« 二ノ国 白き聖灰の女王-トレハン&秘境探検隊~ミラント最終問題 | トップページ | スカイリム日本語版購入。 »

二ノ国、プラチナ獲得&総括。

二ノ国 白き聖灰の女王。

Nino_ps260

前回、全てのトロフィーを獲得し、
プラチナ「究極の魔法使い」を獲得する。

プレイをはじめて半月ほど、ワリと時間かかったかな。
気づけばタイムも100時間越えてた。
このゲームも結構やり込んだので、そろそろ総括にはいる。

DS版をプレイしていた自分としては、二ノ国というゲームは
「本を見ながらゲームをする」という斬新なイメージが強かったもんだから、
PS3版をプレイする前は、
マジックマスターやルーンの描き方はどうなるんだろうとか、
その辺の仕様に興味があったんだが・・・。

蓋を開けてみたら、マジックマスターは付属の本が何故かDS版のもので
PS3版のマジックマスターは、ゲーム内でのメニューからの閲覧、
本編を進行させる上でページを入手していくことで見れるようになる、
といった仕様だった。

更にルーンの描き方も実際は自分で書いていく仕様ではなくなり、
魔法一覧から選択するだけ、本編進行させると魔法のページを入手するだけで
使えるようになる・・・と

こういったことから二ノ国ならではのオリジナリティが完全になくなっていた。
この辺は結構ガッカリさせられた部分である。

一番ガッカリしたのは、付属のマジックマスターがDS版のものってのが・・。
これ、DS版買ったときに既に持ってるので、実質二冊目になるんだよな。
こんな分厚い本、二冊も要らなかったりする(w
一冊誰かにあげたい気分だが、それはさておき。

今作でもマジックマスターを使った問題も用意されていたが、
上記の仕様なもんだから、いちいちゲーム画面でメニュー開いて
マジックマスターを見開くのは鬱陶しかったりする。
この辺はやっぱり、DS版のように本見ながら問題を解いていたほうがよかったかな。

 

ただ、ゲームとしてはDS版と比べて
かなりテンポよく進行していたと思う。

戦闘では、DS版のターン制を廃止してアクション戦闘に変更した分
DS版には無かったスピーディーな戦闘を味わえる部分は評価。

キャラクターとイマージェンを切り替える仕様にしたことで
DS版で空気になりがちだったキャラクターやイマージェンも
戦闘によってたびたび使う場面が増えたこと。
後は攻守シフト制の導入。
イマージェンに個別にコマンドが用意されていたことで、
ボス戦などでは、向こうが技を使えば、まもりのイマージェンで固めたりといった、
それまで空気だったイマージェンもそれなりに活用できた事。

こういったメンバー切り替えやシフト制にした事で、
相応の戦術は楽しめるし、戦闘にバランスを持たせているところは評価できる。

戦闘はDS版より十分楽しめた内容だった。

ストーリーの方は、漆黒の魔道士編に白き聖灰編の内容を追加したようなものだったが、
ここでも紹介したとおり、
DS版にあった大陸・街やダンジョンがいくつかなくなっており、
それにより、DS版の漆黒の魔道士にあったイベントがいくつか削除されていたこと。
それ以外のイベントでも、いくつか省略されていた部分が多かった。

主に人間の感情がうまくでていたイベント(ゴーストの谷でオリバーが泣くシーン)や
シリアスな展開のイベント(レカの街で石投げられるイベント)がいくつか削除されていた。
この辺は、重厚だったシナリオが薄っぺらく感じてしまった。

DS版やってた自分としては、この辺は何か物足りない感じはしたんだが
その分、白き聖灰編に内容が変更&追加された事もあって、冗長を省くという意味では
いくつかシナリオを削除する必要があったんだろうと思えばそんなものであったな。

ボーグ帝国編はDS版には無かった過去にタイムワープしたりで、
内容も大幅に変わっていた部分もあったり、
ジャボー撃破後は白き聖灰編に突入するので、
この辺はPS版の二ノ国を楽しめた、といった部分。
ストーリー内容のオチは、まぁそんなもんかなぁと。
DS版と比べておおきく変更していた部分もあったので
それをPS3版の修正したといった意味では可もなく不可もなく、
うまい具合で仕上がっているんじゃないかと。

そんな感じで物足りない面は感じた分、追加された部分はそれなりに楽しめたので、
プラスマイナス0だったといったのが正直な感想。

 

最近のRPGにはないような広大なフィールドで冒険できる。
乗り物も入手したら空も駆け巡れるし、移動もワリと早いので
素材集めはさほど苦にもならなかった。

後、評価できる部分はシームレス化したダンジョンだな。
これのおかげもあってかなりテンポよく本編が進められた。
反面、DS版にあったような仕掛けも削除されていたので
悪い意味では「簡素化」されていたところもあったね、
その辺はヘビーユーザーにとってはあまりやり応えは感じないかもな。
 

難易度的には、かなり緩く仕上がっていて、
非常やりやすいゲームなので、
ライトユーザーでも十分楽しめる作品だと思う。

プレイ時間100時間越えて、プラチナまでやり込んだ自分も、この作品は評価しよう。
最近の作品事情を考えると、この作品は完成度が高いと思う。

PS3でお勧めするRPGは何かと聞かれたら、その一つが「二ノ国」だと答えるね。
絵に抵抗を感じないようなら、プレイしてみる事をお勧めする。
内容的に十分楽しめる作品になっていると思う。

付属されているマジックマスターの内容こそ若干違うが、
DS版はこんな感じでしたーみたいな紹介本だと思えば・・そんなもんだよ(w

ただ、その本にも書いてあるがヘイブンなー・・・いつぞやの記事でも書いたが
PS3版のHD画質でヘイブンを一度見てみたかったな・・・。
買う前から実はそれ頭にあったもんで、それだけがちょっと残念だったなぁ。

DLC配信されるような事があれば、ヘイブン復活編を一度見てみたいんだが、
このゲーム、DLCが配信される事はあるんだろうか?

予定があるんなら、ヘイブン復活編を希望したい、是非!(w

|

« 二ノ国 白き聖灰の女王-トレハン&秘境探検隊~ミラント最終問題 | トップページ | スカイリム日本語版購入。 »

PS3『二ノ国 白き聖灰の女王』」カテゴリの記事