« スカイリム-マルカルス編:消えた探検隊~ディベラの心臓、他 | トップページ | スカイリム-氷の上の血-Blood on the Ice- »

スカイリム-フォースウォーンの陰謀~誰も逃げられない

スカイリム。

昨日に引き続きマルカルス編。
今回はリーチ周辺を縄張りにしている山賊集団・フォースウォーンに関係したお話。

銀の鉱脈が掘れることで有名なリーチ地方では、
度々この一味による鉱山の襲撃や、街を行き交うキャラバンや旅人が襲われたりと、
リーチの住民にとっては、日々悩みの種となっていた。

Tesv_469

マルカルスに最初に到着した頃、
市場で住民が襲われる事件が発生。
この時は女性を襲った人物ウェイリンを片付け、事態を収拾した。
襲った際の掛け声などで、ウェイリンがフォースウォーンの一味であることが判明したが
襲われたマルグレットや付き添いは全く身に覚えがないのだという。
駆けつけてきた衛兵が面倒くさそうに事態を収拾している中
エルトリスという男が駆けつけ事件内容を聞いてきた後「何かを落とした」と
自分にあるメモを手渡す。

エルトリスのメモを見ると「タロスの祠に来てほしい」ということでいってみることに。

クエスト「フォースウォーンの陰謀」

祠でエルトリスと会うと、市場で起こった事件についての話になる。
マルカルスでは数年前からフォースウォーンの襲撃にあっているようで
今回の襲撃も何故女性が襲われて、フォースウォーンの陰には誰がいるのかを調べてほしいのだという。

エルトリスの父親はリーチの鉱山の一つを所有していたが、
幼少の頃に、何者かに殺されてしまったという。
フォースウォーンの仕業である事は住民の誰もが察していたが
正気をなくしたものの仕業だと、衛兵たちが勝手に事件を片づけてしまったのだとか。
以来ずっとこの事件を追っているそうで・・・
その後、結婚して子供が生まれたそうだが、夢では親父の亡霊が「どうしてだ?」と聞いてくるのだと・・。

ふーむ、まぁ市場の事件はちょっと気になっていたし、
彼のために一肌脱ぎますかの。
事件を捜査することに。

 

最初は宿屋のシルバーブラッドへ足を運ぶ。

Tesv_470

Tesv_470_2

エルトリスが「よそ者」だと睨むマルグレットに話を聞いてみる。
彼女は襲われた事に、身に覚えがない・・といっていたが、
ならば、彼女はこんな場所で何をしているのか聞いてみると
仕事の用事できただけだと・・。
何か隠してるな?と問いつめると、彼女は白状した。

マルグレットは、トレジャーハウスとシルバーブラッド一家を調べるために
派遣されてきた帝国の密偵だと判明する。

彼女曰く、今回の事件はソーナー・シルバーブラッドの仕業だという。
シルバーブラッド家は、この町を取り仕切っている連中で
一家が所有するシドナ鉱山は刑務所の一つだそうだが
その権利書を盗めれば、証拠がつかめるのだとか。

宿屋を出るや、自分の行動を不審に思ったのか衛兵に呼び止められる。
仕事の邪魔をするな、と警告してきたが・・仕事の邪魔、ね。
さっきの襲撃事件では何の調査もせずに死体片づけてたり、
エルトリス父親の件も含めて、胡散臭さがもろに出てるんですが・・。
まぁ何かあるんだろうねぇと調査を続ける。
 

お次はウェイリンについて調べてみる。
彼はマルカルスの貧民地区ウォーレンズに寝泊りしていたとかで
ウォーレンズに入り、住民のガーベイを説得して
ウェイリンが使っていた部屋の鍵を入手し、内部を調べてみると
一枚のメモを発見する。

差出人「N」からのもので
ウェイリンに対して市場の襲撃を促す内容のものだった。

Tesv_471

ウォーレンズを出ると、ドライストンという男が待ち構えている。
自分が色々嗅ぎまわっていることをよく思っていない誰かが差し向けてきたようだ。

タイマンでの殴りあいに。
ワリとタフなやつで長期戦になる。
気づけば近くの川に落ちてやりあったりしたが、無難に勝利。
誰の差し金か聞くと、「ネポス」という男が送り込んできたようだ。

この街に住んでいるようだが・・ネポスの家に行く前に
先にソーナーについて調べる事に。

トレジャーハウスにいるソーナーにこの事件について聞いてみようとするが
出ていけ!と言われ何の成果も得られず・・・とその矢先、
「フォースウォーンのために!」という声とともに
建物内に何者かが襲撃してくる。

Tesv_472

連中はソーナーの妻であるペトリッドを殺害し、ソーナーを殺そうとしてくる。

あまりに突然で何事かと思ったが、
その犯人はソーナーの元で働いていたドンネルとナナ・イルデーンだった。
彼らはフォースウォーンの一味だったようだ。

ナナばあさんのほうがファイアボルト連発で
部屋内で爆炎が巻き起こっていた状態だったが、
壁まで追い詰めてスタブで始末完了。

妻も殺されて茫然としていたソーナーだったが
一先ず話を聞いてみる。

ソーナー曰く、このフォースウォーンの一味は自分の操り人形だったといい、
連中とある取引をしていたことが明かされる。

以前、町でのフォースウォーンの反乱を鎮圧した後に
連中の「王」であるマダナックや他一味を捕まえ、シドナ鉱山にて監禁したのだとか。

ソーナーは連中に対し、町で面倒を起こした者や、
自分の邪魔をする者、密偵などの始末をさせる代わりに
刑の執行を停止させることを条件に取引したのだという。
そこで鉱山からちょっとしたフォースウォーンの反乱を起こさせたが、
今ではマダナックを中心に手に負えなくなってきたとか。

これで市場襲撃事件もソーナーの仕業だと判明したが・・。
連中と取引した上で奥さん殺されてれば世話ないのぅ。

 

お次はネポスの家にいってみる。
招待されていない客に警戒する侍女をよそに、
椅子に座って読書中の老人・ネポスとご対面。

Tesv_473

Tesv_474

フォースウォーンであるのか聞くと本人はあっさりと認めた。
20年近く、ソーナーと取引したマダナックの命令を受けて
街の邪魔者を排除してきたようだ。

マルカルスやリーチは元々はフォースウォーンの土地であり、
今でもその考えは変わっていない。
自分たちの「故郷」を取り戻すために、
エルフとの大戦中は、機会を見てリーチにいたノルド達を追い出そうとしていたようだが
ウルフリックが来て以降は、自分と王以外の逃げ遅れた仲間はすべて処刑された、だとか
マダナックも捕まって以降は、以降彼の言うとおり邪魔者を排除してきたそうだが、
いい加減疲れてしまった・・とまぁ、いろいろ話してくれるじいさん。

だが、そんなじいさんはワシまでも、
邪魔者の対象にしていることは言うまでもなく・・。
ネポスの家にいる召使いたちは皆フォースウォーンの連中。

会話が終わると、ワシを殺そうと全員が襲い掛かってくる。

こんな場所で終わりはせんよ。
エリクと協力して連中を殲滅する。

こうして事件の全貌は見えてきた。
マルグレットの言うとおり、事件の裏にはソーナーがいて、
マダナックと取引し、ネポスがマダナックの命令を受けて街の邪魔者を排除していた・・と。
おそらく、エルトリスの親父さんが殺されたのもそういう背景があったのだろう。
それを報告すべく、彼のいるタロスの祠へと戻る。

ところが・・・。

Tesv_475

そこには衛兵の姿があった。
エルトリスは既にその場で死んでいた。
どうやらやつらに殺されてしまったようだ。
自分たちが事件の詮索をするまでは、ソーナーとマダナックは悪くない取引をしていていたんだと。
薄々気づいていたが買収されているようだな、ソーナーの犬どもが・・。

シドナ鉱山に行けば、殺人に関与した男の顔を好きなだけ見れるぞ、と
ワシを捕まえようとする衛兵たち。

「口を聞けないようにしてやる!」を選択すると
そのまま衛兵との戦闘に入る。
祠に入った時点ではクエスト自体は完了するが
ここで結局連中を殲滅しても、事件の真相は明らかにはならない。
結局ワシはエルトリス殺しの罪を擦り付けられ、連行される事に。

何故かエリクのほうは捕まらずに、ワシだけが監獄いき・・
いってらっしゃーい、と笑顔で手を振るエリク。
帰ってきたら覚えておけよ。
 

Tesv_476

Tesv_477

クエスト「誰も逃げられない」

脱出不可能だといわれるシドナ鉱山へとやってくるNobuzouじいさん。
装備品やアイテムなどはすべて没収される。

銀の産地であるシドナ鉱山は、
囚人たちが奴隷のように毎日銀の採掘作業を続ける日々。
看守からはリーチへの負債をすべて返したら出してやる、みたいな事を言われるが
よっぽどな事がない限り自分を出すつもりはないだろう。

とりあえず、この鉱山内にいると思われるマダナックを探す事になる。
最初は囚人たちと会話。

ここにいる囚人は皆フォースウォーン、
捕まった原因はろくでもないものだったが、
フォースウォーンにはいった理由を聞いたら、
殺人の濡れ衣着せられて行き場をなくしてフォースウォーンにはいったというものもいる。
このウラクセンはウェイリーという娘がいたそうで、残してきた事を心配していたようだが・・

はて、ウェイリー?そういやネポスの家にいた侍女がそんな名前だったような気がするが
襲ってきたので始末しておいたことについては黙っておこう。

マダナックに会いたいが、見張りのオーク・ボルクルが行く道を通せんぼしている。

ナイフを持ってきてくれれば通してやる、という。
ウラクセンに話すと、ナイフはグリスバーが持っているとの事で、
貰いにいくと、物々交換でスクゥーマ持ってこいと。

ウラクセンからスクゥーマを盗み取り、ナイフを入手。
それをボルクルに渡せば門の鍵入手で先を通れるが
一応ボルクルとの殴り合いでも勝てば先を通してくれる。

だが、このボルクルがタフで倒すのにかなり時間がかかる。
おまけにこっちは作業服装備なので、その分ダメージ貰って勝負はほぼ互角。

Tesv_478

Tesv_478_2

向こうは溜め重視だったが、こっちは手数で攻めてなんとか追い詰める。
途中、門の扉まで開けてまで後退気味のボルクル。

しまいにはマダナックの目の前までやってきて殴り合いをする羽目に。
なんとかねじ伏せて鍵を入手したが、ここまで入ってきちゃった以上もう意味がない(w

マダナックとご対面。
こいつには答えてもらうことが色々とあるが、
同じ奴隷であり、自分たちの考えに理解を示すつもりがあるなら
力になれるかもしれないという。

まずはブレイグという男と話してこいといわれ
鉱山の隅にいるブレイグと会話。

彼には幼い娘がいたそうだが、マルカルスのノルド達は
フォースウォーンの反乱に関わってもいなかった彼女を捕らえようとし、
ブレイグが身代わりになると首長に懇願したが、
結局自分の目の前で娘が斬首台にかかり、そのまま自分が監獄にぶち込まれたという話を聞く。

戻ってマダナックに報告すると、毎回そういった話で違う一族と別の不正が登場するそうだ。
こういった出来事はリーチのどの一族も経験しているようで
いかにマルカルスの不正が蔓延しているか、その実状を知る事になる。

やはり自分達は山地で戦うべき存在だとして、ここから脱出するというマダナック。
ワシもそれに参加させてもらうが、その前に忠誠を示してもらわんとな、ということで
不要となってしまったグリスバーを殺してこいと。
やつは密告者だそうで、自分たちの居場所を告げられるのも面倒なので始末しろと。

グリスバーにその件を話すと、後がなくなった彼は襲い掛かってくるが、
他の連中も黙っておらずに彼を攻撃する。
結局自分の手を汚すこともなくグリスバーを片づけて、報告。

Tesv_479

ワシは何もしとらんが、これで仲間として認められ一緒に脱出することに。

このシドナ鉱山は、トンネルを抜けるとマルカルスの遺跡に通じているようで
そこから町へと脱出できるようだ。

Tesv_480

Tesv_480_2

遺跡内部にはスパイダーやドワーフスフィアなどが徘徊しているが
作業服の囚人たちが積極的に片づけていく。

ドワーフスフィア相手にナイフで攻撃する囚人・・こいつら勇敢すぎるだろ(w
皆がいれば怖くなし?

遺跡の奥まで進むと、仲間と思われるカイエが待っている。
どうやら衛兵どもに奪われた荷物を取り戻してきてくれたようで・・。

Tesv_481_2

囚人たちがフォースウォーンの格好になる中、ワシも元の姿に。
そんな中、マダナックから仲間の印として
古き神々一式装備を入手する。

見た目はフォースウォーンの格好と変わらない装備だが、
それぞれ特殊スキル。

古き神々のブーツ→隠密行動中、20%発見されにくくなる
古き神々の兜→マジカが30ポイント増加
古き神々の篭手→弓ダメージが20%増加
古き神々の鎧→破壊呪文の消費マジカが15%低下

こうして遺跡を抜けて町に出るとクエストが完了。

Tesv_481_3

最後は外で、ソーナーと衛兵たちが待ち構えていて、
マダナック達と一戦交える様子が見れる。

こっちはマダナックに加担した身だったが
衛兵たちが標的を向ける事もない。

それどころか逆に、マダナックたちによってソーナーや衛兵たちは殺害され、
彼らの脱出を許してしまうという展開になる。
この中には自分を捕らえた衛兵どもも紛れていただろう。
首謀者のソーナーはあっさりとやられてしまった上に
死体復活で利用された挙句に、最後は灰の山と化していたという哀れな末路を辿っていた。
いい様じゃのぅ、ほっほっ!

と、そんな最中、残してきたエリクが戻ってきた。
おぬしには後できついお灸を据えておかんとな。

Tesv_481_6

脱出していたマダナックたちの後を追跡していったんだが、
彼らはその後、マルカルスの北東にあるドルアダッチ要塞へと向かい、
以降はそこを拠点に活動している様子だった。

フォースウォーンの名の下に、
またいつの日か、リーチを、マルカルスを取り戻す、その日まで
彼らの戦いは続く。

ちなみにこちら側のルートをとっても、
以降、他の要塞にいるフォースウォーンの賊たちは普通に攻撃してくる。
まぁ簡単に連中の仲間になるとは思っとりゃあせんわ。

 

ちなみに、こっちのルートとは別に
マダナックを殺害して鉱山を脱出するルートもある。

Tesv_482

Tesv_482_2

マダナックとあった際に、奇襲で攻撃。
こっちはナイフしか持っていない上
マダナックはアイススパイクなどで攻撃してくるので、
ゴリ押しで倒すのは少々厄介だが、
炎の精霊使ったりシャウト使ったりでマダナックを殺害する。

うまくいけば他の仲間に気づかれずに殺害可能。
そのまま死体から鍵を回収して、鉱山を脱出。
遺跡内の蜘蛛やドワーフスフィアを無視して、町を出ると
ソーナーが待っている。

一応マダナックを殺害した事を称えられる、
衛兵が没収していた装備品やアイテムを受け取った後、
ソーナーからシルバーブラッド家の指輪(武器防具15%強化)を入手してクエスト完了。

その後、再び鉱山内に戻っていると、
既に掃討済みだったのか、マダナックの仲間達も既に全員死んでいるという結末に終わる。

こっちのルートでは古き神々の一式装備は入手できない。

 

一応だが、シルバーブラッド家の指輪と古き神々の装備を同時に入手できる方法もある。

マダナックと一緒に鉱山を脱出して、遺跡でカイエと合流、
装備品やら受け取った後に神々の一式装備を入手。

Tesv_483

Tesv_483_2

その直後にマダナックを攻撃して敵対状態に。
これだと他の連中も敵対状態になっていっぺんに相手をする事になるが・・
一応全員を殲滅して遺跡を出ると、ソーナーが待っていて、
マダナック殺害の報酬として、指輪も入手できるという展開になる。

まー自分は現行データはマダナックルートをとることにしたが・・

彼がくれたフォースウォーンの一式装備を身にまとい
愛馬のフロストに乗って、リーチを駆け巡るNobuzouじいさん。

Tesv_484

結果的に、展開に流される形でフォースウォーンの手助けしてしまうことになったが・・
まぁマルカルスの不正も暴けた事だし、
依頼者のエルトリスは残念ではあったが、これで仇はとった。
ソブンガルデで親父さんと仲良くやれよ。

心置きなくリーチを後にするNobuzouじいさんであった。

|

« スカイリム-マルカルス編:消えた探検隊~ディベラの心臓、他 | トップページ | スカイリム-氷の上の血-Blood on the Ice- »

360『The Elder Scrolls V SKYRIM』」カテゴリの記事