、蛇、鳥、魚の回す柱を発見。
なんかひっさびさに見たような気がする(w
中央に寄り添うように並んでいる柱だが、
答えとなるプレートはその向かい側の上。
絵をあわせてレバーを引き先へ進む。

亡霊片づけたり、トラップに引っかかったりしながら
最奥に進むと、青白い光に包まれるようにしてバルディールが待ち構えている。

Tesv_368_3

Tesv_368_4

最初は中央で一体が待ち構えている。
ドラウグルの強化版かなぁという認識で、
時間減速で体力を削り、早いうちに仕留めたか・・と思われたが、
その直後に別の場所からバルディールが現れ、
火炎やら冷気をぶちあてられてしまう。

で、そいつを倒すと、また別の場所からバルディールが2体現れて攻撃してきたりと、
このボス戦は少々厄介だった。

2体同時に襲い掛かってきたときはヒヤッとさせられたが・・。
回復薬飲んで乗り切り。
5体目のバルディールを倒すと、中央の青白い光が消えて事が治まった。
そういやぁこの辺りの地は墓場だったか・・
英雄だけでなくこんなワケのわからんやつまで住み着いてるんだな。
奥の宝箱からルニルの日記を回収、更にリョーンの太鼓とかいうアイテムも入手・・クエアイテムのようだが、何に使うんだろ。

このルニルの依頼は、
日記回収するだけでもえらく手間取った記憶。

石塚を出てファルクリースに戻ると、今度はドラゴンが襲撃してきたりと町中が大騒ぎ。

このファルクリースは、ホワイトランやリフテンと違って
エリアとシームレスなため、町中でも普通にドラゴンが襲ってくる。

Tesv_369

初見はいきなり住民に被害が出てしまったのでやり直し。
二度目はドラゴンレンドで屋根上から引きずりおろして、
被害もなく倒す事に成功する。

被害は無かったものの、ドラゴンの巨大な骨が街中を埋め尽くす。

Tesv_370

英雄たちの墓場ともいわれているこの町だが、
今度はドラゴンの墓場にするつもりか!?と衛兵に怒られてしまった。
んなこと言われても・・・ねえ?

こうして一波乱あったものの、住民たちの信頼を得たNobuzouじいさんは
晴れて?ファルクリースの従士となりましたとさ。

|

« スカイリム-ホワイトラン編:緊急事態~死者の栄光 | トップページ | スカイリム-悲劇の少女と暗躍する影・モーサル編 »

360『The Elder Scrolls V SKYRIM』」カテゴリの記事