« スカイリム-同胞団に入ってみる~シルバーハンドとの戦いへ。 | トップページ | スカイリム-極寒の地・ウィンターホールドへの旅路 »

スカイリム-心を射止めて~戦闘中行方不明。

スカイリム。

前回、ホワイトランで仕事を探していたところ、
たまたま紹介された「同胞団」へと入ったNobuzou。

ただの傭兵の集まりかと思われた集団だったが、
その実状は、「祝福」を受けた者たちが野生の獣と化す、
ウェアウルフの集団であった。

Tesv_44

このNobuzouじいさんも何を間違えたのか
同胞団の一員となった後に、ウェアウルフ化できる能力を身につけてしまう。

この能力を身につけたものは、
睡眠による休息ボーナスが得られない「睡眠妨害」という症状に陥る。

あんまり寝ないので睡眠ボーナスとか、どんなもんかよくわからないが、
おかげさんで目尻にクマができた状態。

この先、ワシはどう生きていけばええんじゃろうか。

前回、同胞団と敵対しているシルバーハンドの連中が、
ギャロウズ・ロック砦に潜伏しているということで
ウェアウルフデビューも兼ねて、連中を退治しに向かったところ、
最奥にて同胞団の同志であり、
Nobuzouにウェアウルフ化を勧めたスコールが死体となって発見された。

これにより、シルバーハンドとの戦いが本格化する。

同行していたアエラから
シルバーハンドがハイヤルマーチに潜伏している、とのことでそこへ向かう事になる。
クエスト「心を射止める」が開始。

ハイヤルマーチという場所は、ホワイトランからかなり離れた場所にある。

北西の方角、オロセイムという場所に連中が潜伏しているようだ。
一番西へ向かった事あるのは
レドランの隠れ家なので、ショートカットしてそこから向かう。

Tesv_45

 
西へ向かっている途中で羊飼い・・ならぬマンモス飼いの巨人を発見する。
一体何をどうしたらこいつらが共存できるようになるのだろうか。
その生態を知りたいわ。

本来なら素通りする所だったんだが・・・。
ホワイトランにて、スカイリム一の商人になりたいというイソルダという女性から
「マンモスの牙」を持ってきてほしいと依頼されている。

牙ならどこかの雑貨店に売ってそうなもんだが、
折角目の前を堂々と歩いていたので、こいつ倒せないのかと攻撃してみたところ、
見事に牙を突き上げられて即死だった。

また、マンモス飼いの巨人まで襲ってくる。
この巨人はできればスルーしたいところだが・・、
とりあえずマンモスを一度攻撃したら、すぐに逃げる逃げる。

幸いにも周りは川に段差のある岩場が多かった事もあって
直進できないような岩場を通り抜けて、なるべく連中を足止めしながら、
平原にある大きな丘まで登って、マンモス達が登ってくるのを待つ。

丘に到着した頃には、巨人は諦めたのかどこかへいってしまった。
マンモス飼い失格だな。

マンモス2頭が丘を登ってきてNobuzou目掛けて突進してくる。
だが、この丘も上のほうが段差になっていて、マンモスは上の段のところまで突っ込んでくるが
下の段にいるNobuzouには突っ込んでこなかった。
段差があると降りられる場所でも、突っ込んで来れないんだな。
下の段へは一応回り込める箇所はあったが、マンモスの巨体だけに
そこに回りこむことはできなかった。
その結果・・・。

Tesv_45_2

マンモスは下の段にいるNobuzouを見下ろしたまま、そのまま突っ立っているだけという構図が出来上がった。
そこから弓矢でひたすら攻撃していく。
矢は、前回のシルバーハンドの連中から腐るほど鉄の矢を回収、
100本以上入手してあるので、その辺は全く困らず。

矢で攻撃しても、マンモスはしばらくそのまま突っ立ったまま。
矢を当てるたびに弓術があがるあがる(w
気がつけば弓術18→30超えてたわ。

時間はかかったが、ようやく1頭しとめることに成功。
2頭目を攻撃を開始し、時間をかけてひん死まで追い込んだところで、
マンモスが逃げ出してしまう。

すぐに追いかけて矢を当ててマンモスを威嚇。
マンモスはこっちに近づいたり逃げたりの繰り返しだったが、
なんとか2頭目の討伐に成功。

1頭目の死体は、場所を離れたため見失ってしまったが、
2頭目からマンモスの牙を回収する。

・・にしてもまさか倒せるとか思ってなかったな。
ふざけ半分で追いかけっこして、たまたま見つけた丘だったが・・
まぁなるようになるもんだな。

先へと進んでいく。

平原の中に岩場が目立つグリーンスプリングホロウに到着。

Tesv_46

更に北西へと進んでいくと、灯りが見えてくる、なんぞやと近づいてみると
一人の女性を発見。
字幕では、男口調だが、吹き替えのほうはちゃんとした女口調。
吹き替えと字幕ではこういったミスマッチがチラホラある。
ステンダールの番人と名乗る彼女、ステンダールとは秩序と正義を護る慈愛の神のことだとか。
教団はオブリビオンの動乱後に設立されたらしく、教団支部が別の場所にある、とのことで
マップに教団支部がある場所が追加される。

 
彼女と別れ、道沿いを進んでいく途中・・・、

Tesv_46_2

うわわわ、なんぞや。斧を持った亡霊が出現する。
「仕方ないんだ、すまない」とか許しを乞いながら攻撃してくる亡霊さん。

うはぁ、こいつは通常の武器は効かなそうだなぁと逃げるしかなかった。
なんとか撒いたが、亡霊対策に、属性の付呪がついた武器がほしいところだなぁ。

北西へ進むと、岩場に川の流れが激しい場所へとたどり着く。
何やら、ここにもマンモス飼いの巨人やら発見したが、すぐに川のほうへ飛び込み避難。
そこから北のオロセイム目指すべく、上流付近へ行くとシルバーハンドの連中が襲い掛かってくる。

Tesv_47

初っ端不意打ち貰って、危うく死にそうだったが、川へと逃げ込んで難を逃れる。
ダストマン、ギャロウズロックと相手にしてきたが、
賊と違ってこいつらワリと侮れんなぁ。
「ふふふっ、勝てると思ってるの?」とかぬかしている女ハンターが生意気すぎるぞい。

 

その後は連中を見失ってしまったが、そのままオロセイムへと到着。
中へと入る。

なかはそれほど広くない上に、シルバーハンドの連中もさほど多いわけでもなく。
中には魔術師系のハンターもいたが、
スカイフォージのダガーで連中を切り刻みながら奥へと進んでいく。

最奥にはボスと思われるハンターが出現。

Tesv_48

斧持ちのやつだが、攻撃を受けると炎上する付呪武器装備もち。
これでかなり体力減らされたなぁ。
「逃げてみろよ、背中からブッスリ刺してやる」とか挑発されたが・・逃げんぞい!

ダガーで攻撃してもあまりダメージが入らなかった。
そこで亡きスコールの形見であるスカイフォージの鋼鉄の剣に切り替えて攻撃をかけると、
何度か怯む場面を見せたので、そこを集中攻撃。
尚も反撃された際に炎ダメージで体力減らされたりで、
回復薬をがぶ飲みしたりで結構苦戦したが、なんとかボスを退治することに成功。

鉄の両手斧(炎上)を入手する。
おぉ、はじめて付呪武器手に入れたなぁ。

オロセイム出た後は、先ほど見失ってたハンターどもを発見して試し斬りしてみたが、
連中はあっという間に真っ黒こげになった(w
これは強いな。有効に使っていこう。

ホワイトランにもどってアエラに報告。
クエスト「心を射止める」が完了する。
次なるシルバーハンドの潜伏先を突き止めたようだが、
さすがに連中との連戦はちょっとダレてきたのでここらで小休止。

 

イソルダにマンモスの牙渡した後は、
シルバーハンドの連中に苦戦したこともあって装備品を考え、
それらを強化すべく、鍛冶スキルを上げていったりと。

鍛冶スキルは、30くらいまでは鉄のダガーで十分あげられる感じ。
鉄のインゴット、革ひも、それぞれ1つずつで済むし簡単。
鍛冶スキルの方は、エルフ(軽装)とドワーフ(重装)に枝分かれしてる感じだが
どっちにスキル割り振っていくかなぁ。
盗賊なら当然軽装なんだろうけど、使っている防具が重装だからなぁ。
重装備の盗賊なんてのも悪くなかったり、ただ、
ドワーフ装備の盗賊ってのも、どこかしっくりこないな(w
今回で鍛冶スキルを30くらいまで上げた。

あっという間にレベルが10に到達し、実績「精鋭」解除。

他では、回復薬ほしさに錬金術のほうもちょっとやってみたが、
材料のほうがよく分からんな。
薬品店主のアルカディアからフリスターワードと小麦粉で回復治癒の作り方を教えてもらったが、
後は回復材料のメモなんかを購入すると、サーベルキャットの目と山の青い花からも
回復治癒が作れるようだ。見つけたら作っていくか。
でも、できるならその場で錬金したいところだが・・。

Tesv_51

その後はとにかくスリのスキルを上げていく。
まぁ当然スリをすることでスキルは上がるが、
より高価なものを盗むほどスキルの上がりがはやい。
今回で40近くスリスキルをあげ、器用な指先3/5 夜の盗賊を習得。
成功率が60%になり、ちょっとやそっとではあまり気づかれなくなってきた。

夜の盗賊からは枝分かれしていて毒牙は、相手に毒を忍ばせて静かに殺す技、
これは、暗殺クエ用に覚えといたほうがいいかな。
スリ師は50%の確率でゴールド盗める。スリ師から上位は、
持ち物以外でも相手が装備している武器や防具なんかも剥ぎ取る事ができるようだ。

それ・・やっちゃうと最終的には素っ裸にできるってことか。
女性なんかも素っ裸にできちゃう・・と。
これは・・覚えない手はないのぅ、グヒヒヒ。

 

Tesv_52

スリで入手した指輪&首飾りの処理に困りつつも、
アクセサリー屋のばあさん、フラリア・グレイ・メーンと会話。

バトル・ボーンが、帝国とつるんでいる上で嘘をついているのが気に入らないようだ。
なんで嘘をついているのが分かるのか、と聞いてみたところ、
ここでその話はまずいので、家まで来てほしいという。

クエスト「戦闘中行方不明」が開始される。

フラリアの家には、他にアヴルスタインという男がいた。
Nobuzouに対しバトル・ボーンのスパイ呼ばわり。
まー今はお粗末ながら同胞団の一員ですが。

フラリアの説得で聞く耳を持ったアヴルスタインにいろいろ話を聞いてみる。

Tesv_53

Tesv_54

グレイ・メーン家にはソラルドという男がいたが
彼はストームクロークに手を貸していた影響で、帝国軍に捕らえられてしまった。
どこかに幽閉されているようだが、場所が分からないという。

ただ、捕らえられた原因の一つが、帝国軍とつるんでいる
バトル・ボーンの連中にもあるんじゃないかということで
バトル・ボーンの家に忍び込んできて、その証拠を見つけてきてほしいといわれる。

とりあえず、近くにあるバトル・ボーンの家へ。

中は鍵もかかっておらず普通に入れた。
部屋の机をあさっていると、それらしきものを発見。
調べてみると、バトル・ボーンと帝国テュリウスがやりとりしてるものと思われる証拠、
さらにソラルドの名前も書かれてあった。

これをアヴルスタインに見せると、早速彼が幽閉されているノースウォッチ砦にいこう!という話になる・・が
出来ることなら、ここはワシ一人でいかせてほしいと頼んだ。

協力してくれるのはありがたいんだが、足手まといで下手に死なれてもアレだし
こういった潜入ものは単独でやった方が効率がいい・・たぶん(w

Tesv_55

というわけで次なる目的地がノースウォッチ砦に決まった・・が・・・
なにこれ、めっちゃ遠いな。

北西に位置しているが、画像の右下MAPの青いマーカーのある
オロセイムよりもはるか北西、MAPでも最北西に位置してるんじゃないかというくらいに遠い。

とりあえず身支度をして、ショートカットでオロセイムから出発してみる事に。

道中、高低差のある岩場に滝が流れる場所・・これ落ちたら死ぬな。
ちゃんと足場になる場所を探して下りていく。

近くにはサーベルキャットが出現する。
初見でちとビビったが、オロセイムで入手した鉄の両手斧(炎上)が火を吹く。
キャットを倒して、回復治癒の材料となるサーベルキャットの目を入手。

岩場を下りて川を泳いだりして、気づけば、道なりに進んでいた。
追いはぎの峡谷という場所に到着。

橋の下に差し掛かる中、上から声をかけられる。

Tesv_56

山賊だった。

通行料を要求される。
払うわけねえじゃん。つか実際矢で攻撃されている最中なんだが(w
むしろおまえらが荷物まとめて置いていけ。

山賊どもとの戦闘に入る。

大半の山賊どもは、両手斧炎上でほぼ一撃で倒せるような感じだったが
橋渡る奥にいた魔術師系の山賊が雷撃やら炎撃ち続けてきたり、
魔力の盾でこちらの攻撃を防御したりでちょいと面倒だったな。

そのアジトの奥の家にて、寝起きの山賊の頭を発見し、そのまま奇襲で倒す事に成功。
死体からロバーズ洞穴の鍵を入手する。

その洞穴とやらは家の中で鍵を使うといくことができる。
賊どもの隠れ家といったところか。

特に目ぼしいものがなく、泉に飛び込むと、
そのまま別の穴から外へと出て先へと進む事に。

道なりに北西へと進んでいくと、ドラゴン・ブリッジという村に到着。

Tesv_59

村を抜けて更に北西の山道へと入る。途中傭兵を発見する。
ここらで何やら事件が起きたようで調査に向かう途中なのだとか。
詳しい情報がほしいところだが、教えられないのだという。
説得を試みるが、無駄だった・・。うーむ、もうちとスキルあげておきたいところだな。

途中、アイスウルフや、はぐれオークなどを相手にしながら
山道を離れて雪山のほうを上っていく。

Tesv_60

それだけノースウォッチ砦は北西の離れた場所にある。
もうその先は海しか見えんぞい?
海岸沿いのほうまで降りていくと、
途中サルモールの兵士たちとストームクロークの兵士たちが戦闘していた。

ここで面倒ごとは避けたかったのでスルー。

そのまま海を泳いで、北西に見える、ノースウォッチ砦へ。

ここまでだいぶ時間がかかったが、なんとか砦に到着する。

Tesv_61

Tesv_61_2

えーと・・ここには・・あ、そうだった。
ソラルドが捕らえられてたんだったな。

とりあえず砦に入る手段を探すことになる・・が、
周りの衛兵にソラルドのことを聞いてもとぼけるだけ。

仕方なかったので、斧を振りあげることにした。
強行突破じゃあ!!

中から3,4人ほど一斉にやってきて不利だったので離れる所まで離れて
1体ずつおびき寄せて片づけていた。

このあたりの衛兵、見慣れない装備だと思ったら
全員エルフ装備か。

粗方片付いたら、砦内へと侵入。

Tesv_62

中にも衛兵がいたが、魔術師系がチラホラと。
雷撃撃たれつづけて危なかったが、ギリギリスタブが決まり、難を逃れる。

着々と衛兵を片付けながら奥へと進んでいくうちに、一つ問題が発生する。
ここまで使ってきた両手斧(炎上)のエネルギーが底をついてしまった。

充填が必要だそうだが、ここでそれが出来る環境がない。
仕方なく、他の武器に切り替えて応戦する事に。

Tesv_63

Tesv_64

ここからがちょっと苦戦の連続だったなぁ。
火術使う衛兵が出てきたあたりは、まだなんとかなったが
階段上がるフロアの所から出てくる、雷撃とファイアボールを片手ずつ使う魔術師に大苦戦。

他の雑魚から先に片づけたかったが、あいにく弓兵しかおらず、
弓兵をおびき寄せるが、魔術師が戦闘に出てきたりで、このコンビがちょっと面倒だった。
場所が悪いかと無闇に奥に進んで返り討ちにあったり。
とにかく正面出ると魔法の餌食になり、やられることも多かったが、
たまたま弓兵をうまくおびき寄せて片付け、
魔術師はジャンプして近づきながらグレートソードで振り回して、そのまま片付ける事に成功。
強攻撃でよろめかせれば、そのまま一気に片づけられる。

階段上がった先には尋問間が待ち構えている。
こいつも魔法を使うが、同じ方法で撃破。
ノースウォッチ砦の鍵を入手。

Tesv_65

奥へ向かうと鎖につながれた骸骨を発見する。
このシリーズ的には、いったら既に死んでましたっていう展開が多いんだが
やはり間に合わなかった・・・ソラルド無念なり・・・。

 

 

  

と、思いきや?

Tesv_66

最奥を覗くと、鎖につながれた本当のソラルドを発見する。
どうやら、今回は無事だったようですな(w

彼に事情を説明、助け出して脱出する事になる。

倒した尋問官から入手した鍵を使ってショートカットで外へと出るが、
途中、牢屋にてもう一人人間が閉じ込められていた。
助けようかと思ったが、鍵開けが達人で解除不可、仕方なく彼を見捨てて外へと出ることに。

ソラルド曰く、ホワイトランにいる事自体も危ないのだとして、
戻ることはないという。

その代わり「冬の寒気に耐えるものが、夏に空高く種を飛ばす」と母親への言伝を頼まれる。

ホワイトランへともどったNobuzouは、
フラリアにソラルドを助け出した事を報告。
その証拠はあるのか?という問いに、ソラルドの言伝を伝えると
彼女はそれに納得したのだった。

戻ってきたらソラルドに渡すつもりだったという
鋼鉄のメイス(氷)を報酬として入手。
クエスト「戦闘中行方不明」が完了。

またまた付呪武器入手したのはいいが、切れてしまったら使い物にならない。
充填できる場所がほしいな。

充填するアルケイン付呪器が、ホワイトランにないっぽいんで、
代わりの場所を探そう。

次回は付呪器のある場所を求めて、ホワイトランを離れるNobuzou。
はてさて、次なる目的地はどこになりますやら。

|

« スカイリム-同胞団に入ってみる~シルバーハンドとの戦いへ。 | トップページ | スカイリム-極寒の地・ウィンターホールドへの旅路 »

360『The Elder Scrolls V SKYRIM』」カテゴリの記事