« スカイリム-心を射止めて~戦闘中行方不明。 | トップページ | スカイリム-ウィンターホールド編:アンダー・サールザル~オンマンドの要求 »

スカイリム-極寒の地・ウィンターホールドへの旅路

スカイリム。

強力な付呪武器を作ろうと、アルケイン付呪器を探し回っていた時期があった。

ホワイトランにはアルケイン付呪器がないのかと思っていたが、
ドラゴンズリーチのファレンガーの部屋に置いてあるのを最近になって知ったのである。

ただ、それを知らなかった頃は付呪器どこにあるんだーということで探し回っていたが・・。

丁度住民の話で、魔法を覚えられる場所にウィンターホールド大学という名前が挙がった。

そこに付呪器置いてあるのかなぁと、まぁその頃は魔法にも興味があったので
ウィンターホールド大学へといってみることに。

大学は、ホワイトランよりはるか北東、雪山を越えた場所に位置する。
前回いったノースウォッチ砦よりはマシかもしれないが、
それでも十分遠い距離。

寒そうな場所だったので、防寒グッズ(そんなものはない)揃えて
いざ出陣ー!

 

Tesv_67

Tesv_67_2

丁度、雪山付近に差し掛かる頃、ロレイウス農園という場所に到着、

なにやらそこの農夫であるヴァンタス・ロレイウスは、
農園の近くにいる道化師の男に、荷車を直してくれとしつこく頼まれているようで
苛立っているようだ。

直す気はないらしく、丁度近くに衛兵が通るから、
その道化師を突き出してもらいたいというクエスト「遅くなった埋葬」が発生する。

農園付近には、立ち往生している荷車に
道化師風の男シセロが待っている。
何度も頼んだのに、荷車を直してくれないヴァンタスに苛立っている様子。
おぬしの頼み方が悪かったんじゃないのか。

荷車には棺おけがあり、母親とやらを埋葬する途中だったようで
まぁ別にこいつは衛兵に突き出すような悪いことをしているわけではない。

このクエストでは、近くを通る衛兵に報告する選択と、
ヴァンタスを説得する選択がある。

話術スキル19、素人でも説得はできるレベル。
ヴァンタスを説得すると、態度を改めて荷車を直しにいくことになる。
結局、最初はシセロに会わないまま説得できてしまったが。

その後、シセロに話しかけると報酬として1000Gを入手。
おぉ、1000Gとは思わぬお小遣いじゃ。

 
懐が暖まったところで、Nobuzouじいさんは更に北東を目指す。
丁度寒い寒い、極寒の山岳地帯に入った頃、
山が険しく、なかなか北東に進めず困っていた、そんな時・・・。

Tesv_68

Tesv_68_2

盗賊が出現する。お約束の恐喝イベント。
わざわざこんな寒い場所まで出張、ご苦労様です。
金を持っているように見えるか?と返してみたが、
どうやらやつの目は、先ほど貰った小遣いが見えていたようだ。
威圧してみたが、効果がなく、仕方なく賊と戦闘。

スタブを決めて片づけるや、別の場所から矢を撃たれる。
どうやら近くには賊の根城があったようだ。

この近くにはシルバードリフトの隠れ家、という場所を発見する。

軽く賊どもを片づけて、試しに隠れ家に入ってみることに。
ところが、賊の住処だと思われていた、その場所には
アンデッド系のドラウグルが徘徊している巣窟だった。

Tesv_69

奥へと進んでいくと、ドラウグルの強化版であるウォーカーやワイトが出現する。
なにやら意味不明な言葉を喋ってきたりするが・・。
ウォーカーやワイトは冷気魔法を使ってくる。
飛び込んでいくと、もろに冷気魔法を浴びてしまう。
これ貰うと行動が鈍くなるんで厄介だったなぁ。

また、ここにもギャロウズロック砦にあったような
通ると鉄格子が閉まるトラップが用意されている。
またこの他にも、扉開けたら鈍器が降ってくるような初見殺しのトラップがあった。
進むときは慎重にいかないと簡単に死ねる。

迂闊に入り込んで、トラップにハマって大ダメージを受ける中で
ドラウグルワイトを相手にするのはなかなか骨が折れた。
この頃は魔法も覚えておらず、近接しか術が無かったNobuzouじいさん。
飛び込んでいくだけだと、常に数的不利の状態が続いたので、
ワイトのいる場所などはほかの雑魚はおびき寄せて倒したり、

ワイト戦はゴリ押しでは危険だったが、
幸い、鉄格子トラップ手前のエリアが、細い道の左右に下へ降りられるようになっていたので、
ダメージ受けたら下に落ちたりして避難、地形をうまく利用して
できるだけ近づいて攻撃、向こうの体力が少なくなってきたら回復薬がぶ飲みでなんとか倒した・・。
で、ようやくワイト倒せたーと戦いに夢中ですっかりトラップのことを忘れていたせいで
また鉄格子トラップに引っかかってやられちまったりと・・。
このダンジョンは結構散々だったな。

Tesv_69_3

最奥へ進むと、ドラウグル・ワイトロードというワイトの強化版が出現。

こいつは、主に近接主体だったが、冷気属性の付呪武器で攻撃してくる。
これがなかなか痛かった・・。
両手でのゴリ押しでは分が悪かったので、魔法耐性のある盾装備で
片手剣でチクチク攻撃・・してもなかなかダメージはいらず。

遠くから弓矢で攻撃してみるが、こいつは遠くからシャウトを使ってくる・
吹っ飛ばされたりでこっちの武装を解除されてしまう事が頻繁だった。

ワイトロードのいた場所は炎が噴出すようなトラップがあり、
近づく度に炎トラップでダメージを受ける事が多かった。
こっちが逃げ込むと、ワイトロードがトラップのある最奥へと戻っていくので、
弓矢でおびきよせては、ワイトロードを炎トラップではめてダメージを与えたりと。

体力が残り半分ほどになったら突貫して真っ向勝負。
最後はスタブでトドメを刺して、勝負を制した。

ワイトロードから凍気属性の付呪武器を回収、
最奥の炎トラップの奥には、大きな宝箱を発見。
エルフのグレートソードやサファイアの指輪を回収する。
山賊の死体の奥には、どこぞで見たような光る文字を発見。
調べてみると、力の言葉『武装解除』を習得する。
ワイトロードが使っていたような、あのシャウト技が使えるようになるのか。

まぁそれなりの収穫があったのはよかったが
ただの賊の住処かと思っていたのに、
まさかこんなことになっていたとは思わなかったな(w

思わぬ寄り道を食ったが、住処を出たNobuzouじいさんは、その後も登山を続ける。

Tesv_70

まー大学へ向かう正規ルートは別にあるんだろうが、
こういった山登りもワリと面白い。

無理だろうと思える場所でも、意外と登れたりするもので。

気がつけば山岳の頂上付近を歩いていた。
辺り一面が雪が降りしきる銀世界。決して見晴らしがいいとは言えない。
深呼吸してヤッホー!と叫びたい所・・だが酸素が薄い。
おまけに寒いし老体に堪えるぞい。はやく下山せねば。

雪山を降りていく途中、アルフタンドという場所を発見。
廃墟を貸した建物を発見する。人が住んでいる気配がない。
その中に鍵つき宝箱を発見、精鋭の難度だったが、なんとかこじ開けて
中にある宝石やインゴットなどを回収し、その場を後にする。

途中、襲ってくるオークとのタイマン勝負を制したりで
北東の方角へ、下りていく。

その途中、サールザルとよばれる小さな村を発見する。

Tesv_71

もう既に廃墟と化していて住民の姿がない。
人が住むような環境で無いから廃れてしまったのだろうか・・
なんとも寂しい場所ではあるが、
この雪が降りしきる銀世界では、こういった光景はわりと絵になるな。

そんな事を考えながら探索していると、なにやら人影を発見する。

ここの住民か!?と思ったが、そうではなかった。

突然預かり物を頼まれた。
なんじゃおまえさんは騒々しい。

逃亡者のようだが、一体何から逃げているのか・・。

聞いてみたら「裏切った殺すぞ!」とかなんじゃ物騒な・・。

しぶしぶ男と別れ探索を続けている途中、狩人の男がやってくる。

旅の途中で盗難の被害にあったようだ。
盗人を知らないか?と聞かれる。どうやら先ほどの逃亡者のようだ。
一応、預かった盗品を返す事ができる。
ここでとぼければ、その盗品は自分のものにできるが・・
自分の盗んだもの以外には興味がないNobuzouじいさんは
狩人にその盗品を返すことにした。
報酬としてゴールド少々を入手。

更に先へ進む。

途中、ホーカーと呼ばれるセイウチのような群れを相手にしながら
いかにも凍結してそうで、凍結していない川沿いを進んで北東へ。

大学のマーカー付近の所までたどり着くが、
ちと道沿いと外れてしまい、探すのに手間が掛かったが・・・。

Tesv_72

長い旅路の末、ようやくウィンターホールドへと到着する。

あぁぁ、ここまで長かったー。
とりあえず暖かいスープでも飲みたい。

この町には、一応人が住んでいる。
雑貨屋はあるが武具屋がない。
武器防具売りたいんだが、ここでは不憫だな。

奥へ進むと、大学へと通じる道を発見・・が、
大学の関係者と思われるダークエルフのファラルダが立っている。

Tesv_74

ここまでの旅は悪くなかったでしょう?と聞かれる。

ここまでの道中?盗賊にゆすられたり、寒い寒い雪山登ったり
何が楽しいのかセイウチ相手にしたりで、散々な経験させてもらったわい。

大学の苦情を言うために来たのなら首長に訪ねるといいといわれる。
さっさと大学にはいりたいことを伝えると、ただでは入れられないとして、
軽い試験を受ける事になる。

炎の精霊を召喚してみせろーといわれる。
マジカが120ほど必要となる魔法、マジカ100でまったくあげてないな・・。
とりあえず、スリで入手したマジカ上昇の指輪などを装備してマジカ水増し。
ファラルダの前で炎の精霊を召喚。

Tesv_75

彼女は認めてくれたようで、中に入ることを許可してくれる。
実績「ゲートキーパー」を解除。

これでようやく目的地のウィンターホールド大学へと足を踏み入れたNobuzou。
次回はウィンターホールド大学編。

|

« スカイリム-心を射止めて~戦闘中行方不明。 | トップページ | スカイリム-ウィンターホールド編:アンダー・サールザル~オンマンドの要求 »

360『The Elder Scrolls V SKYRIM』」カテゴリの記事